京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2016/08/26
本日:count up15
昨日:35
総数:124932
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
8月28日(月)〜8月29日(火)7・8年が「若狭湾青少年自然の家宿泊学習」に行きます。

水難救助訓練

 8月26日(金)4年生と6年生が,下鴨警察署の指導のもと,近くの高野川親水公園で,水難救助訓練を行いました。
 川で流されている人を見つけたらどのように対処したらよいか考え,行動に移しました。「まずは,大人の人を呼ぶ」「ひざより深いところに入らない」「ロープやペットボトルがあったら,それを投げる。ペットボトルの中に少しの水や砂を入れると遠くへ投げやすい」「ロープが無ければ手をつないで助ける」などでした。
 体験で得られた知恵が,もしものときに役立つのではないかと思います。
 とても暑い中,子どもたちは一生懸命に取り組みました。
画像1
画像2
画像3

8月25日(木)の給食

画像1
 
 8月25日(木)の献立

  ご飯
  牛乳
  肉じゃが
  小松菜と切干大根の煮びたし
  黒大豆(カリカリ)

学校給食の肉じゃがにはいろいろな種類がありますが今回は牛肉を使ったものです。

肉じゃがのメインのじゃがいもが「北海道産」のものになりました。
じゃがいもの煮崩れを防ぐため,小さく切ってもらているので見た目もきれいな「肉じゃが」です。とてもおいしく残さず食べていました。

8月24日(水)の給食

画像1
 
 8月24日(水)の献立
  
  ご飯
  牛乳
  鶏肉のさっぱり煮
  大根場の炒め物
  キャベツのすまし汁

鶏肉のさっぱり煮は一口大に切った,鶏もも肉を生姜・にんにくで香りつけした油で炒め,ウズラ卵と共に砂糖・みりん・料理酒・(濃)醤油・米酢で味付けしました。

少し濃いめの味付けで米酢を使っているので暑い日にも食べやすい一品です。
汁けがなくなるまで煮るとお弁当のおかずにもなります。

暑くて食が進まない日にはおすすめします。

ふれあいタイム4年

8月26日(金)全校で「ふれあいタイム」を行いました。これは,全校で行っている人権学習について,代表学年が発表し,みんなで人権について考える時間のことです。
今回は体の成長についての内容で,4年生がクイズ形式なども取り入れながら発表しました。
「大人になるとき,女性だけもしくは男性だけに見られる特徴は何でしょう?」「男女共通に見られる特徴は何でしょう?」と,みんなに問いかけながら対話形式で発表しました。発表を聞いた学院生たちは,積極的に手を挙げ,自分の考えを発表していました。また,みんなが成長する時期は一人一人異なるということも学びました。
画像1
画像2

菊池省三先生による特別授業と研修会

8月25日(木)テレビや書籍でおなじみの菊池省三先生にお越しいただき,5年生から7年生を対象に,コミュニケーション力を高める特別授業をしていただきました。
 子どもたちは菊池先生と初めて出会ったにもかかわらず,授業開始から5分ですっかりと引き込まれていました。どんどん発表し,互いに拍手をして褒めあい,発表する楽しさと自己有用感を育んでいました。
 研修会では,ワークショップ形式の,楽しく内容の濃い研修を計画していただきました。子どものみならず教職員にとっても大変学びの多い時間となりました。
画像1
画像2

寂光院で地蔵盆

8月24日(水)1年生から4年生が寂光院の地蔵盆に参加しました。貴重な仏像を見学させていただいたり,院主様からお話をいただいたり,本堂で数珠回しをしたりしました。多くの観光客や地元の方々と良い時間が過ごせました。
画像1

8月23日(火)の給食

画像1
8月23日(火)の献立

  ご飯
  牛乳
  肉みそ炒め
  豆腐と青菜のスープ

(濃)醤油・料理酒で下味をつけた豚肉をにんにく・生姜で炒め,ゆでたほうれん草・タケノコ・干し椎茸・やわらかくゆでた大豆とともに炒め,赤みそ・(濃)醤油・料理酒・砂糖で味付けしています。

暑い日でもにんにくの香りで食欲が出て,ご飯がすすむ一品です。


3・4年生が「しば漬け」作りにチャレンジしました。

画像1画像2画像3
3・4年生が総合的な学習で「しば漬け」作りにチャレンジしました。

大原地域の「辻しば」のご主人に講師になっていただき「しば漬け」の歴史,発酵の仕組みなども教えていただき,実践のスターです。

春から大切に育ててきた「赤しそ」の収穫し水できれいに洗い,1枚1枚丁寧に葉をはずしました。

辻しばのご主人が準備してくださった大量のなす・きゅうりのヘタを切落とし,斜め切りにします。大きタライに入れ,赤しその葉・塩と共に混ぜ合わせ体重をかけてモミました。
桶に移すとタライの底にはなす・きゅうりのアクが出ていました。この桶をもって帰ってもらい重しをして発酵させていただきます。
30キロのなすと5キロのきゅうりを大きな桶3つ漬けこんだのすが,「しば漬け」に出来上がるとかさが減り,1つの桶になるそうです。

「おいしくなーれ・おいしくな〜れ!」と思いをこめて作業しました。

おいしいしば漬けとなって,学校に戻って来る日が楽しみです。
みんなが作ったしば漬けはどんな味かな?

6年生は宮島への発見旅行のお土産に「京都大原学院特製のしば漬け」をもっていくそうです。宮島のお友達にも喜んでもらえたらいいですね。

大原地域の特産物の学習を地域の方に教えていただけるとは幸せな京都大原学院の学院生です。

8月22日(月)の給食

画像1画像2
8月22日(月)の献立
 
  ご飯
  牛乳
  ツナそぼろどんぶりの具
  ほうれん草のおかか煮
  味噌汁

夏休みが終わりました。
学校に学院生の元気な声が戻ってきました。

授業開始とともに給食も再開しました。

ツナそぼろんぶりのおいしそうな香りが給食時間の前に漂い始めて,学院生は「わ〜!いいにおいがしてきたなぁ・・・」と久しぶりの給食を楽しみんにしていました。

まだまだ暑い毎日ですがおいしい給食をモリモリ食べて夏バテを吹き飛ばしましょう。

小中一貫教育小規模校連絡協議会 教頭会開催

8月20日(土)広島県廿日市市、宮島小・中学校において「第2回小中一貫教育小規模校サミットin宮島」に向けての教頭会打ち合わせを行いました。小中一貫教育小規模校連絡協議会の廿日市市立宮島小・中学校、奈良市立田原小中学校、京都大原学院の3校が参加。当日の内容、タイムテーブル、今後の動きなどを話し合いました。開催する学校だけでなく、連絡協議会として協力しながら活動していく確認をしました。今のところは3校の活動ですが、この後、たくさんの学校、様々な地域にこの連絡協議会の輪が広がっていくことを願っています。
画像1
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
京都市立大原小学校・大原中学校
〒601-1242
京都市左京区大原来迎院町22
TEL:075-744-2004
FAX:075-744-2079
E-mail: ohara-sc@edu.city.kyoto.jp