京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2016/06/22
本日:count up16
昨日:230
総数:411097
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
★★★7月30日(土)に京都商工会議所で第1回学校説明会を開催します。申込締切は7月1日。詳細・お申込みはカテゴリ【中学生のみなさんへ】へ!!★★★

All ALT Meeting in HELLO Village

On June 21, there was All ALT Meeting in our English Village, HELLO Village. All of the ALTs (about 50 ALTs) who work for Kyoto City schools participated in this meeting. Usually this meeting is held in Kyoto City General Education Center, but this time, for the first time, in our HELLO Village. They had chance to communicate with students as well as attending the meeting. As the students were looking forward to talking to ALTs, as many as 120 students gathered there after classes and had fun communicating in English with ALTs. This experience must be a good one for the students. ALT teachers, thank you so much!

ALT50人と生徒120人の大コラボレーション!!
6月21日(火)午後から日吉ケ丘高校「英語村」(HELLO Village)で、京都市立学校で勤務するALTが集う「ALT meeting」が行われました。放課後、本校生徒120名が駆け付け、「英語村」開村以来最高の賑わいを見せました。生徒たちは、ひしめきあいながら、あちこちでALTにインタビューを敢行していました。きっと心に残る一日になったことと思います。ALTの先生方ありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

Parliamentary Debate Seminar

On June 18th, we had a parliamentary debate seminar in HELLO Village. More than 50 students from four senior high schools, about 30 teachers all over Kyoto prefecture gathered in our HELLO Village, and they experienced parliamentary debate in English. Ms. Nakagawa, representative director of PDA (Parliamentary Debate Personnel Development Association), and other staff members came to HELLO Village and taught them what a parliamentary debate is, how to do debating, and in what way they should think about the motion (theme) and express their opinions effectively.

Parliamentary debate is thought to be a good training to enhance logical thinking, critical thinking, presentation skills and so on, which are needed in this globalizing society. Of course it does improve English ability as well, so it is now becoming widespread in English education in Japan.

The students thought debating was difficult but they felt it is very exciting. Hiyoshigaoka students played an important part in this debate. Ms. Sakano Rena, Ms. Kawasaki Ai, Ms. Tanaka Momoko, and Ms. Yamada Ayumi did a model debate in front of a big audience. Mr. Fukuda Ryuji, Ms. Amaguchi Yumi, and Ms. Sakano Rena were chosen as the best debater of each table. You did a great job!

6月18日、英語村でパーラメンタリーディベート講習会を実施しました。50名を超える高校生、30名を超える先生方がここ英語村HELLO Villageに集まりパーラメンタリーディベートを行いました。今回は、PDA(一般社団法人パーラメンタリーディベート人財育成協会)の代表理事中川智皓氏をお招きし、6名のスタッフの方たちとともに、まずはパーラメンタリーディベートとはどういうものなのか、どうやってディベートを行うのか、また出されたお題にどう取り組みそれを説得力を持って表現するかを教えてくださりました。

パーラメンタリーディベートはこのグローバル化した世界で必要な論理的思考力や批判的思考力、プレゼンテーション能力などを育成するのにぴったりの活動だといわれています。もちろん英語の力も非常につくので日本でも英語教育において普及し始めています。

生徒たちはディベートに取り組むのは難しいと感じながらも非常に楽しんでいました。特に日吉ケ丘高校の生徒たちは参加校4校(西京・嵯峨野・紫野・日吉ケ丘)の中でも大活躍してくれたと思います。モデルディベートを行った坂埜玲奈さん、川崎愛生さん、田中萌々子さん、山田歩さん、素晴らしかったです。ベストディベータにも福田龍二さん、尼口裕美さん、坂埜玲奈さんが選ばれました。本当に皆頑張ったと思います。

画像1
画像2
画像3

PTA教養文化講座を開催しました

 6月18日(土)に、PTA教養文化講座を実施しました。今年度は『和食』をテーマとして、お二人の講師の方をお迎えして講義をしていただきました。
 まず前半は、京都市立開睛小中学校栄養教諭の小山ひとみ先生をお迎えして「高校生のための食育講座」として、朝ごはんの重要性や食べ物のバランスのとり方など、いろいろな観点からお話をいただきました。
 後半は、本校の卒業生でもある『半兵衛麸』代表取締役玉置万美社長から「食へ思いと『京麩』のレシピの紹介」と題してお話をいただき、「食」にまつわる伝統的な心づかいといったことにも触れていただきました。 
 どちらも講演もとても興味深いもので、お話しの後には多くの参加者からいくつもの質問が寄せられていました。
 来月には保健行事が予定されています。まもなく案内をしますので、次回もたくさんのご参加をお待ちしています。

画像1画像2

能楽体験学習

6月16日(木)1年次国際コミュニケーションコース 校外学習 能楽体験学習

1年次国際コミュニケーションコースの生徒たちは、来年3月に行くオーストラリア語学研修で現地の高校生に日本文化を英語プレゼンテーションで紹介します。その第一歩として日本文化に触れるため冬青庵で能楽体験学習を行いました。
講師河村純子氏に能楽をわかりやすく英語と日本語で説明していただいた後、謡いの手ほどきを受け、楽器の一つである小鼓の打ち方のコツを習ったり、面を見せていただいたり、衣装を着せていただきましたし、実際の舞台での歩き方の指導も受けました。最後に迫力のある舞台を見せていただき、生徒たちは初めて間近で見る舞に圧倒されていました。1時間半ほどの講座でしたが、中身が濃く時間はアッと言う間に過ぎて行きました。生徒たちにとって遠い存在だった「能」を身近に感じることのできた貴重な時間でした。
今回はNHKの取材も入り、代表生徒2人が緊張した面持ちでインタビューを受けました。
画像1
画像2
画像3

雅楽体験学習

6月15日(水)2年次国際コミュニケーションコース 校外学習 雅楽体験学習

2年次国際コミュニケーションコースは日本文化を世界へ発信していくというコンセプトのもと、1年次の能楽体験学習に続き、日本伝統文化である雅楽について学ぶため、藤森雅楽会にご指導いただきました。
雅楽の歴史や楽器の説明を受け、生の演奏を鑑賞しました。ほとんどの生徒にとってはなじみのない太鼓、鐘、笛の演奏に皆、引き込まれていました。その後、実際にその楽器を体験させていただき、丁寧にご指導いただきました。いろいろな楽器に触れ、実際に音を出したり出せなかったり、楽しい時を過ごすことができました。
最後に舞について解説を聞きながら、衣装をつけるところから見せていただき、雅楽の音色とともに鑑賞することができました。今まで生徒たちにとって神社で聞いたことがある、結婚式で聞いたことがあるという音楽でしたが、その始まりから学び、実際に演奏を聴き、楽器に触れるという貴重な体験ができました。

画像1
画像2
画像3

ALTニック先生 Happy birthday!! & Kris’ PUB Quiz 3

今週は、保護者懇談週間のため午前中授業です。終礼終了後、いつものように「HELLO Village」では生徒たちが昼食を取りながら歓談していました。すると、突然「Happy birthday」の音楽が流れ、ニック先生にESS部の生徒たちからプレゼントが贈られました。6月16日は、ALTニック先生の誕生日でした。その場に集まっていた全員でニック先生の誕生日を祝福しました。いつもやさしく英語を教えていただきありがとうございます。ニック先生これからもよろしくお願いします。

この日はその後、「Kris’ Pub Quiz3」が行われました。クリス村長が全身全霊を傾けて作られた問題は、質の高い素晴らしい良問です。各チーム一丸となって、繰り出される問題に取り組んでいました。今日は、アメリカ在住のサラさん親子も特別に参加され、大いに盛り上がりました。また、次回、クリス先生からどんな問題が出題されるか今から楽しみです。まだ、参加したことのない人も是非参加してください。英語が楽しくなりますよ!!

写真(上) ニック先生の誕生日祝い
写真(下) PUB Quizの様子

画像1
画像2

バドミントン部 女子 京都府ベスト16!!

5月8日(日)から始まったインターハイ予選が、6月12日(日)で全日程が終わりました。以下その結果を報告します。

【女子団体(学校対抗)】京都府ベスト16(6月4日)

出場メンバー  3年次  大谷 あすか
             小谷 音々
             村田 琳
        2年次  竹内 菜摘
             合谷 彩

目標のベスト8には届きませんでしたが、3年生中心に良いゲームをしてくれました。

【個人ダブルス】京都府ベスト16(6月11日)

             竹内 菜摘
             合谷 彩

個人でのベスト16はとても素晴らしい成績です。よく勝ち進んでくれました。

【個人シングルス】京都府ベスト32(6月12日)

             竹内 菜摘

最後に対戦した相手は、結果的には京都代表としてインターハイに出場する選手でした。よく健闘しました。

京都府高等学校総合体育大会を兼ねた京都府南部のブロック予選(5月21日)では、女子のシングルスで竹内、合谷がブロック優勝、小谷、村田が2位、大谷が3位、男子のシングルスで3年次の中西諒太朗がブロック3位となりました。

応援に来ていただいた保護者の皆様、先生方有難うございました。これから新チームとして本格的に動き出します。団体ベスト16。個人での近畿大会出場を目標に日々の練習を頑張って行きたいと思います。
画像1
画像2
画像3

English Walk

6月11日(土) English Walk
今年度第一回目のEnglish Walkを宇治の平等院周辺で行いました。真夏の日差しのもと、23名の生徒たちは5つのグループに分かれて、宇治へ観光に来ている外国人の方々に対して日本へやって来た動機などについてインタビューしました。英語を母語とする人達よりも香港、中国、イタリアなどから来られている人たちの方が多かったのですが、彼らは皆、生徒たちの声かけに英語で対応してくださいました。英語を母語としない者同士が英語でコミュニケーションを取り、お互い会話を楽しんでいる様子には感心しました。これからも、ぜひこの活動を続けて行きたいと思います。
画像1
画像2
画像3

女子剣道部 岡山インターハイ団体・個人出場決定!!

 6月4日、5日の両日、京都市武道センターで剣道インターハイ予選が開催されました。
 4日の団体戦は、準決勝まで順調に勝ち上がりました。準決勝の福知山成美戦では、先鋒が1本負け、次鋒が1本勝ち、大将まで引き分けで代表戦となりました。主将の高橋が冷静に相手を見てメンを決め、苦しみながら長時間の戦いを制し決勝へ進出しました。
 決勝では久御山高校と対戦しました。選抜予選の決勝と同じ展開になり、4引き分けで大将勝負となりました。大将高橋が、選抜予選で負けた悔しさを晴らすような見事なメンを決め、優勝することができました。
 5日の個人戦では高橋が2回戦敗退、藤野がベスト16で敗退、江守がベスト8で敗退する中、宮本がベスト4に入り、決勝リーグに進出しました。2勝1敗で3人並んだため、3人でリーグ戦を再度行いました。緊迫した雰囲気の中、宮本は全勝で優勝し、インターハイへの出場を決めました。
 苦しい戦いの中、部員21名の結束力が実を結ぶことになりました。応援して頂いた保護者、先生、OG、OBの皆様に対して感謝の気持ちでいっぱいです。全国の舞台で活躍できるよう頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いします。
 
画像1
画像2
画像3

伏見工業・京都工学院ラグビー部 相撲体験

画像1画像2画像3
6月8日(水)に伏見工業・京都工学院ラグビー部が本校相撲部に出稽古に来てくれました。
腰割や四股、すり足など相撲の基本動作からぶつかり稽古まで短い時間でしたがみっちり体験してもらいました。
最初は相撲独特の動きに戸惑っていましたが、そこは全国レベルのラグビー部だけあり慣れてくると相撲部にスカウトしたくなるほど良い当たりをしていました。相撲部の生徒も今回の交流がいい刺激になったと思います。種目は違いますが京都市立高校同士互いに切磋琢磨して行きたいと思います。
今度は是非ラグビー部に相撲部が体験に行きたいと思います。
伏見工業・京都工学院ラグビー部の皆さん本当にありがとうございました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

行事予定

学校沿革史

中学生のみなさんへ

教務部より

学校より

災害時等の対応

HELLO Village(英語村)

京都市立日吉ヶ丘高等学校
〒605-0000
京都市東山区今熊野悲田院山町5-22
TEL:075-561-0710
FAX:075-551-9046
E-mail: hiyoshi@edu.city.kyoto.jp