京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/11/22
本日:count up9
昨日:126
総数:210372
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
第7回オープンスクール「中学3年生対象実技講習会」(12月2日実施)申し込み受付中

7日(木)中学校教員対象学校説明会を開催しました。  9日(土)は中学生・保護者対象「第4回オープンスクール 入試説明会・授業見学会」を開催いたします。

画像1
画像2
画像3
 7日、中学校の先生方を対象にした、学校説明会を開催いたしました。学年、進路指導ご担当の先生、美術ご担当の先生、多数のご参加ありがとうございました。
 
 学校からの説明の他、1年生専門科目「造形表現」の実習の見学や、実技検査の合格作品の紹介、本校生徒の美術基礎科目の作品、展示室の収蔵作品なども見ていただきました。

 9日には、中学生、保護者対象の第4回オープンスクール「入試説明会・授業見学会」を行います。

写真上 校長より、本校の教育活動、指導方針について
  中 教頭より、入学者選抜について
  下 企画推進部より ICT(タブレットiPad)活用教育について  

「東アジア文化都市2017」青少年芸術交流事業 中国・長沙派遣8

画像1
画像2
画像3
◆8月21日(第三日目・午後)

午前中の体験が終わり、学校給食バイキングでの昼食で、いろいろな料理が並んでいました。
昼食後はお昼の休憩を取りました。中国の学校では必ずお昼寝タイムがあるそうです。
休憩後、新体操の演技、中国武術の演技、卓球チームの模擬試合など見学し、その内容のレベルの高さに驚かされました。全てクラブ活動ということです。
中国武術鑑賞後、コーチによる二四式太極拳の実技体験をしましたが、とても難しく、型についていくことが大変でした。


写真上 学校給食バイキング
写真中 中国武術の演技鑑賞
写真下 太極拳体験

「東アジア文化都市2017」青少年芸術交流事業 中国・長沙派遣7

画像1
画像2
画像3
◆8月22日(第三日目・午前)

学校見学後、歓迎セレモニーが行われました。その中で、日中韓の生徒同士のお土産の交換会がありました。京都からは、和柄のがま口をプレゼントしました。
セレモニーの後は、文化体験として水墨画に挑戦しました。初めに講義があり、水墨画の筆の動かし方や墨の濃淡の付け方など教わり、描きました。


写真上 歓迎セレモニー
写真中 日中韓生徒同士のお土産交換
写真下 水墨画体験

「東アジア文化都市2017」青少年芸術交流事業 中国・長沙派遣6

画像1
画像2
画像3
◆8月21日(第三日目・午前)

三日目のプログラムは、長沙市長郡梅渓湖中学生徒との交流です。公立の学校で生徒数は3600人ほどのマンモス校です。ただ中国の高校はどこも同じような規模の学校だそうです。
寮の施設もあり、約半数の生徒が寮生活を送っています。
夜9時までは学校の自習室で勉強することができ、学校の先生から指導をしてもらえるそうです。
学校の周辺には高層マンションが立ち並び、現在も建設中のマンションがたくさんありました。そのマンションの多くは、この学校に入学するために引っ越しをしてくるそうです。


写真上 長沙市長郡梅渓湖中学の正門
写真中 長沙市長郡梅渓湖中学の校舎
写真下 長沙市長郡梅渓湖中学のグランド

3年アートフロンティアコース「実習A」 4つの講座 2

画像1
画像2

 3年生のアートフロンティアコース「実習A」の様子(つづき)

 写真上 板絵 講座
   下 針金による空間表現 講座

 

3年アートフロンティアコース「実習A」 4つの講座 1

画像1
画像2
 3年生のアートフロンティアコースでは専門科目として「実習A」(前期)、「実習B」(後期)に設置しています。この授業は、専攻ごとの実習とは異なり、毎年用意されたアートの講座を専攻の枠を越えて生徒が選択し、制作に取り組んでいます。

 前期は4つの講座です。

   ・似顔絵イラスト
   ・ステンドグラス
   ・板絵
   ・針金による空間表現

 完成した後、4講座合同で作品を展示する予定です。


 写真上 似顔絵イラスト 講座
   下 ステンドグラス 講座

3年アートフロンティアコース 総合的な学習の時間「表現探求F」 高大連携の特別授業

画像1
画像2
画像3
 3年アートフロンティアコースの総合的な学習の時間「表現探求F」では、芸術に携わる者として幅広い視野を身につけるため、様々な分野で活躍、実践されている大学等の先生、専門家の方から講義を受けそれぞれの分野の魅力や奥深さ、社会とのかかわりを学ぶ授業です。これまで行ってきた授業を、すでに何回か紹介しています。夏休み前の実施した授業ですが、紹介します。

 6月27日(火)3・4限「表現探求F」では、京都精華大学マンガ学部マンガ学科新世代マンガコースの田中圭一先生より「『キャラクターを作ろう!』〜ギャップのある性格設定にしよう」というテーマで授業をしていただきました。

 京都精華大学の新世代マンガコースではマンガを一生の仕事としてやっていくためのセルフプロデュース力をつけることを念頭にカリキュラムが組まれているとのことです。その後、生徒は先生のアドバイスのもと、キャラクター創りに挑戦しました。ギャップのあるキャラクターとは何か、例をあげて説明されました。

 翌週の2回目は、再度先生からご指導いただき、作成したキャラクターを動かしていきました。

 田中先生は、授業終了後振り返りをした生徒の提出物に、一人ずつにイラストとコメントを書いてくださいました。

1年「造形表現」3分野 制作の様子 5

画像1
画像2
(続き) 1年生の「造形表現」では、当初の8分野から選択した3分野の実習に取り組んでいます。その様子を何回かに分けて紹介します。

 写真 染織分野 藍染め、茜染め

本日の日替わり定食 ロールキャベツ

画像1
 夏休み明けから、校内食堂は営業されています。本日の日替わり定食は「ロールキャベツ」。メインのロールキャベツに小鉢のひじき豆、サラダ、大根の味噌汁、白飯、そしてデザートはコーヒーゼリー。これで440円。ごちそう様でした

1年「造形表現」3分野 制作の様子 4

画像1
画像2
(続き) 1年生の「造形表現」では、当初の8分野から選択した3分野の実習に取り組んでいます。その様子を何回かに分けて紹介します。

 写真 陶芸分野 
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
行事予定
9/7 中学校教員対象学校説明会
9/8 大掃除
9/9 オープンスクール「入試説明会・授業見学会」
9/11 3年面接説明会(放課後)

学校評価

学校説明会

教育課程

使用教科書副読本

お知らせ

書式ダウンロード

学校いじめ防止基本方針

生徒用iPad利用規程

京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp