京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/12/12
本日:count up11
昨日:211
総数:594202
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
自由と規律の紫野高校で、21世紀を自分で歩く国際人になる!

グローバルリーダー育成研修(3)

付添の先生からの報告のつづきです。
【Day 2】
 今日は朝から各自で朝食をとり,クラス分けのテストに挑みました。終わってからは興奮を抑えきれず「簡単やった!」や「あの問題って何にした?」など,感想をお互いに交流しました。
 午後は,Activityと呼ばれる時間帯で,同じ語学学校のメンバーたち(約200人!!)と様々な活動を行います。この日は,スポーツとクラフトの選択肢がありました。スポーツを選択した生徒たちは,久々に体を動かし,リフレッシュできた様子です。野球に似たゲームを,大学の広大な芝生のフィールドで行いました。ルールの確認や,応援の掛け声など,積極的に英語で交流していました。クラフトチームは, “Bedroom signs”なるものを作成しました。何を作っているのかわからず作っていたようですが,次の機会には,疑問に思ったことは積極的に聞こうと思えるきっかけになったようです。作品は花をモチーフにしたもので,かわいくできたようです。
 夕食後はEvening Activityと呼ばれる時間帯で,ここでも午後のActivityと同様,大人数での活動です。この日は “Karaoke Night” で構内のラウンジに一同が集い,カラオケをしました。英語の曲はもちろん,プログラムに参加する各国の生徒が自分たちの国の曲をエントリーし,歌いました。残念ながら日本チームには順番が回ってきませんでしたが,他の生徒たちの歌をBGMにたくさんの人と交流できました。
 明日からは,いよいよ授業が始まります。楽しみにしている反面緊張もしているようです。
【写真】上:スポーツ 中:クラフト 下上:カラオケナイト1 下下:カラオケナイト2
画像1
画像2
画像3

グローバルリーダー育成研修(2)

グローバルリーダー育成研修引率の先生から報告がありましたので掲載します。

【Day 1 : 出発〜到着】
 いよいよ研修が始まりました。スコールのような雨に見送られ,京都駅を出発し,バスにて関西国際空港へ移動しました。バス内では,これから始まる研修へ向けての期待や不安を皆で分かち合っていたようです。関西国際空港に到着し,渡航へ向けての手続きが着々と進んでいくにつれて,緊張感も徐々に高まっていきました。お互いをサポートしながら一つ一つの行程を乗り越え,搭乗の頃には団としてのまとまりもできてきました。
 機内では,めいめいが映画を見たり,事前課題に取り組んだりと思い思いに過ごしました。初めの機内食が出された時には,メニューを聞かれて戸惑う姿も見られましたが,最後の食事のときには,自信たっぷりに大きな声で “Chicken, please! ”と答えていました。
 ドバイ空港に到着し,点呼を取ると,皆長いフライトに疲れ切っていました。それでも搭乗までの時間には,国際色豊かな免税店や,多国籍の雰囲気に興味津々で五感をフルに使って “international” を感じていた様子です。その後,ロンドンへ向けてのフライトでは,慣れたもので,自分たちで案内表示などを見ながら動けるようになっていました。
 ついにようやくロンドンの地に降り立った時には,皆疲れているにもかかわらず,心からの笑顔で本当にうれしそうでした。
 大学に到着後は,すぐに簡単なCampus Tourを経て,寮のそれぞれの部屋へと別れ,食堂で食事をとりました。夜には早速Evening Activityに参加し,他国からの学生と交流を図っていました。Movie と Board Gamesという2種類から選択しました。明日は朝からクラス分けのテストがあります。良い緊張感の中で長い長い初日を終えました。
 これから本格的に研修が始まります。実り多き研修となればと思います。
【写真】上:関西空港にて 中上:ドバイ空港にて 中下:大学到着 下:Board Game
画像1
画像2
画像3

2年アカデミア科夏季セミナー実施

画像1
画像2
画像3
2年生アカデミア科を対象に、即興型英語ディベートをおこないました。

大阪府立大学院工学研究科の中川智皓先生による説明と、
アシスタントの方々による模擬ディベートのあと、
実際に生徒たちがグループに分かれて英語ディベートをおこないました。
今回のお題は「学校で宿題は廃止されるべきか否か」でした。

英語力はもちろんのこと、コミュニケーション能力、論理的思考力、
幅広い知識が必要とされるディベートの形式に、生徒たちは悪戦苦闘
しながらも、たくさん英語を使い、積極的にディベートに参加していました。
終わった後は、難しい事を達成した満足感を感じている生徒、思うようにいかずに
悔しそうにしている生徒など、学ぶことの多いセミナーになりました。

紫野高校は、表現をすることが好きな生徒が多く集まっているんだな、ということを
改めて感じさせられました。

このディベートは、これから3年生にかけて英語の授業等で練習を
重ねていく予定です。

市立高校伝統文化体験 座禅体験

 7月22日(土)市立高校伝統文化体験 座禅体験が、大本山妙心寺法堂(はっとう)で行われました。本校からは、3年生6名の女子生徒が参加しました。西京高校や工学院高校の野球部などが参加していて、50名を超える生徒が座禅体験に取り組みました。
 最初に妙心寺のご住職から法話がありました。臨済宗は、朝鮮半島を経ず直接中国からもたらされたため、座禅を行う法堂は、中国語読みで「はっとう」とよぶこと。法堂は江戸時代の明暦3(1657)年建立で、重要文化財に指定されており、1995年の阪神淡路大震災でもびくともしなかったということ。また、天井にある狩野探幽筆の雲龍図についての説明がありました。
 その後、座禅の諸注意がありました。まず、靴下を脱いで足を組みます。背筋を伸ばして手を組みます。私語などは一切禁止です。座禅がはじまると僧侶の方が警策(けいさく)とよばれる棒をもって巡回し、姿勢が曲がっていると正されます。この棒は、座禅の時、修行僧の肩ないし背中を打つためのものです。警策は希望すれば打つってもらう事もでき、合掌すればその合図となります。私も物は試しと打ってもらいました。痛くはありませんが、気持が引き締まります。参加生徒も何人かが希望して打ってもらっていたようです。外は酷暑ですが、法堂の中はそれほど暑くなく、静寂の中に警策を打つ音だけが響いていました。時間的には20分くらいでしたが精神集中ができたような気がしました。参加生徒はこれから受験本番。座禅体験が、受験勉強にむけての精神集中にきっと役に立つと思います。勉強に行き詰まったら座禅ですね。

画像1
画像2
画像3

グローバルリーダー育成研修(1)

7月22日(土)17:30 夕立ちの降りしきる中でしたが、グローバルリーダー育成研修に参加するメンバー(紫野高校からは5名が参加)は家族や学校関係者に見送られて京都駅を出発しました。
関西国際空港からイギリスへ向かいます。
今後の様子については、現地からの報告をホームページに掲載します。また、定時報告は京都市教育委員会が開設している京都市立高等学校最新情報サイトの京都市教育委員会からのお知らせのところに掲載されます。
画像1
画像2

球技大会を実施しました

 7月20日は、大掃除の後球技大会を実施しました。
学年ごとにクラス対抗で熱戦を繰り広げ、楽しい一日を過ごしました。
 明日から8月24日まで夏休みです。
画像1
画像2
画像3

サマーセミナー開催

本日(7月15日)から3日間、京都市総合教育センターにて、アカデミア科1年のサマーセミナーが開催されます。1年生3月に行くオーストラリア研修に向けたステップとして、英語漬けの3日間研修です。

野球部 2回戦 勝ちました。

7月14日 わかさスタジアムで2回戦を行い、亀岡高校に5対2で勝利しました。
吹奏楽部、アメリカンフットボール部チア、たくさんの保護者やOBの声援を受けて、選手たちは溌剌とプレーしていました。
次は17日に太陽が丘球場で、兔道高校と対戦です。応援よろしくお願いします。

画像1
画像2
画像3

アメリカの高校生20名が紫野高校を訪問しました

 7月6日(木)の午後、TOMODACHI MUFG国際交流プログラムで日本を訪問しているアメリカ(カリフォルニア州)の高校生20名と引率の先生2名が、本校を訪問してくださいました。

 昼休みの時間に到着された皆さんを、アメリカンフットボールチア(バニーズ)の皆さんのダンスで出迎えました。

 5時間目はアカデミア科3年生と、「日本の過去の震災から何を学ぶか」「今後の日米関係に必要なこと」などをテーマに、グループに分かれて英語でディスカッションを行い、授業の最後にはディスカッションの内容を各班全員で発表しました。

 6・7時間目はアカデミア科1年生が、「日本文化」をテーマに6つのワークショップを行いました。
 アメリカの高校生は浴衣の着方や折り紙の作り方を学んだり、風鈴や絵手紙、ちぎり絵の作成を体験していただきました。
 日本の「駄菓子文化」を紹介するグループでは、「たこせん」や「みずあめ」を実際に作って食べてもらっていました。
 授業の後半では、今宮神社へ散策へ出かけ、神社の歴史や参拝方法などを英語で説明しました。

 半日の短い交流ではありましたが、アメリカの高校生も本校生も英語を使って会話をすることですぐに打ち解け、大変盛り上がったよい交流となりました。

画像1
画像2
画像3

京都工芸繊維大学との連携授業 第7回 フラクタルとコンピュータサイエンス2 を実施しました

 7月6日 5,6時間目、2年生理数セミナーの授業で京都工芸繊維大学の平田博章先生をお招きして、フラクタルとコンピュータサイエンスについて、第二回目の講義をしていただきました。
 今回は、直線の90度回転合成による正方形の生成から始まり、点の合成による直線の描画から複数のアフィン変換の合成により一気に複雑な図形が生まれていく様子を、実習を通じて体験しました。
 はじめは「圧縮・回転・合成」の繰り返しという理論に戸惑っていた生徒たちも、実習を通じてその意味を理解し、最後には様々な美しい図形を生み出していました。

 次回は夏休み明けの8月31日、新聞紙上で蚕の遺伝子組み換えによる成果が報じられた、京都工芸繊維大学の小谷英治先生をお招きし、講義をしていただく予定です。

画像1
画像2
画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
12/18 2年進路オリエンテーション
12/19 木曜日授業
12/20 金曜日授業
12/21 冬季休業(〜1月6日) 全学年冬季進学補習
12/22 全学年冬季進学補習 3年追認考査
京都市立紫野高等学校
〒603-8231
京都市北区紫野大徳寺町22
TEL:075-491-0221
FAX:075-492-0968
E-mail: murasaki@edu.city.kyoto.jp