京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2016/05/24
本日:count up63
昨日:82
総数:149413
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
『磨き合い 喜び合える 葵校』という学校教育目標のもと 一人一人が楽しく学校生活を送れるよう 教育を推進していきます。

「はなのみち」音読発表会(1年)

画像1
「はなのみち」の音読発表会をしました。登場人物になりきって、発表ができました。
練習のときから楽しく一生懸命に取り組めていて、本番でも日頃の音読や学校での学習の成果を発揮してくれました。これからも登場人物の気持ちになって読み、お話を楽しんでほしいと思います。

スポーツフェスティバルに向けて(4年)

画像1画像2
 5月31日(火)のスポーツフェスティバルに向けて,2年生とのたてわり種目の練習中です。
 お兄さん・お姉さんとして,2年生をリードして頑張っています!!
 本番を楽しみにしています。

科学センターに行ってきました(4年)

画像1画像2
 5月13日(金)に,京都市青少年科学センター学習に行ってきました。3年生から始まった「理科」の学習。子どもたちは,理科が大好き!!プラネタリウムでの「月」や「星」の鑑賞学習,後半は,1組は「樹木たんけん隊」,2組は「水の調査隊」に分かれて楽しい実験をしました。学習を終えた子どもたちは満足そうな表情で,帰りの地下鉄でも,目を輝かせて科学センターでの学習について話していました。

野外活動に向けて(4年)

 6月に行く「みさきの家」での野外活動に向けた準備が始まっています。係りごとに分かれて取り組んでいます。保健係は,健康と安全を守る役割で頑張ります。活動カードは,活動が安全にできるように準備物や持ち物を確認するために使います。

画像1

5年生 3年生と一緒に ペア学年種目の練習

画像1
画像2
画像3
いよいよスポーツフェスティバルで挑戦する,ペア学年の種目の練習が始まりました。
5年生は3年生と一緒に競技をするため,事前に練習をしたり,作戦を考えたりして3年生に教えてあげられるようにがんばっています。
一緒に作り上げることで,3年生との仲もより一層深まるペア種目としていってくれることを期待しています。

5年生 1年生を迎える会 副リーダーとしての活躍 2

画像1
画像2
画像3
5年生の児童会役員,学級代表の子達も,この日のために一生懸命練習し,準備してくれました。
初めての縦割り活動でしたが,副リーダー(時にリーダー)としてがんばる5年生の仲間達の姿は,本当に輝いていました。6年生の先輩と一緒に協力しながら,どんどん全校の絆を深め,楽しい葵小学校を創り上げていってくれることを心から期待しています。

5年生 1年生を迎える会 副リーダーとしての活躍

画像1
画像2
今週は1年生を迎える会がありました。5年生の子ども達も,今年はいよいよ副リーダーです。6年生がお休みの時はリーダーとしての役割に挑戦します。今回も早速1年生の手を引き入場をしてくれた5年生もいました。

避難訓練

火災を想定した避難訓練を行いました。とても真剣に素早く避難することができました。火事の時は、火も怖くて危険ですが、けむりで命をおとすことも多いそうです。ハンカチなどで、鼻や口をおおって煙を吸わない工夫も大切です。日頃から、ハンカチを持つ習慣づけが大切ですね。

画像1

一年生を迎える会・コアラっこきょうそう

画像1
16日に1年生を迎える会が行われました。
2年生から6年生の温かいお迎えの言葉を受け、「自分たちも葵小学校の一員なんだ。」という嬉しそうな顔がとても印象的でした。
1年生から6年生までが一体になって、これからの学校生活を送ってほしいと思います。

3時間目に6年生と合同で、葵スポーツフェスティバルの練習をしました。
コアラのようにおんぶをしてもらったり、手をつないで走りました。
「6年生って力持ちだな!6年生はすごいな!」と肌で感じたことと思います。
6年生をお手本にして、素敵な6年生になってほしいなと思います。

画像2

2年 春の遠足「植物園」

今日,天候にも恵まれ,延期になっていた遠足に行くことができました。
植物園では,1・2年生でたてわりグループで活動しました。
1年生と一緒にお花を観察したり,クイズラリーをしたりしました。
とても楽しんでいました。
画像1画像2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
京都市立葵小学校
〒606-0852
京都市左京区下鴨東梅ノ木町8
TEL:075-701-7151
FAX:075-701-7152
E-mail: aoi-s@edu.city.kyoto.jp