京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/10/15
本日:count up28
昨日:144
総数:500342
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

平成24年度離任式

 3月29日(金),平成24年度『離任式』を行いました。お世話になった6名の教職員のみなさんとお別れをしました。
 離任されるみなさんの挨拶,生徒会代表のお別れの言葉,そして感謝の気持ちをこめた花束の贈呈,ひとつひとつを心に刻みながらみなさんを送りました。吹奏楽部の演奏と拍手に見送られながら,教職員のみなさんは新しいスタートへ向けて出発されました。みなさん,お世話になりありがとうございました。いつまでもチーム樫原の一員として,これからますます活躍されることをお祈り申し上げます。
 保護者のみなさん,卒業生のみなさん,今日は『離任式』にたくさん出席いただき,ありがとうございました。
 
画像1画像2画像3

葉室幼稚園

3月28日(木)
 樫原中学校吹奏楽部は葉室幼稚園にお邪魔し、コンサートをさせて頂きました。
コンサートでは、「アンパンマンマーチ」や、「となりのトトロ」、「勇気100%」などテレビでおなじみの曲はもちろん、クイズや指揮者体験などの企画もありました。
演奏会を聴きに来てくれたお友達から、たくさんの笑顔と拍手を頂き、部員たちもとても楽しい時間を過ごさせて頂きました!!
葉室幼稚園のみなさま、関係者のみなさま、ご来場頂きましたみなさま、有難うございました!!!
 
 吹奏楽部は来年度も たくさんの方に感動して頂ける演奏を目指して、日々練習を積んでいきたいと思います。
今後とも応援宜しくお願い致します!!


画像1
画像2

ライフイン京都

3月27日(水)
樫原中学校吹奏楽部は,ライフ・イン京都で訪問演奏をさせて頂きました。
利用者の方の間近で演奏させて頂き,たくさんの温かい声かけや拍手を頂きました。
たくさんの方に喜んでいただけるよう,練習に励みたいと思います。
関係者のみなさま,利用者のみなさま,有難うございました!!


画像1
画像2

さくらパレード

3月24日(日)
 樫原中学校吹奏楽部は,桜パレードに参加しました。この日は「さくらパレード」名にふさわしく,京都でもちらほら桜が咲き始めました。
 他府県からの参加も含め27団体が参加し,とても華やかに街を彩りました。
 樫原中学校吹奏楽部も元気いっぱい,AKB48コレクションや,マーチを披露し,たくさんの拍手を頂きました。
 関係者の皆様,応援に来てくださった皆様,有難うございました!!
画像1
画像2

平成25年度教職員異動のお知らせ

平成25年度教職員異動一覧
                樫原中学校

     
転任者及び退職者


今井   誠 (教 頭)    
荒谷 真理子  (国 語)
宮尾  泰輝   (国 語)
前田   正  (理 科)
福岡  孝一  (英 語)
星   裕子  (英 語)

『平成24年度修了式』

 3月19日(火),『平成24年度 修了式』を行いました。
 3年生がいない体育館は,少し寂しい感じがしましたが,1・2年生の表情はどこか引き締まり,これからの樫原中学校を背負っていく決意のようなものがにじみ出ているようでした。校長先生はお話のなかで,先日の卒業式での答辞の紹介をされ,また,“チーム樫原”をスローガンに,なりたい自分を目指してみんなで歩んでいきましょう,というメッセージを送られました。来年度もいい1年にしていきましょう。
 次に,本日の『修了式』に先立ち行われた表彰を紹介します。
 
吹奏楽部ビッグバンドフェスティバル選抜バンド合格者・技術家庭科全国中学生創造ものづくり教育フェア優秀作品・京都市中学校書初め展優秀作品・男子卓球部新人大会個人戦1年生の部3位・女子バレーボール部近畿中学生選抜優勝大会京都府予選優勝・京都府スポーツ賞未来くん賞
 
 
画像1画像2画像3

京都縦貫自動車道 側道 開通記念式典

画像1画像2画像3

 3月16日(土)
樫原中学校吹奏楽部は、「京都縦貫自動車道 側道 開通記念式典」 に参加させて頂きました。
新体制となって初めて参加させて頂く式典に、部員たちも緊張!!!
 式典中に曲目の演奏や,通り初めの際にパレードをする、という大役を頂きました。
たくさんの方に見守られて,無事,演奏することができました。

 大変貴重な経験をさせていただき,部員たちも感謝の気持ちでいっぱいです。

 関係者の皆さま、本当に有難うございました。 
今後ともよろしくお願い致します!!

京都明徳高等学校吹奏楽部スパークリングコンサート

3月15日(金)
樫原中学校吹奏楽部は京都明徳高校・吹奏楽部さんのスパークリングコンサートに参加させて頂きました。
毎年呼んで頂くこのコンサートは、我が吹奏楽部がとてもワクワクするコンサートです。
コンサートでは、セドナを演奏させ頂き、明徳高校さんとの共演もさせて頂きました。

また、明徳高校さんのかっこいいマーチングステージに圧倒され、とても有意義な時間を過ごさせていただきました!!!
明徳高校の吹奏楽部の皆さま、関係者の皆さま、応援にお越しくださった皆さま、有難うございました!!


画像1

平成24年度卒業証書授与式 2

 3月15日(金),樫原中学校第38期生 203名が,青空の下,樫原中学校を巣立っていきました。
 樫原中学校教職員,保護者の皆様,来賓の皆様,そして地域の皆様に囲まれ,心通い合う温かい“卒業式”の中で3年間を締めくくることができました。卒業生の合唱『虹』が体育館いっぱいに響きわたったとき,その場にいた人の心の中に確かに“虹”はかかりました。
 卒業生のみなさんは,いつまでも“チーム樫原”の一員です。いつでも,どこにいても“チーム樫原”のみんながついています。それぞれが新しい場所でさらに活躍していくことを信じています。ご卒業おめでとうございます。
 来賓の皆様,保護者の皆様,地域の皆様,本日はありがとうございました。
画像1画像2画像3

平成24年度卒業証書授与式

画像1
平成24年度 樫原中学校卒業式 
答 辞

卒業の日が近づくにつれ、通い慣れた通学路の景色が、何かいつもと違うものに映るようになりました。春の凛とした空気、やさしい陽の光、頬をなでる気持ちのよい風、この道を、この制服を着て歩くのもあと少し、そう思うと名残惜しい気持ちで胸がいっぱいになり、今を自分のなかにとどめたくて、深く息を吸い込んでいる自分がいます。そんな日々をかみしめるように送りながら、ついに今日という日を迎えました。
 本日は、わたしたちのために、このように盛大で、心温まる式を挙行していただき、卒業生を代表して心より御礼申し上げます。

 「月日が経つのは早い」とはいうものの、中学校三年間がこんなにも短いとは、入学をひかえたあの頃のわたしは考えもしませんでした。小学校を卒業する頃、中学校のことを意識し始め、もちろん期待もありましたが、どちらかというと、不安でいっぱいなだけでした。しかし、いざ入学してみると、優しい先生や先輩、気軽に話しかけてくれる新しい仲間のお陰で、そんな不安はすぐに消え去り、これから始まる中学校生活への期待を大きくふくらませていたのが、ついこの間のように感じます。それだけに今、いろいろな場面が鮮明に思い出されてくるのです。
一年生の校外学習、嵐山散策では、どこを回るか話し合いを重ね、グループで協力して行動することでお互いを知ることができました。今思い返すと、それぞれの小学校からきたわたしたちが、この時、樫原中学校第38期生になれたような気がします。嵐山の新緑がとてもまぶしい、天気のよい日でした。そして、初めての文化祭、その頃はまだ、各学年での舞台発表があり、わたしたちは学年全員でハンドダンスをしました。練習では、それぞれの動きがなかなか合わず、本当に完成するのかと心配しましたが、本番は学年の団結が形となり、最高の演技ができました。全員でやりきったからこそ、あのすがすがしい達成感を味わえたと思います。
二年生のチャレンジ体験では、礼儀や働くことの厳しさを学ぶことができました。最初は緊張しましたが、それぞれの事業所でいろいろな経験をさせていただいたことで、社会に出て働くことの意義を教えられました。この経験で大人への第一歩を踏み出せたような気がします。それから、語り尽くせないほどに青春の情熱を燃やした部活動。先輩方が引退されてから、責任という言葉が重くのしかかってき、今まで築かれた伝統を引き継いでいけるのか、とても悩みました。しかし、先輩方から託されたものを自分たちがさらに輝かせるという熱い思いを胸にがんばっていこうと決意しました。また、学年レクレーションのイントロクイズ大会では、先生も一緒になって、学年全体で目一杯楽しみました。二年生の締めくくりの時期にあったちょっといい思い出です。
そして、三年生。中学校生活最大の行事、修学旅行。一日目、ディズニーランドへバスで向かう途中、雨が降っていました。しかし、わたしたちの思いきり夢の国を楽しみたいという祈りが通じたのか、着く頃には青空が広がっていました。神様に最高の一日をプレゼントしてもらえたかのような奇跡でした。その夜、大満足してホテルの部屋に入って窓の外に目をやると、手の届きそうなほど近くに、きらきらと輝くオープン間近のスカイツリーが見え、そのすてきな夜景は今でも目に焼き付いて離れません。二日目、フジテレビで番組制作をしました。スタジオで本物の機材を使う本格的な体験だったので、とても緊張しましたが、完成した自分たちの番組をみんなで観て大笑いしました。そのDVDは宝物です。そして夜、東京ドームで野球観戦をし、プロの試合を生で観る迫力と、モニターに映し出された自分たちに大興奮しました。最終日、東京散策では、いつか行きたいと思っていたあの場所へ、迷いながらも地図を見ながらたどり着けたとき、大げさに夢が叶ったと思いました。そして帰りの新幹線、行きと比べてとても早く感じ、もう少しこのままみんなと旅行を続けたいという寂しい気持ちをかき消すように、はしゃいでいました。
最後の球技大会。バレーボールは個人ではなく団体競技なので、仲間への声かけや支え合いがチームを一つにしていきます。わたしたちも1年の頃と比べると、大分うまくなっていて、とても白熱した試合になりました。仲間とともにボールをとことん追いかけ、声がかれるまで応援し合った球技大会は、かけがえのない思い出です。
最後の体育大会。運動が得意な人、苦手な人がいるなかで、わたしたちが共通して思っていたことがあります。それは、「楽しもう」ということです。この思いを胸に全力で競技に打ち込みました。そのなかでも、全員リレーは練習段階から本気、昼休みもグランドで練習するほどの過熱ぶりで、各クラスでしのぎを削り合いました。クラスで団結することの素晴らしさを改めて知ることができました。
最後の合唱コンクール。取り組み期間の中で、必ずといっていいほどクラスがバラバラになります。そこで、何かそれをくつがえすいい手はないか、リーダーを中心に試行錯誤を繰り返します。その姿勢がクラス全体の心を動かし、まとまった歌声が響くようになり、聴く人の心に届いていきます。学年合唱でみんなと歌った『花笑』、一生忘れません。

わたしたちの出会いから別れまでの三年という月日は、本当に束の間でした。けれど、その束の間の時間がいかに濃く、そして満ち足りたものであったか、その証拠として、今振り返った思い出のどれもが素晴らしい輝きをもち、色鮮やかな光を放っています。
 わたしたち卒業生は、このあと『虹』という曲を歌います。その曲のなかに、
「僕らの出会いを 誰かが別れと呼んだ」
「僕らの別れを 誰かが出会いと呼んだ」
「僕らの喜びを 誰かが悲しみと呼んだ」
「僕らの悲しみを 誰かが喜びと呼んだ」
という印象的な歌詞があります。
出会いの喜びがあっても、いつかは別れの悲しみがくるもの、今のわたしたちに当てはめてみれば、入学したこの学校を今日卒業しなくてはならない。それは初めから決まっていることであり、その時の流れは、いくら変えようとしても変えられるものではありません。
まさに、
「僕らの出会いを 誰かが別れと呼んだ」
「僕らの喜びを 誰かが悲しみと呼んだ」
と、この曲にある言葉通りといえます。
では、それとは反対の
「僕らの別れを 誰かが出会いと呼んだ」
「僕らの悲しみを 誰かが喜びと呼んだ」
とは、一体どういうことをいっているのでしょうか。
確かに卒業は先生方や仲間たちと別れ、この学校を去らなくてはならない悲しみに包まれます。それは、ここにいる卒業生みんなが同じ思いでしょう。そして、人は別れの悲しみを感じる時、これまでを振り返り、いろいろな思いが湧き上がってくるものです。不思議なことに、それらの思いのなかで別れの悲しみというフィルターが通すものは、うれしかったこと、楽しかったこと、がんばったこと、幸せだったこと、人の良いところ、仲間との絆、感謝の思いといったものだけなのです。たとえるならそれは、まるで七色の虹のように美しいもの。わたしには、それがはっきりと見えます。別れの悲しみを深く味わったわたしたちだからこそ、別れを出会い、そして、悲しみを喜びと呼べるのではないでしょうか。わたしは今、美しい七色の虹のような自分のなかにある気持ちに出会えた喜びを感じています。だから、卒業式は別れの儀式ではない、わたしは出会いの儀式だと思うのです。そう思いながらも、こんなに涙があふれて止まらないのは、なぜでしょうか。それは、ここにいる最高の仲間たちがいたからでしょう。そして、感謝してもしきれない先生方がおられたからでしょう。それから、いつも支えになってくれるかけがえのない大切な家族がいるからでしょう。感謝の意を表したくても、とても言葉を尽くせそうにありません。でも一言、この場で言わせてください。これまでたくさん使ってきて、手あかにまみれたような言葉でも、今なら心の奥深くから生まれてきたばかりのまっさらな言葉として言うことができます。
 「ありがとう」

最後に、わたしの誇りである「TEAM KATAGIHARA」について話をさせてください。これは、わたしが生徒会本部役員をさせていただいていた時に掲げたスローガンであり、この学校の生徒全員が一つのチームとして結束し、協力し合い、充実した中学校生活を過ごせる場所にしようという思いを込めたものでした。うれしいことに、このスローガンは次の生徒会にも引き継がれています。でも今、願うことがあります。「TEAM KATAGIHARA」は、何も樫原中学校の生徒だけにとどまるものではない、先生方、保護者の皆様、そして地域の方々すべて「TEAM」の一員です。だからわたしは、このスローガンを樫原地域全体のものとして掲げたい。そういう広がりをもつものとして、これから大きく成長していってほしいと思います。
 今後の樫原中学校のますますの発展を卒業生一同、心よりお祈り申し上げ、答辞とさせていただきます。


平成25年3月15日
卒業生代表  林田 紀乃

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
京都市立樫原中学校
〒615-8161
京都市西京区樫原蛸田町11
TEL:075-392-6630
FAX:075-392-6640
E-mail: katagihara-c@edu.city.kyoto.jp