京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/02/19
本日:count up112
昨日:326
総数:274891
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
「心を清める 志を高める 本質を究める」 予測不能な社会にあくなき挑戦!!

重要 【高大接続】京都工芸繊維大学との英語スピーキングテスト 2/13実施

京都工芸繊維大学では,専門分野を英語で伝える力の向上を目指して,科学技術に関する英会話や英語によるプレゼンテーション力を培うための授業やセミナーを実施しています。

また,独自開発したCBT(computer-based test)方式の英語スピーキングテストを定期実施することにより,大学院や学部入試へ向けた英語スピーキングテスト導入の早期実現を目指しています。

そこで,京都工芸繊維大学と本校の英語科及びICT管理部が連携し,高校・大学における新たなスピーキングテストのあり方を昨年度より研究・開発してきました。

2年目となる本年度もフィリピン・セブ島に拠点を置くオンライン英会話学校の協力を得て,Skype(スカイプ)で現地と本校を結ぶビデオフォン方式の英語スピーキングテストを実施します。

今回は,1学期末考査(昨年6月26日実施)に続いて2回目となります。

■日時 平成30年2月13日(火) 14:20〜16:10
■会場 西館1階 PC室2
■科目 英語表現2
■内容 スカイプを利用した対面式英語スピーキングテスト
■対象 フロンティア理数科 2年生59名
画像1
画像2
画像3

重要 【プロジェクト工学科】情報技術検定 1/19実施

プロジェクト工学科ものづくり分野では,工学系の技術者として必要な基礎的情報技術に関する知識と技能の習得を目的として,全国工業高等学校長協会主催「情報技術検定」を下記のとおり実施します。

■日時 平成30年1月19日(金)放課後
■会場 HR教室ほか
■対象 1年生全員と2年生の希望者
■内容
≪2級≫
1 数の表現と演算
2 論理回路
3 ハードウェアの知識
4 ソフトウェアの基礎
5 コンピュータの利用
6 アルゴリズム
7 プログラム作成能力(JIS Full BASIC,C言語から選択)
≪3級≫
1 コンピュータと社会
2 数の表現と論理
3 コンピュータの構成と利用
4 アルゴリズム
5 プログラム作成能力(JIS Full BASIC,C言語から選択)

本検定については,6月と1月の年2回実施され,『ジュニアマイスター顕彰制度』の対象となっています。

【ジュニアマイスター顕彰制度等について】
https://zenkoukyo.or.jp/index_jm/jm_system/
画像1画像2

重要 【ICT活用】近畿学校視聴覚教育研究大会 高校部会 11/17開催

情報化社会における視聴覚教育の果たす役割がますます重要とされている今,新学習指導要領のめざす主体的・対話的で深い学びの実現や情報活用能力の育成に向けて,さまざまな学習活動でICTを有効に活用する実践が始まっています。

本年度,第67回近畿学校視聴覚教育研究大会(京都大会)の高等学校部会では『心に響き,豊かな感性を育むために』を研究主題に,下記のとおり本校にて開催されています。

■日時 11月17日(金) 9:50〜12:00(受付9:30〜)
■会場 本校
■内容
・公開授業 9:50〜10:40 フロンティア数学1「二項定理」
・授業者 田中一成 教諭
・研究実践交流会 10:50〜12:00 「数学におけるipadの活用」

【大会要項】http://www.zenporen.jp/block/pdf/29kinki2.pdf
画像1

重要 【ICT管理部】教職員対象「情報セキュリティ講習会」 10/19実施

文部科学省『教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン』が先日(10月18日)公表されましたが,本校においては,情報セキュリティの原理原則を再確認し,円滑に教育の情報化の推進を図る目的で,全教職員対象にした「情報セキュリティ講習会」を下記のとおり実施しました。

■日時 10月19日(木)15:00〜17:00
■場所 西館2階 プレゼンテーションルーム
■講師 アライドテレシス株式会社
■内容
・情報セキュリティインシデント実態調査
・情報セキュリティ10大脅威
・「情報」の性質の理解
・情報セキュリティとは
・個人情報とは
・学校における情報管理状況
・情報取扱者に求められる情報セキュリティ
・情報セキュリティ基本行動10か条
画像1

重要 【生活部】1年「スマホ・ケータイ安全教室 」 7/12実施

高校生に起こりやすいトラブルの事例を取り上げ,被害者にも加害者にもならないためのポイントや,万が一トラブルに巻き込まれてしまった場合の対処法について,参加者で振り返りを行いました。

■日時 7月12日(水)14:20〜15:10
■場所 中央棟ホール
■対象 フロンティア理数科及びプロジェクト工学科1年生
■講師 株式会社KDDI 田口 実 氏
■内容 ネット社会での自立をめざすには

○事例1・・・加害者,被害者,傍観者のそれぞれの立場で考え,複数のSNSを使い分けているつもりでも,インターネット上ではつながっているということをしっかり認識する。

○事例2・・・友だち同士の悪ふざけのつもりで発信したウソの情報が,ネットや口コミで拡散し,遠く離れた場所で大勢の人々を巻き込み,大混乱を引き起こす場合もある。特に災害発生時の情報発信には注意する。

○事例3・・・「秘密の写真」をインターネットにばらまく事件 (リベンジポルノ) 等が増加している。他人に見せられない写真は絶対に撮らせない,渡さないこと。
画像1

重要 【高大接続】京都工芸繊維大学とのスピーキングテスト 6/26実施

京都工芸繊維大学では,独自のCBT(Computer-Based Test)を開発し,学内で定期実施することにより,大学院や学部入試へ向けた英語スピーキングテスト導入の早期実現を目指しています。そこで,京都工芸繊維大学と京都工学院高校の英語科及びICT管理部が連携し,高校・大学における新たなスピーキングテストのあり方を昨年度より検討してきました。

2年目となる本年度もフィリピンに拠点を置くオンライン英会話学校の協力を得て,Skype(スカイプ)で結ぶビデオフォン方式の英語スピーキングテストを実施します。この研究事業については,学期末考査(年間計3回)での実施を予定しています。

■日時 平成29年6月26日(月) 13:20〜15:10
■会場 京都工学院高校 西館1階 PC室2
■科目 英語表現2
■内容 スカイプを利用した対面式英語スピーキングテスト
■対象 フロンティア理数科 2年生61名
画像1

感嘆符 御所東小「プログラミング教室」 6/17開催

6月17日(土)に平成30年4月に開校する『御所東小学校』の子どもたちの交流を深める活動として,下記のとおり「プログラミング教室」を本校にて開催しました。

小学生は,高校生のアドバイスのもと,タブレットでのプログラミングを体験し,車型ロボット(レゴ・マインドストーム)の動作を制御しながら走行を試みました。

■日時 6月17日(土)9:30〜12:00
■会場 京都工学院高校 クリエイト・キューブ2階「プロジェクトLAB」
■参加 春日・銅駝学区の御所南小学校3〜5年生 30名
■指導 洛陽工業高校コンピュータ部&京都工学院高校サイエンスクラブ
画像1
画像2
画像3

重要 【教務部】公開授業週間 6/12〜16実施

6月12日(月)から6月16日(金)を公開授業週間とし,教員が互いに授業を参観し改善に役立てることを目的として実施します。

一例としては,ICTを活用した教育効果の明確化,効果的な指導方法の開発や教員のICT活用指導力の向上があげられます。
画像1
画像2
画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
学校行事
2/19 前期選抜・採点日(生徒自宅学習)
2/22 プロジェクトゼミ1発表会
2/23 1年学年末考査 高大連携教育改革シンポジウム
京都市立京都工学院高等学校
612-0884
京都市伏見区深草西出山町23
TEL:075-646-1515
FAX:075-646-1516
E-mail: kogakuin@edu.city.kyoto.jp