京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/04/24
本日:count up7
昨日:124
総数:255245
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
〜ようこそ京都市立高野中学校ホームページへ〜 高野中学校では,一人一人を徹底的に大切にする「高野教育」を推進しています。

4月24日(水)学校の様子

画像1
結団式では,春季大会に出場する各運動部のキャプテンが決意表明をしました。男子バスケットボール部キャプテンが選手宣誓を行い,春季大会での健闘を誓いました。校長先生から当日の行進で掲げる生徒会旗を生徒会長が受け取り,その後,「チャレンジ」の言葉を用いた激励の言葉「(チ)力いっぱい(ヤ)やる気を持って(レン)練習を信じて(ジ)自分を表現する」を校長先生から受けました。3年選手はもちろん,フロアーにいる1,2年選手や,応援する側の生徒が一同に会した結団式は,和やかな雰囲気の中に「ピリッ」と引き締まるものを感じました。

4月24日(水)学校の様子

画像1
4月27日(土)に春季総合体育大会の開会式が西京極総合運動公園(陸上競技場)で行われ,各部活動の競技が始まります。高野中では,競技開始を前に,各運動部の3年生の選手を激励する結団式が行われました。

図書室だより(4月号)

高野中学校のホームページに「図書室だより(4月号)」を掲載しましたので,ご覧ください。

平成31年度 高野中学校 学校沿革史

高野中学校のホームページに「平成31年度 高野中学校 学校沿革史」を掲載しましたので,ご覧ください。

平成31年度 高野中学校 学校教育方針

高野中学校のホームページに「平成31年度 高野中学校 学校教育方針」を掲載しましたので,ご覧ください。

声をかけて支え合う・・・

画像1
 校門の桜の木が,鮮やかな緑を増してきた中,グラウンドやフェンス沿いにある八重桜が見頃を迎えています。今年は,『平成』の終わりを惜しむかのように,桜の花が咲き続ける年となりました。
 さて,昨年の暮れに取り掛かった学校の西南側と北側のブロック塀をフェンスに変える工事が,ようやく終了しました。「いつになったら工事が終わるのですか」というお問い合わせをいただく程,長い期間ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。体育館横のブロック塀については,工事日程が決まり次第お知らせいたします。
 17日(水)には,学級委員の認証式が行われ,その後には第1回目の議会・専門委員会が開かれました。「学校をよりよくするために自分たちは何ができるのか」と「社会の一員として自分たちは何ができるのか」は,生徒会活動の2本柱です。誰もが過ごしやすい学校をめざして,生徒自らがいろいろな知恵を出し合ってくれることに大いに期待したいところです。
 生徒会本部が中心となって作ってくれている今月のスローガンは「神は我々に成功など望んでいません。挑戦することを望んでいるのです」というマザーテレサの言葉を引用し,「たくさんの人に声をかけよう」と呼びかけています。人は「何かをやってみよう!」と思う時,誰かの支えが大きな力となります。24日(水)には,春季総合体育大会に向けての結団式を行いますが,一生懸命,日々の練習に取り組んでいる子ども達に,生徒や教職員だけでなく,保護者や地域の皆様にもたくさんの声かけをしていただけるとありがたいと思っております。
 また,27日(土)に西京極で行われる開会式では,高野中学校の選手団が行進を行いますが,今年は,行進の先導役という大役を,本校卓球部顧問が務めることになりました。昨年度,本校柔道部キャプテンが選手宣誓をしてくれましたが,引き続いて今年度も『高野』が開会式での大きな役割を担うことになりましたのでお知らせいたします。尚,試合日程や結果につきましては,ホームページで掲載する予定ですので,温かいご声援をよろしくお願いいたします。
 

平成30年度 前期・後期学校評価報告書

高野中学校の「平成30年度 前期学校評価報告書」・「平成30年度 後期学校評価報告書」をホームページに掲載しましたので,ご覧ください。

あいさつは信頼関係への架け橋・・・

画像1
 『あいさつは親しみへの扉 信頼関係への架け橋』という言葉があります。今回の道徳では,連携し合ったわけではありませんが,1年は『あいさつ』について,2年は,『信頼』について考えました。
 1年生は,道徳の教科書にある「朝市の『おはようございます』」という資料を使って,「なぜ,あいさつをするのだろうか」という発問とともに『礼儀』の意義について考えました。「あいさつをするのは当たり前だから」「出会った人にあいさつをするのは常識!と親に教えられたから」「あいさつをするのが習慣になっている」等の意見の他に「あいさつをすることで自分がいい気分になれるから」「あいさつをされて,こちらが返さないと,相手がいやな思いをするから」等,活発な意見が出されました。自分の今までの行動を振り返りながら,「これからあいさつをするときに大切にしたいことは?」という問いに「相手の顔を見て笑顔であいさつする」「あいさつをしたら仲良くなれたり,しゃべりやすくなるから,できるだけ自分から声をかける」「あいさつを毎日すると,顔見知りになって,何かあったときには助けてくれるから,同じマンションの人とあいさつしてつながる」など,これから毎日あいさつを交わすのが楽しみになるような道徳の時間でした。
 2年生は,「信頼残高」という教材を使って,どうすれば信頼を得られるのかを考え,「『信頼される人』になるために,これからどんな意識で友達と関わっていけばよいか」を一人一人考えました。「信頼される人になるためには,優しい人になることだ。優しくなれば,人のことを考えられて,そこから行動にうつせると思うからです。感情任せに行動しないことだと思います」「自分もだれかがちょっとしたことをしてくれたらうれしいし,これからは私も,モノを拾ってあげたり,約束を守ったりできるようにしたい」などの感想がありました。
 信頼関係は,何気ないちょっとした関わりの積み重ねで築かれるもの。そして,その信頼関係の中で,人は,安心感やホッとした優しさを感じるものです。お互いが笑顔であいさつを交わしながら過ごせる学校でありたいですね。

京都市立中学校部活動ガイドライン

高野中学校のホームページに「京都市立中学校部活動ガイドライン」を掲載しましたので,ご覧ください。

4月16日(火)学校の様子

画像1画像2画像3
体育館での部活動の様子です。どの部活動も1年生が入部し,元気に活動している様子が伝わってきました。また,2・3年生の1年生への声かけが温かくて,優しくて,とても良い雰囲気で活動していました。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
京都市立高野中学校
〒606-8231
京都市左京区田中上古川町25
TEL:075-781-8134
FAX:075-781-8135
E-mail: takano-c@edu.city.kyoto.jp