京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/04/17
本日:count up18
昨日:258
総数:339397
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

くれたけまつり10〜アートパフォーマンス(午後)

画像1
画像2
画像3
 午前に本館廊下で行われたアートパフォーマンスが,午後には体育館で行なわれました。午前に比べて空間が広いためか,ゆったりアート・演奏を楽しむ贅沢な時間となりました。この後,フィナーレを迎え,くれたけまつり2019は幕を閉じました。
 オリンピック・パラリンピック東京大会のレガシー(有形無形の社会的遺産)として,障害の有無や年齢・性別を超えた地域の共生社会の拠点づくりを目指して開催された今回のくれたけまつりは,500名を超える方々にご来場いただきました。参加者には,個々の違いを認め合いながら,各々のペースで余暇・スポーツ・アートを楽しんでいただけたと思います。ご協力いただきました皆様,誠にありがとうございました。

くれたけまつり9

画像1
 くれたけまつりには伏見のキャラクターも参加してくれましたよ。

くれたけまつり8〜PTA

 本校PTAによるお弁当等の販売コーナーと遊びのコーナー(無料)もありました。参加者は,わにわにジャングルやお菓子釣りなど,目を輝かせて遊んでいました。
画像1
画像2
画像3

くれたけまつり7〜販売

画像1
画像2
画像3
 伏見区社会福祉協議会による折り紙作品づくりのコーナーもありました。

くれたけまつり6〜販売

 廊下では,福祉事業所等による販売がありました。その場で食べられるパンやクッキー,豚汁を始め,かわいい雑貨などの多くの商品が販売され,大賑わいでした。
画像1
画像2
画像3

くれたけまつり5〜展示

 本館廊下は,本校在校生の作品を展示する呉竹アートギャラリーでした。普段から作品は掲示されていますが,作品の解説パネルを読むとより深く作品を味わうことができました。
 他にも,天才アート,写真サークル,余暇体験サークルの展示がありました。
画像1
画像2
画像3

くれたけまつり4〜アートパフォーマンス(午前)

 中央廊下奥のコーナーは,アートパフォーマンスでした。マツダジュンイチ氏によるライブペインティングを背景に,本校の高等部生徒のピアノ演奏,そしてジャズ演奏(本校卒業生がメンバーのCHI-KA-TSUによる)と津軽三味線とのセッションが繰り広げられました。街角に現れる路上ライブをイメージしたステージ構成で,廊下を通りかかった参加者が思わず足を止め,見入っていました。
画像1
画像2
画像3

くれたけまつり3〜スポーツ体験

 オープニングの後は,参加者の皆様には校内各所のコーナー企画を楽しんでいただきました。
 体育館とグラウンドは,障害者スポーツを楽しめる「スポーツ体験」コーナーでした。ジャベリックスロー・フライングディスク・ボッチャ・卓球バレーの各スポーツを体験していただきました。参加者の皆さんが気軽に笑顔でスポーツを楽しむ姿が印象的でした。
画像1
画像2
画像3

くれたけまつり2〜オープニング

 オープニングの司会は,余暇体験サークルに参加している本校卒業生の2人でした。緊張しながらも,ゆっくりはっきりと話して上手に進行してくれました。
 続いて,呉竹余暇体験サークルの和太鼓サークルが「あしびな」等の演奏を披露しました。演奏の楽しさが全身からあふれていました。さらに,全てのサークルの発表としてダンスパフォーマンスがありました。会場中が「USA」の音楽に合わせて身体を動して,熱気あふれる空間になりました。
画像1
画像2
画像3

くれたけまつり1〜オープニング

 2/23(土),本校にてスポーツ庁委託事業「くれたけまつり」を開催しました。
 オープニングは,itaru 氏による現代・津軽三味線の序奏に「呉竹ソーラン」の音楽が加わり,本校高等部生徒がその音楽に合わせて「呉竹ソーラン」を力強く踊りました。
画像1
画像2
画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

呉竹だより

行事予定表

お知らせ・各種情報

学校評価

育支援センターだより

いじめ防止基本方針

台風・地震・降雪に伴う登下校の取り扱いについて

研究報告会等

京都市立呉竹総合支援学校
〒612-0061
京都市伏見区桃山福島太夫北町52
TEL:075-601-9104
FAX:075-601-9037
E-mail: kuretake-y@edu.city.kyoto.jp