京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/01/17
本日:count up107
昨日:130
総数:216623
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
2018年(平成30年)スタート 今年も学校ホームページで本校の生徒の学びの様子、学校の様子を紹介していきます。  

冬の朝

画像1
 今日はとりわけ冷え込みが厳しく、鴨川の遊歩道には初氷。

 今週金曜日からは午前中授業となり、1・2年生は保護者懇談。来年度のコース選択・選択科目等進路希望をふまえて大事な懇談があります。3年生は学科補習。センター入試に向けた大事な補習です。

12月16日(土)「市立高校グローバルフェスタ2017」が開催されます。 本校生徒がイラストを描いた記念グッズができました。

画像1
 16日(土)、中学2年生対象の「市立高校グローバルフェスタ2017」が日吉ケ丘高校を会場に開催されます。

 すでに申し込みは締め切りとなっていますが、今年も多くの中学2年生が、市立高校が用意した体験学習にご参加いただく予定です。本校も「ipadを用いてショートムービーを作ろう」を開催します。楽しい体験講座です。当日お待ちしております。保護者の皆様もどうぞご見学にお越しください。

 毎年、この企画のポスターやお持ち帰りいただくグッズのイラストを本校生徒が担当しています。今年は本校生徒がイラストを描いたクリアファイルが記念グッズです。お楽しみに。

京都市こどもみらい館 「みらいっこまつり」似顔絵コーナーで本校生徒が活躍

画像1
画像2
画像3
 京都市のこどもみらい館で開催された「みらいっこまつり」において、9日(土)、本校ボランティア生徒が、似顔絵コーナーを担当し、多くのお子様の似顔絵を描いてプレゼントしました。

 「未来の画家がやってくる 似顔絵コーナー」は、毎年本校生徒がボランティアとして参加し、大好評いただいています。当日は、午前と午後の整理券があっという間になくなるほどの人気でした。

1年総合的な学習の時間「美術探求」 課題研究「京の美を探る」の発表準備

画像1
画像2
 1年生の総合的な学習の時間「美術探求」では、「京の美を探る」をテーマに課題研究に取り組んできました。10月下旬には、グループごとに京都市内の調査地を訪問し、聴き取りや取材をしてきました。

 それぞれのグループでそのまとめを作成してきましたが、いよいよ大詰め。タブレットiPadを使いながら、各グループで発表準備の最終段階となっています。

 来週11日から、14日、18日とクラスごとに課題研究発表会をします。担当教員以外の教員も発表を聴いて、コメントする予定です。

1年専門科目「造形表現」 後期は2分野を並行履修しています。

画像1
画像2
 1年生の専門科目「造形表現」は、入学してから最初8分野、6月中旬3分野選択、後期から2分野選択して、週に2回2分野を並行履修しています。

 最終的に2分野のうちから2年次からの先行を1つ決定します。

 先日、3分野の授業の様子を紹介しましたが、その続きです。

写真上 漆芸分野
  下 陶芸分野
 

2年生専門科目「表現基礎2」

画像1
画像2
 2年生の「表現基礎2」では、段ボールを使った動物の立体制作をしています。ダンボールを切ったり表面に手を加えたりしながら、その動物を豊かに表現することを学びます。

 それぞれがどんな表現をして動物が完成するか楽しみです。後日その完成した作品もホームページで紹介します。

3年生 人権学習

画像1
画像2
画像3
12月6日(水)LHRの時間に3年生の人権学習を行いました。社会労務士の金子京子先生に来ていただき、「働く前に知っておきたいこと〜労働契約と社会保険〜」というテーマで講義をしていただきました。

将来アルバイトや就職をする時に、自分自身を守るためにも知っておくべきことを、スライドや寸劇を交えながらわかりやすくお話ししていただき、知っているようで知らない労働・社会保険について改めて知ることのできる良い機会になりました。


3年パイオニアコース 総合的な学習の時間「表現探求P」 校長の特別授業「無言のメッセージ」

画像1
画像2
画像3
 3年生の総合的な学習の時間「表現探求P」では、本日、校長の特別授業がありました。

 テーマは「無言のメッセージ」です。校長は、長野県上田市にある、戦没画学生の作品を展示している「無言館」の作品を2005年に京都の展覧会で観ました。そして2年前、銅駝美術工芸高校に赴任したとき、校長室で、無言館が編纂された「戦没画学生の人名録」という書籍を見つけます。その人名録には、本校の前身である、京都市立美術工芸学校の卒業生がたくさん掲載されており、本校生徒の先輩にあたる人々が、美術を学び制作活動をしながら志半ばで兵士として出征した戦没しことを知ります。その夏、校長は、長野県上田市の「無言館」を訪問し、多くの戦没画学生の作品ともう一度向き合いました。

 そして是非、本校生徒にこのことを伝え、日本の近代史と美術との関連性を意識しながら生徒に考えてもらおうということで授業を組み立てました。

 本校が収蔵している作品の中に、戦没画学生の人名録に掲載された77名の京都市立美術工芸学校の卒業生のうち3名の作品が存在していることも明らかとなり、その作品を収蔵庫から教室へ持ち出し、専攻教員が解説もしました。

 生徒は授業で学んだことをもとに、美術に関わる一人として様々なことを考えました。

 この授業は、今日のアートパイオニアコースの授業だけでなく、後日、アートフロンティアコースの授業でも行う予定です。


写真上 校長の授業
  中 校長の授業
  下 本校収蔵の戦没画学生の作品を専攻教員が解説

平成29年度本校PTA校内研修会 ご案内

画像1
 本校PTAの校内研修会のご案内です。

 過日、若狭方面への校外研修会が多数ご参加の中開催されました。続いて来る1月20日(土)に開催されます。毎年好評の校内研修会は「上生菓子作り」です。すでにお子様を通じてご案内の文書をお持ち帰りいただいています。多数ご参加ください。


 日時 平成30年1月20日(土)
    14:00〜 (13:30〜受付)
    
 場所 本校マルチホール

 内容 上生菓子作り 講師:和菓子職人

 申込締切 12月20日(水)

 費用など詳細はこちらから
http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/data/300407...

3年アートパイオニアコース 総合的な学習の時間「表現探求P」 特別講義

 
 3年総合的な学習の時間「表現探求P」の授業の様子を紹介します。

●11月16日は池坊短期大学の岩野勝人先生にお越しいただき、「美術の可能性」−ワークショップを通じて社会と関わる−というテーマで講義していただきました。

 岩野先生の作品は地域の人々、子どもたちに愛されています。紹介していただく作品の規模や関わる人脈がだんだん大きくなっていき、日本だけでなく海外の紛争のある地域でもワークショップを行ったと聞いて、生徒はただただ尊敬のまなざしを向けていました。
何でもないことのようにお話されていましたが、その実現には多大な困難があったと思います。子どもたちは、どんな人種であろうとみんな同じ顔をして笑う、ということにハッとさせられました。

 アートには世界中の人々を笑顔にできる力があり、またそれが使命であると考えさせられました。そのためにはまずは自分が楽しむこと、これが大事であると教えていただきました。

●11月30日(木)は近畿大学の森口ゆたか先生にお越しいただき、「ホスピタルアートとの出会い」について講義していただきました。

 様々な偶然の重なりで、ホスピタルアートと出会われ、ご自身の人生やご経験のお話を織交ぜながら、アートは負の要素をひっくり返せる、命や魂を救える。病院をはじめとする療養施設にはアートやデザインの力が必要である、と教えていただき、強く、優しい気持ちが伝わってきました。

 また、受験勉強で日々疲弊している生徒たちに、最終的にどんな進路を選んだとしても、何を志すかが大事で、どこへ進んだとしても楽しい学校生活が送れる、と激励していただきました。

 この二つの講義を通して、生徒たちは自分たちがこれからさらに深めていく芸術の道にも様々な可能性があり、何かを変えることのできる力を秘めていること、アートやデザインが今世の中に求められているということを感じてくれたと思います。


写真は11月30日の授業の様子

画像1
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
行事予定
1/19 3年進路検討会議 1年専攻仮登録
1年専攻仮登録
1/20 3年出願懇談

学校評価

学校説明会

教育課程

使用教科書副読本

お知らせ

書式ダウンロード

教員公募

学校いじめ防止基本方針

生徒用iPad利用規程

京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp