京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/12/07
本日:count up7
昨日:67
総数:282688
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
平成30年度授業実践報告会を平成31年1月25日(金)に当校にて開催します。右画面の「リンク」欄にて申込みください

12月7日(金)人権学習と人権講座

 人権週間(12月4日〜10日)に合わせて,本校では毎年この時期に全学年一斉に人権学習を行い,参観日として保護者にも公開しています。今年度は1年生が「幸せを届ける仕事」,2年生は「色んな視点から自分や相手のことを見つめよう」,3年生は「社会に出てからの人権侵害〜パワハラについて〜」というテーマで学習しました。
 また,放課後には毎年保護者と全教職員を対象に人権教育講座を設定しています。今年度は本校卒業生の保護者で,情報モラル市民インストラクターを努めておられる永田雅美さんをお招きし,「ネット社会から子供たちの人権を守るには〜情報モラル教育の必要性〜」というテーマで講演をお願いしました。実例を挙げながらのお話と保護者・教職員の体験交流を通じて,有意義な学びができました。インターネットやSNSについてはいたずらに規制するだけではなく,子ども達と話合いながら正しい使いかたを共に考えていくことが大切だと感じました。子どもたちの人権を守るために…

画像1
画像2
画像3

体操教室の茶話会が実施されました!

 本校を会場にされている金曜日の体操教室のグループが、茶話会をされました。
 喫茶ミルキーウエイに、焼き菓子や菓子パン、飲み物を注文されました。

 生徒が飲み物をサーブし、焼き立ての菓子パンを提供しました。体操教室の皆さんは、「おいしい」と言いながら、談笑され、楽しいひと時を過ごしていただくことができたようです。
画像1

1年 きもの着付け体験

 共通教科「家庭」の一環として『きもの着付け体験』を実施しました。京都市立高校生対象に行われている「伝統文化の継承」として無料で着付けていただけます。あまり着ることがない着物を一人ひとり着付けていただきました。

 講師の先生の見本を見ながら、自分でできることは自分で行いました。
 「着物は洋服と違って「着る」というより「はおる」感じだった」「はじめて着て少し苦しかったけど,かわいい着物が着れて楽しかったです。」「姿勢がよくなりそうです」と洋服との違いを実際に体験して感じることができました。「貴重な体験でテンションが上がりました。また着たいです。」と着物の良さを実感できた体験でした。
画像1画像2画像3

12月2日(日) ふれあい卓球バレー大会

 ふれあい卓球バレー大会に参加しました。今回は希望のあった1年生のみでエントリーしました。

 あまり経験のない中でしたが,予選リーグを何とか突破できました。決勝トーナメントでは,フルセット,14-14までいきましたが,惜しくもやぶれ表彰は逃しました。しかし,緊張する試合を経験し,悔しい気持ちとともに,勝負の楽しさを感じることができました。
画像1画像2画像3

11月最後の交流農園です。

画像1
画像2
画像3
(写真)上:ほうれん草の収穫の場面で
      最初は子供たちがとってくれました。
    中:大人も一生懸命、収穫中
    下:ほうれん草を洗い、袋詰めに。
      最後は、お持ち帰り頂きました。

 日頃の地域の方のご理解、ご協力のお陰で、11月は5回、交流農園を実施することができました。ありがとうございます。
 
 今日は11月最後の交流う農園、お子達連れの家族や地域の方にたくさん来ていただきました。
「お久しぶりですね。今日はありがとうございます」と生徒から挨拶を交わしていました。2〜3歳児の子どもさんには「げんきでしたか」とハイタッチをして、姿勢を低くして応対していました。その応対に、目でうなずく子どもさんの様子を見て、生徒たちもにっこりと笑うなど、表情で返すこともできました。
 活動は、最初にうねづくりをし、そのあと肥料を入れるなど次回の交流農園で花を植えるための下準備をしました。
 少し休憩をとり、以前に植えたほうれん草の収穫をしました。収穫→ほうれん草の洗浄→根っこの切取り→袋詰め、の工程を地域の方々と一緒に取り組むことができました。
 お子さん連れの家族、地域の方、白河総合支援学校の生徒、みんながともに取り組み,ともに学びあえる活動でした。


 12月の交流農園は12月3日、14日、17日を予定しています。天候などの理由で予定が変更されることもあります。ぜひ、白河の交流農園に足をお運びください!

重要 中学2年生対象オープンキャンパスのお知らせ

 本日,京都市立中学校・義務教育学校・総合支援学校に,「中学2年生対象 オープンキャンパス」実施のお知らせをさせていただきました。
 京都市立以外の中学校・特別支援学校は,リンクの欄に「平成30年度オープンキャンパス中学2年生対象」をアップしましたので,こちらをご覧いただきお申し込みください。

まもなく、師走です

 本校の校門前には、地域の大きなもみじの木が、鮮やかに紅葉しています。夜には、街燈にライトアップされ、違う色合いを見せてくれています。

 校内には、大きな枇杷の木があります。枇杷はこの時期に花を咲かせ、今満開です。厳しい寒さに耐え、初夏に実になる準備をしています。
 
 生徒達も、「卒業後は、企業で働きたい」という自分の夢をかなえるため、自分の持てる力を発揮しようと、本日も約30名が実習に行っています。

写真上:玄関から見えるもみじ
写真中:校門を出ると
写真下:枇杷の花
画像1
画像2
画像3

国民体育大会・全国障害者スポーツ大会優勝者表彰式

画像1
 11月27日(火)に、京都府・京都府教育委員会、公益財団法人京都府体育協会、一般社団法人京都障害者スポーツ振興会による「第73回国民体育大会優勝者表彰式・第18回全国障害者スポーツ大会優勝者表彰式」が開催され、本校2年生の山副陽智さんが表彰されました。
 山添さんは10月に福井県で開催された全国障害者スポーツ大会の水泳の部の25メートル平泳ぎで優勝、50メートル平泳ぎで2位と見事な成績を収めたことで今回表彰されました。
 式典の中では「昨年の全京都障害者総合大会水泳の部において、見事優勝し、全国大会に出場した。全国大会では25m平泳ぎで素晴らしい泳ぎをみせ、自らのベストを尽くした結果、見事優勝。50m平泳ぎでも銀メダルを獲得しており、全国の舞台でも動じない安定感のある泳ぎが強みの選手」と紹介されました。賞状やメダルを受け取る際も、他の国体や障害者スポーツ大会の優勝者と並んで堂々と表彰を受けていました。
 今回の表彰を励みにして、これからも練習に取り組んでいってほしいと思います。

PTAフェスティバルにて総P連がブース出展します

画像1
12月8日(土)にみやこメッセで開催されます「第21回PTAフェスティバル」において,総合支援学校PTA連絡協議会がブース出展をされます。
 総合支援学校に在籍する児童生徒やその保護者だけでなく,障害や困りのある子どもたちや保護者に向けての生活情報展です。来場者の全ての方に,総合支援学校のことや障害のことについて知っていただきたいと考えています。
 是非,多数お誘いあわせの上ご来場ください。

日時:12月8日(土)
   10:00〜15:00
場所:みやこメッセ 第3展示場
名称:「子育て新発見 特別ではない特別支援   
    〜総合支援学校からの発信〜 」
内容:
 ・総合支援学校の学校紹介
 ・福祉サービスや福祉就労などの情報提供
 ・総合支援学校紹介パンフレットの配布
  (総合支援学校の紹介だけでなく,
   障害のことや福祉サービス,
   子育てについても紹介しています)
 ・支援方法や支援グッズの紹介
 ・防災に向けてのアピール
※12:30頃よりステージ発表も行われます。

※第21回PTAフェスティバル
画像2

11月22日の配食サービス

画像1画像2画像3
 今日の配食サービスに、本校から3名、東山総合支援学校から2名の生徒が参加しました。
 生徒たちが毎回のように課題に挙げてくるのが、配食に行った際に利用者に献立を伝えることです。出来上がったお弁当を見ながら、メニューと照らし合わせて覚えていきます。しかし、今日の献立も、参加生徒にとって、「柿なます」…聞いたことのない料理です。「きゃら蕗」…漢字も難しければ発音も難しいです。
 「始めのうちはメニューを見ながら説明していましたが、最後は全部暗記で言えました。」「覚えて言うと、相手の顔が見られました。」振り返りの時間に、こんな言葉が聞かれました。
 試食のときに感じた味とともに、生徒の心の中に一つずつ料理名が刻まれ、経験も積重ねられていきます。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
12/10 2・3年食品加工代休(午前)     3年後期相談
5・6校時 茶道体験(2年音楽)
7校時 性と生
12/11 介護等体験  SC来校
12/12 介護等体験   2年きもの体験11:45〜15:05
12/13 3年後期相談
交通安全指導日 錦林児童館クリスマス会補助
京都市立白河総合支援学校
〒606-8321
京都市左京区岡崎東福ノ川町9−2
TEL:075-771-5510
FAX:075-771-5169
E-mail: shirakawa-y@edu.city.kyoto.jp