京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/03/20
本日:count up279
昨日:660
総数:763499
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
21世紀を自分で歩く国際人の育成

陸上部便り

平成30年度 紫野高校陸上部 競技成績

○3月16日(土)
 第2回 京都府高等学校陸上競技記録会(山城総合運動公園「太陽ケ丘」陸上競技場)

(女子)
☆砲丸投 小田嶋 麗(2年)  3位
☆円盤投 井原 有貴子(2年) 5位 

※朝一番は晴れていたのですが、8時すぎから雨が降り出し、その後1時間半ぐらい降り続き、ウォーミングアップの時間に体が非常に濡れました。さらに低温、そしてトラックは向かい風という最悪の条件で、今年最初のT&Fの大会が行われました。
その中で他校の選手も含め、自己記録を落とす選手が多い中、上記2種目でトップ8入りをした上、小田嶋さんは自己新記録でした。
今回は1年生が研修旅行翌日で参加できず、2年生のみの参加となりましたが、これから30日・4月6日と週末に記録会に参加して、冬季練習の成果を確認しながら、4月14日の春季大会、5月3日・4日の京都IH市内予選会へとつなげていきます。

ソフトテニス部通信

平成31年2月23日に行われた、京都府高等学校ソフトテニスシングルス大会で宮地選手が準優勝しました。強豪校の選手を次々と破り決勝まで進みました。決勝戦は破れましたが、正々堂々戦う姿に感動しました。次の大会はインターハイ予選になりますがそこで結果を残せるようにがんばりたいと思います。今後とも応援のほどよろしくお願いします。
画像1
画像2

陸上部便り

京都マラソン2019 補助員報告 ○2月17日(日)その2
 
 ランナーの皆さんの完走を願って、補助員も頑張りました。


画像1
画像2
画像3

陸上部便り

京都マラソン2019 補助員報告 ○2月17日(日)


 2月17日(日)は、京都マラソン2019の補助員をさせて頂きました。生徒は第3関門立命館大学前、第4給水所立命館大学前、第5給水所紫野高校前の3か所に分かれ、補助員の任務につきました。
 これだけのたくさんの人が42・195kmにのぞむ姿を見て、はじめはみんな圧倒されていました。しかし、補助員をさせて頂く中で、自然に「ファイト」「頑張ってください」などの応援の声が出てきました。走っておられる人の中にはかなり年配の方もおられましたが、それぞれ自分のぺ−スで、目標のタイムに向かって、あるいは完走をめざして頑張っておられました。それらの姿を目の前で見せて頂いて、改めて陸上競技の素晴らしさ、奥深さに触れることができました。
 その中で、今回、先の全国高校駅伝に引き続き、このような大きな大会の補助員をさせて頂いたことは、大変貴重な経験でした。例えば将来会社員になれば、営業、製造、企画、総務・・・など色々な分野があって、どれ1つ欠けても成り立たない事と同じで、「試合」というのは「選手」「審判」「補助員」のどれ1つ欠けても成り立たないということを、再認識できた半日だったと思います。この経験を、今後の陸上生活、社会生活に活かしていきます。

画像1
画像2
画像3

陸上部便り

合同練習報告 ○2月11日(祝)
 大阪市 咲くやこの花高等学校合同練習会 2

※1月5日(土)に引き続き、2月11日(祝)に、大阪市にある中高一貫校である咲くやこの花中学・高等学校に合同練習に行かせてもらいました。
 前回は紫野高校だけでしたが、この日は和歌山県の和歌山高等学校、城東中学校、大阪市の小学生のクラブチームも来られており、前回より人数もかなり多かったです。
午前9時前から約3時間30分の練習でしたが、各種体力トレーニング、インターバルトレーニング、種目別練習、サーキットトレーニングのあと最後に全員でシャトルランを10本と、質・量ともにかなりのものでした。
 前回紫野生は圧倒されてばかりでしたが、今回は2回目ということもあり、ついていける人の数が増え、長距離では逆にペースを引っ張る場面も見られました。また練習終了後に自主的に使った場所を掃除したり、挨拶を積極的にしたりなど、前回より1カ月たっての成長のあとが随所に見られました。
 この後高校入試や学年末考査、1年生は研修旅行もあり、他府県に合同練習に行くのはしばらくできないかもしれませんが、冬季練習の後半にこのような刺激をもらえてとても良かったです。
 3月16日(土)から、冬季練習の成果を試すべく、各種記録会に参加します。




画像1
画像2
画像3

陸上部便り

合同練習報告その2 ○2月11日(祝)
 大阪市 咲くやこの花高等学校合同練習会2

画像1
画像2
画像3

サッカー部 新人戦 トーナメント

2月2日(土) 15時より、洛北高校にてベスト16をかけた新人戦のトーナメントが行われました。


【結果】

 紫野 0 − 1 洛南
 (ベスト32)


前半は洛南高校のフィジカルに押し込まれ、守備に回る時間が多かった。決定的な場面を作らせることはなかったものの、1発のミドルシュートを決められて前半を折り返した。後半は紫野が前掛かりにボールを奪いに行き、攻勢に回ったものの、得点には至らずに、1発の重みとベスト16の壁の高さを再認識した。

次は、4月末から始まるインターハイに向けて再出発します

応援よろしくお願いいたします。
画像1
画像2
画像3

大嶋啓介氏「夢を大切にする生き方、仲間を大切にする生き方」講演会

画像1画像2画像3
2月2日(土)大嶋啓介氏をお招きしての講演会に、野球部・女子バレー部・アメリカンフットボール部チアが参加しました。技術・体力とともに、メンタルを強化することによって、練習や試合でのパフォーマンスを向上させたい、との狙いです。

「可能性を信じること(思い込み)」の大切さとともに、氏は「仲間の力・応援」「自分以外の誰かを喜ばせたいと思うこと」を挙げられ、まとめとして、自分を信じ、仲間を信じる。そして力を合わせて、周囲への感謝の気持ちを表していくことが限界を超えていく力となる、と話されました。
「本気のじゃんけん」というアクティビティの実施から、「予祝」という日本古来の概念に基づいた可能性を信じ活かす方法への内容展開は、非常に鮮やかで、参加者のだれもが熱心に聴講していました。今回の聴講が、クラブの活動はもちろん、高校生活においてもみなさんを支える力となることを願ってやみません。

陸上部便り

合同練習開催○2月2日(土)
 鴨沂高校・小栗栖中学との合同練習会2(於:紫野高校)

※2月2日(土)は1月12(土)に引き続き、鴨沂高校の方々に来校して頂き、小栗栖中学の方も加えて3校で合同練習を行いました。

 1月12日に引き続き、ウォーミングアップでは、前回も来校頂いた渡邉孝浩先生(淀川工科高校教諭)夫妻にご来校頂き、リズムダンスを行いました。前回は最近の曲ばかりでしたが、今回は趣向をがらっと変えられて、「ミッキーマウスマーチ」、「Ultra soul」の2曲でした。振付けを丁寧に指導して頂きながら踊った後、最後に定番の「ソーラン節」を踊りました。鴨沂高校の方も含めて2回目とあって、前回は少し照れくさそうにしていた人たちも、今回は「心を開放して」しっかり踊り、かなり高いテンションで練習に入る事が出来ました。
 その後は各種体力トレーニング、種目別練習を行いました。種目別練習で特に円盤は、渡邊先生の夫人で高校時代40m近くの記録を持つ茜さんが、砲丸は同志社大学3回生で13m近くの記録を持つ森優華さんと渡邊先生の弟の知則さんの2人が見本を見せながら実技指導をして下さり、選手にとっては目の前で素晴らしいお手本を見ながらの練習で、大変効果があがり、砲丸では最後のトライアル練習で自己記録を1m近くも伸ばせました。
 最後に渡邉先生から、「前回来た時に『声を大きく出して練習をしてチーム力を上げれば、個人の競技力は勝手に上がっていく』という話をしたが、たった3週間で見違えるように声が出て、着実にチーム力は上がっている」というお話を頂き、選手たちもみんな自信がついた様子でした。こうしたまわりの方々の温かいお気持ちに支えられて、紫野高校陸上部は少しずつ進化して行きます。
 2月に入り、だんだんシーズンが近づいて来ました。来週も合同練習会を行い、モチベーションを高めながら、冬季練習を仕上げて行きます。



画像1
画像2
画像3

陸上部便り

合同練習開催○2月2日(土)
 鴨沂高校・小栗栖中学との合同練習会2(於:紫野高校)の様子 その2


画像1
画像2
画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
3/22 (新入生学習状況診断テスト予備日)
3/24 1年アカデミア科海外研修帰国
3/26 1年アカデミア科登校日・スタディサポート
3/27 新1年教科書販売
京都市立紫野高等学校
〒603-8231
京都市北区紫野大徳寺町22
TEL:075-491-0221
FAX:075-492-0968
E-mail: murasaki@edu.city.kyoto.jp