京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/09/20
本日:count up133
昨日:511
総数:218379
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
「心を清める 志を高める 本質を究める」 予測不能な社会にあくなき挑戦!!

重要 【生活部】保健・安全関連行事

「健やかな体」の育成に向けて,次の保健・安全関連行事を開催します。

■7月12日(水)ケータイ教室(1年生対象)・・・6限目
■7月19日(水)性教育講座(2年生対象)・・・5・6限目
■7月20日(木)普通救命講習会(部活動代表者対象)・・・放課後
画像1

重要 【研究指定】中高生の科学研究実践活動推進プログラム 京都大学防災研究所 7/8実施

科学技術振興機構「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」とは,学校・教育委員会と大学等が連携・協働し,中高校生自ら課題を発見し,科学的な手法にしたがって進める,科学研究実践活動の継続的・自立的な取り組みを推進するものです。

平成27年度より伏見工業高校都市情報システムコースが本事業の採択を受け,本年度は京都工学院高校も合同で参加します。

■日時 7月8日(土)12:10〜17:30
■会場 京都大学防災研究所 宇治川オープンラボラトリー
■講義 「水害のはなし 〜最近の発生事例から〜」
■講師 京都大学防災研究所 中川 一教授

講義のあと,体験実習(豪雨体験,浸水ドア開閉,流水階段歩行,津波再現)を通して,各クループごとに振り返りのまとめと発表を行います。今後は地域と共に考える防災学習につなげます。
画像1
画像2

重要 【進路指導部】将来を見通す講座 7/7開催

これからのキャリアプランの構築と生徒一人一人の進路希望の実現につなげていくことを目的として,2年生を対象に将来を見通す講座「進路別説明会」を実施します。

■日 時 7月7日(金)13:00〜14:50
■場 所 HR教室・演習室等
■参加校 京都工芸繊維大学・滋賀県立大学・舞鶴工業高等専門学校ほか
画像1

重要 【PTA】広報・企画委員会 7/8開催

保護者の皆さまにおかれましては,日頃から本校の教育活動にご理解とご協力賜り誠にありがとうございます。さて,このたび会誌第2号発刊に向けて下記のとおり広報・企画委員会を行います。ご多用の中恐縮ですが,ご出席いただきますようお願い申し上げます。

■日時 7月8日(土) 広報委員会10:00〜,企画委員会13:00〜
■場所 西館2階 同窓会資料室

【京都工学院高校PTA会誌第1号】
画像1

緊急 【教務部】暴風警報に対する非常措置

1.暴風警報に対する非常措置
台風等により京都市に「暴風警報」が発令された場合,次の措置をとる。なお,京都市には発令されず,生徒,保護者の現住所地に発令された場合も同様の措置とする。この場合,担任へ申し出れば欠席等とは扱わない。

臨時休業に伴う回復措置は,速やかに実施することとし,詳細は別途指示する。

定期考査中は,次の措置をとる。臨時休業の場合,考査期間の延長を原則とし,その他は別途指示する。

・ 午前6時30分までに解除された場合 … 平常通り
・ 午前11時までに解除された場合 … 午後1時30分開始
・ 午前11時現在発令中の場合 … 臨時休業(終日)

【学校生活の手引】
http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/data/300254...

重要 全国中学生創造ものづくり教育フェア「木工チャレンジコンテスト」京都市大会 8/26開催

社会では知識や情報,技術等が急速に変化していく中で,身の回りにある技術を使いこなす側面だけではなく,新しいものを生み出す力や,生み出された技術に対して評価する力が,今後求められています。

このような背景のもと「木工チャレンジコンテスト」では,ものづくりの技術を全国の中学生が競う場として,製品を構想する段階でのアイディアを競うアイディア部門と,木工の技術を活用した問題解決を競う製作部門の2部門が実施されます。

そこで,近畿大会京都代表をかけた京都市大会(8/26)の充実に向けて,参加者の知識や技能の向上を図ることを目的として,強化練習会(技能講習並びに製図相談)が下記のとおり本校で開催されました。

■日時 7月1日(土)9:00〜15:00
■会場 東棟2階 木材実習室
■対象 京都市立中学校に在籍する生徒

【全日本技術・家庭科研究会】http://ajgika.ne.jp/~mokkou/
画像1
画像2

感嘆符 文月(ふみつき) 7月

文月とは,「ふづき」とも読みますが,穂が見えるようになる時季であることから「穂見月(ほみづき)」が転じたといわれ,また,短冊に歌や字を書いて,書道の上達を祈った七夕行事にちなんだ「文披月(ふみひらづき)」が転じたものといわれています。

いよいよ来週から期末考査が始まります。どんなことが上達したのか,何ができるようになったのか振り返ることが大切です。
画像1

感嘆符 【ボート部】京都ボート選手権 兼 愛媛国体選考会

■日時:6月18日(日)
■場所:滋賀県立琵琶湖漕艇場

【平成29年度京都ボート選手権大会兼第72回国民体育大会ボート競技京都府選考会】

◎少年女子シングルスカル
・伏見工業  3年 梶井綾乃  3位
・京都工学院 2年 森永麻緋  5位

◎少年女子ダブルスカル
・伏見工業  3年 小原芽依  優勝

◎少年男子シングルスカル
・伏見工業  3年 木佐貫晴斗 4位
・伏見工業  3年 村坂涼太  6位

上記の選手は京都府少年 京都選抜チームとして愛媛国体へつながる近畿ブロック(7/16@兵庫県円山川城崎漕艇場)に出場します。
   
【平成29年度 新秧杯】

上記の大会は府下の1年生だけで開催される大会です。
   
◎女子舵手付クォドルプル

・京都工学院
1年 河村泉杜 優勝
1年 田中悠喜

◎男子舵手付クォドルプル

・京都工学院
1年 市川海翔 準優勝
1年 永利 瞭
1年 野村勇太
1年 稲里航太朗
画像1

重要 【研究指定】平成29年度エネルギー教育モデル校

この事業は,経済産業省資源エネルギー庁からの委託事業として,公益財団法人日本科学技術振興財団が実施しているものです。教科(工業,理科,社会,家庭,総合的な学習の時間等)や課外活動等を通じてエネルギーについて幅広く学び,生徒が将来のエネルギーに対する適切な判断と行動をするための基礎を構築することを目的としています。

このたび,全国から31校(小学校9校、中学校12校,高等学校9校,高等専門学校1校)が平成29年度エネルギー教育モデル校として選定されました。

今後,京都工芸繊維大学との連携を図りながら,教科等を越えた全ての学習の基盤として活用される「現代的な諸課題に対応して求められる資質・能力」を身につけ,「自然環境や資源の有限性等の中で持続可能な社会をつくる力」を育てます。

【日本科学技術振興財団】http://www.energy-modelschool.jp/
画像1

重要 【高大接続】京都工芸繊維大学とのスピーキングテスト 6/26実施

京都工芸繊維大学では,独自のCBT(Computer-Based Test)を開発し,学内で定期実施することにより,大学院や学部入試へ向けた英語スピーキングテスト導入の早期実現を目指しています。そこで,京都工芸繊維大学と京都工学院高校の英語科及びICT管理部が連携し,高校・大学における新たなスピーキングテストのあり方を昨年度より検討してきました。

2年目となる本年度もフィリピンに拠点を置くオンライン英会話学校の協力を得て,Skype(スカイプ)で結ぶビデオフォン方式の英語スピーキングテストを実施します。この研究事業については,学期末考査(年間計3回)での実施を予定しています。

■日時 平成29年6月26日(月) 13:20〜15:10
■会場 京都工学院高校 西館1階 PC室2
■科目 英語表現2
■内容 スカイプを利用した対面式英語スピーキングテスト
■対象 フロンティア理数科 2年生61名
画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
学校行事
9/20 短縮45分授業 大掃除
9/23 秋分の日 確認テスト
9/26 短縮40分授業 体育祭準備
京都市立京都工学院高等学校
612-0884
京都市伏見区深草西出山町23
TEL:075-646-1515
FAX:075-646-1516
E-mail: kogakuin@edu.city.kyoto.jp