京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/07/17
本日:count up70
昨日:271
総数:259073
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
中学生の皆さん 8月1日・2日に第2回オープンスクール「わくわくART!」を開催します。現在申込受付中です。ぜひご参加ください。

「学校案内」パンフレット  学校ホームページからダウンロードしていただけます。

画像1
 今年度新しく作成した「学校案内」パンフレットは、すでにこれまでのオープンスクール等でお渡ししています。

 今週末、23日(土)24日(日)みやこめっせで開催される「京都府公立高等学校合同説明会」でも、本校ブースでお渡しします。ぜひご覧ください。

 データでご覧になりたい方は、下記からアクセスしてダウンロードしていただけます。
http://www.edu.city.kyoto.jp/hp/douda/pdf/gakko...
画像2

京都新聞(6月21日付)に本校ファッションアート専攻で取り組んだ「ユニバーサルデザイン」の課題研究が紹介されました。

 本日6月21日付京都新聞に本校ファッションアート専攻「視覚に頼らないおしゃれ」の課題研究について、記事が掲載されました。

 本校のファッションアート専攻の生徒は昨年度2年次に「ユニバーサルデザイン」について学びました。2月には京都ライトハウスを訪問し、職員の方からお話を伺った後、施設内を見学し研究を深めました。また、3月には、取組みのまとめとして、神戸芸術工科大学ファッションコースの見寺貞子教授による特別講義も受けました。

 生徒たちは、「視覚に頼らないおしゃれ」を提案するという課題研究に取り組み、視覚障害者から直接お話を伺ったことも踏まえて、様々なアイデアを創りだしました。足元を照らすライト内藏のブーツ、衣服にメモができる点字器、目を覆うようにつけるアクセサリーなど、生徒はアイデアをプレゼンボードにまとめましたが、京都ライトハウスのご厚意により、京都ライトハウス内のカフェに展示していただいています。

 このたび、京都新聞のほうからこのことを取材していただき、記事の掲載となりました。美術専門高校である本校では、一人一人が自己の作品を制作しますが、「社会とつながるアート」について学ぶことを大切にしており、この「ユニバーサルデザイン」の学習もその一つです。アートの力が社会を動かし、社会を変えていくことを生徒が学校外の皆様との連携の中で学んでいます。


○写真上 2月、京都ライトハウを訪問した時の様子
   下 3月、神戸芸術工科大学の見寺貞子教授による特別講義

○本校ホームページの関連記事
 2月京都ライトハウス訪問
 3月神戸芸術工科大学の見寺貞子教授による特別講義
 2月6日付校長室ウェブログ「見えている 見えていない」
 →http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?i...
画像1
画像2

1年専門科目「造形表現」の授業 その6

画像1
画像2
(つづき)
 1年専門科目「造形表現」は、各自が選択した3分野を順番に学習しています。

 
 少しずつその様子を紹介していきます。

●陶芸分野 皿の制作

写真 素焼きのあと釉薬かけ 

1年専門科目「表現基礎1」 デッサン

画像1
画像2
 デッサンの基礎的課題として、木炭と綿をモチーフにデッサンに取り組んでいます。

平成30年度教科書展示会の開催(ご案内)


 平成31度に高等学校で使用する教科書の採択に先立ち,保護者や市民の皆様が実際に教科書をご覧のうえ,必要に応じてご意見をいただくため,教科書会社から発行される見本本を展示する教科書展示会が下記のとおり開催されますので,お知らせいたします。


●教科書展示会

 期間 6月1日(金)〜7月4日(水)

 会場 ・京都市総合教育センター(下・河原町通仏光寺西入)
      9:00〜21:00 
     ※木曜9:00〜17:15 
     ※土曜9:00〜17:00
     ※日曜休館

    ・右京中央図書館(右・太秦下刑部町)
      9:30〜20:30 
     ※土・日・祝9:30〜17:00
     ※火曜休館

○各展示会場には,意見書用紙及び意見書箱を設け,保護者,教職員及び一般市民から,教科書についてのご意見を伺う機会としています。
    
○教科書採択に当たっての基本方針等は,京都市教育委員会学校指導課のホームページで公開しています。また,選定委員の名簿や採択結果についても,採択後(7月下旬予定)に順次公開されます。  



学校百景(4) 購買「売店」

画像1
画像2
画像3
 本館1F北階段の下に「購買」があります。本校の購買は、美術専門高校ということで、画材屋さんが入っています。登下校時に画材屋さんがない、あるいは、家の近くに画材屋さんがない場合でも大丈夫。生徒が画材を購入する際に割引してもらえるのでお得です。

 たいへん小さいスペースですが、たくさんの品揃え。開店9:20、閉店15:20、2限終了後から5限終了までの営業時間。閉店の際にはシャッターが下りるので、小さいながら学校の中にある「商店」という感じです。

2年ファッションアート専攻 専攻実習で外部講師による特別授業

画像1
画像2
画像3
 6月13日(水)のファッションアート2年実習では、エスモードジャポン京都校の坂本輝彦先生より特別授業「立体裁断によるAラインワンピース制作」を実施していただきました。

 立体裁断とは、型紙を用いずに、布地を直接ボディ(人型)にあてて、シルエットや襞のボリュームなどを確認しながらデザインしていく技法です。高度な技術ですが、着用した状態をイメージして制作することができるので、実際のデザイン現場でも多用される技術です。生徒たちは初めての技法に戸惑いながらも、熱心に取り組み、一枚の布地がワンピースに変化していく工程を楽しんでいました。

 こうした技術をふまえながら、次課題では「時代」をテーマに、創作ワンピース制作に取り組む予定です。

文化祭 クラス演劇紹介ポスター

画像1
 6月28日(木)、6月29日(金)に開催される『駝威主奇祭〜文化祭〜』に向けて、各クラスで練習を重ねております。

 劇発表に伴い、クラスポスターも完成しました。校内各所に掲示されていますが、玄関ロビーには、全クラスのポスターを掲示しています。どのクラスも自分たちの劇に合った「らしさ」が出ていて、今からもう劇鑑賞が待ち遠しくなります。

2年「家庭基礎」 日本の伝統文化「浴衣」 2回目

画像1
画像2
画像3
 2年「家庭基礎」では、毎年、外部講師をお招きして、浴衣の学習をしています。

 講師は、本校の染織専攻を卒業され、現在、OFFICE MASAKI RYOKO代表、同志社大学でも講師をされている柾木良子先生です。

 授業は2回に分けて、浴衣の歴史を学んだあと、帯の締め方、浴衣の着方を実際に体験します。今日は2回目。実際に浴衣を着て帯を締めるところまでやりました。着付けが終わった後、浴衣の歴史について講師の先生からお話を聴きました。最後は、しっかりたたみ方も学びました。

 同志社大学の学生の方もアシスタントとしてお世話いただきました。

地域の方から花をいただきました。

画像1
 地域の方から、紫陽花とカラーをいただきました。今の季節にピッタリの美しい花です。ありがとうございました。

 早速花瓶に入れて、正面玄関ロビーのロダン作「青銅時代」の横に飾っています。
画像2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
行事予定
7/18 3年保護者懇談(〜26)
7/20 大掃除
7/21 夏季進学補習(1)
7/23 夏季休業(〜8/24)
夏季進学補習(2)
7/24 夏季進学補習(3)

学校評価

スクールガイダンス

お知らせ

書式ダウンロード

学校経営方針

学校いじめ防止基本方針

生徒用iPad利用規程

進路状況

京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp