京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/09/22
本日:count up124
昨日:169
総数:199933
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
●第38回美工作品展 10月12日(木)〜15日(日)9:00〜17:00 会場:京都市美術館別館、日図デザイン博物館

9日 第4回オープンスクール「入試説明会・授業見学会」 1

画像1
画像2
画像3
 9日(土)、第4回オープンスクール「入試説明会・授業見学会」を午前の部、午後の部に分けて開催しました。

 校長挨拶の後、学校指導課の桝本徳裕指導主事よりご挨拶いただきました。続いて、教頭より平成30年度入学者選抜について、企画推進主任よりタブレット(iPad)を活用した教育活動について説明いたしました。

 そのあとは、1年生の普通科目の授業、2年生・3年生は専攻実習授業を公開し、自由にご見学いただきました。受検相談会、作品講評会もご参加いただきました。

 多数のありがとうございました。

  

「東アジア文化都市2017」青少年芸術交流事業 中国・長沙派遣12

画像1
画像2
画像3
◆8月22日(第四日目・午前)

見学が終わり、バスで移動して秦皇食府にて昼食をとった。
この秦皇食府は中国古代王朝の秦をイメージした店舗であり、兵馬俑などのインテリアを取り入れていた。
ちなみメニューは中国各地の全15種類の料理が並んだ。中に、鶏料理で頭まで調理した状態で出されたものもあり、驚いた。


写真上 秦皇食府にて(砂絵で描いた東アジア文化都市の3ヶ国のロゴマーク)
写真中 昼食の様子
写真下 料理の数々(ドライアイスで演出されていた)

「東アジア文化都市2017」青少年芸術交流事業 中国・長沙派遣11

画像1
画像2
画像3
◆8月22日(第四日目・午前)

派遣四日目のプログラムの最初は、濱江文化圏で、市博物館、市計画展示館、市図書館の見学を午前中行いました。
市博物館では、中国古代からの出土品等を展示しており、日本の博物館で見る展示品と非常に類似していた。そのことはいかに日本へ大陸からの文化が、古代から伝わっていたかが分かる。ただ、日本の縄文式土器に当たるようなものはなく、日本独自の文化もあることが分かった。
市計画展示室では、長沙市の都市計画の過去から未来へというプロセスで、模型や映像、コンピュータを使った展示が各所にあり、非常に先進的な展示内容であった。「中国」の持っていたイメージが少し変わった。


写真上 濱江文化圏大階段にて
写真中 長沙市博物館見学
写真下 長沙市計画展示館見学

8日 宮城野高校との交流会スタッフ会議

画像1
 本校は東日本大震災が発生して以降、アートを通じた復興支援活動に取り組んできました。その中で仙台にある宮城野高校の美術科の生徒との交流も続けてきました。宮城野高校美術科の生徒は関西への研修旅行で京都の銅駝にも立ち寄られます。生徒同士の交流会をお互いの生徒は楽しみにしており、今年度も10月6日に来校予定です。

 本日、宮城野高校生徒との企画を検討・準備し始める第1回スタッフ魁夷を昼休みに開催しました。スタッフ募集にたくさんの生徒が応えてくれました。

秋涼   明日9日は、第4回オープンスクール「入試説明会・授業見学会」

画像1
画像2
画像3
 昨晩は強く雨が降りましたが、今日は好天。昼間は暑さは残っているものの、朝夕、そして夜は過ごしやすくなりました。

 学校玄関のところには、秋の寄せ植えを置いています。吾亦紅(われもこう)や桔梗(ききょう)の花が涼しさを感じさせてくれます。

 明日9日(土)は、第4回オープンスクール「入試説明会・授業見学会」です。本校生徒も授業日ということで、1年生は普通科目の授業、2年生・3年生は専攻の実習授業があります。

 オープンスクールでは、中学生や保護者の皆様に、来年度の入試についての説明、本校の教育活動の様子をご説明した後、普通科目の授業や、専攻実習授業を見学していただけます。美術専門高校のふだんの授業の様子を見ていただき、ご理解、ご関心を深めていただければ幸いです。

 会場のマルチホール前には、生徒の美術基礎科目の作品を、また、展示室には本校収蔵作品の展示を行っております。是非ご観覧ください。

 希望される方には、受検相談、持参作品の講評も行います。午前の部、午後の部とも同じ内容で行います。

 皆様をお迎えする準備を本日整えました。

 明日のご来場、お待ちしております。

「東アジア文化都市2017」青少年芸術交流事業 中国・長沙派遣10

画像1
画像2
画像3
◆8月21日(第三日目・午後)

写真上 夕食会場にて3(毛家飯店)
写真中 夕食会場にて4(毛家飯店)
写真下 料理の数々

「東アジア文化都市2017」青少年芸術交流事業 中国・長沙派遣9

画像1
画像2
画像3
◆8月21日(第三日目・午後)

交流会最後に卓球チームによる日韓生徒への卓球レクチャーを受けたあと、日中韓の友好親善試合を行いました。
その後、毛家飯店へ移動し、日韓の代表団は夕食をいただきました。毎日昼・夜と中華料理が並びますが、お店によって味や料理の種類も違い、中国食文化の奥深さを感じました。


写真上 卓球体験
写真中 夕食会場にて1(毛家飯店)
写真下 夕食会場にて2(毛家飯店)

7日(木)中学校教員対象学校説明会を開催しました。  9日(土)は中学生・保護者対象「第4回オープンスクール 入試説明会・授業見学会」を開催いたします。

画像1
画像2
画像3
 7日、中学校の先生方を対象にした、学校説明会を開催いたしました。学年、進路指導ご担当の先生、美術ご担当の先生、多数のご参加ありがとうございました。
 
 学校からの説明の他、1年生専門科目「造形表現」の実習の見学や、実技検査の合格作品の紹介、本校生徒の美術基礎科目の作品、展示室の収蔵作品なども見ていただきました。

 9日には、中学生、保護者対象の第4回オープンスクール「入試説明会・授業見学会」を行います。

写真上 校長より、本校の教育活動、指導方針について
  中 教頭より、入学者選抜について
  下 企画推進部より ICT(タブレットiPad)活用教育について  

「東アジア文化都市2017」青少年芸術交流事業 中国・長沙派遣8

画像1
画像2
画像3
◆8月21日(第三日目・午後)

午前中の体験が終わり、学校給食バイキングでの昼食で、いろいろな料理が並んでいました。
昼食後はお昼の休憩を取りました。中国の学校では必ずお昼寝タイムがあるそうです。
休憩後、新体操の演技、中国武術の演技、卓球チームの模擬試合など見学し、その内容のレベルの高さに驚かされました。全てクラブ活動ということです。
中国武術鑑賞後、コーチによる二四式太極拳の実技体験をしましたが、とても難しく、型についていくことが大変でした。


写真上 学校給食バイキング
写真中 中国武術の演技鑑賞
写真下 太極拳体験

「東アジア文化都市2017」青少年芸術交流事業 中国・長沙派遣7

画像1
画像2
画像3
◆8月22日(第三日目・午前)

学校見学後、歓迎セレモニーが行われました。その中で、日中韓の生徒同士のお土産の交換会がありました。京都からは、和柄のがま口をプレゼントしました。
セレモニーの後は、文化体験として水墨画に挑戦しました。初めに講義があり、水墨画の筆の動かし方や墨の濃淡の付け方など教わり、描きました。


写真上 歓迎セレモニー
写真中 日中韓生徒同士のお土産交換
写真下 水墨画体験
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
行事予定
9/22 大掃除(HR重点)
9/23 秋分の日 オープンスクール「実技講習会・はじめてART!」
9/25 前期末考査1日目
9/26 前期末考査2日目
9/27 前期末考査3日目
9/28 前期末考査4日目

学校評価

学校説明会

教育課程

使用教科書副読本

お知らせ

書式ダウンロード

学校いじめ防止基本方針

生徒用iPad利用規程

京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp