京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/02/21
本日:count up13
昨日:37
総数:58776
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
昼間部と夜間部の良さを生かし、世代や国籍を超えてふれあい学び合う学校

昼・夜間部合同「美術の授業」の様子!

画像1画像2画像3
 2月17日(金)の昼・夜間部合同の美術の時間に、篆刻に取り組みました。篆刻とは、「文字を書いて彫ること」です。中国を起源としており、主に篆書を印文に彫ることから篆刻というようになりました。
 夜間部のみなさんも昼間部の生徒たちも、自分の姓名から一字を選び、印用の文字「小篆」を使って、高麗石に記入し、彫刻刀で彫っていきました。また、持つところもオリジナルの形に彫刻刀で彫り、数種類のサンドペーパーで、目の粗い方から細かい方へと順次磨いていき、とても素晴らしい作品が出来上がっていました。みなさん、先生方の助言をしっかり聞いて一生懸命に取り組んでいました。

夜間部3・4組の「体育の授業」の様子!

画像1画像2画像3
 2月17日(金)の夜間部3・4組の「体育の時間」に、卓球バレーに取り組みました。卓球バレーは、障害者スポーツとして発展してきましたが、障害者のある人もない人も楽しく取り組めます。
 本校では、高齢の夜間部のみなさんや昼間部の生徒たちも、楽しみながら主体的に取り組んでいます。この日は、夜間部の3・4組のみなさんが卓球バレーに取り組みました。卓球台を使い、ネットを挟んで、1チーム6人ずつが、いすに座ってピン球を転がし、相手コートへ3打以内で返します。慣れてくるとピン球のスピードも速くなり、かなり白熱してきます。仲間と協力し合いながら、笑顔いっぱいの心地よい体育の授業になっていました。

昼間部の「授業体験4日目」を実施しました!

画像1画像2画像3
 2月13日(月)に、昼間部の授業体験4日目を実施しました。学校長の挨拶に引き続いて、教頭がパワーポイントを活用して、昼間部と夜間部の合同行事(校外学習や球技大会、自然体験学習や宿泊学習など)について説明しました。

 本日の授業体験は英語で、「世界のあいさつを知ろう」「英語の正しい発音を知ろう」「英語で自己紹介しよう」を目標に取り組みました。初めに、中国・ブラジル・フランス・インドの映像を見て、どの国のあいさつかを考え、ワークシートに記入しました。みなさん、よく知っていて、次々と答えを記入していきました。次に簡単なあいさつ文「Hi. Hello. My name is ○○ □□. Nice to meet you.」を学んだ後に、名刺代わりのワークシート2枚に自分の氏名を入れたあいさつ文を完成させました。そして、その2枚の名刺をもとに、お互いに自己紹介をし、名刺交換を行いました。少し緊張感がある中で、みなさん、とてもよく頑張っていました。
 

昼間部の「授業体験3日目」を実施しました!

画像1画像2画像3
 2月10日(金)に、昼間部の授業体験3日目を実施しました。学校長の挨拶に引き続いて、本校のスクールカウンセラーが、カウンセリングやソーシャルスキルトレーニングについて具体的に説明しました。そして、実際にソーシャルスキルトレーニングの一つである「かぶらNICE!」に取り組みました。

 本日の授業体験は、社会で「世界三大宗教を知ろう」にチャレンジしてもらいました。
本時の学習の目標は、「世界三大宗教の分布や成り立ち、また、それぞれの特長やならわしを知ろう」でした。初めにパワーポイントを活用して、世界三大宗教とは?、どのように分布しているのか?、宗教別人口の割合は?、起こした人は誰なのか?起こった場所はどこなのか?などを学習しました。そして、グループになって、世界三大宗教の場所をワークシートの白地図に着色していきました。お互い学び合える雰囲気を周辺にいる先生方がサポートしました。最後に自分たちが書いた感想を、先生が誰のかわからないようにして読み上げ、みんなで共有しました。

 本日は、大雪警報で夜間部が休校になりましたので、昼・夜間部の「交流の時間」や合同の実技教科「美術・体育の授業」の参観は中止になりました。
 本日の感想の中に、次のようなものがありました。
『先生方の生徒への気遣いややさしさで、不安から安心につながったので、気軽に授業体験ができてよかったです。内容も難しそうで、どうしようと思っていましたが、分かりやすく説明をしてくれたので、とても頭に入りました。ありがとうございました。困っているときに、声をかけてくれたので、とてもよかったし安心しました。』
 本校が目指しているユニバーサルデザインの学級づくりや授業づくりの神髄を、少しずつ感じ取ってくれていることを嬉しく思います。

昼間部の「授業体験2日目」を実施しました!

画像1画像2画像3
 2月7日(火)に、昼間部の授業体験2日目を実施しました。学校長の挨拶に引き続いて、教頭がパワーポイントを活用して、昼間部の行事について具体的に説明しました。
 本日の授業体験は、数学で「トランプで正の数・負の数を考えよう」にチャレンジしてもらいました。6年生は「正の数・負の数の計算を知ろう」、中学1年生と2年生は「正の数・負の数の計算を確認しよう」を目的に取り組みました。最初に教科担任から、正の数について「0より大きい数、得、もうけ、プラス」と、負の数について「0より小さい数、損、借金、マイナス」の説明がありました。その後、グループになって、トランプを活用してカードを4周取り合い、スペードとクローバーの黒カードは正の数、ハートとダイヤの赤カードは負の数として、持ち札を計算しました。みなさん、楽しそうにカードを取り合い、正の数・負の数の計算に取り組んでいました。

 その後、「昼・夜間部の交流の時間」を体験してもらいました。夜間部のみなさんと同じ漢字プリントに取り組み、でき上がった時に近くにいる先生から丸付けをしてもらいました。このようにスモールステップ化し小さな成果を、日々、認めほめています。また、実技教科は夜間部のみなさんと一緒に受けますが、本日は音楽と家庭科の授業の一コマを参観してもらいました。授業体験や授業参観を通して、洛友中学校をよりよく理解してもらえていると思います。

「第25回民族の文化にふれる集い」に参加しました!

画像1画像2画像3
2月4日(土)に、京都市呉竹文化センターにおいて、「第25回民族の文化にふれる集い」が実施されました。本校の夜間部生徒のみなさんが舞台に立ち、「夏の思い出」「小白菜(しゃおばいさぁい)」「夢(くむ)」を、それぞれ日本語・中国語・韓国語で歌いました。昼間部生徒のみなさんは、客席から熱い視線と心の中で声援を送っていました。音楽の授業で取り組んだ練習の成果が発揮されて、大変素晴らしい合唱になりました。
 歌い終わった後のインタビューでは、代表者2名が、「緊張したけれども、みなさんと協力して歌いきることができて良かったです。」「学校生活は先生がやさしくてとても楽しく過ごしています。音楽の時間に取り組んだ成果が発揮できて嬉しいです。」と答えていました。
 また、国語の時間に取り組んだ「私の生きるの色紙」、美術の時間に取り組んだ「花や手のスケッチ」、家庭科の時間に取り組んだ「はし袋」などを展示し、日頃の学習の成果の一端を見ていただきました。

昼間部の「授業体験1日目」を実施しました!

画像1画像2画像3
 2月2日(木)に、新たに昼間部に転入学を希望する人たちへの、授業体験1日目を実施しました。学校長の挨拶に引き続いて、昼間部主任がパワーポイントを活用して、昼間部の1日のスケジュールを具体的に説明しました。その後、実際に在校生が学んでいるところを、廊下から参観してもらいました。
 本日の授業体験は、国語の書写にチャレンジしてもらいました。教科担当の先生が、楷書と行書の書き方について説明した後、小学6年生は楷書で「大地」を、中学1年生は楷書か行書かを選んで「挑戦」を、中学2年生は行書で「読書」か「情趣」を選んで、それぞれ書きました。書き出すまでに、少し考える時間がありましたが、書き出すとみなさん集中して、熱心に習字に取り組んでいました。練習を重ねる度に上手くなってきました。最後に自分が一番気に入った作品に氏名を書いて終了しました。
 校舎見学は2つグループに分かれて、夜間部の教室・美術室・音楽室・多目的室・図書室・昼間部のホームルーム、ABCルーム、体育館などを見てもらいました。最後に本日の感想を書いて、授業体験1日目を終了しました。

夜間部2・3組が「お茶」に取り組みました!

画像1画像2画像3
 2月1日(水)の「交流の時間」に、地域の方々を講師にお迎えして、夜間部2・3組が「お茶」に取り組みました。講師の先生から作法やお茶の点て方を、実演を交えて教えていただきました。生徒のみなさんは、教員の支援も受けながら、楽しそうにしかも熱心に取り組んでいました。
 6月から月に一度、茶道に取り組んできましたので、少しずつですが、手慣れた感じがしてきました。日本の伝統文化の一つである「茶道」をふれるよい機会になっています。

夜間部1・4組が「ストレッチ」に取り組みました!

画像1画像2画像3
 2月1日(水)の「交流の時間」に、講師の先生をお迎えして、夜間部1・4組が「心と体をほぐすストレッチ」に取り組みました。
 椅子に座って、特性のボールを使って、首や肩、太ももの裏やふくろはぎなどをほぐしていきました。また、両手を頭の後ろで組んで、上を見たり下を見たりしました。さらに、太ももの下で組んだ手から足を抜いていくことにもチャレンジしました。片足で立って靴下がはける人は、体幹が強いという説明があり、自信のある人が挑戦していました。
 夜間部のみなさんも、支援に入った先生方も主体的に取り組み、心地よい時間を過ごすことができました。この取組を家庭でも生かしましょう。

北海道教育庁・徳島県教育委員会の方々が視察に来られました!

画像1
 1月26日(木)に、北海道教育庁から3名の方と徳島県教育委員会から2名の方が、本校に視察に来られました。
 はじめに校長の私から、「洛友中学校のコンセプトや概要、義務教育未修了の背景、夜間中学校の現状とこれから、人が学ぶということ、昼間部について、自尊感情をたかめるために」という流れでお話しさせていただきました。
 その後、質疑応答を行いました。本校の教員配置や夜間部生徒の年齢や国籍、また、現在の夜間部のニーズなどについて質問があり、お答えしました。その後、昼・夜間部交流の時間や、夜間部の1限目の授業を参観していただきました。1組は数学、2組は国語(日本語)、3組は理科、4組は国語の授業でしたが、それぞれのクラスで生徒のみなさんが主体的に授業を受けられている様子を見学していただきました。

 不登校を経験した昼間部生徒と様々な事情で義務教育を修了できなかった夜間部生徒(形式卒業生を含む)が、ふれあい学び合う本校の特色を理解していただけたように思います。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

学校案内

お知らせ

夜間部生徒募集案内

学校だより

昼間部(5組)通信

学校評価

学校いじめ防止基本方針

京都市立洛友中学校
〒600-8383
京都市下京区大宮通綾小路下る綾大宮町51-2
TEL:075-821-2196
FAX:075-821-2197
E-mail: rakuyu-c@edu.city.kyoto.jp