京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/12/10
本日:count up29
昨日:78
総数:226263
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

11月4日(月)バドミントン秋季大会男子の部 ブロック予選

 11月4日(月),蜂ヶ岡中学校でバドミントン秋季大会男子の部のブロック予選が行われ,8年生1人,7年生2人が個人戦シングルスに出場しました。
 7年生2人は1回戦を勝利しましたが,全市大会出場をかけた試合で敗退しました。8年生は1,2回戦を勝利し,ベスト8まで進み,全市大会出場を決めました。男子3人とも,スマッシュも強烈になり,技術も上達し,これからが楽しみになる試合ができました。  
 11月10日(日)に行われる全市大会に向けて,精一杯頑張ってほしいと思います。

画像1

11月3日(日) バドミントン秋季大会女子の部のブロック予選

 11月3日(日),松尾中学校でバドミントン秋季大会女子の部のブロック予選が行われ,8年生5人が団体戦と個人戦に出場しました。
 4チームのリーグ戦で行われた団体戦では,2勝1敗の成績でリーグ2位となり,全市大会出場を決めました。個人戦シングルスには3人が出場し,順調に勝ち進み,3位,4位,5位となり,ダブルスも接戦を制し,3位となり,出場した選手全員が全市大会出場を決めました。マッチポイントを握られてからの大逆転勝ちもあり,応援も盛り上がりました。
 11月9日(土),10日(日)に行われる全市大会に向けて,精一杯頑張ってほしいと思います。

画像1
画像2
画像3

11月1日(金) 第16回「大原提言」

 11月1日(金)10時45分から第16回「大原提言」発表会が三千院円融坊をお借りして行われました。地域を知り将来の生き方を考える「地域に根ざしたキャリア教育」の9年間の学習の集大成として,「大原提言」を行っています。7月9日(火)に実施した一次報告会で、7,8年生,教職員,地域の方々からたくさんのアドバイスをいただき,各自の「大原提言」を充実,発展させて,今回の発表会に臨みました。発表会には5年生から8年生,保護者,地域の方,学校運営協議会の方,教育委員会の方,教職員が参加しました。
 発表はパワーポイントを使って行われ,9年生は堂々と発表し,発表後の質問にもしっかりと受答えをしていました。
 本日,ご参加いただきました保護者,地域,学校運営協議会,教育委員会の皆様,会場をお貸しいただきました三千院様,本当にありがとうございました。

発表会プログラム(9年生の「大原提言」テーマ)
1.「かやぶき屋根について」
2.「木を活用しよう」
3.「旅館に泊まらない!? なら大原キャンプで一夜を明かそう」
4.「フードコートを作ろう!」
5.「空き家リフォーム」
6.「大原PR動画をつくる」
7.「商業者に英語を」
8.「大原1日フリーパスをつくろう!」

画像1
画像2
画像3

京都市学童音楽会に出演

 京都市学童音楽会が,京都コンサートホールで開催されました。今年度も3〜6年生の学院生が,『パプリカ』の合奏で出演しました。文化祭が終わってからの短時間の準備期間にもかかわらず,集中して取り組み,一人ひとりが自信をもって演奏できるようになりました。
 京都コンサートホールのように大きく本格的なステージでの発表が初めての3年生は,ワクワク,ドキドキ,そわそわしていましたが,演奏が始まると4〜6年生と同様に平常心で楽しく演奏できました。めったに立てない舞台での演奏の経験は,きっと大きな自信になったことでしょう。
 他校は合唱での参加で,合奏をしたのは本校だけでしたが,全校合唱に毎年取り組んでいる学院生にとっては,他校の合唱を聴くいい機会にもなりました。
 来週から22日の研究報告会に向け,全校合唱の練習が再開されます。他校の合唱をから受けた刺激を生かし,合唱の練習に熱が入ることを期待しています。

画像1
画像2
画像3

1・2年 遠足に行ってきました

 11月1日,晴天の中,1・2年生はそろって秋見つけをしに,京都御苑に遠足に行きました。広い御所の中を歩きまわり,いろんな種類のどんぐり拾いに夢中になっていました。拾っている最中にも,ポトンポトンと木からどんぐりが落ちてくる様子も楽しめました。
 図鑑をはじめいろいろな本が置いてある「母と子の森」というところでは,拾ったどんぐりの名前を早速調べたり,「スダジイは,たべられるよ」と本から得た情報をお友達に教えたりしていました。また,2年生でキノコに詳しいキノコ博士がいることもわかりました。

 お昼には,お家の方の愛情たっぷりのお弁当をおしゃべりしながら嬉しそうに食べていました。休憩時間には,仲良くみんなで京のわらべうたを歌い遊ぶ姿が見られました。
帰りは満員のバスに少々疲れ気味のようでしたが,目を凝らして探した,素敵な秋の宝物をたくさんリュックに詰めて満足そうに帰ってきました。
集めてきた木の実や落ち葉を使って,これからどのような創造的な活動をするのか楽しみです。

画像1画像2画像3

10月31日(木)全校マラソン 4

「小野山わらんべ」の園児たちからも声援を受けました。閉会式では,表彰式の後に,9年生から話がありました。
画像1
画像2
画像3

10月31日(木)全校マラソン 3

保護者や地域の皆様の声援を受け,一生懸命に走りました。
画像1
画像2

10月31日(木)全校マラソン 2

3・4年,1・2年のスタート時の様子です。
画像1
画像2
画像3

10月31日(木)全校マラソン 1

 10月31日(木)雨天のため延期となっていた全校マラソンが秋晴れのもと実施されました。
 学院生は毎日の朝マラソンや体育の授業で練習に取り組んできました。開始前から多くの地域,保護者の方が学校に集まり,マラソンコースを確認し,安全確保のために各ポイントに移動していただきました。開会式では「自分の目標を決めて,その目標を達成するためにやりきりましょう。」という話があり,4年生が元気よく宣誓を行いました。
 高学年のグループから順にスタートし,保護者,地域の皆様に見守られて,大原の自然の中を一生懸命に走りました。ゴールでは「小野山わらんべ」の園児たちからも声援を受けながら,最後の力を振り絞りました。閉会式では,表彰式の後に,今年が大原学院の9回目で,そして最後のマラソン大会となった9年生から「僕はマラソンが好きではありませんでしたが,保護者や地域の方の声援を受けることで,頑張って走り切ることができました。」と話がありました。
 保護者や地域の皆様,全校マラソンのご支援,学院生への応援をいただき本当にありがとうございました。

画像1
画像2
画像3

時代絵巻に卒業生参加

10月26日に京都の三大祭りの一つである「時代祭」が行われました。その中で,本校の卒業生が大原女の衣装に身を包み,行列に参加していました。京都新聞でその記事を見つけた時は驚きましたが,卒業後はそれぞれ自分の進路を歩み,普段はなかなか会えない中,互いに連絡を取り合ってこの行列に参加していたことを知り,何よりうれしく思いました。また,今もずっと自分たちが育ったこの大原を愛し,大原のことをもっとたくさんの人に知ってもらいたいという思いで自分たちにできることを実践している姿を頼もしく感じました。これは,「地域とともに大原の将来を担う子どもたち」が一歩一歩着実に歩みを進めていることを感じさせてくれました。
地域の方々,卒業生たち,ご苦労様でした。

 記事,写真:2019年10月27日 京都新聞掲載
画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

研究報告会

就学時健康診断のお知らせ

学校経営方針

学校だより

学校評価

お知らせ

学校いじめ防止基本方針

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

日本義務教育学会

小中一貫教育構想図等

京都市立大原小中学校 部活動運営方針

京都市立大原小中学校
〒601-1242
京都市左京区大原来迎院町22
TEL:075-744-2004
FAX:075-744-2079
E-mail: ohara-sc@edu.city.kyoto.jp