京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/07/04
本日:count up16
昨日:361
総数:914547
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
★★★本校は6月8日(月)から平常授業を開始しました★★★

教育委員会からのお知らせ

・LINEを通じた相談窓口「京(みやこ)SNS 相談」について(〜6/30)(←クリックでこども相談センターパトナのページへ)
・⼦どものストレスへの理解とご家庭での心のケアについて(←クリックでこども相談センターパトナのページへ)

重要 高等学校就学支援金について

保護者様

令和2年7月から令和3年6月(3年次生は令和3年3月)までの高等学校就学支援金の申請書類一式を令和2年7月6日(月)に生徒へ配布します。

申請される場合は,お子様を通して各HR担任までご提出お願いいたします。提出期日は令和2年7月16日(木)とさせて頂いています。

案内文はこちら→高等学校就学支援金について

2020年度 日吉ヶ丘高校スクールガイダンスのお知らせ

中学生のみなさんへ

今年度の本校スクールガイダンスの日程が決まりましたので,下記をクリックしてください。

京都府教育委員会から5月発行の「京都府公立高等学校スクールガイド2020」の日程から変更していますのでご注意ください。

こちらをクリック→2020年度 スクールガイダンスの予定

「地学基礎」の授業での「質問づくり」

6月23日(火),地学基礎の公開授業が行われました。テーマは,「生命の星・地球」です。今回は「質問づくり」を中心にICTを活用した授業を展開しました。「質問づくり」では,3〜4人のグループごとに,次の4つのルールに沿って質問をつくりました。

(1)できるだけたくさんの質問を出す。
(2)質問について,話し合ったり,評価したり,答えたりしない。
(3)発言の通りに質問を書きだす。
(4)意見や主張は疑問文に直す。

また,質問を出し合う際には,生命にとって重要な条件は何かを考えると同時に,「開いた質問」「閉じた質問」を相互に書き換えたり,作った質問からより重要なものを選び出したりする過程を通して知識の整理も行いました。

その後グループごとに,Googleフォームに作成した質問をアップし,クラス全体で共有しました。最後に各自がGoogleフォームを用いて本時の振り返りを行いました。

以下に今回の授業での取組についての生徒の声をいくつか紹介します。

Q:質問づくりをしてみて,どんなことが難しいと思いましたか。
・正解がないからどんな質問をすればいいのか考えるのが難しかった。
・思っていても口に出すことがなかったから頭の片隅にあったものを絞り出すので難しかった。

Q:どのような力がつくと思いますか?
・自分の知識を整理し言語化する力。自分の知らないことを言葉にして質問するから。
・推測する力。何の質問が焦点に近いのか考えるだけで,予想を立てて可能性を考える力がつくから。

Q:感想等
・他の人の質問を聞いて,自分が持っていない考え方を知ることができてとても楽しかったです。
・難しかったけど,答えの合っている,合っていないを気にせずに考えられるから自由で楽しかった。
・難しかったけど,チームで質の高い質問を出すことができた。


次の時間には出された質問からいくつか厳選した質問を紹介し,内容の理解を深める予定です。


画像1
画像2

本校公式ユーチューブチャンネル「学校紹介編」のお知らせ

中学生のみなさん,こんにちは!日吉ケ丘高校の広報部からのお知らせです。

本校の公式Youtubeチャンネルに,特に中学生の皆さんを対象に学校紹介のコーナーを立ち上げ,2本の動画をアップロードしました。日吉ケ丘高校のことを少しでもよく知ってもらえたらと思います。

1つ目は本校の施設見学を約8分にまとめた「校内バーチャル・ツアー」です。画面は日本語ですが,音声は全て英語案内となっています。ごく自然なスピードでみなさんに語りかけるように説明していますので,実際に英語ツアーに参加した気分でお楽しみ下さい。

2つ目は延期となった学校説明会でお伝えしたかった内容を,10分にギュッとまとめた学校紹介動画です。「京都府立公立高等学校2020」のYoutubeサイトでも同じ動画を配信予定です。(本校の第1回説明会は,9月26日(土)の予定で準備を進めています。)

学校紹介関連の動画は今後も作成予定ですので,お楽しみに!
また,新しい学校案内パンフレットがもうすぐできあがりますので,7月上旬には各中学のご担当の先生にお届けする予定です。今しばらくお待ちください。

動画視聴はこちらをクリック→【Click me!】


生徒用机簡易パーテーション設置しました

生徒机用簡易パーテーションが届きました。教職員で事前の作成を行った後,6月22日(月)の放課後,生徒たちは各クラスで各自の生徒机用簡易パーテーションの組立を行いました。

このパーテーションは飛沫感染防止のもので,できるだけ生徒の皆さんが,通常の対話型,協働型の活動等に安心して取り組んでほしい,という思いから設置したものです。感染防止に留意しながらも本校が重視している対話型の活動にもしっかり取り組んでください。

<写真上>制作の様子
<写真下>完成図
画像1
画像2

2020年度 スクールガイダンスの予定です!

8月22日(土) 部活動体験会1 Web申込は7月中旬予定
 午前の部 女子バレーボール 会場:本校(第一体育館)
*9/26にも同内容で実施予定ですので,いずれかに申込んで下さい。
 午後の部 女子剣道     会場:本校(剣道場) 

9月26日(土) 第1回学校説明会・部活動体験会2 会場:本校
【校内見学ツアー/HELLO Village(英語村)体験会1
 午前の部 Web申込は8月下旬予定
 (1)【校内見学ツアー/HELLO Village体験会1】 定員60名
 (2)部活動体験会2(女子バレーボール・相撲・男子剣道
            硬式野球・書道)
 午後の部 Web申込は9月上旬予定
    第1回学校説明会(実施可能な状況であれば,全体会の後に
             個別相談を予定)

10月31日(土) 第2回学校説明会 会場:本校 
       Web申込は10月上旬予定
【校内見学ツアー/HELLO Village(英語村)体験会2】
 午前の部(9/26不参加の方のみ)
【校内見学ツアー/HELLO Village(英語村)体験会2】 定員60名
  午後の部 第2回 学校説明会 (実施可能な状況であれば、
                 全体会の後に個別相談を予定)
 *参加対象者は、第1回学校説明会に参加していない生徒・保護者対象
  です。(同一内容のため)

11月28日(土)午後 会場:本校
入試相談会(実施可能な状況であれば、個別相談形式を予定)
Web申込は10月下旬〜11月上旬予定

日吉ケ丘高校の授業時間数回復等の取組について

今週より,学校の平常授業が順調に再開され,生徒の生き生きとした姿が校内に戻り,教職員一同ほっとするとともに,生徒にとっての学校での活動の大切さを再認識しているところです。

そのような中ですが,本校では,生徒の学びを保障するために,下記の取組により,臨時休業のために実施できなかった授業時間数をできるだけ回復します。

1 長期休業期間の短縮
 (1)夏季休業
    <当 初> 7月21日(火)〜 8月24日(月)の35日間
    <変更後> 8月 1日(土)〜 8月23日(日)の23日間
 (2)冬季休業
    <当 初>12月19日(土)〜 1月 7日(木)の20日間
    <変更後>12月26日(土)〜 1月 7日(木)の13日間

2 始業日・終業日に授業を実施
  年間4日(3学期終業日以外)

3 午前授業日を終日授業日へ変更
  年間17日

4 年度末特別活動日を授業日に変更
  3月15日(月)及び16日(火)の2日間

5 学校行事の見直し
  今後の状況に応じて検討

※6月・7月の行事予定に関してはこちら
※今後の行事予定の変更にともなって,さらに変更になる場合があります。

1年次生「総合的な探究の時間(キャリアゼミ1)」始まりました。

6月9日,10日の二日間にかけて,1年次生の全コースで「総合的な探究の時間(キャリアゼミ1)」の今年度最初の授業が行われました。例年であれば,コースごとに大勢の生徒を大教室に集めてゼミ活動の概要や心構えなどのオリエンテーションを実施するのですが,今年度は密集を避けるため,各教室でGoogle Meetを使用した一斉授業で始まりました。

最初に,担当の片山先生から本校の育てたい生徒像「世界をつなぐ越境者」についての話がありました。別教室から生徒たちに語りかけると,各教室の生徒たちはその一つ一つの問いかけに目を輝かせながら反応し,ビデオ通話システムを使った授業とは思えない生き生きとした授業となりました。また,その後は,授業のオリエンテーションや卒業生の「越境体験」のビデオメッセージの鑑賞,最後に「これから越えたい壁」をテーマに自己紹介(*)を行いました。

本校の総合的な探究の時間は日吉ケ丘高校全体のコアとなる授業です。ここで,日吉ケ丘高校で身につけてもらいたい7つの力,HIYOSeven(「俯瞰力」「適応力」「受信力」「発信力」「思考力」「挑戦力」「○○力(個々でつけたい力)」の基礎をしっかり養い,3年間の教育活動を通じ,「世界をつなぐ越境者」に近づいていってほしいです。

(*)今回の自己紹介はペアワーク形式で実施しましたが,まだ生徒机に簡易パーテーションが設置できていないため,距離を取り,できるだけ,直接向き合わないような形での実施となりました。来週中には,簡易パーテーションも設置できる見込みなので,それからはもっとペアワークやグループワークが取り入れやすくなりますが,それまでは制限付きで最小限の形での活動となっています。

画像1
画像2
画像3

平常授業開始しました!

画像1画像2画像3
本日より、平常授業を開始しました。最初のSHRでは本谷校長より全校生徒へ向けてテレビ放送でお話がありました。

その中で、「今回の休校は、単に学びの時間と場所が失われただけではなく、家族や先生とのつながりの大切さを感じ、家庭学習で主体的に学んだことをこれからの生き方や学び方に生かすことができれば、むしろプラスに変えられるのではないか」という将来に向けた力強いメッセージが生徒たちに伝えられました。

その後、時間割通りに授業が進められました。感染防止に配慮した授業となりましたが、生徒たちにとっては、初めて教科担当の先生と会えた授業もあり、新鮮な気持ちで授業に臨めた様子です。


〈写真1 体育館にて体育のオリエンテーション〉
〈写真2 英語村での英会話の授業〉
〈写真3 普通教室での数学の授業〉

英語村・食堂でのパーテーションについて

本校では英語村においても安全に安心して活動できるように,机と机の間の距離を置き,机の上には向かい合せになったときのための飛沫感染防止のためのパーテーションを設置しました。

また,食堂では対面で食事をとらないような座席配置としたうえで,席と席の間の距離を開け,さらに隣同士にパーテーションを設置しました。

実は,いずれも教職員の手作りのパーテーションです。感染防止の対策をしっかり講じた上で,できるだけ通常に近い学校生活を生徒の皆さんに送ってもらいたい,という願いから休校期間中を利用して作成しました。

生徒の皆さんも,一人一人が感染拡大防止のための行動を心がけ,お互い気持ち良い学校生活を送れるように気を付けていきましょう。

<写真左:英語村の机の上の透明パーテーション>
<写真右:食堂のテーブルの上のパーテーション>
画像1画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

各種証明書交付について

行事予定

中学生のみなさんへ

教務部より

学校より

奨学金

京都市立日吉ケ丘高等学校
〒605-0000
京都市東山区今熊野悲田院山町5-22
TEL:075-561-4142
FAX:075-551-9046
E-mail: hiyoshi@edu.city.kyoto.jp