京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2022/06/29
本日:count up71
昨日:161
総数:525394
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学園教育目標 「自らを高め 共に生き 希望を抱いて未来を拓く」

8年生 防煙教室

画像1画像2画像3
 本日,8年生は教育委員会より講師の方々をお招きし,防煙教室を行いました。講義では,諸外国のたばこに関するCMやポスターなどを見せていただきながら,たばこの危険性や含まれる物質の性質など,さまざまな知識を学習しました。その後,ブースに分かれて展示されているものを見ながら,クイズの解答を見つける活動をしました。ほとんどの学園生がクイズの正解を見つけることができていました。
 また,友達にたばこを進められたらどう答えるかや,喫煙を防止する川柳などを考える活動も行い,8年生の数名が表彰され,景品をもらいました。たいへん盛り上がり,意欲的にたばこの危険性について学ぶことができました。
 8年生という年頃はさまざまなことに興味をもつ時期ではありますが,正しい知識を身に付け,人生100年時代を豊かに過ごすことができるような判断力と行動力を身に付けてほしいと思います。

7年生 非行防止教室

画像1画像2
6月28日(火)6限目に7年生は非行防止教室を行いました。講師の方からは,現在の世の中に潜む危険な事象を説明していただき,「一度送った映像や写真はネット上では一生消えない」というネットの怖さも教えていただきました。非行防止教室をきっかけに,危険性を改めて認識し,「メッセージを送る前に1歩立ち止まって考える」など,正しい判断ができるようになってほしいと思います。

3年生 校外学習

画像1
 3年生は28日(火),校外学習に行きました。一度は天候不良のため延期になってしまったこともあり,学園生にとって待ちに待った校外学習となりました。
 今日は天気が良く,気温も上昇して猛暑日に迫るほどの暑さでした。道中,かなりきつそうな顔を浮かべていた学園生もいましたが,みんなで「がんばれ!」と励まし合いながら全員が頂上まで登りきることができました。
 頂上からの景色は格別だったようで,社会科で学習した京都駅や岡崎地域なども頂上から見つけることができました。
 暑い中,本当にみんなよくがんばって歩きました。おうちに帰ってしっかり休んでほしいと思います。


1年生 水あそびの学習

画像1画像2画像3
 体育科で水遊びの学習に取り組んでいます。低水位の水慣れではプールへの入り方や着替えの仕方などを学習しました。今はバディで相談して取り組むめあてを選んで,学習を進めています。もぐって石を拾ったり,だるま浮きや大の字浮きなどの浮いたりする遊びもできるようになってきました。たくさんチャレンジして水と仲良くなれるようにがんばっています!

1年生 いきものにやさしく

画像1画像2
 1年生の道徳科の学習では「つばめ」という話を通して,生き物にやさしくすることについて考えました。この話の中では,つばめが春に巣作りをする様子を泥を作ってそっと支えたり,ひながかえって飛ぶ練習を見守ったりする主人公の「わたし」が描かれています。
 「わたし」の気持ちを考えた際には,「ひなが生まれてうれしいな。」「大きく育ってね。」「また来年元気で来てね。」と優しい言葉がたくさん出てきました。学習の後半では生き物と優しく触れ合ったときの気持ちを思い出して交流しました。
 これからもいろいろな生き物とやさしく触れ合ってほしいと思います。

1学期期末テスト

画像1画像2画像3
 6月22日(水)〜24日(金)の日程で,5年生から9年生は1学期期末テストに取り組んでいます。テスト前には,少し早めに登校し,朝の静かな学校に来て,自主勉強をしている学園生の姿が見られました。学習の成果をしっかり発揮してもらえればと思います。
 どの学年の学園生もテストに集中して取り組む姿が見られました。最終日の最後のテストの終了のチャイムが鳴るまで,全力で取り組みましょう。

8年生道徳 「遠足で学んだこと」

 6月は道徳推進月間です。8年生の道徳の授業では,「認め合う」「聴き合う」「自分に矢印を向ける」ということを三本柱にしながら,様々な題材について自分の考えを表現し,議論しています。答えのない問いに向き合い,それらをクラスのみんなと共有し合う中で,様々な考え方があり,それらを「認め合う」「聴き合う」ことが大切であることに気付いてほしいと思います。また,その中で,自己を見つめ,今後の「自分」の生き方について考えを深めてほしいと考えています。
 2組は6月10日(金),1組3組は6月17日(金)に,「遠足で学んだこと」という題材で学習を行いました。金子みすゞさんの詩の一節である,「みんなちがって、みんないい」という言葉の意味について考え,互いに認め合うことの重要性について学びを深めました。

〜学園生の感想より〜
・人にはそれぞれ個性があって,その違いでぶつかり合ってしまうこともあるかもしれないけど,一人ひとりの個性を分かり合える人になりたい。
・「みんな違って、みんないい」という言葉があるように,人には長所も短所もあって,いろんな人が短所を補い合って,世の中は成り立っていると感じました。
・他の人がもつ自分にない良さを認めることが大切だと思った。
・人はそれぞれ良いところや悪いところがあるので,それを受け止めて,広い心をもつようにしたいです。

画像1画像2画像3

[4年生]校外学習

画像1画像2画像3
6月16日,4年生は京都市南部クリーンセンター「さすてな京都」へ校外学習に行ってきました。
社会科の授業で学習した,ごみピットや焼却炉などを間近で見学することができ,気分が高まりました。
また,ごみを燃やしたあとにでる灰の埋め立て地「音羽の社」があと50年でいっぱいになってしまうこと,食べ物のごみが多いことなどを知り,「ごみを減らしたい!」「自分たちにできることは何があるかな。」と,興味を深めることができました。

令和4年度 学園総会

 14日(火)に学園総会があり,児童生徒会本部や各委員会の基本方針の確認,質問・意見・要望に対する返答が行われました。学級目標・学年目標の発表も行われ,学園総会を通して,学園生活をよりよくしたいという思いが感じられました。
 「風を一つに〜絆で翔ける新たな空〜」という児童生徒会目標にあるように,1〜9年生がつながりを感じられる学園を自分たちでつくっていってほしいと思います。
画像1
画像2
画像3

[4年生]道徳の学習

 先週の4年生の道徳では,それぞれクラス担任ではなく,他クラスの担任と学びました。

 その中で,自分勝手な行動をせず,周りの人のことを考える行動や誰に対しても分け隔てなく接する事の大切さを学習しました。

 グループで意見を交流したり,友達の意見をしっかり聞いたりすることができていました。

画像1
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
京都市立凌風小中学校
〒601-8047
京都市南区東九条下殿田町56
TEL:075-693-8222
FAX:075-691-9029
E-mail: ryofu-sc@edu.city.kyoto.jp