京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/11/01
本日:count up3
昨日:26
総数:78242
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
平成30年度入学児童 就学時健康診断は 11月24日(金)です。

1年生 あきといっしょに2

画像1
画像2
拾ったどんぐりの観察をしました。

目でよく見て,絵を描いたあとは,
手で触って,鼻で匂いで,耳で聞いて,
気付いたことを観察カードに書きました。

「さきのところがとんがっている。」
「どんぐりはつるつるだけど,ぼうしはざらざらしていた。」
「すこしつちのにおいがした。」
など,たくさんのことに気付いていました。

1年生 あきといっしょに

生活科では,「あきといっしょに」でどんぐり拾いをしまいした。

ぼうしをかぶったどんぐりや,
枝でつながったどんぐり,
緑色のどんぐりや茶色とおうど色の混じったどんぐり・・・
と,様々などんぐりに,子ども達は大喜び!!

たくさんのどんぐりを見つけることができました。
画像1
画像2

〜くん、〜さんで呼ぶこと

画像1
〜くん・さんで呼ぶこと
 
 最近、子ども達の姿がとてもすばらしくなってき、「〜しましょう!」とか「〜は、だめ!」といった校長として訓示めいたことを言う機会がめっきり減ってきました。毎月の朝会でも、校長先生の説教話ではなく、できるだけ子どもらの心に残ることを伝えるよう心がけています。楽器の演奏をするのもそんなわけです。
 小さい頃、私が覚えている校長先生の話は、「冬でも手袋はしないし、ポケットにも手は入れない(校長先生はえらいなあ…)」とか、「トイレの紙は2枚重ねて、2回折ったら事足りる(倹約の話?)」とか…、まったくたわいもない話だけが残っているものですから…。

 でも、そんな中、毎回のように「訓示」してしまうことがあります。校長になって7年間、言い続けてきたのですが、なかなか定着しません。それは「人を呼ぶときは、〜さん・くんをつけて!」ということです。
 「人を大切にしましょう!」と言いながら、その人自身を表す名前が、雑に扱われているようで、とても気になるのです。約束が守られているクラスもあるのですが、今でもあちこちで きつい言い方の「よびすて」が横行していて、その後には「おまえなあ!」「〜なんじゃー!」と、とげとげした言葉が続くことも多く、それが言い争いにつながることも多いのも事実です。

 といっても、私自身、正直言って、若い時はクラスの子らを呼び捨てしていたり、あだ名でよんでいたりした時期もありました。子ども達と親近感を持って接することができ、距離も縮まるとかんちがいしていたのでしょう。
 以前、担任をしているとき、こんなことがありました。
 毎日、子どもらとひと言だけのやりとりをしている「あんなあ…」で始まる交換ノートに、ある子(おとなしくて、目立たない子でした)が「ニックネームで呼んでもらっている人はいいなあ…」と書いていたのです。あだ名で呼び合っていたクラスの仲間の中に、呼ばれていない子もいたのです。
 そして、こんなこともありました。自分自身の育つ家庭を本にする勉強をしていた時のことです。おちょけでみんなにしたわれていますが、いじられやすいタイプの子の発表でした。「ぼくのお母さんは、病気がちで、生まれてきた子には元気に育ってほしいという願いを込めて、大切に思いを込めてつけてくれた名前だから、よびすてで呼ばれるのは、ちょっとイヤな感じがします。」まっとうな訴えでした。

 そんなこともあって、今では子ども達を呼ぶときは、必ず〜くん・さんをつけています。宮山の子ども達にとっても、これからいろんな人との関係を広げ、大きな世界にはばたいていくために、TPO(時・場所・場合に応じた使い分け)の力をつけておくことも、とても大切なことです。くん・さんづけは決して、遊んでいる時や家庭内でおしつけるものではありません。でも、最低限、学校では教師も含めすべての人が意識してほしいのです。言葉をだいじにする場であってほしいのです。

 人は言葉で考え、そのやりとりの流れの中でコミュニケーションを行っているのですから、相手を大切にし、ほんわかとした温かい関係を作り、広げていくために、呼びかたも、ていねいで温かなものを心がけていきたいものですね。

10月23日(月) 本日の登校について

本日,午前6時7分に暴風警報が解除されました。大雨洪水警報は継続中ですが,学校は通常通りあります。
 児童のみなさんは,登校班で気を付けて学校に来てください。

10月21日(土)日野野外教育キャンプ中止のお知らせ

10月21日(土)に予定されていました「日野野外教育キャンプ」は雨の予報のため,中止となりました。日野野外教育キャンプに申し込んでいた人は小栗栖宮山小学校ふれあいサロンで午前11時半からカレーライスを食べるので学校に来てください。保険等すでにかけておりましたので参加費(300円)は返金できません。

そよかぜ  朝の会

 毎日朝の会で給食の献立を日直さんが伝えてくれます。献立表には,食材の特徴やクイズなどが書いてあり,高学年になるとその部分もきちんと読んでくれます。今日は三杯酢についてのクイズを楽しみました。
画像1
画像2

京友禅

画像1画像2画像3
今日は京友禅の体験がありました。京友禅の立派な見本を初めて見た時に,子どもたちは不安そうな顔をしていましたが,しっかりと先生の話を聞いて作業できたので,全員が素晴らしい作品を作ることができました。

給食室からこんにちは

画像1
画像2
画像3
今日の献立はごはん・さんまのしょうが煮・小松菜とゆばの煮びたし・五色のすまし汁・しば漬けです。10月の和(なごみ)献立です。さんまは秋においしい魚です。今日もほとんどの人が「お魚名人」でした。小松菜とゆばの煮びたしはけずりぶしのだしで、ゆばが京都らしいですね。五色のすまし汁は、にんじん(赤)・えのきたけ(黄)・ねぎ(緑)・とうふ(白)・わかめ(黒)と、彩を楽しみました。1年生も「4色みつけた!」と楽しみながら食べていました。そして、京都の三大漬物の「しば漬け」です。なすと赤じそ・塩で作られる漬物は乳酸発酵しているので酸っぱい味もしますが「梅干しみたいな味がする」「ごはんと合うよ」と言いながら食べていました。1年生では、しば漬を初めて食べる子が半分以上でした。昔から受け継がれてきた伝統食品や和食のことを知り、味わって食べてほしいなと思います。

クックストアを見学!

画像1画像2
今日は社会見学でクックストアを見学しました。班に分かれてスーパーの中の工夫を探しました。店員さんやお客さんに積極的にインタビューをする姿が見られ,質問の時間では,たくさんの手が挙がっていました。とても意欲的に活動ができ,素晴らしい社会見学となりました。

平成29年度 学校経営方針

やさしくたくましい心で高め合い,自ら「自己実現」をめざす宮山の子
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
学校行事
11/18 伏見東支部PTAコーラス交歓会
11/20 クラブ活動・体重測定(1年育成)・給食の日
11/24 就学時健康診断
京都市立小栗栖宮山小学校
〒601-1461
京都市伏見区小栗栖宮山1-1
TEL:075-572-5216
FAX:075-572-5217
E-mail: miyayama-s@edu.city.kyoto.jp