京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/12/10
本日:count up111
昨日:115
総数:290082
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
本校の教育内容や受験に関してご質問、ご相談があれば、現在の学年に関わらず、ご遠慮なく電話でお問い合わせください。

3年アートフロンティアコース 総合的な学習の時間「美術探求F」  京都精華大学の田中圭一先生「魅力的なキャラクターが60分で創れる」

画像1
画像2
 今回の授業は、漫画「うつヌケ」の作者でもある京都精華大学・マンガ学科新世代マンガコースの田中圭一先生を講師にお招きし,「魅力的なキャラクターが60分で創れる」をテーマに講演とワークショップを行っていただきました。

 マンガをおもしろくする要因の1つに「キャラクターの魅力」があります。今回の授業は,たった60分で魅力的なキャラクターが創れるテクニックを解説していただいた後,実際に先生の指導のもと,魅力的なキャラクター創りに挑戦しました。

 初めに,パンダが凶暴な性格で乱暴する海外のCMを視聴し,「なぜこのCMがおもしろいと感じるのか」と問いかけ,ギャップのあるキャラクター設定が笑いを誘うと解説されました。

 次に生徒たちは,自分オリジナルのキャラクターを描いて提出し,それをクラスメイトにランダムに配布します。配布されたクラスメイトのキャラクターを見て,目的や家族構成,性格,立場,好きなもの,嫌いなもの,決め台詞などを想像してキャラクターの設定を行いました。田中先生から,「その設定が普通の人がイメージできるそのキャラクターの設定です。今度はその設定の逆の設定を考えてみよう」と提案。自分のキャラクターに他人から見た設定とはギャップのある設定を考えました。完成したキャラクター設定を田中先生がコメントをつけながら紹介し,上手くギャップのある設定ができた作品には大きな歓声が上がりました。

 授業を終えた生徒たちは,「みんなの創作キャラがおもしろい。他の人が考えてくれた自分のキャラクターの性格を参考にしてギャップを考えるのは新鮮で楽しい!!ギャップキャラが目を引くというのは納得できる」「めっちゃ楽しかったです。SNSで絵を上げているけど,二次創作ばかりなので,1つだけでもいいから自分でしっかり考えた話やキャラの構成をしてみたいと思いました。キャラの分析もしてもらえて嬉しかったです。」「ギャップキャラや人物設定をしっかりすることで魅力的なキャラクターを生み出せることが理解できた。最近はデジタル系マンガなどいろんなタイプのマンガがあることも分かった。マーケティング力はマンガ家に限らず大切な力なので自分も身につけたいと思った。キャラクターの設定を考えるのは初めてだったけど,すっごく楽しかった。」などと感想を述べていました。

 とても興味深くワクワクする話を聞かせていただきました。本日の授業で学んだことや触発されたことを今後の制作活動や進路選択に活かしてくれることを期待します。

 お世話になりました田中圭一先生,本当にありがとうございました。

24日(水) 台湾 僑泰高級中学が本校を訪問されました その3

画像1
画像2
画像3
台湾の僑泰高級中学 本校訪問・国際交流(つづき)


 放課後、本校1年生・2年生の交流スタッフと僑泰高級中学の生徒が、マルチホールで交流会を行いました。

 自己紹介の後、アイスブレークとして、袋からカードを取り出し、カードに書かれたテーマを絵で表して答えをあてるというゲームをしました。

 そのあと、両校生徒がそれぞれ学校紹介をプレゼンテーションしました。

 言葉の違いがあっても、英語を使ったり絵で描いたり、スマートフォンの翻訳機能を使ったりと、積極的に交流しすぐ打ち解けあいました。

 最後にお互いプレゼント交換。本校からは、過日完成した、生徒のイラストを表紙にしたオリジナルスケッチブックを贈りました。

 

 

24日(水) 台湾 僑泰高級中学が本校を訪問されました その2

画像1
台湾の僑泰高級中学 本校訪問・国際交流(つづき)


 僑泰高級中学の生徒は日本画・洋画・彫刻・漆芸・陶芸・染織・デザイン・ファッションアートの各実習室を回り、教員や3年生生徒からの説明を聴いていただきました。


(つづく)
画像2

24日(水) 台湾 僑泰高級中学が本校を訪問されました その1

画像1
 今年度、台湾の僑泰高級中学から本校訪問の依頼があり、準備を進めてきました。

 24日(水)僑泰高級中学でデザインを学ぶ生徒19名と引率の先生が来校されました。

 僑泰高級中学と本校とで記念の品を交換したあと、生徒・先生は8専攻の実習室を見学していただきました。本校からの記念品は、西陣織のテーブルクロスを贈りました。

(つづく)
 
画像2

24日(水) 3年 健康学習「動作法によるストレスマネジメント」

画像1
画像2
画像3

 24日(水)3年生は、LHRの時間に兵庫教育大学より種子幸子先生をお招きし「動作法によるストレスマネジメント」というテーマで健康学習を行いました。

 種子先生は、動作(からだとこころの一体活動)を手段とし、動作の不調を改善する努力を促していくことでよりよい生き方が出来るように援助するという「臨床動作法」を専門としておられます。

 今回は、様々な動作について実演も交えながら講義をしていただきました。体育の服装で椅子に腰かけながら様々な動作を実際に行い、自分のからだとこころをゆっくり見つめる体験をしてみて、今後受験へ向かう際に、からだとこころを整え、それぞれの持っている力を十分に発揮するためにできる一つのリラックス方法として大変有意義な方法を教えていただき、講義後は生徒もすっきりした表情でした。

 今回学んだことを活かし、自分の体と心と上手に向き合い、セルフコントロールできるようにしてほしいと思います。


1年専門科目「表現基礎1」 観察描写 デッサン

画像1
画像2
画像3

 1年生の「表現基礎1」では、観察描写としてデッサンに取り組んでいます。

 モチーフは、レモン・植木鉢・白布です。

3年彫刻専攻 専攻実習の作品を校内で展示「人物塑像展」

画像1
画像2
画像3
 本校記念棟2F展示室で、3年彫刻専攻の「人物塑像展」を開催し、専攻実習の作品を展示しています。

 京都市美術館が改修に入り、今年度の美工作品展は会場の関係で3年生のみの開催となって、美工作品展に展示する作品数を減らしました。出来るだけ作品を観てもらいたいということから、美工作品展に展示できなかった作品を、本校の展示室でいま、展示しています。

 展示している作品の中には、教員の古川厚生先生、杉浦康司先生の作品も展示しています。


写真一番下が、杉浦康司先生、古川厚雄先生の作品

2年染織専攻 「専攻実習」 鴨川スケッチ

画像1
画像2
画像3
 染織専攻2年生では毎年、後期課題として鴨川をテーマとした「ろうけつ染め」の制作に取り組みます。先日の授業で、鴨川へスケッチに出かけました。

 決まった形がない『水』をどうやってデザインするのか」「時間や見る場所、季節によって様々な表情を見せる鴨川をそれぞれがどのようにとらえ、形にするのか」ということを考えるためにも、今回の課題ではスケッチを多く行うことが重要です。

 外でのスケッチは、体調管理も大切です。身体に気を付けてスケッチに励んでほしいと思います。

図書館前の卒業生・教職員活躍紹介コーナー

画像1
画像2
画像3
 図書館前の卒業生・教職員の活躍紹介コーナーに、また新しい案内が出ています。

○山羽 春季 個展「Frieden」  (卒業生)
  日時 10月30日(火)〜11月4日(日) 12:00〜18:00
  場所 KUNST ARZT

○猪熊 佳子 展「耀く森へ」   (卒業生)
  日時 10月31日(水)〜11月6日(火) 10:00〜20:00
  場所 高島屋京都店6F美術画廊

○わん・碗・ONE 展「次代を担う若者の作品展〜」  (卒業生)
  日時 11月1日(木)〜11月11日(日) 10:00〜18:00
  場所 京都陶磁器会館2Fギャラリー

     寺田 睦、前 瑞紀(京都市立芸術大学)
     井尻 杏那、松原 恵美(京都府立陶工高等技術専門校)

○第32回京都芸術祭 国際交流総合展
  日時 10月26日(金)〜10月31日(水) 11:00〜18:00
  場所 梧桐(あおぎり)      荒井 利恵子(教員)
     生活あーと空間 ぱるあーと 安東 智香 (教員)


3年生アートフロンティアコース「コミュニケーション英語3」

画像1
画像2
 3年生アートフロンティアコース「コミュニケーション英語3」では、10月4日〜7日に開催の「美工作品展」に向けて制作、出品した作品について、英語とイラストで紹介カードを作成しました。

 作品に込めた想い、制作過程での苦労話、今後の制作活動に向けての決意など、それぞれ個性豊かに表現されており、2月のアートフロンティア後期作品展も楽しみです。

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
行事予定
10/25 1年造形表現2分野開始
大掃除
10/26 美術見学(全学年)
10/27 第5回オープンスクール「ドキドキiPad!・アートフェスタ」
10/31 センター前講演会(LHR)

学校評価

スクールガイダンス

お知らせ

書式ダウンロード

学校経営方針

学校いじめ防止基本方針

生徒用iPad利用規程

進路状況

京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp