京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2016/12/05
本日:count up26
昨日:64
総数:133381
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
12月3日(土)広島県廿日市市立宮島小・中学校において「第2回小中一貫教育小規模校全国サミットin宮島」が開催されました。中国地方を中心に北は北海道、南は沖縄から約200名近い方が参集されました。

「第2回小中一貫教育小規模校全国サミットin宮島」3

本サミットの講評は奈良教育大学教職大学院教授 小柳和喜雄先生にしていただき、宮島小・中学校の授業を評価していただいた後、「小中一貫教育をしたから学力が上がるわけではなく、自尊感情を高める取組や地域の人材を活用した取組を推進することで、学力が上がる。」という示唆をいただきました。最後に田原小中学校、宮島小・中学校の校長先生から挨拶があり、来年度「第3回小中一貫教育小規模校全国サミットin奈良」を開催することをお話されました。今後、小中一貫教育小規模校の広がりが、どんどん全国に広がっていくことを願っています。
※小中一貫教育小規模校連絡協議会は現在、京都大原学院、宮島小・中学校、田原小中学校の3校が正会員になっております。また、賛助会員として3校が入会されております。今後、協議会に入会を希望される方は 京都大原学院事務局までご連絡下さい。

画像1
画像2
画像3

「第2回小中一貫教育小規模校全国サミットin宮島」2

休憩をはさんだあとは、先日行われた、京都大原学院、宮島小・中学校、奈良市立田原小中学校の9年理科の遠隔授業の報告が行われました。小規模校ゆえに、遠隔授業の効果が高まることを報告していただきました。続いて、奈良教育大学准教授 赤沢早人先生が進行役で、グループディスカッションが行われました。宮島、田原、大原の教員がファシリテーターを務め、すでに小中一貫教育を立ち上げている学校、これから立ち上げようとしている学校がそれぞれグループになりディスカッションを繰り広げました。
画像1
画像2
画像3

「第2回小中一貫教育小規模校全国サミットin宮島」1

12月3日(土)広島県廿日市市立宮島小・中学校において、※小中一貫教育小規模校連絡協議会主催の「第2回小中一貫教育小規模校全国サミットin宮島」が開催されました。今回は開催地が広島ということで中国地方からの参加者が多かったですが、北は北海道、南は沖縄からと約200名の方が宮島小・中学校に参集しました。午前中は宮島小・中学校の授業の参観、吹奏楽部による演奏、宮島からの研究報告会がありました。午後は文部科学省、廿日市市、京都市、奈良市の各教育長から祝辞をいただき、文部科学省初等中等教育局 初等中等教育企画課長 森田正信様より「小中一貫教育に期待するもの」と題した講演が行われました。なぜ、今、小中一貫教育を目指そうとしているのか、義務教育9年間をもう一度見直すことで、これからの日本の子どもたちの教育を考えよう、という内容でした。基調提案は国立教育政策研究所名誉所員 流通経済大学教授 小松郁夫先生から「地域とともに元気になる小中一貫教育」と題し、小中一貫教育と地域に根ざす教育とを融合させることで、教育的効果があがるというお話をしていただきました。
画像1
画像2
画像3

もちつき大会

12月3日(土)餅つき大会を行いました。今日は,天気に大変恵まれました。
保護者や地域の方々のご協力のもと,とても楽しい時間を過ごすことができました。子どもたちは,お餅をついたり,食べたりする中で,たくさんの地域の方々とふれあうことができました。
画像1
画像2
画像3

人権尊重街頭啓発活動

12月3日(土)左京北支部のPTAおよび教職員による「京都市PTA人権尊重街頭啓発活動」が,京都大原学院および,学校周辺で行われました。
はじめに,参加者事前学習会を行い,講師である明徳小学校の校長先生からお話を聞き,人権の大切さについて改めて考えました。今回は,男女平等をテーマにお話していただきました。
そのあと,近くのバスターミナルや参道,里の駅などでティッシュペーパーを配りながら,声掛け活動を行いました。
画像1

2年生カーニバル

12月2日(金)2年生が,休み時間を利用して「2年生カーニバル」を開催しました。カーニバルでは,みんなが楽しめるゲームコーナをいくつも設け,学院生や保護者,教職員に楽しんでもらおうと一生懸命に取り組みました。
当日を迎えるまでに,ゲームに改良を加えたり,景品をたくさん作ったりしていたのが印象的です。
画像1
画像2
画像3

ふれあいタイム6年

12月2日(金)朝会の後,「ふれあいタイム」を行いました。毎月のふれあいタイムでは,人権学習で取り組んだ内容を,代表学年が発表しますが,今月は,6年生が「肖像権」や「パブリシティ権」について発表しました。
学年の特長を生かし,コントでわかりやすく発表していました。「権利」というと難しく感じますが,笑いも入れながら,工夫した内容となりました。
発表の後は,2年生や4年生,9年生が挙手して感想を述べました。
人を大切にするための具体的な行動が理解できたと思います。
画像1
画像2
画像3

朝会

12月2日(金)朝会を行いました。
まず,表彰式を行い,社会科の作品づくりや英語科の作品づくり,左京北支部駅伝交歓会での頑張りを称えました。
次に,今月は人権月間ということで,学校長が,苦難を乗り越えて歌手活動を続けられている声楽家の青野浩美さんについての話をしました。写真や音声を使っての話で,子どもたちはじっと聞いていました。人を大切にするとはどういうことかについて考える時間となりました。
そのあとは,児童生徒会が人権月間の人権標語を発表したり,保健環境委員会のこどもたちが口呼吸よりも鼻呼吸の方が風邪をひきにくいということについて発表したりしました。

画像1
画像2
画像3

12月1日(木)の給食

画像1画像2
 12月1日(木)の献立
  麦ごはん
  牛乳  
  家常豆腐(ジャーツァンとうふ)
  春雨スープ

 家常豆腐(ジャーツァンとうふ)は中国四川省の料理です。「家常」というのは,文字通り「家庭風」とか「日常にありふれた」という意味です。ピリッと辛トウバンジャンを利かせたみそ味がご飯によくあうおかずです。
 給食では「厚揚げ」「豚肉」「にんじん」「たけのこ」「玉ねぎ」「にんにく」を使っています。
 にんにくのおいしそうな香りが食欲を増しています。

11月30日(水)の給食

画像1
 11月30日(水)の給食
  ご飯
  牛乳
  鯖の竜田揚げ
  野菜のきんぴら
  京野菜のみそ汁

京野菜のみそ汁は京野菜の「金時にんじん」「聖護院だいこん」「せり」を使ったみそ汁です。味付けには白みそも使いまろやかな味わいで,白みそが野菜の色を引き立てています。
聖護院だいこんは京都府内産の物を使っており,地産地消の献立です。

とってもおいしくいただきました。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

第2回小中一貫教育小規模校全国サミットin宮島

研究発表会

キャリア教育 京都大会

学校だより

学校評価

研究発表・報告

お知らせ

京都市立大原小学校・大原中学校
〒601-1242
京都市左京区大原来迎院町22
TEL:075-744-2004
FAX:075-744-2079
E-mail: ohara-sc@edu.city.kyoto.jp