京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/09/20
本日:count up7
昨日:162
総数:199647
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
●第38回美工作品展 10月12日(木)〜15日(日)9:00〜17:00 会場:京都市美術館別館、日図デザイン博物館

桜 ひらく

画像1
 3月29日(火)今年度もあと2日となりました。

 あちらこちらから桜だよりが届いていますが、学校の桜も開き始めました。本日は、今回の人事異動で本校に迎える新転任教職員の出校日。明日は職員会議で、退職、転出教職員の離任の挨拶があります。

 教職員も別れと出会いの季節。日に日に変わる桜の姿に、この時期ならではの想いが重なります。

イタリア美術研修フィレンツェ 無事帰国

 6日目、朝8時にフィレンツェのアメリゴ・ヴェスプッチ空港に到着、出国手続きのあと、9:55出発し空路フランス、パリへ。
 シャルルドゴール空港に11:45到着。13:30発の乗り換え便で、韓国の仁川空港には翌朝7日目の8:20着。仁川空港で乗り換えて15:10発、関西空港17:00着。はるかで京都駅に19:34に無事帰着しました。

 派遣生徒はたくさんの体験、発見をし、大満足で帰国しました。この研修で学んだことをまとめて報告し、学校全体のものにしたいと思います。

 イタリア美術研修実施にあたり、京都パレスライオンズクラブの皆様には多大なご支援をいただきました。またイタリア会館の片山様、現地ガイドでお世話になった山田様、現地語学学校のスタッフの皆様にもきめ細かなサポートをしていただきました。心より感謝いたします。
 
画像1

1年美術見学旅行 3日目

1年美術見学旅行 3日目。

 朝、宿舎を出発後、「旧金毘羅大芝居金丸座」を見学、周辺散策を行いました。「金丸座は、江戸時代後期、天保6年(1835年)に建てられた、現存する最古の芝居小屋です。昼食の後、イサム・ノグチ庭園美術館へ向かいます。
画像1
画像2

イタリア美術研修フィレンツェ 5日目

画像1
画像2
画像3
 5日目は、朝はアカデミア美術館を観賞し、昼食はガイドをお願いしている山田宏美さんのおすすめである有名なパニーノ店へ。午後からウフィッツィ美術館を観賞したあと、語学学校で帰国の挨拶をしました。夕食は現地でたいへんお世話になった山田さんと最後の晩餐。

 派遣生徒3名はそれぞれの美術館のスケールに圧倒されていました。有名な作品や、憧れの作品を間近で観賞し、思った事を口に出し、表現したり批評したりすることで、より深められたと思います。山田さんは修復の勉強もされており、細やかな解説に、生徒は皆感心していました。ご自身の夢や、イタリアでの経験などの貴重なお話、また楽しいお店の案内など、本当にお世話になりました。

 語学学校の皆様にも、最後まで本当にお世話になりました。心より感謝いたします。

 写真は、アカデミア美術館(ダビデ像)、ウフィッツィ美術館の様子です。


イタリア美術研修 4日目 シエナへ日帰り

画像1
画像2
画像3
 イタリア美術研修4日目。

 今日は朝から、フィレンツェを離れ、高速バスで1時間30分ほどのシエナへ。

 丘の上にある街で、今日の気候は非常に寒く曇り空、たまに小雨が降りましたが、それすらも美しく感じる町並みでした。また、シエナ大聖堂などは圧倒的な存在感で、言葉を飲み込むほどです。シエナの繁栄から衰退までの歴史や、作品の様式などを丁寧に生徒に教えてくださる語学学校の皆さん、生徒は目を輝かせながら聞き入って、観賞に集中していました。

1年美術見学旅行 2日目

 1年美術見学旅行2日目。

 宇野港からフェリーで直島へ渡りました。直島では、ベネッセミュージアム、地中海美術館、家プロジェクトを訪れました。「ベネッセミュージアム」は1992年にオープンした美術館とホテルが一体化した施設です。絵画、彫刻、写真、インスタレーションなどの作品の他、アーティストがその場所のために制作したサイトスペシフィック・ワークが点在しています。「地中海美術館」は「自然と人間を考える場所」として2004年に設立。美しい景観を損なわないようにほとんどの建築物が地下に設置されています。この建物自体がサイトスペシフィック・ワークと言われています。「家プロジェクト」は、点在している空き家などを改修し、アーティストが空間そのものを作品化しているものです。生徒たちは、グループごとにじっくり、鑑賞、スケッチしていました。

 夕刻、宮浦港を出港、香川県高松港に到着。宿舎に入りました。夕食後のレクレーションは、教員の子どもの頃の写真当てクイズ、この中に何が入っているかゲーム、ジェスチャー伝言ゲームなど、今日も大盛り上がり。
画像1
画像2
画像3

イタリア美術研修 フィレンツェ 3日目

 イタリア美術研修、フィレンツェの3日目の報告。

 早朝にドゥオーモ周辺を散策、その後語学学校でイタリア語講座を受講しました。
 昼休みにメディチ家礼拝堂を観賞し、午後から美術研修2回目、それぞれ作品を仕上げました。その後ベッキオ橋に行き、現地の有名な画材店であるツェッキ画材店で画材購入、通訳の山田さんおすすめのパスタ店で夕食を摂り、ピッティ宮殿周辺を散策しました。
画像1
画像2
画像3

1年美術見学旅行 1日目 その2

 1年美術見学旅行1日目(倉敷)続報

 倉敷到着後、新渓園での昼食、美観地区散策、スケッチ、大原美術館訪問、作品鑑賞とプログラムを進め、宿舎に入りました。夜のレクレーションは大いに盛り上がりました。
画像1
画像2
画像3

イタリア美術研修 2日目

画像1
画像2
画像3
 3月20日(日)日本を出発したイタリア美術研修派遣生徒3名、教員1名はパリで乗り換え後、空路イタリアのフィレンツェに無事到着。

 2日目、朝ホテルから徒歩で語学学校へ、昼過ぎまでフィレンツェの歴史に関するガイダンスを受講、昼休み中に市内散策をし、ウフィッツィ美術館周辺の彫刻群の観賞をしました。午後から油絵の美術研修をし、終了後はミケランジェロ広場を観光、夕食にピザを食べてホテルへもどりました。

 語学学校のスタッフの皆さんや、現地案内サポートをしていただいている山田宏美さんにずいぶんお世話になりました。

1年美術見学旅行 1日目

画像1
画像2
画像3
 1年生3クラスは本日23日、京都駅八条口からバスで出発し、最初の訪問地の倉敷に到着しました。倉敷では、倉敷紡績の初代社長大原孝四郎氏の別荘として建築された新渓園で昼食をとり、そのあと倉敷美観地区の散策、大原美術館で作品鑑賞をしました。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

学校評価

入学選抜

教育課程

使用教科書副読本

お知らせ

書式ダウンロード

卒業生のみなさんへ

学校いじめ防止基本方針

京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp