京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/01/23
本日:count up6
昨日:87
総数:156067
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
1月28日(火),本校の研究発表会を開催いたします。13:30から全体会を始めます。たくさんのご参会をお待ちしております。

感嘆符 PTAフェスティバル開催!

画像1
画像2
画像3
12月14日(土)京都市PTAフェスティバルが,国立京都国際会館で開催されました。
 会場には,各校で制作された「PTA新聞」が掲示されておりました。

 竹の里小学校は,もちろん竹をモチーフに,フェルトで表現してくださっています。

 また,学校教育目標である「やればできる!」の学校中の合言葉も書いていただいてい
ます。

 また,それぞれの学校の作品も拝見いたしました。

 PTAの担当の方々,たいへんお世話になりました。ありがとうございました。

 

感嘆符 税に関する小学生の習字

画像1
 今年度,「税に関する小学生の習字」に4年生以上の子どもたちが,応募いたしました。
  右京区,西京区,乙訓地域の作品から,金賞を受賞した2名の表彰式を本日いたしました。
 右京税務署の副所長様が来校され,校長室での表彰式となりました。「税」を考えるきっかけになるようにと機会をつくっていただいております。

 残念ながら,もう1名が欠席でしたので,後日表彰式を行いたいと思います。

 おめでとうございました。
画像2

感嘆符 感性って・・・ その2

画像1
画像2
画像3
 今日拝見した音楽劇に出てくる楽器は,アフリカの人たちが作っためずらしい楽器ばかりです。すべて劇団の方々が現地まで行かれて買われているのです。そのことも音楽を奏でるのにこだわりをもっておられるのでしょう。
 軽快なリズムが,わたしたちを包むのです。

 また,マイクを通さない生の歌声で心を響かせてくださいます。「ほんまもん」にふれるってこのことです。だから,感性がビリビリとなるのでしょう。

 感性を育てるためにという近道はないでしょうが,いっぱいいっぱい体験することは大事です。今日の子どもたちも参加をさせていただいてとっても楽しそうでした。

 この先,ずうっと覚えていると思いますよ。

 演劇集団「遊玄社」の皆様,本当にありがとうございました。

感嘆符 感性って・・・ その1

画像1
画像2
 子どもの頃に見たこと,したこと,感じたことを今も鮮明に覚えているのはどうしてでしょう。子どもの心は,とってもピュアでたくさんたくさんしみ込んでいくのでしょうか。

 きっとそう思います。


 今年度も機会があって文化庁主催「文化芸術による子どもの育成総合事業」のひとつの「イソップランドの動物たち」の音楽劇を竹の里小学校で開催することができました。
 体育館がミュージカルのホールに大変身。90分間の舞台に魅了される子どもたちです。心は,釘づけ!

感嘆符 聴きたい!と思ってもらえる 放送を

画像1
画像2
 12月2日(月)6校時,5・6年生の委員会活動がありました。

 放送委員会の子どもたちは「全校のみんなが,おもしろいなあ。もっと聴きたいなあ。」と思ってもらえる放送にするには,どうしたらよいのか話し合いました。

 自分たちが,「おもしろそう!」と思ったことを放送すればいいんではないかな。
知らないことを教えてくれるニュース。ちょっとおもしろいなぞなぞ。クリスマスが近いからそれに関することを調べたらいいね。

 すばらしい意見がたくさんでてきました。

 ますます,お昼の放送が楽しみになってきました。

感嘆符 クラスで「ひびきあい」 その2

画像1
画像2
画像3
 自分の思いをもってしっかりと話し合いに向かっている姿に,子どもたちの成長を感じました。

 3年生の子どもたちの中に「思い」というのは思うだけなんや。思うだけやったら,何にもしてない。しなあかんこと。それが「思いやり」
(なるほど、なるほど・・・・。そうですね)
 
 5年生の子どもたちの中に「〜してあげる。」という言葉を使うこと自体,自分の見方が上から目線になっているのではないか。という意見を言っていました。では,どんな言葉を使うとよいのだろうか・・・・。自分がすると思ったら,「〜します。」でよいのではないか・・・・。
(なるほど,なるほど。大切なことです。)

 どの学年の子どもたちもそれぞれの教室で意見を響かせていました。とっても「すてきな姿」です。

 言葉ひとつひとつにこだわって,考えることをしています。この成長は,大きいです。

感嘆符 クラスで「ひびきあい」 その1

画像1
画像2
画像3
 いつもの「ひびきあいタイム」は,わたしがお話をしてそのことについてどう感じ,なにを考えたのか,そして,さらに,友だちの考えを聞いて自分はどう思ったのかということを全校児童で話し合いをします。
 でも,今日は,教室にもどってクラスで話し合いをしました。

 教室での「ひびきあい」の時間をのぞかせていただきました。グループでの話し合い,全体の話し合い,また,全体で話し合ってから自分の思いを自分の言葉で表現している様子がありました。

感嘆符 自分との闘い その2

画像1
画像2
画像3
 このマラソン大会は,体育の授業で取り組んだ力,中間マラソンのがんばりの力を発揮する機会です。
 この本番だけのがんばりでは,取り組む意味がありません。子どもたちは,それぞれの自分の力を発揮していました。がんばる姿は,かっこういいです!

感嘆符 自分との闘い その1

画像1
画像2
画像3
 11月28日(木),マラソン大会を開催しました。

 強い風とぱらぱらと降る雨にも負けず,参加した児童は,全員走り切りました。

 そのために,約2週間,中間マラソンを行いこの日に向けて練習をしてきました。

 しかし,5・6年生は,違います。春からの取組があります。6年生が,朝ランニングを始めたのが,5月ぐらいだったでしょうか。全員で取り組むことを大事に週2回の練習を欠かさず,やっていました。その姿を見た5年生も全員で練習に加わりました。火曜日と木曜日は,朝ランニングです。5・6年生の姿を下学年もしっかりとみていました。

 持久走は,自分との闘いです。昨日の自分に勝つのです。

感嘆符 新保護者の皆様には・・・

画像1
画像2
画像3
 就学時健康診断のお待ちの間に,保護者の皆様には「ほっこり 子育て ひろば」を開催させていただきました。
 子ども若者はぐくみ局の方々のお力添えいただき,グループワークをしました。

 グループで自己紹介や自分の好きな時間,子育ての悩みなどお話をされているとわきあいあいとしてなごやかな空気になってきました。「同じような意見をもっているお母さんがいたので安心しました。」「ちゃんとしないといけないと私自身が思うことが多いので,子どもにおしつけがち。それはあまりよくないと思いながらやってしまっていたのでもう少しのんびりさせようと思います。」

 保護者の方の中には,ご自身が入学にあたり不安に思っておられるようです。

 安心してください。どうぞいつでもおたずねください。

 ご協力いただき,ありがとうございました。保護者の方々にとって有意義なお時間になったようでよかったです。感謝いたします。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
12/22 コミュニテー事業主催 大掃除
12/24 2学期終業式
12/25 部活動 西京西支部 卓球交流会

学校だより

学校評価

お知らせ

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

小中一貫教育構想図等

令和元年度研究発表会

京都市立竹の里小学校
〒610-1144
京都市西京区大原野東竹の里町四丁目1
TEL:075-332-3745
FAX:075-332-3746
E-mail: takenosato-s@edu.city.kyoto.jp