京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/01/16
本日:count up73
昨日:105
総数:208370
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
令和2年度入学児童保護者対象,半日入学および学校説明会は,2月4日(火)午後2時(受付:午後1時40分)です。

秋の運動会 10月12日(土)

画像1
今年度の運動会は,10月12日(土)に行われます。近年,2学期の始まる8月下旬からの1カ月は,屋外での活動に注意が必要になるほどの高温の日が多く,また,台風シーズンとも重なり,運動会の練習や運動会の開催そのものにも影響がでることがありました。そこで,今年度から諸行事を調整して10月第2土曜日に実施することとしました。これにより,運動会の取組スタートを遅らせることができ,高温対策や台風の回避,ゆとりのある練習を行うことができるようになりました。
また,今年度の運動会は,本部席と児童席の入れ替えやテント設置の簡素化,保護者席の長イス席はプログラム順に譲り合い三脚による撮影を行わない等のルール化を実施しています。
プログラム最初の児童入場も華やかさを表現しつつ誰もが主役になることを願い,2学年ずつを5方向から入場するようしたり,全校ダンスを対面で行ったりと新たな試みをすすめています。
低・中・高の団体演技や競技についても,担任団で毎日ディスカッションをすすめてよりよい構成や質の向上を求めつつ,一人一人の児童の成就感や相互の信頼関係を築くことができるように練習をすすめています。
「運動会」は,体育科での学習の成果を発表する場でもありますが,「自分の目標に向かって努力をすること」,「自分の役割に責任をもってやりとげること」,「みんなとの友情を深め合って最高の思い出をつくること」,「異学年で活動することでリーダーとしての役割を果たしたり憧れの気持ちをもったりすること」などをねらいとして取組まれている「学校行事」です。団体演技や競技等の体育科学習の技能向上だけでなく,個と個,個と集団のつながりの中でよりよい人間関係を築くことができる大きな「役割」と「場」をもっています。
そして,「運動会」の取組は,練習や本番だけでなく児童一人一人の成長を確かめ次につなげる「ふりかえり」も各学年で工夫をしてすすめています。振り返りの視点は,目標に対して「友だちのこと」「自分のこと」「集団のこと」「今後の活動に生かすこと」などに分け,「〇〇さんが踊りでこまっていたときに,みんなががんばれと励まして,最後まで踊ることができた」「小学校最後の演技を全力でやりきることができた」「全校ダンスでみんな楽しそうに踊ることができた。こんな岩倉北小学校が大好きです」「みんなの力で運動会をがんばれたから,これからの学校生活でこまったときには,友達に声をかけられる自分になりたい」等の振り返りをこれからの学校生活に生かしていくことを大切にしています。
児童会種目では新しい種目が生まれました。「バケ玉リレー」です。今年度の児童会種目のテーマは,「速さ」=「リレー」,「力」=「綱引き」,「技」の種目として考え出されたものです。1回目の全校練習の時に「バケ玉リレー」の内容を発表し,児童会種目のエントリーがスタートしました。「バケ玉リレー」は岩倉北小学校児童会オリジナル種目です,当日を楽しみにしてください。
校 長  三浦 清孝

【3年 総合】 岩倉の自然

画像1
画像2
画像3
 総合の学習では,岩倉で育てておられる畑の見学をさせていただきました。カブラやネギ,ダイコン,ナスなどたくさんの野菜が育ててありました。野菜によって肥料や育て方が違うことを知り,畑は豊かな自然と人間の工夫を繋げる大切なものだな,と考え学習しました。
 学校に帰ってからは,学校の畑で見させてもらったネギを植えました。ネギは水をやらない方がいいそうです。その分雑草抜きが大切!地道にがんばりましょう!

【3年 理科】太陽とかげの様子を調べよう

画像1
画像2
画像3
 太陽がまぶしい!と思うような秋晴れの日。
 理科では,太陽とかげの様子を調べるために運動場でかげふみ鬼をしました。しばらくかげふみ鬼をしていると,逃げる人がコートの端っこに立って離れません。どうして?と聞くと,「かげはこっち向きにできるからここにいるといいんだよ。」と教えてくれました。「太陽はあっちにあるから…」と考えている子もいます。

 太陽はどっちの方角にでてくるのでしょう。かげはいつでもあるのかな。
 みんなで考えると不思議がたくさん!これからもっと調べていきたいね。

岩倉北学区 区民運動会開催!

画像1
 本日,予定通り区民運動会が開催されています。
 午後から雨の予報もありますので,天候によっては,プログラムの変更もあるかもしれませんので,お知りおきください。

明日の区民運動会について

天気の方が危ぶまれる中,難しい判断に迫られておりますが,
明日の区民運動会は決行されることになりました。
予定通り9時から始められる予定です。
ただし,天候によってはプログラムの変更等もあるかもしれませんので,お知りおきください。

第2部 総合の学習の時間「SDGsってなんだろう?」

画像1
9月27日(金)総合の学習の2時間目は,静岡県の東海大学海洋学部博物館で学芸員を務める伊藤芳英先生による授業です。海のごみ問題,マイクロプラスチック問題について話していただきました。子どもたちは,一生懸命に話を聞き,自分たちには何ができるだろうかと考えていました。

続「SDGs」

第1部「SDGsってなんだろう?」の学習の様子です。
画像1
画像2
画像3

総合の学習の時間「SDGsってなんだろう?」

9月27日(金)総合の学習の時間に外部講師を招いて環境問題について学習しました。
第1部は,手島利夫先生の特別授業です。人類がこれまでに克服してきたこと,これから克服していかないといけないことをワークショップ形式で考えました。
画像1
画像2
画像3

運動会の全校練習がありました

画像1画像2

 今日は運動会の全校練習がありました。

 入場行進の練習や全校ダンスを頑張りました!

2学期スタートします

画像1
令和初めての夏休みが終わり,令和初めての2学期がスタートしました。
1学期の終業式に,夏休みに取組んでほしいこととして,「やりたいことは全部する」と話をしたことを覚えているでしょうか。さて,「やりたいことは全部する」夏休みはどうでしたでしょうか。なぜ,やりたいことを「決めてする」のではなく,「全部する」と話したのかの理由が見えてきたでしょうか。
もちろん,一つのことに打ち込むことや計画的に物事をすすめることはとても大切なことです。その一方で,やってもいないことを自分のイメージで向き不向きを判断したり,効率を優先させたりして体験する・挑戦できたかもしれない機会を失うことは,可能性を制限し,新たな自分を創るチャンスを逃すことにつながりかねません。
日頃から岩倉北小学校の口ぐせになっている「好きなことをする」「人のためにする」を「やってみいな」で支える学校づくり・学級づくりは,子ども達の「無限の可能性」に対応することができる方法であると思います。
しかしながら,「できないこと」は必ずあります。できないと「あきらめること」は簡単ですが,9回チャレンジしてできなかったことが10回目にできることもあります。もちろん,ずっと「できない」かもしれませんが,できなくても11回,12回と続けたことは確実に残ります。それを「無駄」だと考えるのではなく,「努力」として肯定的に自己理解したり,他者評価したりすることで,「目標にむかって努力を続けることができる人」が育ちます。
「できない」という結果を「自己否定」で終わらせるのではなく,そのことに取組んだ・やってきた「キャリア」を肯定的に見つめることができる学校,その「キャリア」を自らの足場として,次のチャレンジに向かうことができる学校が岩倉北小学校であり,「岩倉の子」であると思います。
さて,2学期は運動会,学習発表会をはじめ様々な行事があります。また,学習についても深い学びに入っていく時期でもあります。是非とも,各行事や学習の取組の中で,結果や答えのみを評価するのではなく,自分の可能性をひろげることができるよう「やりたいことは全部する」の気持ちをもって,「やろうと考え」「やってみたこと」,その上での「結果」の全てを自らのキャリアとして肯定的に捉え,ともに豊かに生きることにつなげていきたいと思います。
9月12日(木)に,京都市小学校特別活動研究会と京都市小学校生き方探究・キャリア教育研究会の共催で,6年生が学級活動(3)の授業を公開します。「最後の運動会〜キミの夢は,ボクの夢〜」(最後の運動会の舞台で,運動会を成功させるために,自らすすんで役割を果たし,なりたい自分に近づきたい)を題材として,授業研究会を行います。ここでも,自らのキャリアを肯定的に捉え,願いをもってやってみようとする子ども達を育てていきます。
校 長  三浦 清孝

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
10/2 放課後ことば教室 SC
10/3 短 全校練習 読み聞かせ1・2年 運動会係活動
10/4 4校時授業2・6年
10/7 安心安全あいさつ 全校練習 クラブ

学校だより

学校評価

学校教育方針

研究

いじめ防止基本方針

京都市小学校運動部活動ガイドライン

小中一貫教育構想図等

京都市立岩倉北小学校
〒606-0021
京都市左京区岩倉忠在地町5
TEL:075-721-5618
FAX:075-722-0690
E-mail: iwakurakita-s@edu.city.kyoto.jp