京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/10/17
本日:count up7
昨日:210
総数:279708
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
【申し込み受付中】10月27日(土)開催の第5回オープンスクール「GO!GO!秋フェス!」 このホームページからお申込みいただけます。

【再掲】6月2日(土)第1回オープンスクール「実技講習会・チャレンジアート」 申込受付中

画像1
第1回オープンスクールは、現在、申し込み受付中です。

●6月2日(土)第1回オープンスクール 
          中学3年生対象「実技講習会」
          中学2年生対象「チャレンジART!」

  ・実技講習会 (2課題)
         鉛筆デッサン
         イメージ表現

  ・チャレンジART! (2テーマ)
         「素材の表現を感じ取ろう!」
         「コラージュでイメージを広げよう!」

●詳細はこちらから
 →http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/data/300407...

●申し込み 5月15日(火)〜5月25日(金)
      申し込み方法は、下のいずれかで

 1.ホームページのフォームから
  →http://www.edu.city.kyoto.jp/hp/douda/sg180602/...

 2.学校への電話で
  →TEL (075)211−4984

画像2

2年「構図」の考え方1」(表現基礎2)

画像1
 今回、表現基礎2では5つのモチーフ(ピーマン・木片・ビニール紐・ブリキ缶)を使って構図の学習に取り組んでいます。
 ものには大小・長短・重軽・硬軟・方向性 などの様々な特徴があります。良い構図とは、ものが持っている特徴を知り、対比や調和を考えて配置することで得られます。また、画面空間を有効に使って奥行き・左右の変化に富んだ配置に心がけることが大切です。
 構図の取り組みでは、まずは安定し調和した構図を図ることが基本となります。そこに、不安定さや不調和の要素が加わると、絵に動きや緊張感が生まれてきます。代表的な構図例を学びながら、実際にデッサンを描き実践しながら学んでいきます。

「デジカメで近赤外線写真と撮ろう」(1年・科学と人間生活)

 1年生の「科学と人間生活」授業において、デジタルカメラが近赤外線をとらえることを利用して写真を撮影したものと、可視光線のもの(普通に撮影したもの)とを比較し、違いを見付け、目に見えない近赤外線の存在を知るとともに、物体による反射光の特徴を知る授業をしました。
 生徒たちは非常に興味深いようで、2枚の写真を見比べながら考察を深めていました。
 ここでもタブレットを利用し、授業に活かしています。

写真上:グラウンドで風景を撮影している様子
写真下:iPadのカメラ機能を利用して、レンズの向こう側に赤・青・緑のセロファンを重ねたものを通して撮影している様子
 
画像1
画像2

本日の定食

画像1
 本日の定食は「冷しゃぶ」でした。サラダの上におかれたしゃぶしゃぶの豚肉に大根おろしをのせ、ポン酢をかけていただきました。
 その他、きんぴら、味噌汁、ごはん、デザート(チョコレートケーキ)がついて、440円です。
 とてもヘルシーで、先生方にも生徒にも好評でした。「ごちそうさまでした!」

専攻以外の実習を体験(実習A授業)2

生徒たちは日頃専攻で体験できない分野の制作を通じて、美術工芸の造詣を深めていきます。違う視点から制作を行うことは、各自の専攻制作にもとても役に立っています。

 写真上:「木版画」講座
 写真下:「クラフト工芸」講座

 
画像1
画像2

専攻以外の実習を体験(実習A授業)1

画像1
画像2
 3年生アートフロンティアコースでは、8専攻ある実習以外の美術工芸分野の講座を開講し、作品づくりや講義を通じてキャリア教育を行っています。
 前期は4講座を開講しており、どの講座においても一生懸命に作品つくりに取り組んでいます。

写真上:「こだわりの陶芸」講座
写真下:「銅版画・油彩画模写」講座

北城陽中学生が本校訪問

 本日2時間目に北城陽中学の3年生6名が本校を訪れました。
 訪問の目的は、本校の教育方針や特色、学習内容、部活動、進路状況等の説明や施設見学を参考に進路学習に役立てるというものです。
 2時間目に美術工芸科の実習A授業を中心に見学し、その後教頭より学校の説明を行いました。中学生の皆さんは3年生が制作している木版画や銅版画、アクセサリー制作、陶芸制作を熱心に興味深く見学をされていました。
 今後も本校への訪問は、4校予定されています。
画像1

歴史と芸術作品の関係は?(世界史A授業)

画像1
 普通科目の学習のひとつ、2年生の世界史Aの授業では、古代史から現代史に至る幅広い歴史を学びます。
 古代ギリシアについての授業では、ギリシア神話を題材とした絵画についても触れました。芸術作品が生み出される背景には、人類が創造した長い歴史があります。世界史Aの授業では、歴史と芸術作品を関連づける授業展開を心掛けています。
 モニターに作品を映し出しながら、授業を進めています。

高大連携事業「Seian & DOHDA フューチャーインタビュー」の取組

画像1
画像2
画像3
 本日放課後、成安造形大学大学生と本校2年生とのZOOMを使った高校生インタビュー「Seian & DOHDA フューチャーインタビュー」という高大連携イベントを開催しました。
 ZOOMというオンラインミーティングアプリを使用し、場所という制約を超え、大学生と高校生、社会人のボランティアスタッフがつながり協働し、これまでになかった学びの場が生み出されました。
 成安造形大学の学生は「就業力育成演習C」という授業で、自身のキャリアを見つめ、未来に向かってあるべき姿を探っています。今回、大学生は、高校生が抱いている大学時代の学びや芸術への関心について高校生にインタビューしました。大学生は高校生へのインタビューを通じ、過去から現在までの自分を捉え直し、未来を考えました。本校の2年生はインタビューを通じ、今の自分の考えを整理し、また、現役の芸術系大学生の姿を通じ、自身の未来も考えることができました。
 ZOOMでの対話は終始和やかで、本校生も積極的に質問をし、大学生から楽しく学ぶ生き生きとした姿が見られました。参加メンバーは初対面でしたが、お互いが未来を見つめ考える大切な時間となりました。7月3日(火)も2回目を行います。

「想いを伝えるFASHION SHOWのつくり方」表現探究F授業

画像1
 今週は文化祭で行うファッションショーについて学ぶため、成安造形大学の田中秀彦先生を講師にお招きし、「想いを伝えるFASHION SHOWのつくり方」をテーマに、講演とワークショップを行っていただきました。
 ファッションショーとは、個人、あるいはグループのデザイナーによる、服飾作品をモデルとなる人間が身に纏い、舞台もしくは特定の空間で観客に発表することであり、「場所」と「出る人」と「見る人」がそろえばどこでもできると説明を受けました。蛍の遺伝子を組み込んだ蚕から絹をとり、蛍のように光るドレスを作ったお話や、シャネルやルイ・ヴィトンはたった一度のファッションショーのために巨大なステージオブジェを作り、その服が持つイメージやコンセプトを表現する空間を演出することなど、とても興味深いお話を伺いました。
 ワークショップでは、ウォーキングの基本を体験しました。田中先生の軽妙な説明で、生徒たちはモデル気分でランウエイを歩く練習をしました。モデルは美人でただ歩くだけなく、デザイナーの指示や想いを瞬時に理解し、それを表現できる人でなくては務まらないことを学びました。
 授業を終えた生徒たちは,「私もファッションショーで作品を出すのでとても参考になりました。全部完成しなくても何回も試着することが大切だと聞いて、すぐにやろうと思いました。」「ポーズの意味ってこんなんだったんだとモデルの深さに驚きました。大変そうだけど楽しかったです。」「ファッションショーで大切なことは服だけでなく、その服に合う靴、メイクアップ、ヘアセット、ネイル、アクセサリー、帽子なども込みで完璧なものにすることだと学びました。今日のことを生かして文化祭のファッションショーを頑張りたいと思います。」などと感想を述べていました。
 本日の授業で学んだことや触発されたことを生徒たちは文化祭のファッションショーで生かしてくれることを期待します。
 お世話になりました田中秀彦先生、本当にありがとうございました。

画像2
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
行事予定
5/28 1年3分野登録締切
5/30 全学年進路ガイダンス
京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp