京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/07/17
本日:count up73
昨日:365
総数:444276
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
平成30年8月18日(土)19日(日)全知P京都大会が開催されます。ご案内を配布文書のお知らせ欄に掲載しております。みなさまのご参加をお待ちしております。

アクセシビリティ・ガイドブックを全教職員に配布

画像1
 情報教育・ICT機器活用の専門家の中園正吾先生より,Windows10のアクセシビリティ・ガイドブックをいただきました。
 このガイドブックは,
  ・簡単操作でアクセスできる
  ・コンピューターを画面なしで使用したり見やすくしたりできる
  ・キーボードやマウスを使いやすくする
  ・タッチ機能とタブレットを使いやすくする
  ・音声入力を使って呼びかける
 など,Windowsを障がいのある方でも使いやすくすることについて書かれています。
 ホームページからもダウンロードできますのでご紹介します

※Windows10のアクセシビリティ・ガイドブック

※アクセシビリティー全般について

※他のバージョンのアクセシビリティ・ガイドブック

iPadのPECS4+を利用して

画像1
 高等部の生徒が,朝の荷物整理をしている時に,iPadのPECS4+を利用して,「お茶をください」と担任の先生に伝えていました。使い慣れた様子です。

学校祭体育の部 教室へのテレビ配信について

画像1
 先日,お知らせしましたように学校祭体育の部の本番にて,京都市教育委員会のテレビ会議システムを利用して,グラウンドの様子を教室へテレビ配信しました。
 本部席テントにWebカメラを設置してグラウンド全体をうつすとともに,Wifi接続したiPadで競技の様子をアップにして配信しました。
 教室で観ている友達に向かって,カメラの前で「がんばってるよ!」と話しかける生徒もいました。

学校祭体育の部 グラウンドの様子を教室へ配信します

 明日は,かなり暑くなることが予想されます。長い時間,グラウンドで友達の応援ができない子どももいますので,テレビ会議システムを利用して教室でもグラウンドの様子を観られるように準備しています。

※テレビ会議システム…京都市の光京都ネット内のパソコンで,インターネットを通してテレビ会議を行うシステムです。一度に数名が参加し,相手の顔を見ながら会議を行うことができます。資料(PowerPoint,Word,Excel等で作成のもの)やホームページの画面を共有して,会議を行うこともできます。
画像1
画像2
画像3

中学部3年生 朝の個別課題学習

画像1
 学校祭体育の部の練習に行く前,朝の個別課題学習の時間にiPad鍵盤アプリで,「ハッピー・バースディー・トゥ・ユー」の演奏練習をしていました。

情報教育・ICT機器活用の専門家の紹介(Smile)

 非常勤講師として,情報教育・ICT機器活用の専門家の中園正吾先生に毎週水曜日と木曜日に勤務していただいています。
 今日は,手元のスイッチを操作してパソコンのスライドめくりに挑戦するため,スイッチの持ち手の部分を工夫したり,角度等の調整の相談に乗っていただきました。
 学校祭体育の部の練習風景のスライドが動画付で再生されると,ニコッと笑いながらじっと見つめています。

画像1
画像2
画像3

スイッチでパソコンの操作をしています(Smile)

画像1
 手元のスイッチを操作してパソコンのスライドめくりに挑戦中です。
大好きな画像がパソコンの画面に表示されるようにがんばってます。

販売学習で利用しているレジスターアプリの紹介

画像1
 以前にご質問いただきましたので,子どもたちが学習で使っています「レジスターアプリ」を紹介します。
・商品ごとにバーコード印刷したカードが用意してあります。
・ご購入いただいた商品のカードを無線式バーコードリーダーで読み取ります。
・iPadのレジスターアプリにデータが送られ,ご購入金額を計算します。
・無線式プリンタでレシートを印刷します。

※レジスターアプリの紹介

Droptalkを使って司会をしています。

 朝の会で,iPadにインストールしたDroptalkというアプリを利用して司会をしていました。アプリを操作すると,進行に合わせて司会のセリフを話してくれます。
 Droptalkは,話し言葉でのコミュニケーションを苦手とする自閉症や言語障害を持つ方のコミュニケーションを助けるAAC(補助代替コミュニケーション)ソフトウェアです。自閉症などの発達障害をもつ方々のコミュニケーションには,シンボルなどの視覚情報を用いる事や,シンボルと音声を合わせて表出できるVOCAと呼ばれる機器を使用することが有効だと言われています。

※Droptalkってなに?
画像1
画像2

セラピーロボット「くうちゃん」の紹介(Smile)

画像1
 本校には,アザラシ型セラピーロボットの「くうちゃん」がいます。
 動物とふれあうことで,人は楽しみや安らぎを得ます。アニマル・セラピーでは,その動物を積極的に利用し,人の心の病を治療したり,予防したり,体のリハビリテーションに役立てています。アニマル・セラピーでは,子どもからお年寄りまで,様々な人々・様々な環境で効果があることが明らかにされています。
 このアザラシ型セラピーロボットは,そのアニマル・セラピーと同等の効果を得ることを目的に開発され,一定の効果が得られることが確認されています。
 白く愛らしい「くうちゃん」とふれあうと,楽しみや安らぎを覚え,心をなごませてくれます。子どもたちの表情も思わず笑顔になります。人工知能(AI)が使われており,世話をする人・接する人によって「くうちゃん」の性格が変わるそうです。本校の「くうちゃん」は,みんなからかわいがられているので,愛想よくかわいく育っているようです。「くうちゃん」は,今年度もみんなの人気者です!

※アザラシ型セラピーロボット
画像2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
7/18 小児科健康相談
7/19 サマースクール
スクールカウンセラー来校
7/20 サマースクール
全校15:20下校
7/23 サマースクール
給食終了
ボランティア養成講座
7/24 授業終了
全校集会
11:40下校

学校だより

お知らせ

教材・教具

学校評価

教育目標・教育課程構造図

案内資料

研究報告会

学校沿革史

学校案内

京都市立西総合支援学校
〒610-1101
京都市西京区大枝北沓掛町一丁目21-21
TEL:075-332-4275
FAX:075-331-9573
E-mail: nishi-y@edu.city.kyoto.jp