京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/08/06
本日:count up1
昨日:20
総数:178685
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
8月25日から学校再開です。通常通りの登校です。うわぐつを忘れないよう持たせてください。

国連に平和のメッセージを届ける h29/7/14

 7月13日国連に平和のメッセージを届けるというテーマで,瀬戸山裕一氏と木場真一氏に来ていただき,児童と保護者に講演をしていただきました。2時間目は1年生から3年生が,3時間目は4年生から6年生が講演を聞きました。
 瀬戸山裕一氏は10月に国連の舞台で,平和について話をされます。木場真一氏はその団長として同行されます。唐橋小では,講演の後に子どもたち一人ひとりがハガキにメッセージを書きました。メッセージはお二人によって国連に届けられます。
 講演では,戦争に加わる子どもの人数が日本の大学生の人数とほぼ同じこと,貧困に苦しむ人たちが世界の半数近くいることを教えていただき,平和の必要性を子どもたちに伝えていた来ました。メッセージを楽しい気分で書けるようちょっとしたワークを取り入れ,その後,特製ハガキを子どもたち一人ひとりに配布。全員で写真をとりました。
 講演終了後,お二人にハイタッチをして退場。子どもたちは教室にもどってメッセージを書いてくれました。
画像1
画像2
画像3

5・6年生救急救命講習会 h29/6/20

6月13日には6年生が,6月16日には5年生が,救急救命の講習を受けました。
一人ひとりが人工呼吸と心臓マッサージの体験を行いました。
AEDの操作も。人が倒れていた時に,人たちができることを学んだのです。
学校の教職員はほぼ毎年実習をしています。
子どもたちが命を守る役目ができるようになること。
唐橋教育の大切な柱です。
画像1
画像2
画像3

花背山の家3日目1

山の家最大の難関。雲取山登山です。
しかし,ここで5年生パワー炸裂。
登りから下りまで,元気いっぱい。
お弁当は元気な子どもたちにとっては量が少ないと声があがっていました。
下山後の夕食はみんなお腹いっぱい食べました。
画像1
画像2
画像3

花背山の家3日目2

キャンプファイヤーは大変な盛り上がり。
雲取山の登山の疲れがまったく見られませんでした。
5年のパワーに脱帽です。
画像1
画像2
画像3

花背山の家4日目1

4日目の朝食はパックドッグです。
ホットドッグなのですが,アルミホイルでつつんで牛乳パックに入れて
焼きます。
実は,4年生のみさきの家でも挑戦しましたが,真っ黒焦げになってしまいました。
今回はリベンジで,おいしくいただけました。
画像1
画像2
画像3

花背山の家4日目2

冒険の森は 大人でもワクワクするようなフィールドアスレティックワールドです。
およそ1時間子どもたちは,アスレティックを楽しみました。

画像1
画像2
画像3

花背山の家4日目3

山の家の生活ものこりわずかになりました。
昼食のバイキングを味わって食べました。
そのまま,食堂で4日間の反省をしました。
そして,退所式。さようなら 花背山の家。
画像1
画像2
画像3

花背山の家2日目2

つかみ取りをした魚は串刺しにして塩焼きでいただきました。校長の私は,火起こしと串刺しにした子どもたちの魚に塩を振る役目だったため,写真をとる時間がありませんでした。お味については帰宅後,児童に聞いてみて下さい。オヤジの会から3名来ていただき,大活躍でした。その後,野外炊事。カレーライスづくりです。全日のすき焼き風煮作りの経験を活かし,自主的に活動する姿が多くみられました。この日は,唐橋小から教頭先生,二人の渡辺先生,小川先生,平松先生,さらに学生ボランティアが前日の3人に加えさらに3人増え,たくさんのスタッフの中,賑やかな野外炊事となりました。
画像1
画像2
画像3

花背山の家 2日め1

朝は6時に起床。朝のつどいは他校に学校の紹介です。唐橋小は5人の児童がリレー形式で順に学校紹介をしました。朝食はバイキング形式。自分にあった量の食事をしました。そして魚つかみのプログラム。放流したイワナを各自がつかまえます。
画像1
画像2
画像3

花背山の家 1日目 h29/6/9

5年生が花背山の家での長期宿泊活動に入りました。
山の家につき、はじめに入所式
続いてスコアオリエンテーリング
そして野外炊事はすき焼き風煮でした。
みさきの家の経験を活かしておいしく作ることができました。
画像1
画像2
画像3
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
京都市立唐橋小学校
〒601-8466
京都市南区唐橋西寺町65
TEL:075-691-8001
FAX:075-691-6798
E-mail: karahashi-s@edu.city.kyoto.jp