京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/02/19
本日:count up112
昨日:326
総数:274891
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
「心を清める 志を高める 本質を究める」 予測不能な社会にあくなき挑戦!!

重要 【プロジェクト工学科】計算技術検定 11/17実施

プロジェクト工学科では,全国工業高等学校長協会主催「計算技術検定」を下記のとおり実施します。

■日時 11月17日(金)放課後
■会場 HR教室ほか
■内容
・1級・・・方程式とその応用,ベクトルと面積・体積,統計処理
・2級・・・関数計算,方程式と不等式,応用計算
・3級・・・四則計算,関数計算,実務計算
・4級・・・四則計算,集計計算,実務計算

本検定については,6月と11月の年2回実施され,『ジュニアマイスター顕彰制度』の対象となっています。

【ジュニアマイスター顕彰制度等について】
https://zenkoukyo.or.jp/index_jm/jm_system/
画像1画像2

重要 【政治的教養】主権者教育 1年生 11/15実施

18歳選挙権の実施にともない,主権者として適切に行動できるようにする目的で,本校では1年生を対象に,「現代社会」と「LHRでの全校集会の時間」を活用し,政治的教養を育む教育を行いました。11月15日(水)はNPO法人Mielkaの協力を得ながら,ホールでの立会演説会及び模擬投票を行いました。

まず,候補者に扮した3人の大学生が,原発再稼働・憲法改正・消費税増税の3つの争点について意見を述べ,その立会演説会後、質疑応答の時間を取りました。数名の生徒たちからは各候補者に対して原発廃止時のコストの問題などのいくつかの質問がされました。事前に「現代社会」の授業でグループごとに調べてきたこともあり,3つの争点について,より関心も深まったと思われます。

その後,候補者の名まえを記入し,実際の投票箱に投票するというところまでが本日の流れでした。次回の「現代社会」の授業で,投票結果の発表や候補者の選び方などの事後学習に臨みます。

協力していただきましたNPO法人Mielkaの学生の皆様,投票箱・記載箱を貸していただきました伏見区選挙管理委員会事務局の皆様,本当にありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

感嘆符 【サイエンスクラブ】京都ものづくりフェア2017 出展

11月11日(土)と12日(日)の両日,京都ものづくりフェア2017(京都パルスプラザ),青少年のための科学の祭典(京都市青少年科学センター)が行われ,京都工学院高校サイエンスクラブ&洛陽工業高校エレクトロニクスクラブが京都工芸繊維大学の学生プロジェクトチーム『Kyo Tech Lab.』と連携し,ものづくり体験教室を開催しました。

テーマは,「わたがし機づくり」,「石鹸づくり」,「灯篭づくり」でどのテーマも整理券が早々になくなるほどの大好評でした。体験を終えた小学生や中学生は,とても満足した様子で,ものづくりの楽しさを伝える絶好の機会となりました。
画像1
画像2

重要 【フロンティア理数科】NASAジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡「Into the Unknown」上映

ノースロップ・グラマンが取り組んでいる STEM [Science(科学), Technology(テクノロジー), Engineering(エンジニアリング) and Mathematics(数学)]に関する国際普及教育の一環として,ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を紹介するドキュメンタリー映画が昨日(11/14),本校ホールにて上映されました。

ノースロップ・グラマンが,科学ファンに向け制作したこの映画「Into the Unknown」は,ハッブル宇宙望遠鏡の画期的な学術後継機となる NASAのジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)の製作過程に焦点を当てて,ダイナミックな建造シーンをはじめ,科学者や技術者の活発な会話,魅力的な映像を通じ,史上初の冒険的科学ミッションを深く詳しく紹介されており,生徒たちもその魅力に惹きつけられていました。

2019年に打ち上げ予定のJWSTは,これまでに製作された中で最も高性能の赤外線宇宙望遠鏡であり,最遠の天体を観測し,最初の銀河形成の画像を捉え,遠い天体の未知の惑星を調査研究するものです。JWSTは NASA,欧州宇宙機関(ESA),カナダ宇宙局の共同プロジェクトです。

また,STEM分野の勉学を継続かつ啓発することを目的としており,上映後の開発技術者との活発な質疑応答を通して,科学的発見のフロンティアを広げるJWSTの役割を広く理解することができました。

■日時 11月14日(火)3・4限
■会場 本校中央棟ホール
■対象 フロンティア理数科 1・2年生 122名
■概要 『ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の開発と科学』
■講師 アルベルト・コンティ博士ほか

【京都新聞朝刊・平成29年11月15日付】
画像1
画像2
画像3

感嘆符 【陸上競技部】京都府国公立高校大会 報告

陸上競技部は11月12日(日)「京都府国立公立高校陸上競技大会(山城総合運動公園陸上競技場)」に参戦しました。

激戦の大会において,2年2組小西菜月(フロンティア理数科・長岡第三中学校出身)が,女子走高跳で第4位入賞を果たしました。産声を上げたばかりの京都工学院高校陸上競技部において,本大会初の女子入賞者を輩出しました。

また,2年4組灘井洋一郎(プロジェクト工学科・大淀中学校出身)が,男子5000m競歩で第7位入賞を果たしました。

応援・サポートを,ありがとうございました。引き続き,京都工学院高校陸上競技部へのご声援をよろしくお願いいたします。
画像1画像2

感嘆符 【陸上競技部】京都府高校駅伝競走大会 報告

陸上競技部は11月4日(土)「京都府駅伝競走大会(丹波自然運動公園陸上競技場発着)」に参戦しました。産声を上げたばかりの京都工学院高校陸上競技部において,本大会初の単独出場を果たしました。

結果は総合25位,長距離・競歩専門の選手4名に加えて,短距離・ハードル・跳躍の選手3名を加えての出場の中,生徒たちは健闘し,来年に繋がる大会となりました。

本大会における応援・サポートをありがとうございました。引き続き,京都工学院高校陸上競技部へのご声援をよろしくお願いいたします。
画像1画像2

緊急 【ラグビー部】伏見工業・京都工学院高校ノーサイド 11/12開催

昨日(11/12),『第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会』京都府予選決勝が宝が池球技場にて開催されました。

全国の熱狂的なファンからも注目を集めるカードとなりましたが,生徒や保護者,OBらが固唾を呑んで見守る中,伏見工業・京都工学院高校は京都成章高校に14対22で惜敗し,花園出場への切符をつかむことができませんでした。

大会期間中,生徒たちへの激励や会場まで応援に駆け付けていたただきました皆さまには,厚くお礼申し上げます。誠にありがとうございました。

【サンスポ】
http://www.sanspo.com/rugby/news/20171113/his17...
【スポーツ報知】
http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/201711...
【日刊スポーツ】
https://www.nikkansports.com/sports/news/201711...

【京都新聞朝刊・平成29年11月14日付】
画像1

重要 【企画推進部】秋の学校説明会 11/11開催

本年度の締めくくりとなる今回は,高校での学習を体験していただく模擬授業を行います。自由見学でのICT体験や制服試着など,高校生活をイメージしていただける絶好の機会です。多数の事前からの申込みありがとうございました。

■日時 11月11日(土) 9時半〜12時半(受付9時より)
■会場 本校中央棟及び東棟ほか
■内容
・学校概要及び入試説明
・模擬授業
・ICT体験,制服試着,施設見学,個別相談など

また,本日と明日(11日・12日)は工学系クラブの一つ『サイエンスクラブ』が青少年科学センター(藤森)及びパルスプラザ(竹田)の2会場で出前授業による実演を行っております。お近くにお越しの際は,そちらにも是非お立ち寄りください。
画像1

重要 【政治的教養】主権者教育 1年生

18歳選挙権の実施に伴い,主権者として適切に行動できるようにするため,以下の指導内容を踏まえて,高校生の政治的教養を育む教育を目的として「主権者教育」を実施します。

・民主政治の基本である話し合いや討論に関する指導
・政治や選挙に関する制度やその意義についての理解を深める指導
・模擬選挙、模擬請願、模擬議会などを通じた実践的な学習活動
・公職選挙法や選挙の具体的な仕組みに関する指導

また,これらの内容を踏まえて主権者教育を実施するにあたり,総務省・文部科学省作成の副教材「私たちが拓く日本の未来−有権者として求められる力を身につけるために」を活用しながら,あわせて外部講師,大学生のボランティア団体(Mielka・旧ivote関西)及び京都市選挙管理委員会等の協力を得ながら高校生の政治的リテラシーの育成をめざした幅広いシティズンシップ教育を行うものです。

■日程 次のとおり

○第1回 10月11日(水)〜17日(火) HR授業「現代社会」
・VTR教材視聴「ゼロから始める主権者教育〜18歳の選挙権」(23分)
・模擬投票に向けての事前アンケートの実施

○第2回 11月9日(木)〜10日(金) HR授業「現代社会」
・模擬投票に向けての事前学習
・政治クイズ(政治や選挙にまつわる質問,公職選挙法などについて)
・18歳選挙権の意味と若者の政治参加の意義について
・模擬選挙のテーマに関する事前解説

○第3回 11月15日(水) LHR・学年集会
・立会演説会および投票(投票箱は選挙管理委員会から借用する)
・候補者に扮した学生3名による演説,質疑応答,投票

○第4回 11月30日(木)〜12月1日(金) HR授業「現代社会」
・選挙結果の発表とふりかえり,感想文の提出
画像1
画像2
画像3

感嘆符 【サイエンスクラブ】京都ものづくりフェア2017 11/11・12出展

「京都ものづくりフェア」とは,暮らしを支える京都府産業の優れたものづくりを紹介し,子どもたちや若者のものづくりへの関心を高め,京都府産業の振興と新しい技術や産業を創造できる人材育成を目的に,さまざまな職業の優れた技術・技能を「見て」「触れて」体感できる催しとして昭和56年度から毎年開催されています。

そこで,このたび本校工学系クラブの一つ「サイエンスクラブ」が出展し,京都工芸繊維大学「Kyo Tech Lab.」,洛陽工業高校と高大連携のもと,わたがしを作りながら,スクロールナノファイバー(化学繊維)について楽しく勉強します。

実演では,ファイバー工学を用いて設計した,オリジナルで新感覚のわたがし機を製作します。空き缶とモーターを使って,美味しいわたがしを作ってみんなで食べてみませんか!

■日時 11月11日(土)及び12日(日)の2日間
両日ともに 10:00〜12:00,13:00〜15:00
■会場 京都府総合見本市会館「京都パルスプラザ」
(伏見区竹田鳥羽殿町5)
■内容
・京都工学院高校の紹介 ≪展示≫
・手作りわたがし機の製作 ≪実演≫

【京都ものづくりフェア2017】
http://www.pref.kyoto.jp/noryoku/2017fair.html
画像1
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
学校行事
2/19 前期選抜・採点日(生徒自宅学習)
2/22 プロジェクトゼミ1発表会
2/23 1年学年末考査 高大連携教育改革シンポジウム
京都市立京都工学院高等学校
612-0884
京都市伏見区深草西出山町23
TEL:075-646-1515
FAX:075-646-1516
E-mail: kogakuin@edu.city.kyoto.jp