京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/02/16
本日:count up7
昨日:356
総数:439881
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
『心を清める 志を高める 本質を究める』

重要 【サイエンスクラブ】宇宙ユニットシンポジウム 2/9出展

2月9日(土),本校サイエンスクラブは京都大学にて開催された「第12回宇宙ユニットシンポジウム」に参加しました。発表タイトルは「新たな黒点相対数を用いたフレア予報」です。通信障害などを引き起こす太陽の爆発を予測することで社会的,人的な被害を軽減するための基本となる研究内容です。

当日は多くの来場者の中,専門家の方からご意見やご指摘を直接聴くことができ,今後研究を進める方向性をご示唆いただき,非常に有意義な機会となりました。

重要 【産学連携】国土交通省近畿地方整備局  2/8実施

プロジェクト工学科まちづくり分野の都市デザイン領域では,2月8日(金)の2年選択実習の授業において,国土交通省が推進している「i-Construction」に関する特別講義とドローン及びバーチャル・リアリティー(VR:仮想現実)の実習体験を実施していただきました。
 
特別講義では,橋梁やトンネル,ダムなどのインフラ施設における老朽化の現状とその予防保全や,橋梁の耐震補強と各状況に応じた点検方法について,図表やグラフを用いた解説がありました。実習体験では,生徒全員がドローンの操作実習と高所から仮想体験できるVR実習を行うことができました。

今後,我が国が推進している建設現場における生産性向上を図る「i-Construction」の概要や考え方を理解するとともに,ドローンやVRを活用した先端の取組を体感する有意義な時間を過ごすことができました。

国土交通省近畿地方整備局をはじめ関係企業の皆様,素晴らしい学習の機会を頂戴し,誠にありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

重要 【産学連携】京都機械金属中小企業青年連絡会 2/7実施

プロジェクト工学科ものづくり分野では,2月7日(木)に1年生の科目「工業技術基礎」において,京都機械金属中小企業青年連絡会(機青連)との連携事業を実施しました。

(機青連)とは,京都府内における機械金属工業及び関連業界の中小企業経営者の交流機構であり,「人間がキカイをつくるのだ!という原点に立ちつつ,時代と環境に適応した人間尊重の企業づくりをめざす」団体です。

その(機青連)の方々を社会人講師としてお招きして,生徒たちとざっくばらんに交流していく「カタリバ」形式で行いました。はじめに,生徒たちの自己紹介を切り口に,ものづくりのことや社会人,技術者としての心構え等,さまざまな観点で話をしていただき,キャリア教育を深める授業となりました。

(機青連)の皆様には,大変ご多忙の中を本事業に参画していただきき,誠にありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

重要 【プロジェクト工学科】2年生進路説明会 2/6実施

2月6日(水),プロジェクト工学科2年生を対象とした進路説明会を実施しました。今回は,まちづくり分野とものづくり分野に分かれて,進路指導部の担当者より進学と就職について説明がありました。

進路に関する年間スケジュールや大学入試,就職試験の特徴と留意点,これからの対策等について具体的な内容となりました。

今後,生徒一人一人が明確な目標を設定して,大学受験や就職試験に向けて準備を怠らず,進路希望の実現をめざして取り組んでいきます。
画像1
画像2

重要 【1学年】「キャリアと公共」特別講演会 2/6開催

2月6日(水)に総合的な学習の時間「キャリアと公共」において,革新的な科学技術イノベーションの創出を目指した「人に近づくロボット」をテーマに下記のとおり特別講演会を開催しました。

■日 時 2月6日(水)13:20〜15:10
■会 場 中央棟ホール
■テーマ 「人に近づくロボット」 
■講 師 ATR石黒浩特別研究所 室長 住岡英信 先生
■対 象 1年生全員 239名

ATR石黒研究室では,タレントのマツコ・デラックスさんを模して造られたアンドロイド「マツコロイド」で有名な研究室であり,研究所リーダーの石黒浩教授はアンドロイドでギネス世界記録に認定され,アメリカのニュースチャンネル(CNN)で「世界を変える8人の天才」に選ばれ,アンドロイド研究の世界的権威でもあります。

ロボット工学を中心とした機械工学的な研究開発とともに,ロボットと人間のコミュニケーションといった産業や社会のあり方に大きな変革をもたらす社会的課題も研究されています。
画像1
画像2
画像3

重要 【JAXA】プロジェクトZERO発表会 2/20開催

本校では,科学技術で社会に貢献する人材育成を目指し,理論と実際をつなぐプロジェクト型学習PBL(project based learning)を通して,魅力ある工学系教育を推進しています。

そのひとつとして,京都市教育委員会と協定を結ぶ宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センターとの連携協力のもと,開校時の平成28年度よりJAXA研究員からのホンモノの課題(ミッション)を設定し,総合的な学習の時間「プロジェクトZERO」において全生徒が取り組んできました。

このたび,クラス代表者による「プロジェクトZERO」発表会を下記のとおり開催し,JAXA研究員ほかPBL教育の先進校である金沢工業大学の先生方から,課題研究「プロジェクトゼミ1」に向けたご示唆をいただきます。

■日時 2月20日(水)13:20〜15:40
■会場 本校中央棟ホール
■講評 JAXA宇宙教育センター,金沢工業大学

なお今回,JAXA宇宙教育推進室から宇宙航空に関する提示されたミッションは次のとおりです。

Mission1『宇宙でエネルギーを作成・供給せよ』
Mission2『火星移住プログラムを考案せよ』
Mission3『スペースデブリ問題を解決せよ』
Mission4『宇宙旅行の拠点としての宇宙ステーションをデザインせよ』
Mission5『火星環境を再現し火星ロボットの機能を確認せよ』
画像1
画像2
画像3

重要 【工学系クラブ】科博連サイエンスフェステバル 2/3出展

2月3日(日),京都市青少年科学センターで開催された京都市内の科学系博物館などで構成する京都市科学系博物館等連絡協議会(科博連)による科学体験イベント「第13回科博連サイエンスフェスティバル」に,本校工学系クラブのサイエンスクラブとシビルクラブが出展しました。

◆サイエンスクラブ・・・『オリジナルせっけんを作ろう!』
◆シビルクラブ・・・『コンクリートでキャラクターグッズを作ろう!』

本校の出展ブースに,多くの小学生が保護者と一緒に参加してくれました。今回の出展を通して,理科や科学技術,工学に興味・関心をもつ小学生の裾野を広げる機会となったと考えております。 
画像1
画像2

感嘆符 【ダンス同好会】第64回京都府学校ダンス発表会 2/3出場

2月3日(日),文化パルク城陽プラムホールにて開催された「第64回京都府学校ダンス発表会」に本校ダンス同好会が出場しました。

生徒たちにとっては初めての大きな舞台での発表(作品名「Happily」)でしたが,緊張しながらもこれまでの練習の成果を十分発揮し,精一杯踊ることができました。コメンテーターの方から「観ている側もハッピーになるような作品でした。とても良かったです。」との講評をいただきました。

当日は保護者をはじめ多くの方が応援に駆けつけてくださり,生徒・スタッフ一同,感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

重要 【進路指導部】センター試験早期対策模試 2/9実施

フロンティア理数科及びプロジェクト工学科(進学希望者)の2年生対象に1年後に迫った大学入試センター試験を見据えた「センター試験早期対策模試」を下記のとおり実施します。本番さながらの長時間にわたる試験となります。また,1年生は同日午前中に「土曜確認テスト」を行います。

■日時 2月9日(土) 8:30〜17:00
■会場 各HR教室
■内容 国語,数学,英語(リスニング・筆記),理科,地歴公民

何より大切ことは,先に諦めないこと。最後の最後までやり尽くし,やり切り,やり抜くことにチャレンジしてみてください。今のガンバリが,将来の夢や進路をかなえる原動力となります。

【平成31年1月5日・キャンパスプラザ京都】
3年生センター試験シミュレーションの様子
画像1

感嘆符 【ラグビー部】近畿高校ラグビー大会進出

2月3日(日)に宝が池球技場にて開催された近畿高校大会京都府予選において,Bブロック決勝で洛北高校を破り,京都工学院高校としては初となる近畿大会へ駒を進めました。

なお,近畿大会は3月10日に開幕し,兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場及び神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で3月21日まで行われ,上位5校が全国選抜大会に出場します。
画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
3/18 中期選抜合格発表
京都市立京都工学院高等学校
612-0884
京都市伏見区深草西出山町23
TEL:075-646-1515
FAX:075-646-1516
E-mail: kogakuin@edu.city.kyoto.jp