京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/01/28
本日:count up8
昨日:240
総数:399671
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

中3 スポーツ交流大作戦で北総合へ!3

画像1
 終わりの会では,両校生徒とも充実した表情が見られました。お見送りの際も,名残惜しそうな様子でした。
 「スポーツ交流大作戦」での同世代の友だちとの交流を通して,コミュニケーションを深め,経験を広げることができました。また,スポーツの楽しさに触れ,充実感や達成感を味わうことができました。とても充実した活動でした。
 今後,地域制支援学校のみならず,一般校等とも交流していきたいと考えています。今後の展開がますます楽しみになりました。

※北総合支援学校HPに今取組が紹介されています。
北総合支援学校 交流記事
(↑クリックすると開きます)
画像2

中3 スポーツ交流大作戦で北総合へ!2

 初めて会う北総合の友だちの様子でも,相手の様子をよく見たり,相手の活躍に一喜一憂したりと,お互いの距離が少しずつ近づく様子が見られました。同じ種目を同じ場で楽しみ,交流を深めることができました。
画像1
画像2
画像3

中3 スポーツ交流大作戦で北総合へ!1

 東京オリンピック・パラリンピック2020のレガシーとして,障害の有無や年齢・性別を超えた地域の共生社会の拠点づくりを目指し,全国の特別支援学校で「Specialプロジェクト2020」が展開されています。本校もスポーツ庁委託事業として“呉竹S・Aプロジェクト”を展開しており,その一環として「スポーツ交流大作戦」〜障害者スポーツによる交流および共同学習をとおした障害者スポーツ普及・啓発〜の取組を進めています。
 12/16(月),中3が「スポーツ交流大作戦」で北総合支援学校へ行き,北総合の中3とボッチャ等をしてきました。
 始めの会で自己紹介等をしてから,ボッチャ・ボウリング・エアトランポリンの3種目に分かれて活動を始めました。
画像1
画像2
画像3

全校児童生徒集会3

 続いて高等部図書委員会から,「電子図書」の紹介がありました。この「電子図書」は図書委員会も作成に参加したものです。今回はみんなである電子図書を見ました。図書委員会のメンバーが吹き込んだ読み聞かせと画面で,楽しく本の世界に浸ることができました。
 最後に高等部生徒会より冬休みについての注意事項等があり,高等部生徒の素敵なピアノ演奏で締めくくりました。
画像1
画像2
画像3

全校児童生徒集会2

 続いて,各種表彰では,芸術やスポーツ等,本校児童生徒の様々な活躍をみんなで共有することができました。
 さらに,新児童生徒会役員の紹介がありました。代表の各学部会長がしっかりと挨拶をしました。
画像1
画像2
画像3

全校児童生徒集会1

 冬季休業を前に全校児童生徒が集まって全校児童生徒集会をしました。
 はじめの校長先生のお話では,まず,児童生徒へ“今年,楽しかったこと”のインタビューがあり,「修学旅行です!」「勉強が楽しかったです!」等との答えがありました。校長先生からは「12月は1年を振り返る時期です。良かったことを見つけて自分を褒め,直すべきことを見つけて次に生かしていきましょう。そして,1月は“がんばるぞ”の決意をする時期です。決意したことを習字にしても良いですね」とお話がありました。
画像1
画像2

中学部 冬のつどい

 冬休みを直前に控えた12/23(月)3・4限,中学部『冬のつどい』を体育館で行いました。「歌を歌おう,楽器を鳴らそう!」で3曲を歌った後,大道芸人のたっきゅうさんによるパフォーマンスを楽しみました。最後に「モノづくりユニット」の生徒達がそりに乗って登場,生徒全員へプレゼントを贈りました。
 旧生徒会役員は,今回の『冬のつどい』が生徒会の最後の活動となりましたが,落ち着いて挨拶や司会,進行ができ,1年間の取組の成果を見せてくれました。後期前半を締めくくる行事として,中学部全員が楽しい時間を過ごすことができました。
画像1
画像2
画像3

人権研修

画像1画像2
 12/19(木),教職員の人権研修を行いました。今回は,虐待についての学びを通して,関わる一人一人の児童生徒の人権・安全・命について改めて認識し,今後の指導・支援に生かすことを目的に,亀岡市障害者相談支援センター「お結び」所長の荒樋博利氏から「虐待について〜障害者虐待防止法の理解と対応を〜」のお話をお聞きしました。
 特に印象深かったのは,子どもたちが適切な支援・関わりを受けることは,子どもたちの権利を守ることであり,逆に,不適切な関わりは“虐待の芽”につながるという視点です。「まさか私が虐待なんてしない」「虐待をする人なんてとんでもない」という無意識の責任転嫁ではなく,“虐待の芽”に気付く感性・謙虚さを持ち,“虐待の芽”を“虐待”にエスカレートさせないことが虐待防止につながるということもお話いただきました。自らの日々の子ども達への関わりに不適切な点はないか顧みること,虐待を見過ごすことも重大な過失であるという認識を持つこと等に対し,より豊かに鋭く感性を持ち,日々の指導・支援にあたる重要性を改めて感じました。

小学部 冬のつどい2

 集いの終盤には,呉竹サンタに伴われて大きいサンタさんが来てくれました。イオン伏見店から来てくれたサンタさんです。呉竹の教育に役立つようにと,たくさんのプレゼントをもってきてくれました。子どもたちは「サンタさんだ!」「わあ!」等と拍手をしたり,タッチがしたくて寄っていったりと,大喜びでした。イオンサンタさん,素敵な贈り物をありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

小学部 冬のつどい1

 12/18(水),小学部で「冬の集い」を行いました。小学部新児童会の児童が,司会進行役を務め,音楽ユニットの演奏,各学年の歌や楽器演奏等をみんなで楽しみました。
画像1
画像2
画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

呉竹だより

行事予定表

お知らせ・各種情報

学校評価

ご案内

いじめ防止基本方針

台風・地震・降雪に伴う登下校の取り扱いについて

学校教育目標・経営方針

京都市立呉竹総合支援学校
〒612-0061
京都市伏見区桃山福島太夫北町52
TEL:075-601-9104
FAX:075-601-9037
E-mail: kuretake-y@edu.city.kyoto.jp