京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/11/13
本日:count up88
昨日:155
総数:434094
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標 心を磨き、未来へと向かい、自らやり抜く生徒の育成 〜 絆 ・ 夢 ・ 力 〜

認証式

画像1
画像2
画像3
11月9日(金)1限,体育館にて後期学級委員と新生徒会本部の認証式が行われました。その後,これまで約1年間生徒会本部として活躍してくれた第41期生徒会本部のみなさんに感謝状を贈り,これまでの活動を振り返ってもらいました。旧生徒会本部から新生徒会本部への生徒会旗の引き継ぎとともに,新たなメンバーでの委員会活動が始まります。新生徒会長からの決意表明にもあったように,全校生徒で起こすさらなる神中革命に向けて,頑張ってください。

オリパラSP キメラスクールキャラバン

画像1
画像2
画像3
11月8日(木)
キメラスクールキャラバンの当日でした。けん玉,ダンス,BMX,ダブルダッチの世界的なスペシャリストを神川中学校に招き,プロのDJの迫力ある音楽をバックに,心に響く演技や講演が行われました。生徒たちはみな目を輝かせ,ノリノリでプレーヤーの演技に没頭していました。3年生はスポーツ体験も経験し,とても楽しいひと時を過ごせたようでした。放課後も興奮冷めやらぬ生徒たちはプレーヤーにサインを求めていました。キメラ代表の文平さんは人と人とのつながりの大切さや,何事にも真剣に打ち込むことが大切だというメッセージを送られていました。神川中学校の生徒たちの胸にしっかりと届いたと思います。

1,2年生 秋の校外学習

画像1
画像2
画像3
10月23日(火)に2年生,26日(金)に1年生の校外学習がありました。各クラス班ごとに分かれて,自分たちが決めたルートでたくさんの高校や大学を巡りました。それぞれの学校で説明を聞くことができ,自分たちの進路についても興味・関心を高めることができました。

神川中キッスゲルニカ「平和〜これから創っていくもの〜」

画像1
画像2
京都市・パリの盟友締結60周年を記念して取り組まれている「キッズゲルニカ国際子ども平和壁画プロジェクト」で神川中学校美術部が製作した作品を東校舎壁面に展示しています。この作品はピカソのゲルニカと同じサイズ3.49m×7.77mで,テーマは「平和〜これから創っていくもの〜」です。10月29日から京都市各地で実施されている街ミュージアムウィークの一環でもあります。神川中学校の南側の通りや菱川の交差点から見ることができます。是非ご覧になって下さい。

神中だより8を掲載しました

「神中だより8」を掲載しました。ページ右下の配布文書または以下のリンクをクリックしてご覧ください。神中だより8

ALT交流会

画像1
画像2
画像3
10月20日(土)に開睛中学校で行われましたALT交流会に本校から3年生2名,1年生5名が参加しました。他校の中学生とALT,留学生がグループになり,近くにある「清水寺」「高台寺」「八坂神社」に分かれてそこで出会った外国人観光客に英語でインタビューをする活動をしました。知らない中学生とグループになり,司会者の先生もいきなり英語で話し始めたので,最初はかなり緊張していましたが,ALTの先生方が上手く話しかけてくれましたので,だんだん慣れてくることができました。そして実際に外国人観光客にインタビューをするときは積極的に話しかけていました。最後はインタビュー結果のプレゼンも英語で行い,英語漬けの半日でしたが,ますます英語に興味がわいた活動になったのではないかと思います。

3年生ビジネスマナー講座

画像1
画像2
10月23日(火)6限,3年生ビジネスマナー講座が行われました。自分たちのこれからの進路のためにも3年生は体育館で熱心に聞いていました。

卓球部 1年生大会予選

画像1
画像2
画像3
10月21日(日),大宅中学校にて卓球部1年生大会予選が行われました。1年生にとっては初めての公式戦で,とても緊張しているようでした。結果は男女とも健闘しましたが予選敗退で全市決勝には進めませんでした。この悔しさをバネにして,次につなげていってほしいと思います。応援ありがとうございました。

PTA会報誌「大樹」に寄せて

         「ウサギとカメ」

                 校長 佐々木 祥晴

 保護者の皆様には,日頃より本校教育活動およびPTA活動に多大なご理解とご協力を賜り,心より厚くお礼申し上げます。皆様のおかげで子どもたちは学習や部活動,様々な行事に元気に取り組み,平成30年度の上半期を無事に過ごすことができました。後半に向けて,子どもたちの「頑張り」をさらに応援して下さいますようお願い申し上げます。
さて,イソップ物語の「ウサギとカメ」の話は誰もが知っていることと思います。ウサギとカメが競争をして,ウサギが途中で休憩し寝てしまい,カメが勝つという話です。この話は「才能があってもいい加減にやっているとダメになる」「才能がなくてもまじめに辛抱強い人は勝つ」ということを教えています。
 ところで,この話にはもう一つ教訓がかくれていると言われています。それは「頑張り方」の大切さです。ウサギとカメは頑張る目標に違いがありました。ウサギはカメに勝つことを目標にしていました。そのためカメの動きばかりを見ており油断が生じました。それに対し,カメはゴールすることを目標にしていました。そのおかげで全力を出すことができました。大切なことはまわりに惑わされることなく,目標に向かって全力を発揮することです。先日開催されたテニスの全米オープン女子シングルス決勝で,大坂なおみ選手は相手の動きに惑わされることなく自分の全力を発揮し見事初優勝を飾りました。
 これからの後半に,3年生には進路が,1,2年生には様々な行事や部活動の秋季大会,生徒会活動などがあります。本番で全力を出すこと,そのために目標をしっかりと持ち,まわりに惑わされないことを大切にしてほしいと思います。
 「ウサギとカメ」の話には,様々な続きの話があります。その中の一つに,ウサギとカメがもう一度レースをする話があります。このレースではウサギが勝つのですが,なぜか負けたカメが喜んでいるのです。ウサギがカメになぜ喜んでいるのかを尋ねたところ,カメは次のように答えたそうです。「前のレースよりもタイムが上がったので嬉しいんです。」と。

第42期生徒会本部役員選挙立会演説会

画像1
画像2
画像3
10月18日(木)5〜6限,第42期生徒会本部役員選挙立会演説会が行われました。立候補者,応援弁士の一人一人が全校生徒の前で,「生徒全員が神川中学校への一歩を踏み出せるような土台を作りたい」「笑顔と優しさあふれる学校をつくりたい」「たくさんの人の意見を取り入れ,活気ある学校を目指したい」など,より良い神川中学校を作っていくための立派なスローガンを発表しました。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

学校だより

学校経営方針

学校評価

学校いじめ防止基本方針

台風・地震に対する非常措置について

お知らせ

学校沿革史

小中一貫教育構想図等

部活動運営方針

京都市立神川中学校
〒612-8487
京都市伏見区羽束師菱川町741
TEL:075-934-1505
FAX:075-934-1528
E-mail: kamikawa-c@edu.city.kyoto.jp