京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/01/19
本日:count up60
昨日:333
総数:571611
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

重要 【知的財産教育】プロジェクトZERO講演会 12/18実施

本校では,特許庁が所管する独立行政法人工業所有権情報・研修館『知的財産に関する創造力・実践力・活用力開発事業』の平成30年度採択を受けて,生徒が知的財産の重要性を踏まえつつ,ものづくりや商品開発等の場を通じて創造性や実践的な能力を育む教育活動を推進しています。

今回の講演会を受けて,デザインというモノのとらえ方,デザインという視点から創造的なアイデアを広げ,理解のアップデートを図りながら,プロジェクトZERO(総合的な探究の時間)の最終ワークショップにつなげます。

■日時 12月18日(水) 13:20〜14:10 
■場所 中央棟1階ホール
■対象 1年生 241名
■演題 「価値と文脈のデザインによるイノベーション発想」
■講師 株式会社インフォバーン
取締役京都支社長/IDL部門 部門長 井登友一 氏

また,2年生で学習する「プロジェクトゼミ1(課題研究)」では,身近な知的財産権の中でも比較的程度の高い新しい技術的アイデア(発明)である特許申請をゴールに学習をすすめるプロジェクトチームがあります。
画像1

重要 【知的財産】特許庁主催「パテントコンテスト」 優秀賞獲得

本校では,特許庁が所管する独立行政法人工業所有権情報・研修館『知的財産に関する創造力・実践力・活用力開発事業』の平成30年度採択を受けて,生徒が知的財産の重要性を踏まえつつ,ものづくりや商品開発等の場を通じて創造性や実践的な能力を育む教育活動を推進しています。

パテントコンテスト及びデザインパテントコンテストでは,日本の次世代を担う若い高校生,高等専門学校生,大学生,専修学校生及び大学校生が,自ら考え出した発明又はデザイン(意匠)について応募し,特許権又は意匠権の取得までの手続を通して知的財産権への理解を高めることをねらいとしています。

チャレンジ2年目となる本年度は,全国から724件の応募があり,選考委員会により本校を含む30件が優秀賞(出願支援対象)に選ばれました。引き続き,特許庁への出願から特許権又は意匠権の取得を目指します。

◆主催 文部科学省・特許庁・日本弁理士会ほか
◆審査委員長 山崎直子(宇宙飛行士)
◆発明の名称 「ペットボトル回収箱」
◆発明者 プロジェクト工学科3年
・宮本葵成
・吉本詩文
・畑本光毅
・中村健太郎

今後,産業のグローバル化が進む中で,知的財産の重要性はますます高まっており,生徒の知的財産マインドを育てるとともに,科学技術で社会に貢献する人材育成を目指し,理論と実際をつなぐ新しいタイプの工学系高校としてその取組を全国へ発信していきます。

【パテントコンテスト選考結果発表】
https://www.patentcontest.inpit.go.jp/pc_result...

重要 【PBL】プロジェクトゼミ1(課題研究)中間ポスター発表会 10/5開催

先日開催された工学展において,本校の教育活動の核となる「プロジェクトゼミ1」(課題研究)中間発表会をポスターセッション形式で初めての試みを実施しました。

「貢献・結集・連携・継続」をキーワードとして,様々なプロジェクトテーマを切り口に,地域社会や自身の生活における課題を自分たちで発見し,学科や分野を超え,チーム一丸となって解決していく学習活動として実施しています。

1年次の「プロジェクトZERO」で育んだ好奇心・探究心・主体性・創造性をもとに,本年度,2年生では,身の周りの生活空間や次世代エネルギー・環境・宇宙等のテーマから課題を発見し,具体的な解決に向けて全生徒が取り組みました。

本発表会には,JAXAをはじめ金沢工業大学,京都精華大学,全国各地から工業高校の先生方,京都機械金属中小企業青年連絡会の技術者・開発者の方にも参画いただき,生徒発表に対する講評や指導・助言を受けて,これまで積み上げてきた成果と課題の明確を図ることができました。関係機関の皆様には厚く感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

■日時 10月5日(土)10:30〜12:30
■会場 アリーナ棟
■参加 フロンティア理数科及びプロジェクト工学科の2年生
画像1
画像2
画像3

重要 プロジェクトゼミ1中間ポスター発表会 10/5開催

本校では,平成28年度開校時から科学技術で地域・社会に貢献する人材育成を目指し,工学的な視点でのプロジェクト型学習「PBL(project based learning)」やICTを活用した主体的・対話的で深い学びの実践等を通して,魅力ある工学系教育を推進しています。

このたび,プロジェクト型学習による本校のコア科目であるプロジェクトゼミ1(課題研究)の中間発表会を初めてポスターセッション形式で実施いたします。校務ご多忙の折とは存じますが,教育関係者の皆様方には是非ご来校いただき,ご指導・ご助言を賜りたくご案内申し上げます。

◆日時 令和元年10月5日(土)10時30分〜16時00分
・ポスターセッション及び講評 10:30〜12:40
・昼食休憩及び展示見学 12:40〜14:30
・研究協議 14:30〜16:00
◆会場 京都市立京都工学院高等学校(京都市伏見区深草西出山町23)
◆内容 PBLによる本校のコア科目「プロジェクトゼミ1(課題研究)」において,本校2年生が取り組んだ研究テーマの中間報告をポスター形式で発表
◆対象 教育関係者
◆参加申込 下記メールアドレスに学校名・役職・氏名をご連絡ください。
E-mail kogakuin@edu.city.kyoto.jp
◆参加受付 令和元年9月27日(金)まで
◆参加費 無料
◆その他 本校は二足制です。上履きのご準備ください。駐輪・駐車場はございませんので公共交通機関をご利用ください。また,個人情報保護及び著作権保護の観点から,写真・ビデオ撮影はご遠慮ください。カフェテリア(食堂)はご利用いただけますが,大変混雑が予想されます。また,近隣にはコンビニ・飲食店はございませんので,各自昼食はご持参ください。なお,当日は学校説明会併催のため,中学生及び保護者も多数来場されますのでご了承願います。
◆問合せ先 京都市立京都工学院高等学校 研究部
電話 075-646-1515
画像1

重要 【研究部】PBLを活用した授業力向上講座 7/4開催

本校では,科学技術で社会に貢献する人材育成を目指し,理論と実際をつなぐPBL(Project Based Learning)や,科学,技術,工学,数学の関連性を学ぶSTEM教育を通して,魅力ある工学系教育を推進しています。

PBLによる教育手法においては,知識・技能を得ることそのものではなく,身につけた知識・技能をどのように使って,いかに課題に取り組むかが重視されます。教科横断型で課題を解決する力を育み,STEM教育にも重点をおいたプロジェクト型学習をめざしています。

それは単なる知識の詰め込みではなく,学習者が自ら問題を発見し解決することを重視した学習法であり,正答を導き出すことよりも,学習者の自発性や能動性,学習へのモチベーションをいかに高めることができるかが求められます。

■日時 7月4日(木)15:00〜17:00 2時間程度
■場所 中央棟3階 カフェテリア
■講師 金沢工業大学 基礎教育部教育課程 木村竜也 准教授 他3名

今回の教職員研修では,グループワークを中心にPBLの理解を深め,授業力向上と授業改善を図ることをねらいとしています。
画像1
画像2
画像3

感嘆符 【工学系クラブ】全国大会出場に向けた主な取組

4つの工学系クラブでは,本校の活性化を目的として,プロジェクトゼミなどの学習活動と課外活動を連動させて,数学や理科をはじめ専門分野の理論と実践に触れる機会を活かし,先端的な科学技術や理工学への興味・関心を喚起し,実用できる技術と幅広い知識の習得を図ります。

◆アーキテクトクラブ
・高校生ものづくりコンテスト(木工部門)近畿大会
 市立堺高校 7/28開催
◆サイエンスクラブ
・Mono-Coto Innovation 2019予選大会
 東京都品川区 8/5〜8/9開催
◆シビルクラブ
・高校生ものづくりコンテスト(測量部門)近畿大会
 市立堺高校 7/28開催
・コンクリートカヌー競技大会
 大阪城公園東外堀 8/24〜8/25開催
・高知工科大学「測量コンテスト」
 高知県香美市 9/8開催
◆電子・機械工作クラブ
・「2019 Ene-1 GP SUZUKA」全国大会
 鈴鹿サーキット 8/4開催
・全国高校ロボット競技大会京都予選
 京都府立工業高校 8/31開催

【大阪城コンクリートカヌー大会】http://nch2015.jp/concrete-canue/
画像1

重要 【知的財産教育】プロジェクトゼミ1講演会 6/6実施

本校では,特許庁が所管する独立行政法人工業所有権情報・研修館『知的財産に関する創造力・実践力・活用力開発事業』採択を受けて,生徒が知的財産の重要性を踏まえつつ,ものづくりや商品開発等の場を通じて創造性や実践的な能力を育む教育活動を推進しています。

■日時 6月6日(木)13:20〜14:10 
■場所 中央棟1階ホール
■演題 「身近な知的財産権」
■講師 弁理士 大池聞平 様

人間の知的活動によって生み出されたアイデアや創作物などには,財産的な価値を持つものがあり,それらを総称して「知的財産」と呼ばれます。知的財産の中には特許権や実用新案権など,法律で規定された権利や法律上保護される利益に係る権利として保護されるものがあり,それらの権利は「知的財産権」と呼ばれます。

今後,プロジェクトゼミ1(課題研究)では,身近な知的財産権の中でも比較的程度の高い新しい技術的アイデア(発明)である特許申請をゴールに学習をすすめるグループもあります。

重要 【1年生】プロジェクトZERO「京都工学院高校の避難所生活」

「プロジェクトZERO」では,社会のあらゆる課題に対し,情報収集や解決策の提案を通して問題解決に取り組む姿勢を身につけること。そして,広い視野や柔軟な発想力・発信力の獲得を目的としています。これまでに「グループワークの手法」を学んだ生徒たちは,今回その実践として「京都工学院高校の避難所生活」に取り組みました。

前回までの授業で,班に分かれて,学んだ手法を活用しての「問題点の洗い出し」,お互いのアイデアを出し合い「解決策提案シート」の作成に取り組みました。そして今回は,6月のある日,記録的な大雨のため「京都工学院高校」が避難所になったという設定をしました。そして避難のための経路・場所・食糧・トイレなどについて,具体的な方法を話し合い,その問題点を洗い出しました。2ヵ月足らずではありますが,自分たちの学校の建物のことですから,かなり具体的な点まで議論は深まります。停電になった場合,車椅子の方やさまざまな障碍のある方の誘導,その中で自分たちはどんな貢献ができるのかなど,各班の「解決策」を発表し,クラス全体で「意見交換」を行いました。

1年生にとっては,工学院校生として初めての「プロジェクト活動」です。自分たちにとって身近な「学校」を舞台とした問題を扱うことで,社会におけるさまざまな問題を考えていく契機となります。また,グループに分かれての活動では,少人数であるため意見が出しやすく,自ら学び自ら考える姿勢が身についていきます。それは同時に,アイデアや情報を整理し,解決策をまとめていく手法や,それを他者へ適切に伝えるための工夫が求められる場でもあります。

今後のテーマは,「SDGS」や「宇宙」といった,より広い世界へ目を向けていき,プロジェクトの進め方・アイデアの具体化などを学んでいきます。
    (解決策提案シート)       (発表の様子)
画像1画像2

重要 【ICT管理部】Mono-Coto Innovation2019

Mono-Coto Innovation(モノコト・イノベーション)とは,デザイン思考を用いて「最先端の技術やテーマを理解し考える力」,「仲間と協力してやり遂げる力」,「主体的に学び行動する力」を育む共創型のコンテストです。

≪こんな生徒におすすめ≫
◆実践を通してモノづくり・コトづくりの力を伸ばしたい
◆社会や企業の課題解決に興味がある
◆学校の枠を越えてチームで挑戦する経験をしたい

アイデア予選,企業とのプロトタイプ制作を経て,全国決勝が12月下旬に東京会場で開催されます。なお,エントリー締切が6月10日(月)となっています。本年度も本校から多数のチームの応募を期待しています。

■日程 8月5日(月)〜8月9日(金)
■会場 スクエア荏原(東京都品川区) 

【Mono-Coto Innovation2019】
https://www.mono-coto-innovation.com/
画像1

重要 【STEM教育】京都大学防災研究所副所長・畑山満則教授特別講演会 4/26開催

開校4年目を迎えた本校では,開校時より京都工学院STEM[Science(科学)Technology(技術)Engineering(工学) Mathematics(数学)]を教育の柱として位置付け,関係性の深い科学・技術・工学・数学を体系づけて学ぶ教育プログラムを進めています。また,先進的なICT環境と先端的な施設・設備を有効活用して,PBL(Project-Based Learning)手法を用いた課題発見解決型学習「プロジェクトゼミ」といった特色ある学習活動を展開しています。

そこで,『異分野を融合した災害に強いまちづくり』を切り口に,京都工学院STEMの具現化や他分野との融合を推進することをねらいとして,下記のとおり特別講演会を開催しました。

本校学術顧問の畑山満則教授におかれては,南海トラフ巨大地震の際に発生が想定されている巨大津波からの避難シミュレーションをはじめ,GIS(地理情報システム),GNSS(全地球航法衛星システム)等の情報通信技術(ICT)やロボット技術(RT)を活用した災害時における危機管理の実証的な研究のほか,行政・民間企業・地域防災を担うコミュニティ等を対象に,自然災害の対応を想定した情報システムの確立など,総合的な防災・減災計画に関する研究の第一線で活躍されています。

■日時 4月26日(金)14:30〜16:00
■会場 中央棟ホール
■演題 「異分野を融合した災害に強いまちづくり」
■講師 本校学術顧問 京都大学防災研究所副所長 畑山満則 教授
■対象 全校生徒,保護者及び地域の皆様
画像1
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
1/19 大学入試センター試験 トイ・コンテスト(アリーナ棟)
1/20 センター試験自己採点
1/22 2年インターンシップ報告会
1/25 記述模試

PTA関係

学校案内

経営方針

教育課程

お知らせ

京都市立京都工学院高等学校
612-0884
京都市伏見区深草西出山町23
TEL:075-646-1515
FAX:075-646-1516
E-mail: kogakuin@edu.city.kyoto.jp