京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/06/24
本日:count up3
昨日:737
総数:299829
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標『自ら学び 高め合う 心身共にたくましい宇多野の子』

感嘆符 義援金のご協力ありがとうございました。

 東北地方太平洋沖地震で被災された方々に対して本校でもご協力をお願いしていました義援金をおさめさせていただきました。

 京都宇多野郵便局さんにお世話になり、「日本赤十字社東北関東大震災義援金」へ皆様からの、計154,115円を送っていただきました。ありがとうございました。

 尚、今回の義援金は当初24日に締め切らせていただきましたが、引き続き義援金箱を設置しますので、よろしければご協力をよろしくお願いします。

 今回、義援金箱にはお金以外にも子ども達が書いたと思われるメッセージもいくつか一緒に入っていました。子ども達の純粋な優しい気持ちが伝わってきて、胸が熱くなります。
 そのうちのひとつをここでご紹介させていただくとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、避難されている方々へエールを送らせていただきたいと思います。


「死にそうな人のために使ってください。このお金を使って助けてくれればうれしいです。助かることをねがっています。」
 

ありがとう6年生

画像1画像2
 今日(24日)福王子の交差点で登校指導していますと、地域の方から
「6年生がいないと、こんなに少ないんですね」と声をかけられました。

 昨日は卒業式。最後の授業として臨んだ卒業式。会場内に響き渡る気持ちのこもった返事や巣立ちの言葉。きびきびした態度は立派でした。
 雨の日も風の日も集団登校のリーダーとして下学年を引っ張ってくれた6年生。
運動会での真剣な一つ一つの技や、学芸会での演技は見ている多くの人に感動を与えました。クラスのまとまりだけではなく、学年としてのまとまりを感じさせてくれた6年生。ありがとう。
 こんな6年生を在校生代表の5年生がしっかり見ています。バトンは渡されました。がんばれ5年生。

6年間の最後の給食です。

画像1
画像2
画像3
3月22日の給食は「麦ごはん、牛乳、肉じゃが、小松菜と切干大根の煮びたし」です。今日は今年度最後の給食です。6年生は小学校最後の給食です。3クラスとも、それぞれグループになったり、輪になったりして食べていました。6年前とても食が細かったり、偏食があったりと1年生の時の様子が思い出されます。6年間で1100回以上給食を食べたことになります。今は食べることをとても楽しんでいるようでうれしいです。中学生になっても食べることを大切にしてほしいです。

卒業お祝いの献立です。

画像1
画像2
画像3
3月18日の給食は「ごはん、トンカツ、ソティ、みそ汁、牛乳」です。今日は6年生の卒業お祝い献立です。トンカツは1年に1回位しか出てきません。3月の献立表を配布した時から今日のトンカツを楽しみにしていた子ども達が多いです。トンカツは豚ロース肉を1枚ずつ塩・こしょうして小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけて油で揚げます。「トンカツがカリカリしてて美味しかった。」「トンカツの外はサクサクしてて、中はジューシーで美味しかった。」と大好評でした。6年生の教室ではおかわりの列にたくさん並んでいました。グループを作ったりして楽しく食べていました。

手ぼう豆がシチューになったよ。

画像1画像2画像3
3月16日の給食は「ミルクコッペパン、牛乳、手ぼう豆のクリームシチュー、ひじきのソティ」です。手ぼう豆は白い楕円形の豆で、和菓子の白いあんこの材料になります。今日はクリームシチューにしました。鶏肉、野菜を煮込んだところに茹でた手ぼう豆とホワイトルーを加えてコトコトと煮込んで仕上げました。「クリームシチューはとろとろしていて美味しかった。」「手ぼう豆が甘くて美味しかった。」「シチューがクリーミーだった。」と大好評でした。

学芸会,頑張りました。

3月2日(水)に,学芸会があり,1年生は【きりかぶのあかちゃん】という劇を発表しました。

当日まで,台詞を大きな声でゆっくりと,気持ちをこめて言えるようにたくさん練習を積み重ねました。
最初はなかなか声が出なかったり,動きがつけられずにいたりしましたが,本番はそれが嘘のようでした。

良い表情で堂々と歌ったり,台詞を言ったりする子ども達の生き生きとした姿が見られました。

他学年やクラスの発表も喜んで見ていました。

終わったあとの感想では,
「また学芸会やりたい!」
「○年の劇が面白かった。」などと楽しそうに話していました。

来年もきっと素敵な発表をしてくれることでしょう。
今から楽しみです!
画像1
画像2

星型にんじんがいっぱいの煮つけです。

画像1
画像2
画像3
3月15日の給食は「ごはん、牛乳、さんまの変わり煮、煮つけ」です。「さんまの変わり煮」は一人半切れのさんまをしょうが、三温糖、赤味噌、しょうゆ、料理酒、酢、トウバンジャンの煮汁でコトコトと1時間程煮ました。「さんまの変わり煮は味が美味しかった。」「さんまの変わり煮とごはんを代わりばんこに食べたら美味しかったです。」「白ごはんによく合っていた。」とみんなきれいにさんまを食べていました。たくさんお魚食べ名人がいました。「煮つけ」は人参をいつもは1クラス2〜3個位の当たり人参ですが、今日はたくさんの人参を星型に抜きました。6年生では、一人1個は当たるようにしました。6年生の教室では、当番さんが人参がみんなに入るように気をつけながら配っていました。

凡事徹底

画像1画像2
おはようございます。
一年半、毎朝元気を送ってくれました。
6年生いよいよ卒業ですね。
あなたたちの <おはようございます>と言う声にいくら助けられたか分かりません。
寒い朝、雨の朝、体調の悪い朝、たった一言で、暖かくなれました。
言葉の力。続ける事の大切さ。本当に素晴らしかったです。 

今、震災で本当に辛い思いをされている方が沢山おられます。
そんな中、私たちに何ができるのか?
一人一人が考えていかなければならないと思います。
いろんな事に感謝して、一日一日を大切に生きていきたいですね。
6年生が掲げてくれたボード、<東北がんばれ>。
一日も早い復興をお祈りいたします。






牛丼でごはんが進みます。

画像1画像2画像3
3月14日の給食は「牛丼、三度豆のごま煮、すまし汁、牛乳」です。牛丼は牛肉と玉ねぎ、糸こんにゃくを砂糖、しょうゆ、料理酒で甘辛く煮つけたものをごはんにのせて食べます。最近ごはんの残量がとても少なくなっています。今日はごはんにのせて食べる献立なので「ごはんが足りない。もっと欲しい。」と言っていたクラスもありました。今日もしっかりごはんもおかずも食べていました。

町のやさしさを探しに行きました

画像1画像2画像3
さくら学習で,体の不自由な方達への福祉について学習してきました。
今回は,宇多野地域にある施設や場所が人々にとってやさしいか(バリアフリーに配慮しているか)どうかを調べに行きました。フレンドフーズさん・宇多野郵便局さん・宇多野ユースホステルさん・福王子交差点などの道路などに,グループに分かれて行きました。事前に自分たちで質問を考えたり,あいさつの言葉を考えたりしました。
調べてみた結果,それぞれのところで,それぞれの工夫がされており,いろいろな人たちにとって利用しやすい,やさしい町づくりがされていることがわかりました。またもっとこんな工夫をしたらもっとやさしくなるというような意見も考えることができました。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
4/6 着任式・始業式・入学式
京都市立宇多野小学校
〒616-8252
京都市右京区宇多野上ノ谷8
TEL:075-462-8136
FAX:075-462-8140
E-mail: utano-s@edu.city.kyoto.jp