京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/12/14
本日:count up70
昨日:99
総数:293178
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標「自ら学び 心豊かに たくましく生きる子の育成」

学芸会1日目                            6年2,3組・音楽と劇「大きなあしたへ」

 あと4ヶ月で卒業。期待と不安が入りまじったもやもやした気持ち。前を向いていても,下を向いていても平等に流れていく時間の中で,明日を切り開くのは自分。仲間と共に大きな明日へはばたきます。
画像1
画像2

学芸会1日目                             5年 音楽「ミュージック スクエアー5」

 声のアンサンブル,たくさんの楽器を使っての合奏,心を込めて歌う合唱,耳を澄ますと音楽の広場から聞こえてきませんか。
画像1
画像2

学芸会1日目                              4年1,2組・劇「王様変身!大フィーバー!!」

 自分のことだけ考えるわがままな王様が,いろいろな変身をしてお城から抜け出します。笑いを交えながら,抜け出した王様がどうなるのかを演じました。
画像1
画像2

学芸会1日目                           2年3,4組・群読と和太鼓「おまつり」

 2年生の演目は群読「おまつり」と和太鼓「まつり太鼓」です。かわいい2年生が力いっぱい和太鼓をたたきます。心を一つにして息のあった群読と和太鼓をお見せしました。
画像1
画像2

学芸会1日目                            1年2,3組・学習発表劇「くじらぐも」

  国語科で「くじらぐも」を学習しました。「くじらぐも」と一緒に体操したり,「くじらぐも」に乗っていろいろなところに行ったりします。元気いっぱいの1年生が元気いっぱいに演じました。
画像1
画像2

学芸会1日目                           6組・音楽「それいけ,6組 音楽隊」

 今回の学芸会は,6組の5人それぞれが好きな曲や得意な曲をメドレーにしてお送りしました。1曲目は交流学級の先生と一緒ににぎやかに演奏し,最後の曲は6年生が加わり心を一つにして歌いました。
画像1
画像2

学芸会

画像1
 11月7日(木)8日(金)と2日間にわたって学芸会を開催しています。お忙しい中,たくさんの保護者の皆様や地域の方々にもお越しいただき,子どもたちのいきいきとした姿を見ていただいています。本日出演した子どもたちは,練習の成果を思う存分発揮し,成就感が味わえたようでした。明日出演する子どもたちの輝く姿がまた楽しみです。準備や片付けは高学年の児童が責任をもって行っています。鑑賞の態度も良く,子どもたちの一生懸命な姿に感動です。
画像2

3年 作品交流会 11/5(火)

 前期の総合的な学習の時間に調べたことのまとめとして作成したパンフレットと社会科の学習でスーパーマーケットの見学に行った際に作成したパンフレット,そして国語科の「食べ物のひみつを教えます」の学習で,自分で調べた食べ物のひみつを説明した文章を学年で交流しました。友達の作品を自由に手に取って,じっくり文章を読んだり,まとめ方の工夫を見つけたりして有意義な時間になりました。
 スーパーマーケットは各クラス別々のお店に見学に行ったので,交流会を通して他のスーパーマーケットの様子を知ることができました。
 3クラスみんなの友達のよいところを見つけて褒めあうことができ,温かい雰囲気の交流会になりました。

画像1
画像2

6年ブックトーク 11/1(金)

 今回のテーマは「宮沢賢治」です。国語科の教科書に資料として掲載されている「イーハトーヴの夢」。この資料の筆者である,畑山博さんが書かれた「けんじ先生」という絵本が今回の1冊目で,賢治の人柄が見えてくる作品でした。農学校の教師をしていた賢治。農業・授業を通して幸福を追求していく,そんな姿から“みんなの幸せを考える”という人間性が感じられます。これまでに,学習してきたこととこの本の賢治が繋がり,子どもたちの中でより宮沢賢治像がはっきりしたのではないかと思います。
 その他にも,賢治が生まれ育った岩手県の本や賢治の名作「セロ引きのゴーシュ」,賢治の童話作品で多用されているオノマトペを集めた本など,たくさんの本を岩倉図書館の方に紹介していただきました。


画像1

みんなの日(総合育成支援教育)11/1(金)

今回の「みんなの日」は肢体不自由の障害について知り,障害のある人の気持ちを考え,共に生活できる人になることをめざして行いました。「障害ってなんだろう」「障害とけがのちがいはなんだろう」ということを考え,病気やけがは手当をすれば治るけれど,障害は治せないものやできるようにならないものも多いことを知りました。また,実際に手足や体が自分の思い通りに動かすことができない障害のある人の気持ちも考えました。
 みんな,かけがえのない命ある人間です。学校生活の中だけでなく,あらゆる場でいろいろな人を思いやり,共に生活していける人になっていってほしいです。

画像1
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
京都市立岩倉南小学校
〒606-0010
京都市左京区岩倉北四ノ坪町33
TEL:075-791-3207
FAX:075-791-3208
E-mail: iwakuraminami-s@edu.city.kyoto.jp