京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/10/17
本日:count up77
昨日:146
総数:347862
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
本日,16日月曜日は運動会の代休日です。           平成30年度入学生の就学時健康診断は11月30日(木)です。ご予定ください。

初めての遊びがいっぱい

画像1
画像2
画像3
 あそびは8つ。
 けん玉,お手玉,竹がえし,めんこ,羽根つき,こままわし,カルタ,あやとりです。「竹がえし」という遊びは,子どもはもちろん教師も知りませんでした。竹を手の甲に載せて上手く返すのは難しかったようです。

昔のあそび〜1年〜

画像1
画像2
画像3
 1年生は,生活科の学習で「昔のあそび」を教えてもらいました。
 教えてくださったのは,室町女性会と室町老人会のの皆さんです。
 昔のあそびを調べて自分たちで練習していたのですが,全然上手くいかないので,「上手な人に教えてもらいたいな。」と相談して,女性会と老人会の皆さんにお願いしたところ,快く引き受けてくださったのです。
 座って輪になって,お話しながら,みんなで遊びました。

給食週間につくりました!

画像1
画像2
画像3
 給食週間には,各クラスで給食について考える時間を設定しました。低学年は,給食調理員さんにお手紙を書きました。中学年は,標語のようなものを考えました。高学年は,人気の献立をまとめてポスターにしました。
 見ていると,いろいろな献立のあることに気づきます。お昼前に来校した保護者の方が「おいしそうなにおい。食べたいですね。」と,つぶやかれました。
 毎日何気なく食べている給食ですが,元気の源・健康の源の一つであることを改めて意識することができました。

豆つまみ大会

画像1
画像2
 給食週間に,給食委員会が「豆つまみ大会」を行いました。
 中間休みの多目的室1は,熱気があふれていました。各クラスから選ばれた代表の子どもたちが,クラスの声援を受けて,1分間にどれだけの豆をコップに移せるかを競争しました。
 豆のように小さくて丸いものを,お箸でつまむのは難しいです。特にお箸の持ち方が悪いと上手くつまむことができません。ここに集まった子どもたちは,各クラスの予選を勝ち抜いてきたので,かなり上手です。このような機会に,お箸の持ち方に気をつける子どもが増えてほしいですね。

土曜学習 詩に親しみ,自分のおもいを詩で表現しよう その2

画像1
画像2
画像3
まず詩には気持ちをしっかり表現する必要があります。
短い言葉で,行を変えながら表現するのです。
「うれしい」「たのしい」「びっくり」「かなしい」「くやしい」・・・
こんな言葉が子どもたちから出てきました。
次に家族・学校・社会を振り返って時
このような気持ちになった時がないか考えます。
そして紙に自分の詩を表現していきます。
すぐに鉛筆が動いていく子ども,じっくり考えてもなかなか題材が見つからない子ども
こうして一人一人の詩が生まれてきます。
1年生のある子どもは,妹が赤ちゃんのとき,初めて歩いたときのことを
2年生のある子どもは,寝坊をしたお兄ちゃんがのっしのっしと歩いて布団から出てくるときのようすを
書いてくれました。
詩が書けたら,挿絵を入れて,ラミネート加工をします。

今日参加したみなさんへ
詩は本当に簡単に書けます。
毎日生活していて,ふっと何か感じた時,
少しずつノートに書きとめていきましょう。
知らない間に,表現力がついてきますよ。
もしまたいい作品ができたら,教頭先生に見せに来てください。
楽しみに待っています。

土曜学習 詩に親しみ,自分のおもいを詩で表現しよう その1

画像1
画像2
画像3
学校主催の土曜学習も第9回目を迎えました。
教頭が担任時代,詩が大好きでよくクラスの子どもたち読み聞かせたり,
自分で書かせて学級通信にのせたりしました。
そんなこともあり,今回は低学年を対象に詩の学習をすることになりました。
まず谷川俊太郎さんの「いるか」を音読します。
最初は,一人一行ずつゆっくり,読みます。
慣れてきたら,リズム感を出して読みます。
「いるかいるか いないかいるか いないいないいるか いつならいるか・・・」
みんなだんだん上手になってきます。
次に2人でペアーになって音読します。
このあたりになってくると,テンポも上がってきます。
そして,次は学生ボランティアさんがおうちやすゆきさんの「バッタ」を
紹介してくれました。
最後に鹿島和夫先生が出した「一年一組 せんせいあのね」から
小学生が書いた詩を紹介します。
あのねちょうは,国語や算数と違って答えがないので,
難しいという内容の詩です。
そして詩の制作へ・・・

西陣織体験 その3

画像1
画像2
画像3
 子どもたちは,順番に少しずつ織っていきました。ペダルを踏んで縦糸を動かします。実際にやってみると見ているときとは大違い。横糸を通すまでに,つい足が浮いてしまって,縦糸が閉じてしまいます。その度に,元に戻してもらってやり直しました。丁寧に教えてもらいながら,子どもたちは一人ずつ織りました。
 織った後,何ができてるのか,鏡に映して見せてもらいます。「あっ,室町小学校のマークや!」と気づきました。うれしそうです。
 みんなが少しずつ織って,室町小学校の校章を完成させました。上のマークが子どもたち,下は中村さんが織られたものです。心に残る体験をさせてもらいました。本当にありがとうございました。

西陣織体験 その2

画像1
画像2
画像3
 いよいよ織物体験が始まりました。
 中村さんは,子どもたちに少しずつ織らせてあげようと,仕事が終わった夜,遅くまで何度も学校に来て準備してくださいました。椅子や台も,子どもたちの高さに合わせて,作業がしやすいようにしてあります。
 グループごとに織機のところに集まりました。はじめに,どのようにするか説明を聞きました。

西陣織体験 その1

画像1
画像2
画像3
3年生は総合的な学習で「室町はかせになろう」というテーマで,
地域を中心に学習を進めています。
この地域には,伝統・文化がはぐくんだ立派なものがたくさんあります。
その一つが西陣織です。
今日は地域の中村亨(なかむらとおる)先生にお世話になり,
西陣織について理解を深め,
本校の資料室にある織機で体験をしました。
「西陣織」というと着物しか思い浮かびませんが,
ネクタイやたたみのふちの部分,雛人形など
結構,身近なところにあることを写真を使いながら丁寧に説明していただきました。
その中で,自分で織られた作品を見せていただきました。
「1週間かかって織りました。」と,中村先生。
「もっとかかると思ったよ。」と,子どもの声。
「さすがにプロなんだね!」と,担任も感心します。
子どもたち
「1週間でこんなすばらしい作品を仕上げるなんて,すごい!!」
こんな気持ちになっています。
さらに今日のために,室町校の校章の入ったワッペンをいただきました。
子どもたちはさっそく服につけて,大喜びです。

(氏名掲載は,ご本人の了解済みです。)

ケロとマイケルの物語(保健委員会)

画像1
ケロとマイケルは、保健室の住人です。ケロは名前の通り「かえる」です。マイケルは「くま」です。この二人(?)の生活習慣は、全く違います。そこで、保健委員の児童が、ケロとマイケルを登場させる物語を考えました。脚本から撮影そして全校児童に向けての発表まで、自分たちでがんばりました。この時期流行している「インフルエンザとノロウイルスにかからないようにするために」をテーマに発表しました。規則正しい生活をしているマイケルと夜ふかしの好きなケロも撮影に協力してくれました。もちろん、みなさんは、どちらの方が元気でどちらの方がインフルエンザにかかってしまったかわかりますよね。日頃から病気に打ち勝つ力(免疫力)をつけておくと、かかりにくくなりますね。でも、それでも、かかってしまったら、水分をしっかりとってゆっくり休みましょう。お大事に…。ケロとマイケルの物語は、ほけんしつ前にはってあります。また見てください。
画像2
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
4/4 昭和の日
4/5 入学式・新学期準備(新2年・新6年)
4/6 着任式,前期始業式,入学式
室町学区(地域の行事)
4/4 狂犬病接種

学校だより

学校評価

本校の研究

スクールカウンセラーだより

ほけんだより「ファイト」

学校いじめ防止基本方針

むろまち子どもクッキング新聞

京都市立室町小学校
〒602-0029
京都市上京区室町通上立売上ル室町頭町261
TEL:075-431-0358
FAX:075-431-0359
E-mail: muromachi-s@edu.city.kyoto.jp