京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/04/19
本日:count up107
昨日:159
総数:251657
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

平成30年度入学式

 本日,春らしい陽射しのもと,多くのご来賓の方々や保護者にも参列していただき,第43回入学式を行いました。
 入学認証のあと,学校長からは,一人一人に夢や希望の実現のために,
  ○自ら考え行動すること
  ○健康管理に努めること
という二つのことをしっかり心にとめて,白河総合での3年間を充実させてほしいというお話がありました。
 PTA会長からは,自分を周りの人と比べるのではなく,毎日,自己ベストを目指して,なりたい自分に一歩ずつ近づいていってくださいというお話がありました。
 在校生の代表からは,専門教科や地域協働活動などの学習はもちろん,さまざまな行事や,部活動,生徒会活動などを共に頑張りましょうという話がありました。
 以上に対して,新入生の代表からは,働く力を身に付けるために,難しいことでも自ら積極的に取り組みたいこと,専門教科や企業実習,地域の方々との交流を楽しみにしていること,目標に向かって,一日一日を大切に過ごしたいと思っていることなど,白河での新しい学校生活が始まるにあたっての率直な気持ちが述べられました。

 新入生を無事に迎えることができ,これで本年度も本格的にスタートします。今年も「企業との連携」「地域との協働」を学校経営の柱として,地域の皆様や諸団体,関係機関等の協力をいただきながら,保護者の皆様ともしっかり連携し,教職員一丸となって教育実践を展開していきます。
 新入生のみなさん,白河総合支援学校での生活に少しでも早く慣れ,自分の力を十分に発揮してください。一緒に頑張りましょう。

画像1
画像2

明日は入学式です

 本日の始業式に引き続き、明日は入学式です。
 新入生を気持ちよく迎えることができるように、2・3年生が式場の準備や校内の清掃に取り組みました。
 明日は晴れて、暖かくなるようです。
 希望に満ちた新1年生を迎えられることが、在校生・教職員ともにとても楽しみです。
画像1画像2

平成30年度着任式・始業式

 本日、平成30年度着任式・始業式を行いました。新年度のスタートにふさわしく、2・3年生の全員が遅刻をすることなく、元気に登校してくれました。
 着任式では、校長先生以下7名の教職員の紹介と着任のあいさつがあり、生徒の代表が歓迎の言葉を述べてくれました。着任した教職員とともに新たなことに取り組んでいきたいという生徒の言葉に、着任した教職員も新しい学校で頑張ろうという気持ちを新たにしていました。
 着任式終了後、始業式を行いました。校長先生からは、自分の得意なことや苦手なこと、働く上での課題をしっかり理解したうえで、苦手なことや難しいことにも積極的に挑戦し、自らの進路を切り拓いていってほしいという話がありました。聞いている生徒の表情にも、頑張ろうという気持ちが表れていました。
 今日の気持ちを忘れずに、生徒・教職員ともに頑張っていきたいと思います。
画像1画像2

平成30年度着任者紹介

平成30年4月1日より本校に着任いたしました教職員を紹介します。
全教職員が力を合わせ、働きながら社会の中で自立し生活していきたいという生徒の願いの実現に向けて努力してまいります。よろしくお願いいたします。

管理職

 校長  柴垣 登 (京都市教育委員会より)

教職員

 教諭  宮本 宣廣(北総合支援学校より)
 教諭  大島 秀夫(九条中学校より)
 教諭  鯰江 方個(東総合支援学校より)
 教諭  高木 利明(北総合支援学校より)
 教諭  西口 剛 (新規採用)
 教諭  三野 隼主(新規採用)

いよいよ来週から新年度のスタートです

 いよいよ来週から新年度がスタートします。4月9日(月)には、着任式・始業式を、10日(火)には入学式を行います。
 新入生、在校生ともに新たな目標を持ち、元気でスタートしてくれることを期待しています。

 ○着任式・始業式  4月 9日(月) 09:10〜

 ○入学式      4月10日(火) 09:30〜

学校教育目標・経営方針

 平成30年度の学校教育目標・経営方針を掲載いたしました。
 本校の学校教育目標である「自ら働く力を高め、働くことを通して社会に貢献し、自らの未来を切り拓く人を育む」ための、本校の今年一年間の取組の方向性を示したものです。
 

ごあいさつ

 4月1日より本校の校長として着任いたしました、柴垣 登と申します。これまでの白河総合支援学校での取組を引き継ぎ、生徒たちの願いの実現に向けて教職員とともに努力してまいりたいと考えております。保護者の皆様や、地域の皆様、企業の皆様には、引き続きご協力、ご支援をいただきますようお願いいたします。

 さて、本校は昭和51年4月に高等部単独の知的障害養護学校として開校し、平成16年4月には高等部職業学科単独の総合養護学校(平成19年4月より「総合支援学校」と改称)として再編されました。平成18年3月に職業学科最初の卒業生を送り出して以来、この3月の卒業生まで、その人数は約400人を数えます。そして、そのほとんどが企業就労をしています。このような成果は、専門教科(食品加工・農園芸・情報印刷、流通サービス<共通履修>)や共通教科の学習、デュアルシステムによる様々な企業(産業現場)での実習、地域の方々と共に進める地域協働活動など、全国でも先進的といえる取組を進めてきたことによって実現することができています。

 校長として、これまで歴代校長をはじめとして本校教職員が積み重ねてきた実践を継続・発展させるとともに、企業や地域との連携をさらに深め、本校の教育目標である「自ら働く力を高め、働くことを通して社会に貢献し、自らの未来を切り拓く人を育む」ことの達成を目指して、教職員や保護者の方々、ご協力をいただいている多くの企業や地域の方々との連携を深めていきたいと考えています。
よろしくお願いいたします。

                                                                       校長  柴垣 登

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
学校行事
4/20 家庭訪問  3年キャリアカウンセリング     下校12:30
心理相談10:00
4/23 平常授業開始
4/24 眼科検診13:20
京都市立白河総合支援学校
〒606-8321
京都市左京区岡崎東福ノ川町9−2
TEL:075-771-5510
FAX:075-771-5169
E-mail: shirakawa-y@edu.city.kyoto.jp