京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/10/19
本日:count up200
昨日:212
総数:280113
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
【申し込み受付中】10月27日(土)開催の第5回オープンスクール「GO!GO!秋フェス!」 このホームページからお申込みいただけます。

3年アートフロンティアコースの総合的な学習の時間「表現探求F」 外部講師を招いて「言葉と身体のコミュニケーション」

画像1
画像2
画像3

 今週の授業は、京都の劇団ソノノチ代表で劇作・演出家,本校の卒業生でもある中谷和代先生を講師にお招きし,「言葉と身体のコミュニケーション」をテーマに,役者さんの寸劇も交えながら「伝わらないってどういうこと?」を考えるワークショップを行いました。

 まず二人一組で互いに頭の中に思い描いた野菜,果物,動物を
1.言葉で説明して伝える
2.相手からの質問に答える形式で伝える
3.相手からの質問に答えつつヒントを出して伝える
という3つのゲームに挑戦しました。思い通りに伝えられなかったペアも多く,特に2のゲームが難しかったようです。

 1から40のカードを使ったゲームでは,自分の番号を趣味の活動量で表すゲームに挑戦しました。数字が大きい人ほど活動量の多い趣味を考えて表現するゲームで,互いに相手の趣味を尋ね,自分の数字と最も近い数字の人とペアになるゲームです。毎日マラソンする人(34)とトライアスロンする人(33)のペア,友人に誘われると遊びに出る人(11)と月1回図書館で読書をする人(10)のペアが優勝しました。生徒の表現力と勘の鋭さに感服しました。

 演劇マジカルというゲームでは,2人の役者さんが「とあるカップルの休日」という寸劇を,せりふ回しや間合い,表情,距離感などで2パターンに演じ分け,コミュニケーションを考える上で大切なことを学び合いました。中谷先生からは、「人は互いに違いがあることが前提。上手くコミュニケーションが取れなくても誰のせいでもない。その上でどのようにコミュニケーションをとるか。正解や間違いはありません。」と助言をいただきました。少し心が軽くなるお話で,笑顔が絶えない授業でした。

 授業を終えた生徒たちは,「アクティブな授業で楽しかったです。個人の感覚の差って結構あるなと実感した。普通とか平凡とか自分では分かるけど,他人の物差しだとズレが生じる言葉で,自分の言いたいことを言葉だけで100%伝えることは難しいなと思います。これからはもっと具体的に分かりやすくコミュニケーションをとっていこうと思います。」「ミニゲームや劇を通して自分では分かっていても人に伝えるときに上手く伝えたれないことが普段の生活でも結構あるなと思いました。人に伝えることの難しさが今後の人生での課題だと思います。また俳優さんの演技の違いには関心させられました。私は人見知りできつい言い方をしがちなので気をつけたいと思います。」「同じ言葉でも言い方や相手によって伝わり方が全然違ってしまうことが分かりました。だからこそ,SNSなど文面だけで交流することが多くなった今,文章の組み立て方には気をつけないといけないなと思いました。」などと,コミュニケーションの難しさや伝え方の大切さをしっかりと学んだようです。

 ご指導いただきました中谷和代様,役者の方々には大変お世話になり,ありがとうございました。生徒たちは今回学んだことを今後のコミュニケーション活動に生かしていきます。

学校百景(3) 時計

画像1
画像2
画像3
 学校玄関のロビー正面に大きな置時計があります。趣のある玄関に色合いやデザインがよくなじむこの時計は、「平成10年度卒業生一同」と記載があり、20年前(1998年)に卒業記念品として贈呈していただいたものです。

 もう一つ大きな時計は、本館の外側東壁の中央に設置されています。よく見ると「第1回卒業記念」と書かれています。本校が日吉ケ丘高校美術コースから現校地で独立開校したのが1980年(昭和55年)4月。翌年1981年3月に「銅駝美術工芸高等学校」の第1回卒業式が行われました。その時の卒業記念品ということになります。

 時はいつも同じ刻みを重ねていきますが、これらの時計を見ると、この学校の深い年月や、美術を学んだ多くの卒業生がこの学び舎から巣立っていた重みを感じます。職員室には、気温や湿度も表示される電波時計が吊るされていますが、やはり卒業記念品の時計の存在感には及びません。


写真上 玄関ロビーの時計
  中 本館東外壁の時計
  下 職員室の電波時計

1年専門科目「造形表現」の授業 その2

画像1
画像2
 1年専門科目「造形表現」の3分野選択実習。(つづき)

●洋画分野

 バケットとワインをモチーフに油彩画制作

 

1年専門科目「造形表現」の授業 その1

画像1
画像2
 
 1年専門科目「造形表現」は、2年次からの8専攻につながる実習を通じて、1年生の間に、自分の進むべき専攻を見きわめていきます。

 入学当初からしばらくの間、すべての生徒が8分野の実習を順番に取り組み、8分野から3分野を選択しました。先日より、選択した3分野の実習課題に取り組み始めているところです。

 少しずつその様子を紹介していきます。

●染織分野

写真上 テーマ「顔」。
    各自が選んだ「顔」の写真を持参し、トレースしてカッティング

  下 完成見本(昨年度作品)

3年「コミュニケーション英語3」の授業

画像1
画像2
画像3
 3年1組アートフロンティアコースの「コミュニケーション英語3」では、楽しみながら実践的な4技能の向上を目指した授業を行っています。

 今週は、教科書で「植物」についてReadingを行った後、生徒一人ひとりが「好きな植物」または「珍しい植物」というテーマで、タブレットiPadを活用して、ALTと1分間紹介インタビューを行いました。

 興味深いユニークな植物がたくさん登場し、発表の内容についてALTの先生から質問され、それに即座に返答するなど、和やかな雰囲気の中、さすが3年生、英語による活発なコミュニケーションが見られました。

授業で取り組んだ介護施設でのアートワークショップ 施設のニュースペーパーで紹介される

画像1
 昨年11月27日に3年生の「表現演習」E講座で取り組んだ介護施設「東山サナトリウム」でのアートのワークショップ・交流の授業の様子は、すでに学校ホームページで紹介しました。

 東山サナトリウムのほうでも、施設で作成されているニュースペーパーにその記事を掲載していただき、冊子として完成したということで本校にお持ちくださいました。

 ホームページでの紹介をご許可いただきましたので、紹介します。


 昨年11月に取り組んだ介護施設でのワークショップの様子は
こちらから→http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?i...

2018京都府公立高等学校スクールガイド

画像1
画像2
 今年度の「2018京都府公立高等学校スクールガイド」が完成し、高校へも送られてきました。中学生3年生の皆さんにも配布されていることと思います。

 他府県在住の方など配布されない中学校の皆さんは、教育委員会に請求されたら入手できるようです。教育委員会のホームページにアクセスしてください。

 54ページ・55ページに銅駝の記事が掲載されています。ぜひご覧ください。

校内食堂新メニュー登場 「とりチリソース」

画像1
 校内食堂の日替わり定食に、新メニューが登場しました。「とりチリソース」。鶏肉とキノコとチリソースで炒めた、ご飯が進むおかずです。

 「とりチリソース」に、サラダ、小鉢は切り干し大根の煮物、シメジとキャベツの味噌汁、白飯。そしてデザートはコーヒーゼリーで440円。

 新メニューのお味はどうですかと食堂の方に聞かれ、即座に「美味です」と答えました。ごちそさま。

4日(月)〜22日(金)教育実習

画像1
画像2
 本日4日から3週間、教育実習期間となります。今年度受け入れた教育実習生は、本校卒業の10名。今日からしっかり実習に取り組んでほしいと思います。

 本日ショートホームルームの時間帯にグラウンドで実習生紹介を行いました。

本日6月4日(月) 毎日放送番組「ちちんぷいぷい」の「たむらけんじの学校へ行こッ!」のコーナーに銅駝美術工芸高校が登場します

画像1
 すでに、ご案内していましたように、いよいよ本日6月4日(月)、毎日放送「ちちんぷいぷい」の中の「たむらけんじの学校へ行こッ!」のコーナーに本校が登場します。

 本校の特色や、本校生徒の学校生活の様子が紹介されます。ぜひご覧ください。
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
行事予定
6/6 前期中間考査1日目
6/7 前期中間考査2日目
6/8 前期中間考査3日目
四肢の状態の検査(1)
6/9 3年学科模試(ベネッセ)
6/11 文化祭準備期間(〜27日)
授業評価アンケート期間(〜22日)
校内公開授業週間(〜21日)
京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp