京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/02/13
本日:count up14
昨日:438
総数:1088300
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
本校は,第1期スーパーグローバルハイスクールに指定されました。「『しなやかさ』と『したたかさ』を備えた青年の育成」を研究開発テーマとして,グローバル社会の中で自立するために必要な態度・能力を育成するための指導法を開発します。

SSH重点枠ドイツ海外研修事前学習2

本校は2019年3月6日から12日の日程でSSH重点枠ドイツ海外研修を実施します。

このプログラムでは、ドイツの学校教育の中で長年技術系教材として用いられてきた「fischertechnik」を利用して空間認識力、創造力、論理的思考能力などの育成を目指したワークショップに参加することが中心となります。

前回の事前学習以降、「fischertechnik」の使い方に慣れるため時間をみつけては色々作成し、ずいぶん習熟が深まってきています。

今回の事前学習では、再び岐阜大学の加藤浩行さんにきていただき、まずはペーパークラフトでスライダ・クランク機構を作成し、回転運動と単振動について学習しました。
その後、「fischertechnik」を用いて単振動を作り出す模型を作成しました。

複雑なモデルを作成すると全体がすぐに大型化してしまいます。小型化する方法やよりよいモデルを作成するために試行錯誤していました。

カールスルーエ教育大学でのワークショップでは自分たちで課題を設定し、その解決のために「fischertechnik」を使えるレベルまで高めたいと考えています。
画像1
画像2

適応マラソンを実施しました

2月8日(金)、適応マラソンを実施しました。

コースは鴨川河川敷(葵橋から西賀茂橋の間)の、男子約14km、女子約11kmです。曇りがちの寒い朝でしたが、集まった1、2年生たちは入念に準備運動をした後、男子は9:30、女子は9:40分にスタートしていきました。

長距離を走ることで健康の保持増進を図るとともに、自己の能力に応じて設定した目標(記録)に向かって力を発揮することを目的としている行事です。
走り終えた後は、みんな笑顔を見せてくれていたのが印象的でした。

大会の記録は集約ができましたら改めて報告する予定です。

(写真上)男子スタート直後
(写真中)女子スタート直後
(写真下)走行中

画像1
画像2
画像3

Imagine

 缶コーヒーの「世界は誰かの仕事でできている」(つながっている篇)というCMを見て、とても感動した、と同時にとても清々しい思いになった。
 こんな場面だ。
 幹線道路の工事をしている二人が休憩時間に缶コーヒーを飲みながらの会話から始まる。スマートフォンを見ながら、「便利になったよな。」「ん?」「スマホアプリだよ。創ったやつすげぇな。」
 場面はスマホアプリ開発者へ。お昼ごはんで弁当を食べながら、「うまっ、この弁当企画した人、まじ神。」
 場面は弁当開発者へ、「お弁当は素材が命。生産農家さまさまね。」 
 場面は農家へ、「野菜は鮮度やけ。運んでくれる人に感謝やね。」
 場面はトラック運転手へ、「この道完成したんだ。たすかるわ。」
 場面は幹線道路工事の休憩中の二人へ、通過する先ほどのトラック運転手に手を振りながら、「おっ、お客さん。」「ご安全に!」「なんか他人とは思えないっすね。」「つながってんのかもな。」

 それは他者の仕事に対し「想像」を通しての「リスペクト」が根底にあるもので、頭では理解できるものではあるが、しかしながら、このサイクルは誰にでもできる当たり前のものなのかと考えてみるに、様々なしがらみを抱えているヒトの行為としては、なかなかそう簡単にはできない「想像」なのではないかと思った。他者の行為や仕事に対して行われる想像は、自分の置かれている困難さを相手の行為や仕事には見出だせずに「いいなぁ、あの人は私の抱えている困難がなくて」という羨む気持ちや妬みとなって、なかなかリスペクトには至らない。しかし、このCMの「想像」は違っている。この人たちの仕事を自分に当てはめてみたとき、これは到底自分にはなし得ない次元や技術や思いがある、それは素晴らしいという「リスペクト」へいざなう想像なのだ。妬みは時としてエネルギーとなって新しい創造を生み出すこともあるが、それはなかなか難しいものだ。
 世界が求める力の一つとしてOECD(経済協力開発機構)2030教育では、「生き延びる力」を提唱し、三つの力に分類している。その中の一つに「緊張とジレンマの調整力(Reconciling tensions and dilemmas)」というのがある。平等と自由、自立性と地域利益、変革と継続性など様々な競合する需要間のバランスをうまくとろうとする力だ。現在の日本社会ではなかなかピンとこない力なのではないだろうか。地続きで国境が目の前に存在している国々と、日本のそれとは状況が違うからだ。どちらがいいとか悪いとかではなく、状況の歴史はどうにもならない条件を突きつけてくる。それをどう前向きに受け入れて、理解しようとするのか、その態度が大事なのだろう。
 堀川高校における教育活動は自己実現を目指し、常に「探究活動」との間でバランスをとり、かつ一体となるべくつなげながら展開している。そしてそれは、他者への「リスペクト」を内在させる活動とならなければならない。

 世界は誰かの生き方や在り方でできている。想像していこう。


 学校長 谷内 秀一

   チャーリー浜曰く、「君たちがいて、ボクがいる。」

画像1

World Youth Summit 2019 最終日

台湾でのWorld Youth Summit 2019に参加した本校生徒2名は、2月1日(金)21時ごろ無事帰国しました。


台湾での最終日は、World Youth Summitの主催者である台北市立第一女子高級中学(北一女)を訪問しました。
最寄り駅に着くと、さっそく北一女の生徒4名が出迎えてくれました。学校の親善大使であるという彼女たちは、案内してもらう道中もたくさん英語で話しかけてくれました。


学校では、その歴史が紹介された展示室や校内の施設を見学し、伝統ある雰囲気にふれました。その後、近くにある台湾総統府にも連れて行ってもらいました。


親善大使たちは、英語を話す力ももちろんのことその行き届いた心遣いやおもてなしの姿勢がすばらしく、本校の生徒も感銘を受けたようでした。


これですべての日程が終了です。
二人が、模擬国連や英語での会話の経験にとどまらず、この5日間で学んだり気づいたり考えたりした様々なことをどのようにいかしていってくれるのか。今後を楽しみに見守ります。


写真
案内してくれた親善大使たちと
上:学校の正門で
下:総統府訪問
画像1
画像2

World Youth Summit 2019 4日目

1月31日(木)、World Youth Summit 2019最終日となる今日は、各分科会で決議案の修正と採択が行われました。
会議も終盤に差し掛かると中心となってリーダーシップを発揮する国が出てきます。生徒たちはそのなかでもなんとか存在感を示そうと、最後まで頑張っていました。


会議は午前で終了し、記念撮影や決議案の発表、優秀な参加者の表彰式などが行われました。積極的な議論に貢献した大使のひとりとして紹介され、あきらめずに挑み続けた姿勢が報われた場面もありました。


二人の生徒にとって大きな挑戦の機会となった大会もとうとう閉幕です。


明日は、お世話になった北一女の学校を訪問させていただくことになっています。



画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
行事予定
2/18 1・2年:スタディサポート  3年特別時間割
2/21 短縮授業(1・2・3・4限の授業)              生徒校内立入禁止(13:30〜)        前期選抜合格発表(14:00〜16:00)
2/22 1年学年末考査
2/23 PST
京都市立堀川高等学校
〒604-8254
京都市中京区東堀川通錦小路上ル四坊堀川町622-2
TEL:075-211-5351
FAX:075-211-8975
E-mail: horikawa@edu.city.kyoto.jp