京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/06/28
本日:count up5
昨日:36
総数:63433
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
昼間部と夜間部の良さを生かし、世代や国籍を超えてふれあい学び合う学校

平成29年度 洛友中学校着任式を行いました

画像1
 新しく5名の先生方をお迎えし、平成29年度着任式が行われました。先生方の紹介と挨拶のあと、夜間部の生徒を代表して、歓迎の言葉が贈られました。

『四月になるとすっかり はなやかな景色にかわりました。先ほど、慣れ親しんだ 先生方とお別れし、心細い気持ちでおりましたが、今 また 新しい先生方をお迎えしてこれから 始まる 新しい生活にわくわくする思いです。
私たち 洛友中学校の生徒は十三歳から八十歳まで、年齢や 国籍、言葉も いろいろ 混ざり合っていますが、みんな 仲良く 勉強しています。昼間部と夜間部に分かれてはいますが、遠足や修学旅行、文化祭や交流学習、実技の授業などでお互いが 助け合いながら 楽しく通っています。
明日からは 先生方も いっしょに活動して もらえるので、とても 心強いです。私たちは、先生方にたくさん教えてもらったり、手伝ってもらうことが あります。
困っているときには 相談に のってください。
先生方が いつも元気で明るく楽しく過ごして いただけるように私たちも がんばりますので、よろしく お願いします。』

とても暖かい励ましの言葉に感動です。
新しい力を加えて、「楽しい洛友中学校」をみんなで築いていきましょう。


新着任の先生方

校 長    間野 郁夫 先生
国語科    藤田 牧恵 先生
保健体育科  宮國 良子 先生
総合育成支援員  小見山 緑 先生
総合育成支援員  中村 伊織 先生

平成28年度 洛友中学校離任式を行いました

画像1画像2
4月6日(木)に3月までお世話になった先生方とお別れをしました。
昼間部を代表して、生徒によるお別れの言葉が贈られました。

『例年になく寒さが長引いたこの冬も、ようやく終わり、さくら満開の春が、まためぐってきました。さみしいことですが、これからお世話になった4名の先生方にお礼と、お別れのあいさつをさせていただきます。

高垣明夫校長先生には、2年間お世話になりました。
校長先生は、いつもやさしいまなざしで、私たちを見守ってくれました。
授業のあいまや、行事のたびに「楽しく過ごせていますか?」「大丈夫ですか?」「すばらしいですね。」など、たくさん声をかけていただきました。人数が少ない学校ですので、とても身近に感じることができる校長先生でした。
4月からは、教育委員会でお仕事されるとのこと、お体に気をつけて、お元気でお過ごしください。そして洛友中学校のことをいつまでも
忘れず、見守っていてください。
本当にありがとうございました。

稲田朋子先生には、昼間部と夜間部の国語の先生として、3年間お世話になりました。
稲田先生は、いつも明るく私達に声をかけてくれました。少し落ち込んでいる時など、何気ない言葉が、とても嬉しかったです。
国語の授業でも、一人一人に合った教え方を丁寧にしてくださり、とても分かりやすかったです。
修学旅行をはじめ、校外学習、文化祭などでは、たくさんの気配りをしていただき、いっしょに楽しい思い出をつくることができました。

4月からは、松尾中学校に行かれるとのこと、
これからも、元気ではつらつとした先生でいてください。本当にありがとうございました。

伊藤岬先生には、体育の授業で2年間お世話になりました。
トトロのマーチで始まるウォーキングやストレッチ、昼間部と夜間部がいっしょに取り組んだ卓球バレーなど、楽しく体を動かせる授業をしていただきました。いつも明るく、きびきびと教えてくださいました。体を動かすことの大切さや楽しさを学ぶことができました。

4月からは、音羽中学校に行かれるとのこと、これからも元気で明るい先生でいてください。本当にありがとうございました。』

お世話になった先生方の次のステージでのご活躍をお祈りしております。
本当にありがとうございました。

平成28年度末にお別れした先生

校 長   高垣 明夫  先生
国語科   稲田 朋子  先生  
保健体育科 伊藤  岬  先生
家庭科   服部  愛  先生   
総合育成支援員  山本 衣莉  先生
総合育成支援員  長谷川敬祐  先生


平成29年度 洛友中学校学校教育目標

画像1画像2
【学校コンセプト】

『昼間部と夜間部の良さを生かし、世代や国籍を超えて
  ふれあい学び合う学校』
 「昼間部」:不登校を経験し克服しようとする生徒の
       ための新しい学びの場
 「夜間部」:様々な事情で義務教育を受けられなかっ
       た方の学びの場

【学校教育目標】

 『「学びたい」との志を大切にし、生徒が目を輝かせ
  て、「学ぶ楽しさ」と「わかる喜び」を体感できる
  学校』

【目指す生徒像】

 『世代や国籍を超えて学び合う生徒(コンセプト)』
   楽しみや苦しみ,喜びや悲しみを分かち合い、共
   に生きることを大切にする生徒
 『自己実現ができる生徒(確かな学力)』
  「学ぶ楽しさ」と「わかる喜び」を実感し、夢や希
   望に向けて主体的に学習に取り組む生徒
 『人権感覚の豊かな生徒(豊かな心)』
   お互いの生き方や価値観の違いを認め合い、尊重
   し合い、支え高め合う生徒
 『自己管理のできる生徒(健やかな体)』
   命を大切にし,健康で安全な生活を心がけ,明る
   くいきいきと生活できる生徒

【学校経営方針】

 1 「学びたい」との志を大切にし、じっくり、しっ
   かり、そだて、「学校へ通う」ことへの動機づけ
   を図る。
 2 教育活動のあらゆる場面において、一人一人の生
   徒が目を輝かせて取り組み、自己肯定感や自己有
   用感等の自尊感情を高めることができるように働
   きかける。
 3 総合的な学習の時間(「交流の時間」)や学校行
   事等で、昼間部と夜間部の生徒がより有機的な交
   流を行い、それぞれの思いを伝え合い、お互いに
   尊重し高め合う集団づくりを行う。
 4 「学ぶ楽しさ」と「わかる喜び」を実感できるよ
   うに授業を工夫改善し、基礎・基本の定着を図る。
 5 個々の生徒に応じた教材づくりときめ細かな指導
   を実践する。
 6 図書館教育の充実を図ると共に,国語科を中心と
   したすべての教科で言語活動を取り入れ、生徒の
   思考力,判断力,表現力等を高める。
 7 教材教具等の工夫(iPadの活用等)により,生徒
   の興味関心を引き出し、学習意欲を高める。
 8 常に一人一人の生徒の心のケアを行い、健康状態
   を気遣う。
 9 環境が人に与える影響を考え、校内整備に取り組
   み、校内美化に心がける。
 10 昼間部と夜間部が世代や国籍を超えてふれあい学
   ぶ全国唯一の学校として,創造的な取組を推進す
   ると共に、その情報を積極的に発信する。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お知らせ

学校だより

昼間部(5組)通信

学校評価

学校いじめ防止基本方針

京都市立洛友中学校
〒600-8383
京都市下京区大宮通綾小路下る綾大宮町51-2
TEL:075-821-2196
FAX:075-821-2197
E-mail: rakuyu-c@edu.city.kyoto.jp