京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/03/20
本日:count up414
昨日:511
総数:764145
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
21世紀を自分で歩く国際人の育成

3/1(金)は卒業式です。

画像1
 下記の通り平成30年度卒業証書授与式を挙行いたします。ご来賓の皆さま、3年生保護者の皆さま、ご多用のこととは存じますが、何卒ご出席下さいますようお願い申し上げます。

 日 時 平成31年3月1日(金)午前10時 開式    

     保護者の皆様は9時50分までに、式場へ
     お願いいたします。
        
 式 場 講堂(第1体育館)


※3年生は9時45分頃からクラス順に入場する予定です。

生徒会便り

画像1画像2
 生徒会通信2月号!

春の影が近づいて参りました。皆様インフルエンザの脅威に見事打ち勝っておられるでしょうか。今年ももう二カ月が過ぎようとしています。
今後ろで放送部の生徒がきたる大会に向け朗読の練習をしています。その一部を文面ですが皆さんも感じてみてください。

 白玉団子のごくごく小さなものが三つ赤白緑の寒天が賽の目に切られて入っている。   (抜粋 「食べごしらえおままごと」)

透き通った声。その中から時々のぞかせるどこか凛々しく勇ましい姿。そんな声が、何気ない白玉団子と三色の寒天という菓子とからみ、ねじれ、音が彩りを纏うことで桜の香を五感に思い出させてくれます。
心地よい声と暖かな春風に撫でられつつ今回も書いていこうと思います。

さて今回は三年生が主催の史上初のイベント「卒業イベント」についてです。このイベントはハロウィンと同じく生徒が中心となった新しい行事です。

高校を卒業しこれから新たな道を行く戦士たちの、正真正銘高校生活最後の宴。紫野の音と乱舞に彩られた夢の祭典、ついに3月25日(月)第一体育館にて開幕することをご案内します。


この時期になると一年生は海外研修、二年生はテスト前という事もありボックスは少し静かです。少ない人数ながら今から掃除をしたいと思います。後輩からのお土産をきれいに飾りたいので。


放送局の活躍

画像1
放送局2年生の棚原こころさんが、今年度の京都府高等学校総合文化祭で、放送部門朗読小部門の優秀賞に輝きました。

これにより、来年度の全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」(佐賀県)に出場します。

また、棚原さんは12月16日(日)に京都で開催された、全国高校生伝統文化フェスティバルの司会を務め、その様子がBS朝日で放送されました。

https://www.youtube.com/watch?v=wES3vL8RvL0

平成31年度京都府公立高等学校入学者選抜 前期選抜 合格発表・簡易開示

 2月21日(木)14:00〜16:00 京都府公立高等学校入学者選抜 紫野高等学校前期選抜の合格発表、簡易開示を行いました。

 前期選抜では、アカデミア科82名、普通科A方式1型40名、普通科A方式2型20名を合格といたしました。普通科は、定員200名のうち前期選抜で60名の選抜を行いましたので、3月6日(木)実施の中期選抜で普通科残定員の140名の募集を行います。

 前期選抜の簡易開示は本日だけではなく、3月20日(水)まで(土曜日、日曜日、3月6日を除く)9:00〜16:00まで行っています。受検票と生徒手帳を持参の上、本校までお越しください。
画像1画像2

GAPIS発表会(アドバンスト・アカデミア)

2月19日(火) GAPIS(Global Action Program Interactive Session)という総合的な学習の時間の発表会が行われました。

第一体育館では、アドバンストクラス自然科学コース・アカデミア科の口頭発表を行いました。
 アドバンスト自然は京都工芸繊維大学との連携講座をもとにした科学的な探究の成果、および本校数学科の指導による相関関係の調査結果を発表しました。
 アカデミア科のサイエンスコースも京都府立大学との連携をもとにした科学的な探究の成果を行いました。
 アカデミア科グローバルコースは英語によるプレゼンテーション、英語で作成した動画を披露しました。
 さらに、昨年行われた英語スピーチの優勝者・準優勝者のスピーチも発表されました。

 今回見学者に回った生徒も、他人の発表を聞いてその参考にすべき点を見習い、大いに学んでほしいと思います。
画像1
画像2
画像3

GAPIS 発表会(スタンダード)

2月19日(火) GAPIS(Global Action Program Interactive Session)という総合的な学習の時間の発表会が行われました。

この学校行事は、2年間の総合的な学習の時間の集大成として、2年生が発表し、1年生が聴衆に回ります。

2年生スタンダードの生徒たちは、「20××年からの提言〜持続可能な社会を目指して〜」というテーマで、過去から現在までの社会の移り変わりを捉えた上で、論理的に未来予測をし、20××年より現在に提言を行うという内容の発表を、3〜5名のグループで発表をしました。

生徒たちは緊張しながらも、発表の回数を経る中で、どんどん工夫を凝らした発表が見受けられ、表現力が養われました。
画像1
画像2

陸上部便り

京都マラソン2019 補助員報告 ○2月17日(日)その2
 
 ランナーの皆さんの完走を願って、補助員も頑張りました。


画像1
画像2
画像3

陸上部便り

京都マラソン2019 補助員報告 ○2月17日(日)


 2月17日(日)は、京都マラソン2019の補助員をさせて頂きました。生徒は第3関門立命館大学前、第4給水所立命館大学前、第5給水所紫野高校前の3か所に分かれ、補助員の任務につきました。
 これだけのたくさんの人が42・195kmにのぞむ姿を見て、はじめはみんな圧倒されていました。しかし、補助員をさせて頂く中で、自然に「ファイト」「頑張ってください」などの応援の声が出てきました。走っておられる人の中にはかなり年配の方もおられましたが、それぞれ自分のぺ−スで、目標のタイムに向かって、あるいは完走をめざして頑張っておられました。それらの姿を目の前で見せて頂いて、改めて陸上競技の素晴らしさ、奥深さに触れることができました。
 その中で、今回、先の全国高校駅伝に引き続き、このような大きな大会の補助員をさせて頂いたことは、大変貴重な経験でした。例えば将来会社員になれば、営業、製造、企画、総務・・・など色々な分野があって、どれ1つ欠けても成り立たない事と同じで、「試合」というのは「選手」「審判」「補助員」のどれ1つ欠けても成り立たないということを、再認識できた半日だったと思います。この経験を、今後の陸上生活、社会生活に活かしていきます。

画像1
画像2
画像3

京都マラソン2019ボランティア2

 本校の陸上・野球・男子バスケットボール・ESSの生徒が,本校前の給水所のボランティアとして,給水所設営から準備,スポーツドリンク・バナナ・塩分補給タブレットの配布など,京都マラソン出場ランナーのサポートをさせていただきました。
画像1
画像2
画像3

京都マラソン2019ボランティア

 本日(2/17)開催の京都マラソン2019に本校生徒が早朝からボランティアとして参加しています。例年,本校前が大会コースとなり,テニスコート前に給水所が設営されます。

 今年も陸上部が全体の補助員として本校近隣で運営補助にあたっており,野球部・男子バスケットボール部・ESSの生徒がテニスコート前給水所でボランティアをしております。

 しばらく本校前は交通規制で通行止めとなります。

画像1
画像2
画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
3/22 (新入生学習状況診断テスト予備日)
3/24 1年アカデミア科海外研修帰国
3/26 1年アカデミア科登校日・スタディサポート
3/27 新1年教科書販売
3/28 新2年教科書販売(ふたば書房)
京都市立紫野高等学校
〒603-8231
京都市北区紫野大徳寺町22
TEL:075-491-0221
FAX:075-492-0968
E-mail: murasaki@edu.city.kyoto.jp