京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/06/25
本日:count up5
昨日:56
総数:140810
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
個人懇談会・・・7月17日(水)〜22日(月)     夏季休業・・・7月24日(水)〜8月25日(日)     4年生みさきの家・・・9月6日(金)〜8日(日)           

卒業のお祝い

画像1画像2
算数の少人数指導でお世話になっている杉山先生が、もうすぐ卒業する6年生にメッセージをくれました。

得意なトランペットを披露してくださり、自分が中学から大学まで取組んできた吹奏楽のお話をしてくださいました。

継続することの大切さ、同じ目標をもつ仲間とのつながりなど、心に響くお話でした。

子どもたちはとても集中して聞き入っていました。



図書ボランティアさん ありがとう!

画像1
いつもお世話になっている図書ボランティアさんが、卒業を目前にした6年生に読み聞かせに来てくださいました。

テーマは『友達』

きっと子どもたちは、卒業して離れてしまう友達を思い浮かべたり、小学校生活の友達関係を振り返ったりしながら、お話に浸っていたことでしょう。
画像2

卒業遠足 〜関西サイクルスポーツセンター〜

6年生が卒業遠足に行きました。

当日はあいにくの雨となりましたが、子どもたちには天候は関係ないようで、現地に着くなり元気に活動に飛び出していきました。

午後からは雨もほとんど止み、グループで珍しい自転車や、自転車をもとにしたアトラクションに乗って楽しく活動できました。

卒業前の貴重な思い出ができました。

画像1
画像2
画像3

魔法にかかった6年生 〜サンガつながり隊がやって来た!〜

画像1
画像2
画像3
6年生が,京都サンガFCの取組「サンガつながり隊」を体験しました。

サッカーの技術向上が目的ではなく,サッカーを通して仲間づくりやコミュニケーション能力を養うということが目的です。

6年生になると,男女を意識したり,友達関係にこだわったりして,自然にグループを作って協力することができにくくなります。

しかし,来てくださった池上コーチの「子どもたちに気付かせ,考えさせる」活動を通して,子どもたちは自然に輪の中に溶け込み,真剣にボールを追いかけていました。

子どもが自らの力で考え,問題解決を図ることができるように仕組まれたプログラムの中で,池上コーチの優しい声掛けを通して,プログラムが進むにつれ,子どもたちの表情が生き生きと輝いていきました。

これぞ池上マジック!!

魔法にかけられた6年生の子ども達!!

人と人とがつながっていくことの大切さに改めて気づくことができました。

卒業前の池上コーチからの素敵なメッセージは,いつまでも子どもたちの心に残ると信じています。

「自分で考える力を育てる」ことを大切に考えておられる池上コーチの指導法は,教職員にとってもとてもよい勉強になりました。

中学校 オープンスクール2

運動部も文化部も、1・2年生の先輩たちが優しく関わって教えてくれたので、子どもたちも安心して楽しく活動することができました。

小学校の部活とは違って、本格的な活動ができ、とても充実した時間だったようです。

中学校へのイメージが膨らみ、入学が楽しみになった子どもたちでした。
画像1
画像2
画像3

中学校 オープンスクール1

四条中学校へ部活動体験に行きました。

「中学校はどんなところだろう?」「先輩たちはどんな感じかな?」と行く前から期待と不安でいっぱいでしたが、どの子も楽しみにしていました。
画像1
画像2
画像3

今までありがとう!

画像1
画像2
画像3
6年生が「感謝の集い」を行いました。

もうすぐ卒業する6年生ですが、ここまで来られたのは、育ててくれたお家の方、いつも温かく見守ってくださった地域の方々、自分たちについてきてくれた下の学年の子たちのおかけだということで、その感謝の気持ちを表して卒業しようということで計画しました。

グループに分かれて、活動を計画・準備し、当日を迎えました。

下の学年の子たちのためにということで、ゲームコーナーを考えたグループがほとんどでしたが、来てくれた下の学年の子たちから、「ありがとう!」「楽しかった!」という声を聞いて、6年生もとても喜んでいました。

また、友達と協力して計画や準備を進め、感謝の集いを成功させられた充実感が、また思い出の一つになったようでした。

国際人として

JICA大阪からゲストティーチャーを招いて,国際協力についての授業をしていただきました。

ゲストティーチャーの海外での経験や,その経験を通して考えたこと,日本人として考えることなど,子ども達にとって新鮮で興味深いお話で,子ども達もすぐに引き込まれて真剣に話を聞いていました。

6年生の子ども達が大人になる頃には,世界の国々が今よりももっともっと身近になっていると思います。その時に今日の話が思い出されたら素敵だなと思いました。

画像1
画像2

暦は2月になりました

画像1
 早いもので,本年度も残すところ40日を切りました。それぞれの学年の子どもたちも1年を振り返る学習を進めています。2月の朝会では好例になっている坂本校長の読み聞かせがありました。今回のお話は「ヤクーバとライオン」。テーマは「勇気」でした。お話を聞く態度もとてもよくなってき,みんな真剣に聞き入っています。坂本校長の気持ちを込めた読み声が,子どもたちの心のアンテナに伝わっていることが感じられます。   

京都ハンナリーズ スクールキャラバン2

画像1
画像2
画像3
ボールに慣れる練習や,ドリブル鬼ごっこ,シュート練習など,初めて知る技やコツなどを優しく教えていただき,どの子も一生懸命にボールを追いかけていました。

最後に選手と一緒に記念撮影をし,一人ひとりサイン入りの終了証をいただきました。

心に残るとても充実した時間が過ごせました。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
京都市立安井小学校
〒616-8075
京都市右京区太秦安井柳通町15
TEL:075-841-3130
FAX:075-811-3333
E-mail: yasui-s@edu.city.kyoto.jp