京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/12/04
本日:count up2
昨日:186
総数:705272
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

教育委員会からのお知らせ

PTA音友会のチェロコンサートが行われました

画像1画像2画像3
12月1日(火)
本校ホールにおきまして音友会主催のチェロコンサートが行われました。このコンサートは,今年度コロナの影響により活動が普段通りに行えない中で,音友会として何か独自の行事が行えないかとの声もあり,役員の皆様の発案により実現しました。

今回お招きした近藤浩志先生は,本校出身で東京藝術大学卒業後,国内外で各種演奏会やコンクールで数々の実績を積まれ,現在大阪フィルハーモニー交響楽団チェロ首席奏者をお務めになるほか,ソリストとしても数々のコンサートでご活躍されています。また,ジブリなどの映画音楽やNHKの番組にもご出演され,ソロでCDをリリースされるなど,多方面でご活躍されています。

今回は相愛大学附属音楽教室講師をお務めになり,近藤先生との共演も多くされておられますピアニストの小柳祥子先生のピアノと共に,ベートーベンのチェロソナタ第三番や,エルガーの愛の挨拶,ラフマニノフのヴォカリーズなどを演奏していただきました。また,来場者の私達ともコミュニケーションをとっていただき,和やかな雰囲気の下で,素晴らしい落ち着いた音色を聞かせていただき,まさに至福の時を持たせていただきました。

近藤先生,小柳先生ほんとうにありがとうございました!

市高PTA家庭教育学級が本校で行われました

画像1画像2画像3
28日(土)市高PTAの家庭教育学級が本校ホールにて行われました。
 今回の家庭教育学級は昨年度に引き続いて,京都府助産師会理事の渡邉安依子先生をお招きし,「新春期の子どもの性と生をめぐって〜親としてどう理解し,接するか〜」というテーマでお話を伺いました。昨年度もご講演いただき,素晴らしい内容であったため,是非もう一度ご講演いただき,少しでも多くの保護者の皆さんに共有していただきたいとの思いから,2年連続の講演会となりました。今回は本校音楽ホールで,54名の参加(うち本校16名)の参加がありました。
 わが国では少子化が急速に進み,出産や育児への支援が世間でも話題となる昨今ですが,わが国の性教育の現実はかなり厳しく,子どもたちの性意識や性に関する知識も十分ではないということが指摘されています。また,子どもたちの中にも性に関する関心が以前より薄れてきていると言われています。子育てにおけるネグレクトやDV,暴力などの事件が後を絶たない現状もあります。性教育は人権教育ととらえ,子どもであっても,恋人同志であっても,夫婦であっても相手を「支配」するのではなく,一人の人格のある人間として尊重し,言葉に耳を傾けることの大切さについて大いに考えさせられる公演でした。渡邉先生,たいへん有意義なご講演,ありがとうございました。

ヴィオラを寄贈していただきました

画像1画像2画像3
 11月27日(金),京都パレスライオンズクラブ(会長 木村孝次様)から,クラブ創立30周年記念行事の一環として,ヴィオラを寄贈していただきました。記念行事の式典でその件が披露され,本校ヴィオラ講師の後藤彩子先生が J.S.バッハの「ガボット」など三曲を演奏されました。Oreste MartiniのLabelよるヴィオラで,1943年,東欧で制作されたと言われ,素晴らしい深みのある,伝統的な響きのする楽器でした。パレスライオンズクラブは,10年前の20周年時にも本校にマリンバを寄贈いただいており,重ねてご好意を頂戴することとなりました。昨日は,門川大作京都市長からの感謝状を在田正秀京都市教育長から木村会長にお渡ししていただきました。本校ではこの素晴らしいヴィオラを十分に生かせる演奏をさせていただくことで,感謝の気持ちをお伝えしたいと思っております。

くらしき作陽大学を訪問してきました

画像1画像2画像3
 岡山県倉敷市にある「くらしき作陽大学・短期大学」をお訪ねしました。
 くらしき作陽大学は,戦後岡山県津山市に学校法人作陽短期大学保育科,音楽科が創立され,昭和43年に作陽音楽大学となり,平成8年に現在地である倉敷市に移転し,音楽学部をはじめ,こども教育学部,食文化学部,短期大学音楽学科を有する現在の形となりました。平成11年にはチャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院と芸術文化交流協定の締結がなされ,翌年モスクワ音楽院特別演奏コースが設置されるなど,特徴的な音楽教育が行われており,本校卒業生もお世話になっております。
 新倉敷駅(新幹線の駅)から徒歩で10分ぐらいの小高い丘の上に,落ち着いた広い庭園の周りを取り囲むように図書館やホールなどの建物が配置され,美しい自然の中で教育がなされていることを実感しました。   
 松田英毅学長先生をはじめ,竹内京子音楽部長先生や関係の皆さん方に構内を案内していただきました。およそ800名が収容できる音響設備の抜群なホールや,パイプオルガンのあるホール,およそ80室あるレッスン室など,充実した施設があり,学生さんも1200名以上(大学・短大含む)の学生さんが在学しておられると聞きました。音楽関係の資料が豊富な図書館や野外ステージなどもあり,学生さんたちがのびのびと学んでらっしゃる姿を拝見することができました。 

堀音の日常(その4)

画像1画像2画像3
 今日は情報の授業の紹介です。堀音では「社会と情報(2単位)」を1年次に,2グループに分けて授業を行っています。この科目は,情報が社会に及ぼす影響を理解し,情報機器や通信ネットワークを活用し,効果的にコミュニケーション能力を養うことを目的とする科目です。全ての高校での必履修科目でもあり,音楽の世界でも徐々に情報通信に係る思考やスキルが必要とされる昨今,この科目も大変重要な意味を持つ科目となっています。
 今日の授業では「自動採譜(ソフトを使って,音楽を自動的に楽譜にする)」をテーマに,その特徴や課題についてグループで討論し,プレゼンテーションソフトを使用して発表が行われました。そこは音楽高校らしく,自動採譜された楽譜の不完全さを指摘し,採譜した楽譜を再現した音と元の演奏を比較して,その違いを説明するなど,興味深い発表がなされていました。

堀音生の日常(その3)〜土曜日ですが・・・

画像1画像2
 今日は,いよいよ本格的な大学受験シーズンが近づいた3年生が,進学模試を受験しています。今日は,これまでのセンター試験に代わって今年度から導入される「大学入学共通テスト」のための模擬試験として,「全統プレ共通テスト」を受験しています。大学入試制度が変わって初めての年,それもこのコロナ禍の状況で行われる大学入試のため,出題方法や問題傾向に合わせた準備が必要です。本番まであと2か月余りとなった「共通テスト」への準備も,これからが大切な時期となります。これまで蓄えてきた実力が十分発揮できるように願っています。
 同時に,昨年度本校を卒業し,「大学入試準備中(いわゆる浪人生)」の卒業生も数名がこの模試を本校で受験しています。出題傾向が異なる共通テストに向けて,普段より準備が大変かと思いますが,進路希望の実現に向けて頑張ってほしいものです。

堀音の日常(その3)〜焼きそばも作ります

画像1画像2画像3
 家庭科の授業(1年生)は調理実習です。
 コロナの影響で例年行っている調理実習も,本来行う時期から後ろになりましたが,本日「あんかけ炒麵(サラダ,スープ付)」を調理しました。本校では1年生に2単位だけある家庭科の授業ですが,これまで理論的なことを中心に授業が進んできましたが,ようやくこの時期になって調理実習を行うことができました。今日は,「あんかけ炒麵(やきそば)」を中心に調理を行いました。初めに先生から材料や調理のポイントの指導を受け,班ごとに協力して炒めたり,味付けをしたりを行いました。最後に,感染に気を付けながら試食し,自分たちの手で作った料理の味を堪能していました。普段,音楽の練習に集中して取り組んでいる堀音生の姿とはまた違って,協力し合いながら楽しく調理している姿が印象的でした。

令和3年度 京都堀川音楽高等学校 教員公募 募集要項について

令和3年度 京都市立京都堀川音楽高等学校 教員公募 募集要項 を
配布文書に掲載いたしました。

 募集期間:11月12日(木)〜11月20日(金)

・教員公募募集要項はこちらです。

能楽鑑賞会に参加しました

画像1
画像2
画像3
 1年生全員で金剛能楽堂にお邪魔して,「市立高校能楽鑑賞会」に参加させていただきました。この鑑賞会は,京都市教育委員会主催で,一般社団法人京一商西京同窓会(現西京高校)の協賛により,金剛能楽堂様のご協力をいただき,毎年,多くの市立高校生をご招待いただいています。本校では,毎年一年生が全員参加させていただいています。今年は,コロナ感染症拡大防止のため,参加人数や演目を減らして実施されました。京都に唯一ご宗家がおられる金剛能楽堂の素晴らしい舞台で舞われる能や狂言を鑑賞させていただくことができました。来賓としてご来場いただいた門川大作京都市長のご挨拶に引き続き,市村延之京一商西京同窓会理事長や主催者である在田正秀京都市教育長のご挨拶を時間短縮のため省略していただき,狂言「口真似」の軽妙でコミカルな出し物に引き続き,能「羽衣」の終わりの部分を,金剛ご宗家の金剛永謹様に舞っていただきました。短い時間でしたが,京都の,そして日本の音楽・舞踊文化の一つの起源であるともされる,「本物」の能楽に接することができました。主催者の皆様はじめお世話になった京一商西京同窓会の皆様方や,お忙しい中お越しいただきました門川京都市長にも改めまして御礼申し上げます。

堀音の日常(その2)

画像1画像2画像3
 朝,8時35分からSHR(ショートホームルーム)です。全員が各HR教室で担任の先生から,今日の予定の確認や諸連絡を受けます。
 1年生は,本日夕刻より京都市立高校の「能楽鑑賞会」に全員が参加します。詳細は後でお知らせしますが,放課後にバスにて京都御所の向かいにある金剛能楽堂(烏丸通一条下る)に行き,狂言と能楽を鑑賞します。
 ちなみに今日,1,2年生は進研模試の実施日であり,2年生は午前中に,1年生は午後に模試を受験します。音楽だけでなく普通科の科目についても,1年次から継続的に模試や実力テストを受検しながら,現時点での自分の教科の学力状況を確認し,進路を考えていく一つの資料としていきます。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
京都市立京都堀川音楽高等学校
〒604-0052
京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1
TEL:075-253-1581
FAX:075-213-3631
E-mail: ongaku@edu.city.kyoto.jp