京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/08/03
本日:count up1
昨日:41
総数:212762
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
連日38度など酷暑が続いています。熱中症に気を付けて,いつもより多めの水分を用意することや帽子など直射日光を避けられるようなものを着用しましょう。

今後の対応について

6月18日(月)

今後の対応について,お知らせいたします。

現在,登校している生徒は,11時半ごろより,学校にて昼食をとり12時過ぎごろより下校いたします。
下校の際には,京阪電車や阪急電車を使用している生徒は,市バスにて帰れるようルートを変更し,教職員が最寄りの駅や停留所まで引率します。

※帰宅した生徒は必ず帰宅連絡をするようにしてください。

平成30年度 管理職・教職員着任式

平成30年度 着任者紹介   
               京都市立鳴滝総合支援学校

管理職
副教頭   西坂 英美子  桃陽総合支援学校より

教職員
教  諭  奥西 美子   西総合支援学校より
教  諭  小野 梢    北総合支援学校より
教  諭  森竹 晴美   西総合支援学校より
教  諭  甲谷 宏行   東山総合支援学校より
新規採用  並河 有香   
新規採用  桑原 匠    
管理用務員 中島 昌彦

本日,着任式にて着任いたしました。
どうぞよろしくお願いします。
画像1
画像2

ご挨拶

 本校は,昭和52年4月に,隣接する国立療養所宇多野病院(現在の独立行政法人国立病院機構宇多野病院)に長期療養・入院する進行性筋ジストロフィー及びそれに類する筋疾患等の児童生徒を対象とする病弱養護学校としてその歩みを始めました。そして昨年度は創立40周年という大きな節目を迎えることができました。

 平成16年度に高等部に新設した職業学科(生活産業科)は,今年度早くも15年目を迎えました。長引く不況で就職することそのものが困難な時代の中,これまで多くの卒業生が企業就労したいという願いを実現させております。

 「夢や希望をもって,自ら学び,はたらくこと,生活することに向かう子供を育てる」という学校教育目標のもと,今年度も教職員一丸となって,小中学部と生活産業科の特色を守りつつ,児童生徒一人ひとりの能力や可能性を最大限に伸ばす指導の充実を目指して参りますので,本校教育の推進に一層のご支援ご協力を賜りますよう,よろしくお願い致します。
 
平成30年4月  
京都市立鳴滝総合支援学校
校 長  小林 一義

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
8/20 夏季休業
8/21 夏季休業
8/22 夏季休業
8/23 夏季休業
8/24 夏季休業

学校教育目標

学校評価

学校だより

その他大切なお知らせ

オープンキャンパス

学校いじめ防止基本方針

学校沿革史

お知らせ

京都市立鳴滝総合支援学校
〒616-8245
京都市右京区音戸山山ノ茶屋町9−2
TEL:075-461-3221
FAX:075-462-1934
E-mail: narutaki-y@edu.city.kyoto.jp