京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/07/17
本日:count up62
昨日:170
総数:105664
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
今日もかなり気温が高くなりそうです。熱中症にくれぐれもご注意ください。

平成30年度 学校経営方針

画像1
平成30年度 学校経営方針

          京都市立東山総合支援学校

1 教育理念
 本校は、社会で生きる生活者として、生徒全員が卒業後に就労することを目指して、働く知識、技能、態度を学び、自身の品格を磨く学校である。(設置の主旨)
 本校に学ぶ生徒一人一人には、心身の健康を保持しながら、道徳性を育み、人権意識や規範意識を高め、豊かな人間性を育むことを目指してほしい。さらに、自己肯定感を育みながら、卒業後の願いや夢を描き、自らの生きるかたちとして働く生活を実現させてほしい。(目指す生徒像)
 そのために、親や家族からの限りない愛情、地域の方々の温かい支え、先を歩んだ人々が照らす未来への道筋をもとに、地域や企業と協働した教育実践を推進し、生き方探究(キャリア)教育を通して、希望に満ちあふれた生徒の未来の創造、共生社会の形成を目指すこととする。(教育の進め方)
 これらの教育理念を学校教育目標として掲げるとともに、具体的な指標として、めざす生徒像、めざす教職員像、めざす学校像を示すものである。

2 学校教育目標
 人と共に 心を磨き
 地域と共に 笑顔を育てる
 歴史と共に 未来を見つめ
 新しい世界で活きる人才を育てる
(新しい世界で活きる新しい自分を探す)

3 めざす生徒像
・自ら健康維持に努め、自他の命を大切にする生徒
(健やかな体)
・自ら行動を律し、思いやりと感謝の気持ちを持ち続ける生徒
(豊かな心)
・自らの良さを見つけ、自らの良さを活かして未来を創造する生徒
(確かな学力)

4 めざす教職員像
・優れた人権意識を持ち、一人一人の生徒を徹底的に大切にしている
 教職員
・キャリア発達を意識し、生徒の主体的・対話的で深い学びを実現す
 る授業力を発揮している教職員
・総合支援学校教職員としての専門性を高めようと、常に研鑽に努め
 ている教職員
・保護者、地域、企業、関係機関との連携・協働に努めている教職員
・対話と協調により、相互に信頼し、敬意を示しあえる教職員
・ワークライフバランスを意識し、健康管理に努めている教職員

5 めざす学校像
・地域や企業と協働し、社会に開かれ、社会に貢献している学校
・生徒、保護者、地域、企業、関係機関からの信頼、信用を得ている
 学校
・総合育成支援教育の啓発に努め、共生社会の形成を推し進めている
 学校

6 本年度取組の重点(東山ビジョン2年目)
(1)授業創造の推進による教育課程の整理
   (カリキュラムマネジメント)
(2)社会生活、職業生活に活きる道徳性と規範意識の育成
(3)地域協働活動の一層の質的、量的な充実 
(4)産学協働活動(デュアルシステム)の一層の充実 
(5)総合支援学校のセンター的機能を活かした教育相談・支援機能の
   充実
(6)気持ちよく学べ、心地よく仕事ができ、地域に愛される学校環境
   の整備 

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
7月
7/18 部活動
7/19 生徒会活動  3年ケータイ教室
7/20 スクールカウンセラー来校日  体操教室(養正)  部活動
7/23 健康体操教室  部活動
7/24 授業終了  全校集会
京都市立東山総合支援学校
〒605-0932
京都市東山区妙法院前側町441
TEL:075-561-3373
FAX:075-561-3383
E-mail: higashiyama-y@edu.city.kyoto.jp