京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/11/16
本日:count up184
昨日:272
総数:667895
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
★★入試相談会 11月23日(金・祝)の受付は、終了いたしました。お申込みありがとうございました。★★

オーストラリア研修旅行便り 〜その11〜

3/14(水)

今日の午前中は、Coco BayでEnglish Lessonでした。アボリジニの点描画を作るなどオーストラリアならではの文化も学んでいます。残り少ないここでのレッスン、最後までさまざまなことを吸収していきましょう!

午後は全員でAustralia Zooに行きました。グループに分かれて園内を回り、ウォンバットやタスマニアンデビルのような有袋類などオーストラリア独自の動物を見たり、コアラやカンガルーに触れたりと、日本ではなかなかできない経験をすることができました。また、英語での買い物も慣れてきたもので、いたるところで動物園のお土産を買っている姿も見られました。

明日はCoco BayでのレッスンやSurfingなどのアクティヴィティの後、夕方からホストファミリーたちとのThank You Partyです。今日の疲れを残さないようしっかり寝て明日を迎えましょう!

写真(上) アボリジニの点描画
写真(中) ウォンバットの散歩に遭遇
写真(下) Australia Zooでの集合写真

画像1
画像2
画像3

マレーシア・シンガポール修学旅行 8

3月14日(水)
香港経由の生徒たちは午前9時頃に、ベトナム経由の生徒たちは午前10時頃、京都駅八条口に到着し、全員無事に帰国しました。

充実した研修内容だったと思いますが、その分、疲れもたまっていることと思います。
それぞれゆっくりと体を休めて下さい。

オーストラリア研修旅行便り 〜その10〜

3/13(火)

今日の午前中は、各クラスの前半グループがSurfingかPontoon Boatingへ、後半グループがNoosa校へ行き現地の中学生と交流をしてきました。早朝は相変わらずの雨模様でしたが、なんとか晴れ間も差し込みSurfingやBoatingを楽しむことができました。Surfingはほとんどの生徒が初めての体験で、インストラクターからの指示をしっかり聞いて何度もチャレンジしていました!

Noosa校へ訪れた後半グループは、現地の中学生とハンカチ落としやだるまさんがころんだを楽しんだり、現地の中学生が言った英語の単語を漢字に変換するという活動も行ったりしました。全力で駆け回る姿やBuddyとの真剣な眼差しでのコミュニケーションが見られ、学校訪問が成功に終わったことと思います。最終日には、70名全員でNoosa本校を訪れ、お別れパーティを行う予定です。

午後は、全グループCoco BayでのEnglish Lessonでした。今日は、ホストファミリーへ向けてのThank You Cardを書く活動もありました。あと1週間弱ありますが、それぞれのホストファミリーへの想いを英語で記していました。明日の午後は、全員でAustralian Zooへ行きます。オーストラリアでしか見られないさまざまな動物たちに会いにいきましょう!

写真(上) Noosa校の中学生との交流(だるまさんがころんだ)
写真(中) Noosa校の中学生との交流(英単語を漢字に)
写真(下) Surfingの練習風景


画像1
画像2
画像3

マレーシア・シンガポール修学旅行 7

4日目。
午前中はマリン体験班とセントーサ島観光班にわかれて、班別研修を行いました。午後はシンガポールの大学生が各班に付いてくれて、一緒にシンガポール市内をフィールドワークする「B&S」でした。英語でコミュニケーションをとりながら、楽しく活動できたようです。
あっという間の滞在でした。この後、出国手続きをして帰国の途に着きます。

オーストラリア研修旅行便り 〜その9〜

3/12(月)

今日は各クラスの前半グループが、Noosa高校へ行き現地の高校生に向けて日本文化の紹介を行いました。前半と同様、6つのグループに分かれて2学期から準備をしてきたプレゼンテーションを行いました。内容は以下の通りです。

・Kanji(漢字)
・Japanese Toys(昔ながらの日本のおもちゃ)
・Origami(折り紙)
・Japanese Noh & Kyogen(能と狂言)
・Ninja(忍者)
・Tanabata(七夕)

Noosa高校は中高一貫の学校で、今回は中学生に向けてのプレゼンテーションでしたが、折り紙を一緒に折ったり、現地の中学生の名前を感じで書いてあげたりと、聴衆を飽きさせない発表で会場全体が楽しんでいました。また、本日も本校の生徒1人1人にNoosa高校の生徒(buddy)がつき、ランチで会話を弾ませたり、一緒にCricketを楽しんだりと充実した交流をすることができました。今回は、お兄さんやお姉さんといった立場で、異なる世代とのコミュニケーションを英語でするという活動を通してより一層成長できたことと思います。

また、Coco Bayでは、English Lessonの一貫で、オーストラリアで11年間働いている日本人の方をゲストスピーカーとしてお呼びして講演をしていただきました。海外で働き始めた経緯やそのやりがいと大変さ、また英語への向き合い方など、ここでしか聞けない話を聞くことができ、将来海外への進学や就職を視野に入れいている生徒だけでなく、すべての生徒にとって有意義な時間となりました。ゲストスピーカーのChitose Kosakoさんありがとうございました!

ホストファミリーとの充実した週末を過ごして迎えた月曜日。オーストラリアでの生活も残すところ1週間です。さまざまなことに挑戦して残りの時間を思い切り楽しんでいきましょう!

写真(上) Ninja:「手裏剣を作ってみよう」コーナー
写真(中) Kanji:「曜日の漢字クイズ」コーナー
写真(下) Chitose Kosakoさんの講演(質疑応答)


画像1
画像2
画像3

マレーシア・シンガポール修学旅行 6

修学旅行3日目の続きです。
学校交流を終えて、いよいよシンガポールへ向かいます。陸路で国境を越えるのも初めての経験の生徒が多いことと思います。国境線を実際に感じた、貴重の経験でした。
シンガポールでは、マーライオン公園を散策したのち、有名なナイトサファリへ。今日も遅い時間まで充実した活動をしました。

(写真上)学校交流での相撲の様子
(写真中)マーライオン公園
(写真下)ナイトサファリ
画像1
画像2
画像3

マレーシア・シンガポール修学旅行 5

マレーシア・シンガポール修学旅行3日目。今日は学校交流です。訪問先はSMK Nusa Damai High School。日本で言う中学一年生から高校二年生までが在籍している学校です。到着時から太鼓と花で歓迎のお出迎えをしてもらい、交流会がスタートしました。マレーシアの伝統舞踊や民族楽器での演奏をしてもらい、こちらからは京都や日本の文化や流行についてのプレゼンテーションをしました。ゼミ活動の成果が発揮されていました。また、相撲部による相撲紹介とデモンストレーションはたいへん盛り上がり、マレーシアの生徒や先生が飛び入りで相撲部の生徒と対戦するなど、大歓声が巻き起こっていました。
そのあとは、少人数に別れて現地の生徒たちと交流しました。校内を案内してもらったり、一緒にゲームをしたり、みんなしっかりと交流を深めていました。あっという間の時間が過ぎました❗

(写真上)出迎えの様子
(写真中)京都紹介のプレゼンテーション
(写真下)交流の様子
画像1
画像2
画像3

マレーシア・シンガポール修学旅行 4

修学旅行2日目の午後は、ホームビシット、文化交流です。
マレーシアのシナラン村で、生徒6〜7人のグループごとに、村のご家庭を訪問し、交流しました。マレーシアの衣装を着せてもらったり、伝統的な遊びを体験したりし、夕食としてそれぞれの家庭でマレーシアの家庭料理をご馳走になりました。スプーン等を使わず素手でカレーを食べる体験は、大きな異文化体験だったと思います。
短い時間ではありましたが、心に残る体験でした。

(写真上)シナラン村の皆さんに生徒代表として英語であいさつする田原君
(写真中)村人の家庭での夕食
(写真下)ファミリーとの別れの様子
画像1
画像2
画像3

マレーシア・シンガポール修学旅行 3

修学旅行2日目。昨日は夜遅くのホテル到着でしたが、朝はみんな時間通りに集合して朝食をとりました。暗かったので昨日は気がつきませんでしてが、結構広いホテルです。朝食後にホテル敷地内を散策する生徒たちもたくさんいました。
午前中は世界遺産のマラッカ観光です。たくさんの観光客も訪れていて、東南アジアの活気を感じる機会でした。
少し歩くだけで汗が流れ落ちる蒸し暑さですが、元気に活動しています。

(写真上) 朝のホテルの様子
(写真中)マラッカ観光
(写真下)マレー料理の昼食
画像1
画像2
画像3

マレーシア・シンガポール修学旅行 1

CX団は先ほど香港国際空港に到着しました。乗り継ぎの便まで1時間半くらいあるので、グループで空港内を見て回っています。香港ドルに両替をして、お茶をしたり、スイーツを食べたりと、みんな海外でも積極的にいろんなことにチャレンジをしています。このあと、夕方の便でマレーシアに向けての再び飛び立ちます。
写真左   両替する生徒たち
写真中・右 空港内のお店での様子
画像1画像2画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

各種証明書交付について

学校沿革史

中学生のみなさんへ

保健部より

生徒による学校評価

学校より

災害時等の対応

京都市立日吉ケ丘高等学校
〒605-0000
京都市東山区今熊野悲田院山町5-22
TEL:075-561-4142
FAX:075-551-9046
E-mail: hiyoshi@edu.city.kyoto.jp