京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/02/17
本日:count up26
昨日:34
総数:166596
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
2月10日(土)〜京都の私学入試 2月16日(金)公立前期選抜が始まります。9年生、進路実現に向けて頑張ってください。

茶道教室

画像1画像2画像3
 2月16日(金)6年生を対象にした茶道教室を実施しました。毎年,地域の寺院をお借りして地域の茶道の先生,ご住職様にご指導をいただいています。今年度は宝泉院さんに場所をご提供いただき実施しました。子どもたちは全員白い靴下に履き替え,身支度を整えて学習に臨みます。先生に茶室の入り方からお茶のいただき方まで丁寧に教えていただきました。その作法に戸惑いながらではありますが真剣に取り組みました。「下萌」という美味しいお菓子をいただき,その後にお茶を順番にいただきました。また,交代でお運びも経験しました。学院生は「社会科で学習した書院造のお茶室でお茶をいただけてとても貴重な体験ができた。」「違い棚やふすま,掛け軸などとてもすばらしい雰囲気があってよかった。」「お茶菓子やお茶がとてもおいしかった。」などの感想をもちました。京都大原学院を卒業する学院生は,全員お茶席できちんとふるまえるようにとの地域の皆様の熱いおもいで続いてきた行事です。

2月15日(木),16日(金)、7年1組 花背山の家に宿泊学習

画像1画像2画像3
2月15日(木),16日(金)両日、7年1組は、花背山の家に宿泊学習に行きました。山の家に到着してお弁当を食べた後、雪ぞりを約2時間半、たっぷり楽しみました。入浴・夕食の後、参加生徒約100名ほどで『みんなの心は一つだ』ゲームや、ビンゴゲーム・キャンドルファイアー点火など、楽しい交流会に参加しました。疲れていたので、ぐっすり眠ることができました。
二日目は、朝食後部屋の片づけなどを行い、昼ごはんまでの約2時間、一日目とは違う斜面で雪ぞりを楽しみました。2か所の斜面を行ったり来たりして変化をつけながら楽しんで滑ることができました。自由に遊べる時間はそれほどたくさんはありませんでしたが、それでもいろいろな学校の人たちと友だちになり、『大富豪』や『ウノ』などカードゲームを一緒にして楽しい時間を過ごしました。
少し雪が少なかったものの、たっぷり楽しめた2日間でした。

小さな巨匠展合同作品作り 2回目 にじいろ学級

画像1画像2
 先週に引き続き,明徳小学校で2回目の合同作品作りを行いました。
前回,遊んだ後の新聞を詰め込んだ5色のカラーポリ袋に飾りつけをします。
初めにグループごとにどんなものにしたいかを相談しました。
電車,うさぎ,海の生き物・・・などグループごとに思い思いの飾りをして作品を完成させました。

陶芸教室

画像1画像2画像3
 2月14日(水)1年生と2年生を対象にした陶芸教室を行いました。コップ,お皿,置物,花びんなど自分の作りたいものを決め,美術の先生の説明を聞き一生懸命に取り組みました。今日も地域の方にもお手伝いをしていただき,素晴らしい作品を完成させることができました。学院生たちも「頑張って作ったよ」「仕上がりが楽しみだな。」などの感想を言っていました。3月の出来上がりが楽しみです。

お祝飾りを作ろう  にじいろ学級

画像1画像2
 9年生の卒業まで1カ月・・・。
いつも優しく接してくれた9年生にありがとうの気持ちを込めてお祝い飾り作りをしています。
 今日は大きな桜の木になるように教室いっぱいに広げた紙の上に手形をつけたり,ぬたくりをしたりしました。絵の具の感触が気持ちよくてあっという間に出来上がりました。

2月9日〜12日三千院で大根焚き

画像1画像2
 2月9日〜12日まで,三千院で大根焚きが行われました。たくさんの観光客が訪れていました。京都大原学院の畑で学院生が育てた大根も三千院にお供えして調理していただきました。三千院の方も「来られる方皆さん美味しいと言って食べておられます。」とおっしゃられていました。

※大根焚き(だいこだき)とは,京都で行なわれる歳時記,年中行事のことである。寺院などにおいて大根を煮たものを参拝者に振る舞い,仏前に供える行事である。

奈良市立田原小中学校5・6年生交流学習

画像1画像2画像3
 2月9日(金)奈良市立田原小中学校の5・6年生が交流学習で大原を訪れ,京都大原学院5・6年生と交流しました。大原学院の6年生は2年前,5年生は昨年交流学習で奈良を訪れ,田原小中学校の児童と一緒に奈良国立博物館,東大寺という世界遺産について学習しています。今回は久しぶりの再会になるので,事前にテレビ会議システムで交流,そのおかげか今日はお互いすぐに打ち解け,話を弾ませていました。両学校の5・6年生はグループに分かれて地元大原の浄蓮華院,三千院,実光院,宝泉院,勝林院,音無しの滝などを巡り,ちょうど三千院で行われている大根焚きもいただきました。各グループでは学院生が今日のために大原の名所を下調べ,熱心に観光案内役をつとめていました。そして,交流の最後は合計25名のドッジボール。校庭に子どもたちの楽しそうな声がキャーキャーと響きわたっていました。田原の子どもたちは今日の感想を「ドッチボールがめちゃ楽しかった。」「大根焚きが美味しかった。」「大原学院の人とたくさん話せて楽しかった。」と語ってくれていました。大原学院の子どもたちは「また,ぜひ会いたい。」「また,大原に来てもらい一緒に遊びたい。」との感想をもちました。田原,宮島,大原と学校同士のつながりは深いものがありますが,子どもたちの交流があってこそのつながりです。今後,彼らの成長の中で,この出会いが生かされることを願っています。

2月8日(木)島根県隠岐郡西ノ島町西ノ島中学校、西ノ島町教育委員会視察

画像1
2月8日(木)島根県隠岐郡西ノ島町西ノ島中学校、西ノ島町教育委員会3名様が視察に来られました。2年前、島根県隠岐郡島前高校が視察に来ていただいたのを機に、隠岐郡の方が小規模校サミットに参加していただいたり、本校教員が隠岐の島を訪れたりと、交流が続いています。西ノ島小学校、西ノ島中学校は昨年度から小中一貫教育校としてスタートされ、京都大原学院の小中一貫教育の取組、・地域と一体となったコミュニティスクールの特長について視察に来られました。「小中一貫教育校立ち上げ時、どんな苦労がありましたか?」「小中一貫教育校になり、教員の意識は変わりましたか?」など、京都大原学院が当時、直面した課題を抱えておられました。京都大原学院が歩んできた道のりを振り返らせていただくとともに、「小中一貫教育で、何が一番大切なのか?」「それは義務教育終了時の子どもの姿です。」ということを再認識させていただきました。本校からは島前高校を含め隠岐の教育の取組等についても質問し、地元の教育に対する熱い思いと、そのための行政とタイアップした基盤づくりに驚きを感じ、学ばせていただく点が多々ありました。日本全国にはこのような熱い思いを持った地域、学校がまだまだたくさんあります。小規模一つ一つは小さな雨粒ですが、それが集まれば大きな川になります。今回のように交流し、お互い知恵を出し合うことで、大きな教育の流れになっていくことを願っています。

小さな巨匠展合同作品作り にじいろ学級

画像1画像2
 2月22日(木)からの小さな巨匠展にむけて,明徳小学校に集まって合同作品作りを行いました。
 まずはグループに分かれて自己紹介。その後体育館に移動して,新聞紙を破ったり丸めたりしてダイナミックにあそびました。続いてみんなが破った新聞をカラーポリ袋に詰め込んで大きなボールの出来上がり。グループごとにシュートゲームをしました。みんなで時間いっぱい楽しみました。

大原産米自校炊飯

画像1画像2画像3
給食週間最終日です。

大原のお米を給食でいただく日です。

今日の献立は和(なごみ)献立です。

  大原産米
  白天(しろてん)の煮つけ
  おから
  すまし汁
  すぐき
  牛乳(中学生のみ)

大原産米のホカホカ・もちもちの炊きたてのご飯が大変美味しくて大好評でした。

香りが違う!

甘くて美味しい!

足りない!もっと食べたい!

などなど,の感想が聞けました。

ごちそうさまでした。

  


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

第3回小中一貫教育小規模校全国サミットin田原

第2回小中一貫教育小規模校全国サミットin宮島

研究発表会

学校だより

学校評価

お知らせ

学校いじめ防止基本方針

年間行事予定

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

日本義務教育学会

京都大原学院小中一貫教育構想図

全国学力学習状況調査

京都市立大原小学校・大原中学校
〒601-1242
京都市左京区大原来迎院町22
TEL:075-744-2004
FAX:075-744-2079
E-mail: ohara-sc@edu.city.kyoto.jp