京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/08/05
本日:count up17
昨日:9
総数:105154
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
7月24日から夏休みです。

卒業祝い献立

画像1
画像2
今日の献立はごはん・牛乳・トンカツ・野菜のソテー・みそ汁です。6年生の卒業祝い献立です。6年生はこれまでに1180回ほど食べてきました。体も心も大きく成長しました。1枚1枚衣とパン粉をつけたカツに手作りのミックスソースをつけて食べます。
6年生ではトンカツのおかわりじゃんけんも盛り上がっていました。

給食調理員さんからのメッセージカードも全クラスに配られました。
1年間苦手なものもしっかり食べ,食べる力が身についたと思います。
これからも味わって食べてほしいなと思います。

みんなであそぼう2

画像1画像2画像3
二つ目のあそびは,おにごっこ!
いろいろな種類のあるおにごっこの中でも
手つなぎおにとバリアおにが選ばれました。

国語の授業で学習したように
一年生も二年生も得意な人も苦手な人も楽しめるような
あそびの工夫を思い出しながら遊べていました☆


みんなであそぼう1

画像1画像2画像3
3月7日(水)
国語の学習で作った「あそびしょうかいカード」
一年生にシールを貼ってもらい,一番人気だったあそびを選びました。


一つ目は,ハンカチ落とし!
最初は遠慮しがちな子どもたちでしたが,
一年生も二年生も関係なく楽しむことができていました☆

学校評価等02

学校評価結果等については,ページ右下の配布文書,または以下のリンクをクリックしてご覧ください。

学校評価(2月)

小さな巨匠展とお別れ会

画像1
 3月1日〜4日まで堀川御池ギャラリーで「小さな巨匠展」を開催しています。
そよかぜのみんなの「夢の乗り物」の力作が展示されています。
   ぜひ見に行ってください!あまりのカッコよさに仰天しますよ!!
 今日(3月2日)池田小学校で6年生のお別れ会(フレンドタイム)がありました。
6年生の将来の夢や小学校の思い出を聞いて,電車の運転手になりたいとか看護婦さんになりたいとかすごい夢を持っているな、と驚きました。その後,みんなで楽しい遊びをたくさんしました。6年生の投げるボールは強いし早いしもう逃げるのが大変でした。
 みんなで「貨物列車」をして一つの円になり6年生に「おめでとうのメダル」を渡しました。
 6年生,ありがとう。中学生になっても頑張ってね。さようなら!!
画像2

給食室からこんにちは

今日は3月の和(なごみ)献立の日です。ごはん・牛丼の具・ほうれん草のおかか煮・春のみそ汁・桜もちです。牛肉は明治時代に外国の文化と一緒に日本に入ってきました。鉄の鍋で牛肉を煮込んで食べる「牛鍋」という料理をごはんにのせて食べたのが「牛丼」の始まりです。昨日から楽しみにしている子もたくさんいました。春のみそ汁には旬の食材(たけのこ・わかめ・菜の花)が入っていて春を感じさせてくれました。さくらもちは,あんが入ったもちと塩づけした桜の葉を一緒に食べます。6年生は桜もちがモチモチした・桜もちがつぶつぶしていて雪みたい。1年生は桜もちの葉がしょっぱくて,甘いおもちと食べるとおいしかった。と感想を聞かせてくれました。2年生では一旦減らしてもらった桜もちを「やっぱりおいしかったから返して」と言って食べた子もいました。
給食室(サービスホール)には和食推進のキャラクターである「かずくん」と「なごみちゃん」が「いっぱい食べてね〜」「桜もち食べられるかな?」と子どもたちに声をかけていました。そのおかげか残菜もなく,なぜか桜もちの葉っぱが数枚返ってきただけでした。葉っぱも一緒に食べた方がおいしいのにね。
画像1
画像2
画像3

春 みつけたよ…

画像1
春、見つけたよ… 
 
 学校のプールの水をも凍らせ、暴れ回ったインフルエンザとともに居座った厳しい寒さも、ようやく去っていき、醍醐山の向こうから暖かな匂いとともに春が顔をのぞかせる季節になってきました。学校の風景にはまだまだ冬の装いが残っていますが、あちこちで春の芽生えを感じるこの頃です。
 ここ数年、何よりも先がけて「春がやってくるよ…」と知らせてくれる花があります。枝垂れ桜の足もとに、黄色い花(ガザニア?)が今年も2月から咲きだしました。まだまだ枯草が多い中、ひときわ目立つ鮮やかな色の花が、深い緑の葉っぱとともに、陽に向かってあふれるように広がってきています。
 毎年、寒さが残る中、子ども達と「春見つけ」をするのが楽しみで、いろんなものを見つけてきました。今年は、ある子が「黄色い花、見つけた!」と報告に来てくれたのです。氷が解けたビオトープで、何ヶ月もの間、姿を見せなかったメダカの群れを見つけてくれたのも子ども達です。チューリップの芽が固い土からまっすぐに顔を出しできたのを伝えてきてくれたのも子ども達です。
 桜が咲いて、つくしが伸びてくる本格的な春はまだ先ですが、凍りつくような空気が少しだけゆるんでくるこの季節、子ども達や「いのち」あるものすべてが冬眠から覚めて、もぞもぞ、わくわく、動き出すようです。そして、縮こまった体にほんのりとした温かい光と風を浴びながら、エネルギーをふくらませるこの時期は、子ども達にとっても進級や進学を迎え、次のステップに向けての階段を上れるように季節が応援してくれているようにも感じます。

 私がこの学校でこういった季節を迎えるのも、いつの間にか7回目になりました。毎年くり返される子ども達とのほんの小さなやりとりですが、その向こうにいる子ども達の姿は、一年一年確実にまっすぐ育っているのがうれしくてたまりません。
 こんな子ども達との「春見つけ」ができるのも、今年かぎりかもしれませんので、何か寂しいような気もしますが、小さな足元の「いのち」を感じ、見つけられる感性を大きく膨らませてくれた数多くの子ども達に、そして出会いに、心の中に温かな風が吹くような「しあわせ」を感じます。

 「またいっしょにさがそな、せんせ…」
ベルが鳴って教室にもどる間際に、子どもがにっこりささやいてくれたこんな言葉が、不思議なほど胸にしみてきました。
 ありがとう…。

 さて、いよいよ3月。
 それぞれが進級し、卒業していく、そして新しい仲間を迎える季節になってきました。不安や期待が入り混じる気持ちがあるかもしれませんが、どうかこの一年間のがんばりに自信をもって次のステップに向かっていってください。君たちが元気に豊かに育つことを「ねがい、いのる」、そしてあなたのことを「大好き」な学校が、いつもそばにいます。 来年の、そして未来の、たくましく豊かに育っていく姿がとても楽しみになるこの季節です。

画像2

作品展鑑賞2

画像1画像2画像3
自分たちの作品をじっくり鑑賞しています。

友だちの作品の好きなところやいいなと思ったところを
鑑賞カードに記録しながら鑑賞していました。

ほかの学年の作品も興味をもちながら鑑賞できていました♪

作品展鑑賞1

画像1画像2画像3
2月20日〜22日作品展が開催されました。

子どもたちは,これまでに取り組んできた作品を
どんなふうにして作ったのか,どんな思いを込めて作ったのかを
話しながら鑑賞会をしていました。

ひろがれわたしの学習の様子

画像1画像2画像3
いま,生活科で「ひろがれわたし」に取り組んでいます。

生まれた時の様子や赤ちゃんの時の様子
おうちの人の協力があり,こどもたちは
どんどんアルバム作りをすすめています。

子どもたちは,赤ちゃんの頃や
幼稚園,保育園の頃の写真を見て
少し照れくさそうにしながらも
自分の成長を感じています。

アルバムが完成するのが楽しみです♪
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
京都市立小栗栖宮山小学校
〒601-1461
京都市伏見区小栗栖宮山1-1
TEL:075-572-5216
FAX:075-572-5217
E-mail: miyayama-s@edu.city.kyoto.jp