京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/11/22
本日:count up9
昨日:126
総数:210372
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
第7回オープンスクール「中学3年生対象実技講習会」(12月2日実施)申し込み受付中

美工作品展3日目 ギャラリートーク6

画像1
画像2
(つづき)ギャラリートーク

●染織専攻の様子

14日 美工作品展3日目 ギャラリートーク5

画像1
画像2
(つづき)ギャラリートーク

●彫刻専攻の様子

14日 美工作品展3日目 ギャラリートーク4

画像1
画像2
画像3
(つづき)ギャラリートーク

●デザイン専攻の様子


14日 美工作品展3日目 ギャラリートーク3

画像1
画像2
画像3

(つづき)ギャラリートーク

●デザイン専攻の様子

14日 美工作品展3日目 ギャラリートーク2

画像1
画像2
画像3
(つづき)ギャラリートーク

●洋画専攻の様子

14日 美工作品展3日目 ギャラリートーク1

画像1
画像2
画像3
 14日、美工作品展4日目は、ギャラリートークを行いました。本校生徒・教職員以外にご来場いただいていた多くの皆様が参加していただきました。

●日本画専攻の様子

13日 美工作品展2日目 中国・南京市から玄武中等専業学校の生徒と交流 つづき

画像1
画像2
画像3
 (つづき)
 和やかな雰囲気で交流会も終わり、最後に記念写真。玄関でみんなで起き送りをしました。


写真上 両校教員、京都市教育委員会学校指導課長、課長補佐も一緒に
  中 両校生徒教員全員で記念写真
  下 お見送り

13日 美工作品展2日目 中国・南京市から玄武中等専業学校の生徒と交流 つづき

画像1
画像2
画像3
 (つづき)
 交流会の最後に両校生徒のプレゼント交換をしました。

 学校どうしも記念の品を交換しました。玄武中等専業学校からは龍の絵の刺繍を施した盾をいただきました。本校からは、西陣織の鶴の絵のテーブルクロスを贈呈しました。
   
  

13日 美工作品展2日目 中国・南京市から玄武中等専業学校の生徒と交流

画像1
画像2
画像3
 (つづき)
 美工作品展鑑賞後、本校生徒スタッフの引率で、玄武中等専業学校の生徒を本校へお連れしました。

 最初に実習室を見学していただいた後、本校マルチホールで交流会が始まりました。

 言葉の違いはありますが、英語を使ったり、翻訳アプリを使ったりしながら、自己紹介の用紙に書き込みをし、それを使って交流が進みました。お互いiPadやiPhoneで自分の作品などの画像を見せながら、どんどん盛り上がっていきました。

写真上 交流の様子
  中 iPadやiPhoneを使って交流が進む
  下 玄武中等専業学校の美術科の先生による美術教育の紹介
 

13日 美工作品展2日目 中国・南京市から玄武中等専業学校の生徒・先生が美工作品展に

画像1
画像2
画像3
 13日、中国の南京市より玄武中等専業学校の生徒30名と引率の先生5名が来校されました。

 来校されたのは美術を学ぶ生徒と指導にあたっておられる先生方です。玄武中等専業学校は、昨年より、美術専門高校である本校との交流をしたいとお話をいただいていた学校で、両校の間で準備調整を進め、実現しました。

 本校では、この交流にあたって、美工作品展を案内して観覧していただくとともに、本校での交流会を行うべく、生徒ボランティアを募集しました。ボランティアで集まった1・2年生の生徒は、早くからこの日のために準備し、楽しみにしていました。

 到着後、まずは美工作品展へ


写真上 お迎えする前にミーティングをする本校生徒スタッフ
  中 玄武中等専業学校生徒と到着後、スケジュール連絡
  下 本校生徒スタッフの案内で美工作品展へ
    (美術大学学生さんの通訳)

 京都に到着された一行を、美術館別館前でお迎えし生徒スタッフが、作品展を案内、美術大学の学生ガイドさんのサポートを得て鑑賞していただきました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
行事予定
11/23 勤労感謝の日

学校評価

学校説明会

教育課程

使用教科書副読本

お知らせ

書式ダウンロード

教員公募

学校いじめ防止基本方針

生徒用iPad利用規程

京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp