京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/05/21
本日:count up11
昨日:271
総数:609837
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

HELLO Village Horror Event

画像1
画像2
画像3
7月19日(火)、本校英語村「HELLO Village」のボランティアグループ「HELLO Committee(ハロコミ)」のイベント班が立案、企画したHorror Event(ホラーイベント)が行われ、多くの生徒が参加しました。普段は明るく開放的な雰囲気の英語村が、今日だけは薄暗く怪しい雰囲気に包まれ、HELLO Villageという名称も1日限り、HORROR Villageと変えられました。

イベントの前半は、世界のホラー映画から3本を選りすぐり、英語での内容説明や映像のダイジェストを上映して参加者を視覚的に怖がらせたり、世界の怖い話を2つ選び、英語の朗読で紹介したりしました。聴衆は、低く、情感がこもった朗読に、聞くことで想像が広がり厳しい暑さも忘れていました。後半は、趣向が変わり、「日本のお化け」や「世界のお化け」クイズを楽しんだり、グループに分かれ独自のお化けを創作し、絵で表現したりしました。ユニークでかわいいお化けがたくさん姿を現し、楽しい雰囲気でイベントは終了しました。

アイデアを出すところから、宣伝、装飾、運営まで生徒のみで行われた今回のイベントは、叫び声あり、笑いありで、大成功を収めました。HELLO Villageでは今後も様々なイベントが企画されています。積極的に参加し、楽しく英語を使っていきましょう。

「平成28年度京都市立高校グローバルリーダー育成研修」教育長表敬訪問

画像1
画像2
7月15日(金)17:00〜18:00、京都市総合教育センターにてグローバルリーダー育成研修出発前の表敬訪問が行われました。

グローバルリーダーとして選抜された32名の内、日吉ケ丘生6名とトビタテ留学Japanに選抜された生徒6名が研修についてのそれぞれの抱負や目的について語りました。その後、生徒代表による決意表明が行われ、在田教育長からの激励の言葉をいただきました。教育委員会から出席をいただいた方々からも、さらに激励の言葉をいただき、出された世界の諸問題についての質問に対して真摯に答えていました。皆、真剣な面持ちで、これからの研修に対するそれぞれの熱い思いが感じられる表敬訪問でした。

パーラメンタリーディベート講習会(2年次生Gコース)

画像1
画像2
画像3
7月14日、パーラメンタリーディベート講習会が行われました。大阪府立大学大学院の中川智皓先生をお招きし、国際コミュニケーションコースの生徒が、ディベートに関する講義を聞いた後、実際に2つの論題に関してディベートを行いました。パーラメンタリーディベートとは、一つの論題に対し、肯定チームと否定チームに分かれ、各々のチームが第三者(ジャッジ)を説得させる即興型のディベートです。

論題が発表されてから15分程度の準備時間の後、ディベートを開始するため、チームで様々な意見を出し、まとめ、それを英語にする作業を短時間で行わなくてはなりません。英語での発信力はもちろん、幅広い知識、論理的思考力、チームワークが必要となります。

皆初めてのディベートに、準備段階から苦戦しているようでしたが、本番では多くの生徒が、自分の主張を英語で堂々と話すことができました。ディベートの論題は、社会、政治、倫理、環境、国際問題など多岐にわたります。今回は社会状況を問う内容が含まれており、非常に難しい論題でしたが、今の日本の社会問題を考える良いきっかけになりました。また、ディベートをする者は、肯定チームか否定チームのいずれに属するかを自ら選ぶことはできず、自身の意見とは異なる観点からの主張も考えなければならないことがあります。多角的に物事を見て、意見を論理的に整理することの重要性を知ることもできました。

生徒の事後アンケートでは、「頭をフル回転して相手に反論するのが楽しかった。」、「こういう体験をしたことがなかったから不安だったけれど、チームで頑張ることができた。」、「色々な意見があったのでとてもおもしろかったし、勉強になった。色々な立場から物事を考えると多くのことを学べると思った。」などの意見がありました。講師の中川先生からは、「今回感じたことをバネに、英単語力や積極的に聞く力など、さまざまな力を鍛えられるよう努力していってください。次にディベートをする際にはさらに楽しめると思います。」とのお言葉をいただきました。今日の経験を活かし、さまざまな角度から物事を考え、その意見を世界に発信していけるよう、学び続けて欲しいと願っています。

第四錦林小学校との交流授業(グローバルゼミ)

画像1
画像2
画像3
7月12日(火)、1年次国際コミュニケーションコースの総合的な学習の時間である「グローバルゼミ(Gゼミ)」の授業で、第四錦林小学校を訪れました。「世代の違う人とのコミュニケーション」をテーマに、70名の高校生と41名の小学生(6年生)が少人数でチームを組み、英語を使って2つの活動を行いました。

一つ目は、小学生が簡単な英語を用いて、高校生に小学校内を案内するというもので、理科室や音楽室、それぞれの学年の教室などを、さまざまなエピソードを交えて紹介してくれました。もう一つの活動は、英語でのビンゴゲームでした。本校のクリス先生から英語でルール説明があった後、小学生が分かりにくいところを高校生がフォローしながら、チーム対抗での英語を交えたビンゴゲームになりました。

どちらの活動も、はじめは小学生も高校生も緊張した様子で会話が少なかったですが、活動が進むにつれ、あちこちから笑顔と歓声があがっていました。この活動を通して、普段の学校生活ではあまり経験できない、世代を越えたコミュニケーションの方法を模索できたことと思います。10月には再び第四錦林小学校を訪れ、お互いの探究活動の成果を発表し合う予定です。第四錦林小学校のみなさん、貴重な活動をさせていただきありがとうございました。

写真(上) 自己紹介の様子
写真(中) 英語でのビンゴゲーム
写真(下) 小学生による校内の案内

キャリアゼミ講演会 〜深澤晶久氏講演会「“まなぶ”と“はたらく”をつなぐこと」〜

画像1
画像2
画像3
7月13日(水)、2年次の生徒240名が、本校の学術顧問の深澤晶久氏から「“まなぶ”と“はたらく”をつなぐこと」と題して、キャリア教育とは何なのか、ということについてのお話を聞きました。深澤先生は、長年、(株)資生堂の人事部人材開発室長として企業の人材育成に携わってこられ、現在は実践女子大学の大学教育センター特任教授として学校教育にも関わっておられます。

キャリア教育とは何か、一見、難しそうなタイトルですが、先生の豊富な経験をもとに、スライドを使ってクイズ形式で話を進めていかれました。クイズの答えに一喜一憂しながら生徒たちも楽しく先生のお話に聞き入っていました。難しい内容をわかりやすく語っていただき、質疑応答でも話が盛り上がりました。生徒たちにとって、社会人になるにはどんなことが必要なのかということを考えるとても貴重な機会となりました。

生徒の感想文にも、「一回限りの自分の人生を運ぶ馬車が走ったあとに残る轍がキャリアのことだというお話が印象に残った」、「社会人になるには、勉強以上に大切なものがたくさんあることが分かりました。働くために大切なものは何かを学ぶことでキャリアが得られると理解した」など、深澤先生のお話に感銘をうけた様子がうかがえました。

深澤先生、大変お忙しい中、貴重な講演をしていただきありがとうございました。

インターハイ結団式・激励会

7月12日(火)に京都外国語大学森田記念講堂にて平成28年度全国高等学校総合体育大会等京都府選手団結団式が行われました。全競技の代表選手が一堂に会した結団式を終え、全国大会へ向けて代表選手としての自覚と責任が芽生えたことと思います。
結団式に続けて京都市立高等学校の出場激励会も開催されました。京都市教育委員会主催の出場激励会では主催者からの激励の言葉のあと、今年度は本校相撲部主将の大久保賢一選手(3年次)が全選手を代表して堂々と決意表明を行いました。
本校からは女子剣道(団体・個人)、相撲(団体・個人)、計14名の選手が出場します。選手たちは,京都代表の誇りを胸に全国の舞台で活躍してくれことと思います。選手諸君の健闘を祈ります。
画像1
画像2

校外学習「座禅体験」

画像1
画像2
画像3
7月13日(水)、国際コミュニケーションコース1年次生が、来たる3月の、オーストラリア語学研修に向けての取組の一環として、地元東福寺にて座禅体験を行いました。この取組は、国宝級を有する寺社に囲まれた本校ならではの取組です。禅堂にて座禅体験。そして、その後、禅宗現存最古最大の三門を拝観させていただきました。生徒も初めての体験で真剣に取組んでおりました。オーストラリアに向けて日本文化発信の題材の一つとして大いに活用できるものと思います。大本山東福寺法務執事の爾英晃様や関係者の皆様におかれましては多大なご尽力を賜りありがとうございました。
【写真上・中:禅堂内】【写真下:三門】

サマーキャンプ(2年次国際コミュニケーションコース)

画像1
画像2
画像3
7月9日から10日の1泊2日で、2年次生国際コミュニケーションコースの生徒が、滋賀県でサマーキャンプに参加しました。京都市の12人のALTと共に英語でコミュニケーションをとりながら、様々なアクティビティを行いました。このキャンプの最大の課題は、5、6人のグループに分かれての英語劇の制作です。台本を考えるところから始まり、演技の練習、小物作製などを限られた時間の中でこなし、発表しました。それぞれのグループが工夫を凝らした個性溢れる楽しい作品を披露し、会場は笑いに包まれました。

また7月14日に行われるパーラメンタリーディベートに向けたスピーチの練習をしました。スピーチのコツを教えてもらい、それぞれがある議題に対して賛成、反対の立場に別れてスピーチを完成させ、皆の前でプレゼンテーションをしました。夜は英語のクイズで盛り上がったり、食事はALTと共に英語で話しながらとったりと、英語漬けの二日間をそれぞれが満喫しました。

このキャンプは、楽しみながら英語を習得するのはもちろん、論理的にものごとを考え、聴衆を意識して話す、良い機会となりました。本校英語村村長クリス先生からは、「昨年のウィンターキャンプ、オーストラリア研修を活かし英語力も伸びてきている。また英語で人を笑わせるのは難しいことだが、素晴らしいプレゼンテーションで皆を笑わせることもできた。今後も自信を持ってコミュニケーションを取ってほしい。」との講評を頂きました。今後も学校行事に積極的に参加し、様々な角度から多くのことを学ぶ機会にして欲しいと思います。

PTA保健行事「ヨガ体験」

 7月9(土)は、PTA保健行事の開催日でした。今年度は『ヨガ体験』。講師としてハタヨガ・パワーヨガ指導歴10年の杉浦恭子先生をお迎えし、約20名の参加者とともに受講しました。
 ヨガ初体験の参加者も多い中、普段伸ばすことの無いカラダに苦労しながらも、気分は爽快、とてもリフレッシュできたひと時でした。
 約60分の体験の後、参加者からの質問等も受け付けていただき、PTA会員どうしの親睦も図ることができた休日でした。
 今後もPTA行事を企画して案内していきます。次の機会にはどうぞご参加ください。

画像1画像2画像3

America Day

The second public event of HELLO Village!
On July 2nd, we had AMERICA DAY, in which our ALTs from the U.S, Nick from North Carolina, Stacy from California, and Max from Detroit made presentations about America. They talked about the flag, history, and food, including quiz time. During break time, the participants enjoyed watching fireworks on the screen which celebrate the Independence Day (July 4th), having hotdogs and lemonade which are common foods for the holidays. Then, they learned again American things, such as American sports, music, famous people/inventors and famous places. They must have felt like being in America in our HELLO Village!

7月2日(土)、英語村一般対象イベント第2弾として、「アメリカデー」を実施しました。本校ALTのニック先生(ノースカロライナ出身)、ステーシー先生(カリフォルニア出身)、マックス先生(デトロイト出身)の3名の先生がアメリカについてのお話をしました。国旗の由来や国の歴史や食べ物についてのお話のあと、アメリカの独立記念日のお祝いの花火の様子を見ながら、アメリカの休日で一般的なホットドックとレモネードを皆でいただきました。その後アメリカのスポーツや音楽、有名な場所や人物について学び、さながらアメリカにいるようなひと時となりました。


画像1
画像2
画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

行事予定

学校沿革史

中学生のみなさんへ

教務部より

学校より

災害時等の対応

HELLO Village(英語村)

京都市立日吉ケ丘高等学校
〒605-0000
京都市東山区今熊野悲田院山町5-22
TEL:075-561-4142
FAX:075-551-9046
E-mail: hiyoshi@edu.city.kyoto.jp