京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/10/20
本日:count up1
昨日:55
総数:150028
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
校訓「なかま」「夢」「成長」 教育目標「未来を創造し たくましく生き抜く力の育成」

教育委員会からのお知らせ

・山中伸弥 京都大学iPS細胞研究所 所長から京都の中学・高校生の皆さんへのメッセージ
・学校における感染拡大防止について((9月13日〜19日)の新規感染者の状況)
新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けて,
文部科学大臣から保護者や地域の皆様へのメッセージが発出されました。
・文部科学大臣メッセージ(保護者や地域の皆様へ)

・子どものストレスへの理解とご家庭での心のケアについて(←クリックでこども相談センターパトナのページへ)

御礼

画像1画像2
保護者の皆さまへ

昨日 学校祭 体育の部を開催しましたところ
早朝より多数ご来校 ご参観いただき まことにありがとうございました。

コロナウイルス感染症対策として 事前の健康観察をはじめ何かと制約を設けたため 多々ご不便をおかけすることになりましたが 

ご理解ご協力により
ケガや体調不良もなく無事 すべての取組を終えることができました。

一昨日のオープニングセレモニーからの2日間でしたが
本校の特色である3年生を中心としたフレンドリー活動を基に

”お互いを認め合い 一致団結し 正々堂々と精一杯取り組む”
そして”KEEP GOING〜前進しつづけろ〜”を見事に体現しくれました。

事後のフレンド―班ごとの振り返りでは 
3年生から1,2年生へ熱い思いが,
1,2生からは3年生へ感謝の思いが伝えられていました。

本校は今年度で74年に渡る歴史を閉じますが
高雄地域で育まれてきた伝統や繋がりは

”KEEP GOING”歩みを止めることなく受け継がれたと思います。
終了後の子どもたちの笑顔がとても印象深く それを証明してくれていると感じました。

今後も教職員一丸となって 有終を実りあるものにすべく教育活動に取り組んでまいります。引き続きご理解ご協力のほど よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

                       高雄中学校
                        校長 石井 大記


 

残暑お見舞い申し上げます

画像1
残暑お見舞い申し上げます。

 立秋を過ぎたとはいえ,まだまだ猛暑日を記録するなど今年も「酷暑」が
 続いています。
 
 コロナウイルス感染防止のため,これまでとは違った夏休み
 かもしれません。
 今日の朝刊にもありましたが,やはり3密回避が感染予防の重点
 だそうです。
 
 くれぐれも「感染予防」を一人一人が意識した日々を送ってください。
 きっとそういった日々にも必ず楽しみや喜びはあります。
 ともに努力しましょう。

 8月24日(月)に元気な顔を見せてくれることを楽しみにしています。
画像2

高雄中シンボルツリー

本校正門北側には,高雄地域の名産である台杉が3本 天に突き抜けるように植えてあります。

地元 藤田林業様が地元の学校へという思いで寄贈してくださったもので
本校のシンボルツリーとなっています。

毎年樹の状態を観に来ていただいているのですが
今年は2年に一度の剪定をする年だそうで
今朝は早くからお越しいただき 管理用務員さんとともに作業をしていただきました。

高さ5mの細い枝に それ専用のはしごをかけ 見事な身のこなしで
外観を考えながら剪定していただきました。

お昼前にはすっかり整えられ いつもにもまして凛としたたたずまいになりました。

作業後 お聞きすると同様のものを国会議事堂前庭にも寄贈されたらしく
2年に一度は剪定に出向かれるそうです。

とても貴重なものをいただき かつ毎年お手入れをしていただいています。
感謝しかありません。

今後も学校の そして地域のシンボルツリーとして大切に見守っていきたいと思います。


画像1
画像2

5月末まで休校延長

画像1
         (5月5日 京都新聞朝刊 抜粋) 

 昨日,政府から緊急事態宣言が,5月末まで延長されることが正式に発表されました。

 それを受けて「京都市の門川大作市長は4日,政府の緊急事態宣言延長を受け,今月17日までとしていた市立学校の休校期間を5月31日まで延ばす方針を示した。」(京都新聞デジタル版 5月4日 18:23)と報道されました。

 現在のところ,学校にこれ以上に詳しい内容は届いていません。
 生徒のみなさんの登校方法など,更に詳しい内容が決まりましたら,順次,本HPやお知らせプリント等を配布するなどしてご連絡させていただきます。

青もみじ

画像1
 本校が位置する高雄地域 高雄といえば「もみじ(紅葉)」 もみじといえば,紅く色づいた秋の楓(かえで)を思い浮かべるものです。秋のもみじは豪華絢爛で錦秋を作り出します。京都で着物文化が華やかに発達してきた背景には,この錦秋を身に纏いたいという人々の願いがあったとも言われています。

 その高雄ですが,今,山々では楓の若葉がどんどん緑の深みを増してきています。これを「青もみじ」といいます。俳句の世界では「青かえで」「若かえで」「楓若葉」などと呼ばれ,初夏の季語にも挙げられています。

 透き通るような「青もみじ」とさらさら軽やかな竹,地表には,苔の深い緑。寒暖混ざった心地よい風。今,高雄は秋とは違った自然の魅力にあふれています。そして,来るべき秋に向け備えてます。 

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため臨時休業中ですが,再開の折には是非,校内の「青もみじ」に目を凝らしてみてください。きっと爽やかな季節の移ろいを感じることができると思います。

 心身を整えて 私たちも来るべき日を辛抱強く待ちましょう。

新聞を読もう7 ‐未来を創造し たくましく生き抜く‐

画像1
 前回述べたような調査の結果等から浮き彫りになった課題解決のためにその対策として小学校の2020年から小学校でプログラミング学習が始まります。文部科学省では,プログラミング学習が必須な理由を「手引き」に記載しています。

「小学校プログラミング教育の手引」

 その中には「プログラミング教育は子供たちの可能性を広げる」と書かれています。これは,プログラミング教育を通じて,「情報活用能力」の育成や情報手段(ICT)を「適切に活用した学習活動の充実」を進め,「思考力・判断力・表現力等のプログラミング的思考を養う」とのことです。プログラミング的思考とは簡単に言えば「料理レシピ」を作る考えだと言えます。誰もがそれを見ながらおおよそ同じものを作ることができる=理解できる そういったものを作る。そのためには論理的に考える必要があります。

 では,こうした力をつけていくために日常からできることは何か?今回のテーマに立ち返りますが,「新聞を読もう」です。

 第4回で述べましたが,新聞の構成,その記事の構成はとても論理的なものです。訓練された記者が書き,厳しいチェックを受けて載せられる記事なので,内容の間違いも少なく,また,日本語の文章もしっかりしています。国語力で最も大切なことは,事実や意見を正確に,要領よく伝える能力です。新聞の記事は,その点でも完成度が高い文章です。

毎日目を通すうちに自ずとその論理的なしくみや国語力が身についてきます。こうしたことが「読解力」を鍛え高めることにもつながります。文章の構成が見えてくるようになる・言葉の使い方が見えてくる⇒読解力が向上する とういうしくみです。

 「論理的思考」「読解力」,本校が目指す子ども像もこれをターゲットとしています。ともに「未来を創造し たくましく生き抜く」ためにも,毎日少しずつできる「新聞を読む」ことに取り組んでみてください。

新聞を読もう6 ‐AI‐

画像1
 前回のお話ではAIがさらに発展するだろう未来を切り拓いていくキーワードの一つが「読解力」=さまざまなものを読む ということをお話しました。
 
 ところが,人間がAIより優れているのが「読解力」であるはずなのに,新井氏が「大学生数学基本調査」の結果から導き出した,『「誰もが教科書の記述は理解できるはず」という思い込みに対する疑問』をさらに調査しところ,中高生の「基礎的読解力」調査を実施した結果,中学生の3人に1,高校生の10人に3人が簡単な文章が読めないことが判明しました。
 
 結果の要点は,次の3点でした。
1.中学校を卒業する段階で,約3割が内容理解を伴わない表層的な読解が出来ない。
2.学力中位の高校でも,半数以上が内容理解を要する読解は出来ない
3.進学率100%の進学校でも,内容理解を要する読解問題の正答率は50%強程度である。

 そして,このような状況の中,AIは人間を超えないが,これから数値化・数式化できる仕事はAIに代替されるだろう。今後,AIにはできない仕事が人間の仕事として残るが,読解力の有無が仕事に就くことができる・できないかの分岐点になるだろうということでした。

新聞を読もう5 ‐「読解力」‐

画像1
 「ロボットは東大に入れるか」を実験する人工知能プロジェクト「東ロボくん」の研究者である新井紀子氏が記した「AI vs.教科書が読めない子どもたち」には次のような記述がありました。

 まず,AIとは「人工知能」を意味し,人間の知能と同等レベルの能力・知能をもつ機械を示すが,現在,AIと呼ばれているものは,AIを実現するためのさまざまなAI技術を総称してAIと呼んでいるだけで,「AIはまだどこにも存在していない」。

 そして,「東ロボくん」研究にかかわってきた結論として,AI(人工知能)は人間を超えないし,AIの進化が人間のそれを上回るとされるシンギュラリティ(技術的特異点)は起こらない。AIは数値化されたもの四則演算処理する超高速「計算機」なので,数値化,数式化できないことはAIにはできない。

 それに対して人間は「文脈を理解すること=意味を理解すること」(=「読解力」)ができるが,AIにはそれができない。つまり「意味」を理解できないことがAIの限界である。AIが最も不得意なことは「読解力」である。

 ちなみに「読解力」とは,文章を読んで,その内容を理解する能力と辞書にはあります。私たちの生活の中で考えれば,お互いの発する内容を理解する力である言えます。そしてそれは,言葉によっての場合もあれば,文章によっての場合,あるいは態度という非言語的な場合もあります。これらのことはAIが瞬時に判断し,何らかの解を出すことはできないということです。近未来を生き抜くヒントはこのあたりにありそうです。

新聞を読もう4 ‐継続は力なり‐

画像1
 今回は“どのように読んだらいいのか”についてです。
 
 みなさん日常は,結構忙しいと思います。なかなか新聞を読む時間を作るのは難しいかもしれません。まずは,新聞は朝読むのではとか,すべて読まなければといった考えを持っていれば,それは改めましょう。時間のあるときに,広く軽く目を通すことから始めましょう。

 次に新聞の記事の一つ一つは,見出しと本文で構成されています。この作り方は記事大小・軽重に関係ありません。本文の構成でも通常は,最初の段落で記事全体の要約をして,その後の段落から内容を詳しく説明しています。ただし,記事全体が一段落か二段落しかない小さい記事では,この作りが簡単になっています。
 
 このような新聞記事のつくりを理解して,基本的には見出しと要約だけを読んでいきます。さらに理解を深めたい記事については,本文全体まで目を通すようにしています。もちろん見出しだけしか見ない記事もたくさんありますが,それらの記事は見出しだけで内容が理解できるか,読まなくても支障がないか,いずれかになります。新聞を毎日読むことを続けていくうちに,読まなければならないところ,読まなくても問題がないところを自らの知識と経験に基づいて選別できるようになっていきます。当然,新聞紙面全体に目を通しても比較的短い時間で効率よく読むことができるようになっていきます。

継続は力なり。

 私たちが生きている今は情報化社会です。国の科学技術政策にも“ソサエティ5.0”が掲げられ仮想空間と現実空間を高度に融合させたシステムにより経済・社会の課題を解決していくとあります。実際にそのイメージビデオも総務省がインターネット上に挙げています。その基盤となる情報伝達速度は4Gから5Gへと進化することが話題となっています。
 
 しかし,だからといってデジタルがすべてに優位というわけではありません。アナログのなかにも生きるために必要なことや豊かに生きることのもとがたくさんあります。
 ぜひ,新聞に目を通しみましょう!

新聞を読もう3 ‐出会いを広げる

画像1
 前回お話したように新聞には政治・経済・社会・文化などの各分野を一覧できるという利点があります。興味・関心があまりない,まったくない記事にもひと通り目を通すことができます。多くの人々がインターネットでニュースを見る場合,関心のある分野の出来事ばかりを探しながら読んでしまう傾向があります。これでは、せっかく吸収できる知識や情報が自分の興味・関心のある分野に偏ってしまい,自らの視野が広がらなくなる恐れがあります。

 紙面をめくりながら読んでいくと,まったく興味のなかった分野に関する記事が数多く目に飛び込んでくるのがわかります。これこそが新聞を読むことの魅力なのです。

 自分の興味・関心の赴くままに情報に接していると,多くの貴重な情報を見逃してしまうのに対して,新聞に触れ目を通していると,一生触れることがなかったかもしれない重要な情報に巡り合うことができます。このような体験の積み重ねが,今の自分はない新しい視点から物事を見る目を育てることになり,知識や思考の幅,そして本質を考え見極める力をつけていくことにつながっていきます。

 みなさんに求めていきたい「未来を創造し たくましく生き抜く力」にも通じていると思います。また,毎日のように読んでいると,偏りのないバランスのとれた知識や情報を取り入れることができるようになります。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

学校教育目標

学校評価

学校沿革史

学校いじめの防止等基本方針

学校だより

お知らせ

地震・台風等の臨時休業等について

小中一貫教育構想図等

部活動運営方針

教科より

京都市立高雄中学校
〒616-8283
京都市右京区梅ヶ畑奥殿町36
TEL:075-872-1286
FAX:075-861-1029
E-mail: takao-c@edu.city.kyoto.jp