京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/11/15
本日:count up140
昨日:169
総数:285723
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
申込み受付中 第6回オープンスクール 中学3年生対象「実技講習会」今年度最終回です。ぜひご参加ください。

7月21日(土)より「第2回所蔵作品展」 本日、作品の搬入を終えました。

画像1
画像2
画像3
 今年度、京都市の明治150年関連事業として「京都市立銅駝美術工芸高等学校 第2回所蔵作品展〜美工の歩み 138年」を開催いたします。

 ・会場  堀川御池ギャラリー
 ・会期  7月21日(土)〜8月7日(火) 月曜休館
      11:00〜17:00

 本日19日は、朝から作品搬入を行いました。明日最終の準備を完了させ、21日を迎えます。

 多くの皆様のご来場をお待ちしております。
 

3年デザイン専攻「実習」 映像作品 中間発表

画像1
画像2
 3年生デザイン専攻の生徒が、実習で取り組んでいる映像作品の中間発表がありました。

 それぞれの生徒の感性、構成力、表現力を発揮したものばかり。教員の講評、アドバイスだけでなく、生徒どうしの相互評価も行われました。美工作品展に向けて、さらに制作を続けつくりこんでいきます。

昼休み 学校間交流のボランティアスタッフ ミーティンク゛

画像1
 10月に行う交流会イベントのボランティアを募集したところ多数の生徒が積極的に申し込んでくれました。7月18日、19日の昼休みの貴重な時間、昼食を持ち込みで熱心にミーティングを行いました。アートをもとにした2つの大きな交流の成功を期待しています。

●10月5日(金)宮城県宮城野高校美術科との交流 

 「美工作品展」(3年生展)の期間中に宮城県宮城野高校美術科の生徒が奈良・京都へ研修両校に来られます。京都に来られた際に、本校美工作品展の観覧と生徒との交流会を行います。

 宮城野高校とは、東日本大震災の発生後、アートによる復興支援活動を通じてつながりができました。それ以来、同じ美術を学ぶ高校生どうしが学び合い、視野を広げる交流を続けてきました。

●10月24日(木)台湾 僑泰高級中学との国際交流 ボランティアスタッフ

 台湾の台中市にある僑泰高級中学が、本校とぜひ交流をという依頼があり、本校の授業見学と生徒同士の国際交流を行います。

 昨年度は中国南京市の玄武中等専業学校から国際交流の依頼があり、非常に有意義な交流ができました。また文化庁主催の「東アジア文化都市2017」青少年交流事業に本校生徒が参加し、韓国・中国の高校生の京都での受け入れ、韓国・中国への本校生徒派遣という機会をいただきました。

 今年度も生徒の積極的な取り組みで、アートを基軸にした豊かな国際交流ができることを期待しています。
画像2

3年「コミュニケーション英語3」 iPadを用いた英語プレゼンテーション「My Favorite museum」

画像1
画像2
 3年フロンティアコースの「コミュニケーション英語3」の授業で、美術館についての英語の記事を読んだことから、今日の授業では、タブレットiPadを用いて、「My Favorite Museum」(私のお気に入りの美術館 /行ってみたい美術館)と題し、スライド制作をしました。

 その後、グループで全員が英語で発表し、各グループから選ばれた代表がクラス全体に発表しました。

国内外の美術館が登場し、中には実際に紹介した美術館に、夏休みを利用して行く予定を立てている生徒もいるなど、さすが銅駝美工生、大変興味深いプレゼンテーションとなりました。

3年専門科目「表現演習1」E講座 浴衣のデザイン 専門学校のコンテストで入賞

画像1
 3年「表現演習1」E講座では、表現の幅を広げるために様々な技法を生かした課題に取り組み、課題によってはコンテストなどへの出品も視野に入れた授業を行っています。

 5月末〜6月上旬にかけては、浴衣のデザインを制作する課題に取り組み、「東洋きもの専門学校」主催の「第10回ゆかたデザインコンテスト」に応募しました。

 生地の柄や模様を考えるだけでなく、本来の浴衣から逸脱しすぎないようにしながらもオリジナリティのある形に工夫したり、イメージに合う素材を選んだりして、楽しんで授業に取り組んでいました。

 コンテストでは、デザイン専攻三浦龍士さんの作品「顕微鏡の中の世界」が佳作に入賞しました。

 今後は、多様な表現に挑戦するだけでなく、美術を通したコミュニケーションなどにも目を向け、さらに視野を広げていけるような授業に取り組んでいく予定です。

写真上 応募した講座の生徒の作品
  下 入賞した三浦龍士さんの作品 

画像2

2年・3年専攻実習の様子

画像1
画像2
 
 本校のカリキュラムでは、2年生から専攻実習が始まりますが、2年生は「実習1」、3年生は「実習2」を、前期6単位取り組みます。

 現在取り組んでいるのは、美工作品展に向けた作品制作です。

 実習風景の紹介(先回の続き)


写真上 染織専攻3年
  下 デザイン専攻3年


【お知らせ】冬季休業期間中の新たな学校閉鎖日の設置について

 京都市では,働き方改革の一環として,平成30年3月に京都市PTA連絡協議会・各校園長会と教育委員会が連名で「学校・幼稚園における働き方改革推進宣言」を策定させていただき,保護者や地域の皆様のご理解とご支援のもとで様々な取組を進めているところです。
 こうした中,今年度は京都市教育委員会より,教職員の年次休暇の取得を促進し,冬季休業日明けから心身ともに充実した状態で教育実践に取り組むことを目的として,全学校・幼稚園において,冬季休業期間中に学校閉鎖日を設置するよう方針が出されました。

 そのことをふまえ,本校におきましては,冬季休業期間中(平成30年12月21日(金)〜平成31年1月7日(月))に下記のとおり,学校閉鎖日を設置しますので,ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。


●今年度の冬季休業期間中の学校閉鎖日
 
・今年度新たに学校閉鎖日とする日
   平成31年1月4日(金)

・冬季休業中の学校閉鎖期間
   平成30年12月29日(土)〜平成31年1月4日(金)
    
●夏季休業中の学校閉鎖日は,例年通りの日数で下記の期間となります。
   平成30年8月13日(月)〜平成30年8月17日(金)

●学校閉鎖日は,校内に立ち入ることができません。
 また,教職員も出校していません。

保護者あて文書はこちらから
http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/data/300407...

猛暑 本日より3年生の保護者懇談が開始。 暑い中保護者の皆様ご苦労様です。

画像1
 連日、猛暑となっています。
 
 学校では、これまでから体調管理と熱中症に関する注意をしてきたところですが、本日、ショートホームルームで、体調管理、クーラー使用に関すること、使用しない教室の電灯・扇風機・クーラーのOFFについての協力などを呼びかけるとともに、何より生徒の体を守ること大事にした対応をしていく旨、生徒の皆さんに伝えました。

 生徒の皆さんには、睡眠や食事をしっかり摂ること、通常以上に水分補給をこまめにすること、体調不良の時は無理をせず休養すること、体の変調を感じた時は教員に伝えること等、各自で意識的に取り組んでほしいと思います

 本日より3年生の懇談が始まります。進路に関することが中心となりますので、生徒・保護者・担任・美術科教員、という構成で懇談を行います。保護者の皆様には、猛暑の中ご来校いただくことになりますが、どうかよろしくお願いいたします。
画像2

17日 京一商西京同窓会奨学生採用決定通知書交付式

 毎年、一般社団法人「京一商西京同窓会」様から、市立高校生に対し奨学金を給付していただいておりますが、過日17日、西京高等学校会議室において「奨学生採用決定通知書交付式」が開催されました。

 奨学生には、本校からも選ばれ、生徒・保護者、校長が出席しました。市村延之京一商西京同窓会理事長様から一人ひとりに通知書が交付され,奨学生一人一人から,お礼と決意を述べました。

 ありがとうございました。

1年専門科目「造形表現」 3分野の授業の様子 その3

画像1
画像2
画像3
(つづき)
 1年専門科目「造形表現」は、各自が選択した3分野を順番に学習しています。

 
 少しずつその様子を紹介していきます。

●写真上 染織分野   紙紐による器の制作
   中 デザイン分野 壁掛けカレンダーのデザイン
   下 ファッションアート専攻 オリジナルトートバッグ
 

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
行事予定
7/20 大掃除
7/21 夏季進学補習(1)
7/23 夏季休業(〜8/24)
夏季進学補習(2)
7/24 夏季進学補習(3)
7/25 夏季進学補習(4)

学校評価

スクールガイダンス

お知らせ

書式ダウンロード

学校経営方針

学校いじめ防止基本方針

生徒用iPad利用規程

進路状況

京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp