京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/03/23
本日:count up14
昨日:161
総数:414712
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

ワンゲル第2回定例山行〜天王山〜

10月2日。ワンダーフォーゲル部第2回定例山行を生徒6名とともに、「天下分け目の天王山+印象派クロード・モネ展」のスペシャルメニューで実施しました。
真夏に逆戻りしたような蒸し暑い日でしたが、生徒たちは元気に天王山を登り、いつものようにワンゲル恒例豚汁をあっという間にたいらげた後は、さらにパワーアップして大山崎山荘美術館へ。モネの代表作「睡蓮」をはじめとする20点の展示に、時間を忘れて見入ってしまいました。
自然を題材に絵を描いたモネの作品と、緑いっぱいの山の中で過ごした時間は、自然と芸術の融合を肌で感じた一日になりました。

写真上:天王山山頂。あまり見晴らしよくないのが残念。
写真中:いつもの豚汁。今回は9人前を作成。
写真下:ワクワクしながら大山崎山荘美術館へ。
画像1
画像2
画像3

重要 入試関連の資料請求について

郵便の場合
(1)記入が必要なもの
  氏名
  志願する専攻
  学年
  連絡先(〒住所、電話番号)
  送付してほしい資料名と番号 *(3)を参照のこと。

 を明記の上、返信用の封筒(角型2号)を同封してください。

(2)返信用封筒に貼る切手は、次の(3)を参考にして、請求する資料の重さの合計にあうようにお願いいたします(切手が不足の場合は、着払いになりますのでご了承ください)。

★重さ合計(定形外郵便物)
   50gまで・・・120円分
  100gまで・・・140円分
  150gまで・・・205円分
  250gまで・・・250円分
  500gまで・・・400円分

(3)資料の種類と重さ
1 平成29年度 本校 前期選抜検査実施要項
  平成29年度 前期選抜(音楽科概要)
選択曲目提出用紙、選択曲目提出用紙記入例のセット 32g
2 平成29年度 前期選抜実施検査内容(課題曲集) 41g
3 平成28年度 音楽適性検査過去問題 66g
4 平成29年度 学校案内
  スクールガイド(本校紹介)
  イベント案内  のセット 85g
5 平成29年度 管楽器音階集 33g
6 [京都府外にお住まいの方]
  受検から入学まで(概要)
  平成29年度 特別事情具申手続きについて  のセット 53g
7 返信用封筒(角型2号) 18g

また、前期選抜入学願書は、12月上旬京都市教育委員会から配布されます。京都府外にお住いの方は、京都市教育委員会 学校指導課 高校教育担当にお問い合わせください(電話075−222−3811)。

学校説明会in♪大東楽器

画像1
音楽が大好きな子供たちや保護者に本校を知ってもらおうと、
大東楽器さんの御厚意をいただき、
「音楽が将来の夢なら、高校は京都堀川音高」と題し,
説明会を開催しました。
なごやかなで楽しい雰囲気のなか、
本校生徒はとても良い演奏を披露してくれました。

第1回「輝きコンサート」ご案内

 
 〜音楽の街“城巽” クラシックホールの夕べ〜 の第1弾といたしまして、「第1回輝きコンサート」を開催いたします。日々音楽と向き合い、いきいきと活動させていただいている本校生徒達から市民の皆様にお届けする、声楽アンサンブル・サックスソロ・ピアノ連弾・トロンボーンソロ演奏と、多彩なクラシック曲にあふれる演奏会です。
本校音楽ホールにおきまして、10月7日(金)午後6時開演、入場無料となっておりますので、ぜひ、お誘いあわせの上ご来場ください。
お待ちしております。                    学校長
画像1
画像2

専攻別特設講座《声楽》佐々木典子先生

画像1
 東京藝術大学教授の佐々木典子先生をお招きして、声楽特設講座を実施しました。
 生徒それぞれの課題を的確にご指摘いただき、姿勢やブレスなどの体の使い方、言葉の抑揚を意識して歌うことの大切さなどを、様々な表現や方法で教えて下さいました。
 演奏する生徒たちも、聴講する生徒たちも、先生の言葉にイメージを膨らませながら、多くを学ぶことができました。

 佐々木先生、本当にありがとうございました。


校長先生の書

画像1
京都堀川音楽高等学校全生徒に贈る、楽聖、ベートーヴェンの言葉です。

言葉の奥にある深い意味をかみしめて、音楽人生の糧としてください。

音高祭_写真部

画像1
音高祭では各学年のミュージカルとともに、写真部の展示も行いました。
日頃は音楽表現を極めようと頑張っている部員たちですが、写真の腕もなかなかのもの。今年は各部員の自由作品と「That's HORION」がテーマ。
持っているアイディアと感性を込めて撮った写真で、文化祭に訪れてくださった方々をお迎えしました。

H28年度打楽器特設講座

画像1
画像2
画像3
藤本 隆文先生(東京藝術大学准教授)にお越しいただき、打楽器の特設講座を行いました。

腕の位置や脱力、左右のバランス、拍間メリハリ等、基礎を中心にご指導くださいつつ、音楽理論もからめての音楽へのアプローチ。
「あたりまえ、と思っている事が実は一番大事」という事を生徒達に気づかせてくださいました。
休憩も挟まず3時間通しての熱の入ったレッスン、受講生も聴講生も感激していました。

藤本先生、本当にありがとうございました。

専攻別特設講座 迫 昭嘉先生(東藝 ピアノ)

画像1
画像2
画像3
 迫 昭嘉先生(東京藝術大学教授、音楽学部長)にお越しいただき、ピアノの特設講座を実施しました。

<受講曲目>
 ベートーヴェン:ソナタ 第23番 「熱情」作品52 第1楽章
 シューマン:幻想曲 作品17 第1楽章
 リスト:ダンテを読んで−ソナタ風幻想曲

 それぞれの作曲家や作品を演奏する際のポイントとともに、演奏する上での共通する注意点−楽譜をしっかり読むこと、体の使い方(手の支え、腕の使い方、座り方)、拍子感、耳の使い方など−今日からの自己の演奏に生かせるアドヴァイスを沢山いただきました。また、多声音楽を演奏するにあたって、普段行っているバッハの勉強がいかに重要であるかもお話しいただき、バロックや古典作品を取り組むことの大切さを改めて考える機会となりました。
 先生が弾いてくださる音や音楽は、同じピアノから出ているとは思えないほどの説得力や迫力、深みがあり、皆大変感銘を受けました。迫先生、充実した3時間を本当にありがとうございました。

音高祭

今年も8月30,31日の両日,生徒自治会主催の音高祭(文化祭)を開催いたしました。生徒自治会役員7名のアニメのメドレーによるオープニングに続き、男子パフォーマンス、各クラスミュージカル、音高コンサート、吹奏楽・ポップスオーケストラによる熱いステージが繰り広げられました。各賞の表彰と校長先生の講評、最後は校歌を全員で合唱し、熱気冷めやらぬ中、終了しました。
 写真は上から,1年生,2年生,3年生のミュージカルです。
 ご来場いただいたご家族の皆様、卒業生のみなさん、ありがとうございました。
 また、生徒自治会が取り組みましたチャリティ−バザーにもご協力いただきありがとうございました。これらは、熊本地震で被災された人たちにお届けする予定です。

画像1
画像2
画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
京都市立京都堀川音楽高等学校
〒604-0052
京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1
TEL:075-253-1581
FAX:075-213-3631
E-mail: ongaku@edu.city.kyoto.jp