京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/11/25
本日:count up92
昨日:342
総数:562410
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

家庭科特別授業2 【和服着付け体験】

画像1
画像2
画像3
6月29日(木) 3年次生「ソーイング」選択者 13名
京都市観光協会より3名の講師の方々に来ていただき、和服の着付けを体験しました。
今まで浴衣を着たことはあっても、自分で着付けを行うのは初めてでしたが、講師の方のわかりやすいご指導のおかげで無事着ることができました。
「この夏に、今度は浴衣の着付けに挑戦したい。」「背筋が伸び、日本人だなあと感じる。」など、和服を気に入り、興味を持ってくれたようです。
全員違う柄でしたが、皆さんよく似合っていました。

「HELLO Village Week」第3日目

Today was the third day of "HELLO Village Week." The ALTs and students who came to HELLO Village watched the TV show, "GLEE". Usually, a lot of students are in here at lunch time, but because of "HELLO Village Week", the terrace and communication space was filled with students. In the afternoon, about 20 foreign students came from Kyoto University, and they interacted with the students who are in the third grade of Global Course. After school, "BRITISH DAY" was held. At first, two ALTs, Alan and Nicholl, who are from the UK, did a presentation about their native country. They said that the UK is composed of England, Scotland, Wales, and Northern Ireland, and they also talked about famous English people.
Later, the students who had taken part in "BRITISH HILLS" English Camp in Fukushima gave a presentation and some quizzes. They learned about British manners in the dining room, which was just like in the movie, "Harry Potter". They also acted in the play, “Momotaro" in English. We were able to understand what they had experienced in "BRITISH HILLS".
Afterwards, participants enjoyed gesture games. Finally, the ALTs served British biscuits and royal milk tea. It was a very fun and tasty event!

本日(6/28)は、「HELLO Village Week」中日の3日目です。昼休みは、集まった生徒たちとALTで「GLEE」を鑑賞しました。昼休みはいつも多くの生徒で賑わっていますが「HELLO Village Week」に入ってからテラスやコミュニケーションスペースは、大入り満員の状態です。午後は、京都大学の留学生が来られ、3年Gコースの生徒との交流会がありました。グループに分かれて楽しそうに交流を深めていました。放課後は、「BRITISH DAY」が行われました。最初は、イギリス(UK)出身のALTアランさんとニコルによるイギリスに関するプレゼンテーションがありました。イギリスは、イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの4つの地域から出来ていることや、イギリス出身の有名人など色々とためになる発表でした。後半は、昨年末に福島県の「BRITISH HILLS」研修に参加した生徒たちによるプレゼンテーションとクイズがありました。ハリーポッターに出てくるような食堂でのマナー講座や桃太郎の英語劇に取り組むなど英語漬けの3日間の様子が良くわかりました。参加者全員でジェスチャーゲームを楽しんだ後、最後にイギリス式でクッキーとロイヤルミルクティをいただいて「BRITISH DAY」は終わりました。楽しくて美味しいイベントでした。

画像1
画像2
画像3

家庭科特別授業1 【今熊野児童館訪問】

画像1
画像2
画像3
家庭科特別授業1 【今熊野児童館訪問】
 6月5日(月) 3年次生「子どもの発達と保育」選択者14名
 今熊野児童館の乳幼児サークルに属する親子20組と交流しました。
妊婦体験、赤ちゃん人形を用いた着替え・おむつ替えを体験では、今熊野民生委員の方々にもご指導いただきました。3kgの体験グッズを装着し、床に寝転がったり、くつを履いてみました。
生徒たちは「予想以上に重くて、下も見えない。」「短時間でも疲れ、腰が痛くなった。」「周囲の手助けが必要。」「手足を動かさず、服を伸ばしての着替えは大変だった。」など、多くの気付きがあったようです。
 乳幼児との交流および保護者の方へのインタビューでは、「子ども達がとても可愛く、癒された。」
「赤ちゃんでも1人1人性格が違うんだなと思った。」「現在妊娠4ヶ月のお腹を触らせてもらい、ここに小さな命があると思うと泣きそうになった。」「妊娠中や陣痛の大変さが改めて分かった。」などの
感想を寄せてくれました。
 2時間という短い時間でしたが、子ども達と遊ぶだけでなく、いろんな体験やお母さん方とお話しができ、大変貴重な経験になりました。

「HELLO Village Week」第2日目

June27th was the second day of "HELLO Village Week". Student enjoyed "READING" MISSION, in which they read English books in HELLO Village, "SPEAKING" MISSION, where they sing a song, and so on. They watched English versions of "Pokemon" and "Sponge Bob" as "Lunch Time Cartoon" in the lunch hour. They felt puzzled a little because they know "Pokemon" well but it was dubbed. However, they enjoyd it. Afer school, "SHODO EVENT" was held. The members of calligraphy club supported the other students so that they could have a good time. At first, they practiced drawing on Japanese paper many times, and after that, they made a final copy on a fan. Some students are not used to using a writing brush. However when they finished it, they cheered and looked satisfied. We realized that calligraphy does expresse Japanese traditional sentiment!

本日(6/27)は、「HELLO Village Week」の二日目です。生徒たちは、英語村に置いてある英語の本を読む「READING」のMISSONや、英語の歌を歌う「SPEAKING」のMISSIONなどに楽しそうに取り組んでいました。昼休みは、「LUNCH TIME CARTOON」と題して、「ポケモン」と「スポンジボブ」の英語吹き替え版をみんなで鑑賞しました。慣れ親しんだ「ポケモン」が、英語で吹替えられていて、何か違和感を感じながらも英語のセリフを楽しんでいました。放課後は、「SHODO EVENT」が行われました。書道部員の皆さんが、参加者が楽しめるように、丁寧に教えていました。初めは、半紙で何度も練習した後、最後に団扇にそれぞれ思い思いの文字を清書しました。日頃は筆を持ちなれない生徒たちも、出来上がった時には歓声を上げ、満足そうにしていました。やはり日本の心と言えば「書道」ですね!!今日は、そのことを改めて実感する機会になりました。
画像1
画像2
画像3

京都市乙訓地域公立高等学校合同説明会(6/24,25)報告

6月24日(土),25日(日)の1日半,京都市乙訓地域公立高等学校合同説明会がみやこめっせで開催されました。
昨年より半日間開催期間が短くなったにもかかわらず,日吉ケ丘高校の個別相談ブースには,昨年以上の方にお越しいただきました。個別件数だけで450件以上,総勢1,100名を超える方にお越しいただきました。今年度は相談ブースの数も増やし,整理券を導入するなど,待ち時間のないように工夫しましたが,それでも長蛇の列ができてしまい,長時間にわたってお待ちいただいた方には大変ご不便をおかけしました。
多くの皆様に日吉ケ丘高校に興味を持っていただいてうれしい限りです。今後も皆さんの期待に応えるべくさらに魅力あふれる学校になるよう頑張ってまいります。
画像1
画像2
画像3

京都大学に通う留学生との交流レポート

画像1
画像2
画像3
6月28日(水)午後、京都大学に通う「日本語・日本語文化研修留学生」21名が本校を訪れ、国際コミュニケーションコース3年次生徒達と意見交流しました。この交流は2004年から毎年実施されていて、今回で14回目の訪問です。多目的室で9班に分かれ、「日本の教育制度」、「部活動」、「恋愛」、「進路」、「受験」、「伝統文化」など、多岐に渡るジャンルについて留学生が予め用意してきた質問に、本校生徒が回答するという形式で行いました。留学生達は日本のことを良く勉強されていて、流暢な日本語で質問していました。本校生徒達は「海外からの視点での質問」に答える事で、自分自身や自国について新たな視点で見たり考えたりするきっかけと刺激をもらいました。その後、留学生は本校ESS部員によるキャンパスツアーに参加され、相撲部、弓道部、書道部、吹奏楽部等を見学されました。お別れ前、話のつきない様子があちらこちらで見られました。今後もこのような若者同士の国際交流を大切にしていきたいと思います。(国際教育部)
*留学生の出身国(13カ国):大韓民国・中国・タイ・ベトナム・モンゴル・米国・スウェーデン・チェコ・フランス・ベルギー・ポーランド・ロシア・オランダ

「HELLO Village Week」始まる!

In HELLO Village, there is a week called, “Hello Village Week” from Monday June 26th to Friday 30th. We have many kinds of missions at HELLO Village and our school, will also hold special events at lunch time and after school so that many students will come here.
On the 26th at lunch time, we had an opening event. Ms. Wada was the emcee, and Mr. Furuike, the principal of Hiyoshigaoka High School, made a greeting in English, also the student chairperson of HELLO Village, and Kris, the village mayor, gave a message and introduced the weekly mission.
After them, Mr.Oe, the executive director of HELLO Village, did a calligraphy performance. Finally, we prayed for the success of the event by opening a decorative paper ball called Kusudama. We expect a lot of students to participate in this event!

英語村「HELLO Village」では、6月26日(月)〜30日(金)までの1週間を「HELLO Village Week」と銘打ち、英語村を更に活用してもらうために、昼休みと放課後にスペシャルイベントを企画したり、英語村や校内を舞台に色々なミッションを用意しています。26日の昼休みに、そのオープニングを記念して、オープニングイベントが行われました。和田先生の司会で、古池校長の英語による挨拶で始まり、英語村委員長の挨拶、クリス村長からメッセージとこの一週間のミッションの紹介などがありました。その後、大江事務局長による「書道パフォーマンス」が行われ、最後にALTを交えて「くすだま割り」を行い、イベントの成功を祈念して終了しました。多くの生徒がこのイベントに参加してくれることを期待しています。

画像1
画像2
画像3

豪州Atwell Collegeの訪問レポート (その2)

画像1
画像2
画像3
6月23日(金) オーストラリアから訪問中のAtwell collegeの生徒の皆さん12名は、昨晩本校生徒宅で一夜を過ごし、元気に登校してくれました。午前中は、英会話の授業と芸術の時間に参加して交流しました。昼休みは、各ホストファミリーが用意してくださった日本のお弁当に大満足されていた様子でした。その後、英語村でオーストラリアに関するプレゼンテーションを日本語で披露してくださいました。放課後は、本校生徒達といっしょに楽しく会話やカードゲームをして親睦を深めました。
 翌日の午後、一団は、二日間お世話になったホストファミリーにお礼とお別れを告げ、京都駅から次の目的地の広島に向かわれました。短期訪問ではありましたが、国際親善に貢献できたという実感が持てました。留学生を快くご家庭に受け入れてくださいましたホストファミリーの皆様の善意とおもてなしに心から感謝し、お礼を申し上げます。(国際教育部)


豪州Atwell Collegeの訪問レポート (その1)

画像1
画像2
6月22日(木) 西オーストラリア州にある学校Atwell collegeから、14〜16歳の生徒12名と引率教員3名が本校に2日間訪問し、本校生徒宅にホームステイをしながら授業体験やプレゼンテーションで交流しました。初日の午後は、1年次国際コミュニケーションコースの生徒達と一緒に、河村能舞台で能楽体験をしてもらいました。英語での解説もあり、初めて見る本物の伝統芸能に感激されていました。その後、学校に戻り、ホストファミリーに応募してくれた本校生徒達と対面し、各自家路につきました。

「能楽おもしろ講座」@河村能舞台 受講ミニレポート

画像1
画像2
去る6月22日(木)の午後、本校国際コミュニケーションコース1年次生徒70名が、河村能舞台(京都市上京区)に出かけ、日本の伝統芸能である能の多彩で豊かな世界について学んできました。生徒達は来年3月に出発するオーストラリア研修旅行の事前学習の一環として、日本文化に対する教養を深める目的で受講しました。講義では、現代でも使う「乗りがよい」(=リズム感がある)は、能に由来していること等を学び、能がより身近に感じられました。その後、能面や装束を実際に身につけたり、声を出しながら鼓を叩いたり、舞台の上で能の基本の構えをしながら歩くお稽古をするなど、様々体験学習を行いました。国際社会で活躍する人物が身につけておくべき教養として、自国の伝統文化に慣れ親しんでおくことの重要性に改めて気付けた有意義な午後でした。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

各種証明書交付について

学校沿革史

中学生のみなさんへ

保健部より

生徒による学校評価

学校より

PTAより

災害時等の対応

京都市立日吉ヶ丘高等学校
〒605-0000
京都市東山区今熊野悲田院山町5-22
TEL:075-561-0710
FAX:075-551-9046
E-mail: hiyoshi@edu.city.kyoto.jp